ルビー・ローズ、『バットウーマン』シーズン2への出演を辞退

20 5月 2020

CWテレビジョンネットワークによるDCコミックス原作のドラマ『バットウーマン』について、シーズン1で主役のケイト・ケイン/バットウーマンを演じたルビー・ローズが、シーズン2への出演を辞退したことが明らかとなった。
 
テレビドラマ史上初のオープンなレズビアンスーパーヒーローを描く『バットウーマン』には、現実世界でもクィアだと公言しているルビー・ローズがその主役の座に大抜擢された。それまでは、ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』や映画『MEG ザ・モンスター』などの作品に脇役として出演することが多かったルビーだけに、『バットウーマン』で主演が決まった際は、「すごく興奮しているし名誉なことだって思ってる。それに涙腺が崩壊しそう…だって子供の時からの夢だったから。私がLGBTコミュニティーの中でも若いメンバーだったとき、(クィアヒーローは)テレビには全く登場せず、自分は他の人たちと違うし孤独なんだと感じていて。これはテレビの中でものすごく見たかったものなんだ」と、喜びを口にしていた。
 

 
だがルビーは今回、同作のシーズン2からは主役を降りると発表。次のような声明を出した。
 
「この番組にかかわるすべてのキャスト、スタッフ、多くの人々をとても尊敬しているからこそ、今回の決断は簡単なものではありませんでした。私に素晴らしい機会を与えて下さり、また皆さんがこれまで作り上げてきたDCの美しい世界の中に私を迎えて下さり、(プロデューサーの)グレッグ・バーランティとサラ・シェクターには感謝いたします。ピーター・ロス、(CWのCEO)マーク・ペドウィッツ、ワーナー・ブラザースのチームの皆さん、そして、番組のためにいつも尽くしてくれて、私を信じ続けてくださったCWにも感謝を述べたいです」
 
また、CWテレビジョンネットワーク、ワーナー・ブラザース、バーランティ・プロダクションズの3社も合同で声明を発表し、ルビーに感謝のメッセージを贈ったのだった。
 
「我々の『バットウーマン』シーズン1の成功に貢献してくださったルビー・ローズには、深く感謝を申し上げるとともに、今後の更なる活躍をお祈りいたします。製作スタジオとテレビ局は、同作のシーズン2、そしてそれ以降も長くに渡り作品の製作を続けていくことに同意いたしました。新シーズンでは、 LGBTQコミュニティーの一員であり新しく主役を務める女優を皆さんにご紹介することも含め、製作にかかわるスタッフ一同、新たな門出を楽しみにしております」
 
ドラマ『バットウーマン』のシーズン2は、来年1月に放送開始が予定されている。
 
 
 

 



Category:

Latest News

ヘイリー・ビーバーが告白!姉の協力なしではジャスティンとのデートは実現しなかった!

セレブ

TikTokの王ジェイソン・デルーロ、新チャレンジ向けの動画がすごすぎると話題に

セレブ

レディー・ガガがアリアナ・グランデとコラボ!新曲「Rain On Me」をMVと共に解禁!

音楽

著者が暴露!『ハリー・ポッター』誕生の地は、あのカフェではなかった?!

映画

ザ・ウィークエンド、ドージャ・キャットを迎えた「In Your Eyes」リミックス版を解禁!

音楽

お互いにゾッコン!デミ・ロヴァート、SNS上でマックス・エーリックとイチャイチャ!

セレブ

新作が好評発売中のThe 1975、メンバー愛と日本愛を歌う「Guys」のMVを公開!

音楽

元恋人同士のジョーイ・キングとジェイコブ・エロルディ、続編作のポスターで完璧な距離感を保つ

映画