SoulCycleのインストラクター、職業を“教育者”と偽り新型コロナのワクチンを接種

3 2月 2021
暗闇で自転車を漕ぐことで有名なフィットネス・チェーン「SoulCycle」でインストラクターとして勤めているステイシー・グリフィスが、新型コロナウイルスのワクチンを優先して接種できるよう職業を偽った件について、世間から大バッシングを浴びている。

ステイシーは1月29日、自身のインスタグラム上に新型コロナのワクチン接種の様子をドキュメントした投稿をアップ。現在は削除されてしまっているこの投稿には、次のように綴られていた。

「ワクチン・デー!モデルナのワクチンの第一段階よ!スタテンアイランドまで1時間ほど運転してきたけど、その価値があったと思う。多くの人の努力が必要ね」


Instagram/@staceygnyc

投稿を行ったのち、ステイシーはThe Daily Beastに対し、ワクチン接種までの流れを細かく説明。ニューヨークでは現在、65歳以上の人、教員、学校スタッフ、人々と直接接触する機会のある大学の教授者、保育士など、ワクチン接種を優先して受けられる人々の条件が設けられている。その中には「スポーツジムで働くインストラクター」は含まれていないのだが、ステイシーは自身の職業を「教育者」と偽り、ニューヨークにてワクチン接種を行ったのだった。

「私がワクチンを接種することで、グループ内での感染拡大を防ぐことが出来るわ!」と、ステイシーは同誌のインタビューにて主張。「私は、多くの人が共通して接触する立場にある人間。健康のプロとして、人々や彼らの呼吸器系の健康を維持することが私の最優先事項なの。そうすれば、万が一新型コロナに感染しても病に打ち勝つことが出来るから。でもそれも、自分が健康でいて初めて人に教えることが出来るのよ」と、ワクチンを接種した理由を説明したのだった。

しかし、ワクチン接種を待ち望む人が何万といる中で、職業を偽り優先的にワクチン接種を行ったステイシーに対し、世間の人々は憤慨。インターネットを通してステイシーには非難の声が多数寄せられた。

また先週日曜日に開催された記者会見では、ニューヨーク市長のビル・デブラシオ氏も本件について言及。「私には、この人はワクチン接種を受けるべき人物だったようには聞こえない。会場にいきなり現れ、"こんにちは、私はSoulCycleのインストラクターよ"と言う人が接種の資格を持つべきではない、何か他の要因がない限りは。申請手順の段階で排除されるべきだった」と自身の見解を示したのだった。
 


すると2月1日、ステイシーは謝罪の声明を自身のインスタグラム上に投稿。「ワクチンの接種を受けたという最近の私の行動について、心の底からお詫び申し上げます。誤った判断をしてしまい、その点には深く反省しています」と、短く綴ったのだった。

ステイシーが所属するSoulCycleは、「ステイシー・グリフィスは、ニューヨークでの新型コロナのワクチン接種を個人的に行いました。SoulCycleは、インストラクターや他のスタッフたちのためにワクチン接種を行う手はずを整えたりワクチンを入手したりといったことは一切しておらず、また"教育者"としてワクチン接種をするよう従業員に促したりもしておりません」と、一切の関与を否定する声明を出している。



 



Category:

Latest News

2021年「第78回 ゴールデン・グローブ賞」のノミネーション一覧が発表に!

映画

モーガン・ウォレン、差別的発言により「ACM Awards」ノミネート資格を取り消される

音楽

ビービー・レクサ、“薬物の過剰摂取で死去”という嘘のツイートについて言及

音楽

レディー・ガガがオレオとコラボ?!緑のクリームの正体とは一体…?!

音楽

リル・ウージー・ヴァート、ダイヤモンドを額に埋め込む?!あのマーベル キャラとの比較も

音楽

プリヤンカー・チョープラーが激白!交際開始からたった2ヶ月で「プロポーズされた」

音楽

ブラザーズ・オズボーンのT.J. オズボーン、同性愛者であることを告白

音楽

プーマ・ブルー、デビューアルバムから新曲「Already Falling」を先行リリース

音楽