ジャレッド・レト版ジョーカーが主役の映画、制作開始!

8 6月 2018
2016年に公開された『スーサイド・スクワッド』にて、ジャック・ニコルソンやヒース・レジャーなどの名優が演じてきた悪役ジョーカーを見事に演じきったジャレッド・レト。今は亡きヒースによるジョーカーが「アカデミー賞助演男優賞」を獲得するほど評価を得ていたため、演じるにあたり大きなプレッシャーを抱えていたジャレッドだが、彼のジョーカーもまたクールだとファンに受け入れられていた。

そんなジャレッド版ジョーカーを再びスクリーンで見られる日が訪れそうだ。Variety誌によると、ワーナー・ブラザースは現在、ジャレット演じるジョーカーを主役に据えた映画を準備中とのこと。ジャレッドは主演だけでなく、本作のエグゼクティプロデューサーとしても契約済みということも報じられている。映画のあらすじや具体的な公開日などはまだ不明だが、脚本家選びはもう始まっているようだ。

ジャレッドは他にも、『スーサイド・スクワッド』にてハーレイ・クインを演じたマーゴット・ロビーと共に、ジョーカーとハーレイ・クインによる犯罪者カップルのラブストーリー作品にも出演予定だ。

via GIPHY



また、DCコミックスの映画化に関しては、他にもジョーカーが主役となる作品のプロジェクトが進行しているのだとか。こちらは『ハングオーバー!』で知られるトッド・フィリップスが監督を、名監督マーティン・スコセッシがプロデューサーを務める予定で、主役のジョーカー役としてホアキン・フェニックスが交渉中とのこと。バットマンの最大の宿敵である悪役でありながらも、主役以上の人気を誇るジョーカーは映画の世界においても引っ張りだこのようだ。

(C)Warner Bros.
Category:

Latest News

ブルーノ・マーズ、新曲「Please Me」で再びカーディ・Bとコラボ!

Music

ホールジー、新タトゥーはあの有名人の顔!

Celeb

レディー・ガガ、カーディ・Bの味方に!

Celeb

キム・カーダシアン、悲しすぎる美の秘訣を明かす

Celeb

ARTIST OF THE MONTH: ザ・ローリング・ストーンズ

Special

MTV LIVE PREMIUM: 日向坂46 -1st Story-

Special

日向坂46 VideoSelects

VideoSelects

欅坂46 SPECIAL

Special