カーディ・B、今度は政界に進出か?!

14 1月 2020

ラッパーとして音楽業界の最前線で活躍し、昨年は映画『ハスラーズ』で女優としても華やかなデビューを飾ったカーディ・B。どうやら今度は、政治家になるという新たな夢が出来たようだ。
 
現地時間で12日の夜、カーディは自身のツイッターを更新すると、こう一言つぶやいた。
 
「政治家になってみたいかも。政府には賛成してないけど、政府のことが大好きなの」
 




カーディと言えば昨年の8月、ファンたちから募った質問について話し合うため、アメリカ上院議員のバーニー・サンダースと会談したことがメディアに大きく取り上げられていた。その時撮影された写真を自身のインスタグラムに投稿した際には、「一緒に、この国を変身させるため、若い人たちで運動を起こしましょう。(選挙の)候補者たちについて学びましょう!」とキャプションを添え、若い世代の人々にももっと政治に参加して欲しいという願いを発信していた。
 

 
このように以前から政治に対して関心を寄せているカーディだけに、今回の発言は必ずしも"突拍子もない行動"というわけではない。
 
急に「政治家になる」発言をした裏にはいったいどんな経緯があるのか――続いてカーディは、その理由ともとれるコメントをツイッターに次のようにアップしている。
 
「戦争に関するドキュメンタリーを観ていたんだけど、どれだけ大量の武器を持っていても、結局は人間が必要なのよ。愛国心なしで、どうやって敵国へ歯向かうよう人々を仕向け、戦争を始めるつもりなの?"自分はアメリカ人でいられて最高だ"と言う人を私はあまり見たことがない」
 


最後にカーディは、「もっとちゃんと説明しなくてはいけないと思うから、このことについて話すためのビデオとかライヴチャットをその内開催するわ…その中でさっきの2つのツイートについて話したいと思う。この話はまた今度ね」とツイートし、カーディの政界進出発言に騒ぎ立つファンたちを静めていた。
 





Category:

Latest News

カーラ・デルヴィーニュがジャスティン・ビーバーに苦言!「何でブロックした?」

セレブ

BTS、ニューアルバム制作過程を収録したドキュメンタリーを公開!

音楽

ソフィー・ターナー、誕生日パーティー参加者に“ソフィーの顔マスク”を強制着用?!

セレブ

セレーナ・ゴメス、ジャスティン・ビーバーへ捧げた幻の曲をリリース!

音楽

ビヨンセ、コービー・ブライアントの追悼イベントであの曲を熱唱

音楽

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー、新曲「Old Me」ビデオで幼少期の写真を公開!

音楽

ナイル・ホーラン、ニューアルバムのトラックリストを解禁!

音楽

クリス・プラットが暴露!『ジュラシック・ワールド 3』には「皆がカムバック」

映画