ヘイリー・ビーバー、ジャスティン・ビーバーとの結婚を急いだ理由を明かす

12 2月 2020

2016年に一度交際をするもその後破局、精神的にも成長したその2年後の2018年6月ごろから再び交際をスタートさせ、同年9月に結婚したジャスティン&ヘイリー・ビーバー夫妻。復縁から結婚までの期間があまりにも短かったため、世間の人々の驚きっぷりはハンパなかった。
 
2020年年明けには約5年ぶりとなるシングル「Yummy」をリリースし、今週金曜日には待望のニューアルバム発売を控えているジャスティンは、ここ数年間の自身の生活を振り返るYouTubeの限定ドキュメンタリー・シリーズ『Justin Bieber: Seasons』を現在配信中だ。その最新エピソードとなるエピソード7の中で、結婚までのいきさつをヘイリーは次のように語った。
 
「すごく可笑しかったのよ、だって私たち婚約しても、"結婚式の計画はゆっくりでいいよね。ちょっとリラックスしよう"って感じだったの」
 
ところが、"結婚"という言葉を意識する以前に、愛し合う二人の人間としてどうしても一緒にいる時間を増やしたかった二人は、自然と前に進むことを決意。
 
「一緒に住みたかったの、同棲を始めたくて、でもそれだけはきちっと結婚するまではするつもりがかなったから、籍だけ入れることにしたのよ」
 

 
復縁からたった数か月で結婚に踏み切ることになった二人。「果たして結婚生活はうまくいくのか」と、本来であれば不安に思う気持ちが大きかったはずだが、交際期間が短かったからこそ順調な生活を築き上げていると、ヘイリーはこう続ける。
 
「引っ越してきて一緒に住み始めて空間をシェアし始めると、結婚に対して生じる恐怖心やプレッシャーを全て拭うことができたわ」
 
また、裁判所でひっそりと結婚式を挙げたにもかかわらずその翌年に結婚1周年を迎えるタイミングで盛大な結婚式を再び挙げたことについては、「将来、その時のことを振り返った時、"あ、そういえば私花嫁さんになったことがない。お父さんとバージンロードも歩かなかったなぁ"と思ったりしたくなかったの」と説明していた。
 
しかし、実際に結婚式のプランを練り始めると、準備のほとんどはヘイリーが担当することに。
 
「私は別に結婚式に夢を抱いているようなタイプの人間ではないんだけどね。そんなにワクワクはしないかな。確かに自分がどういう結婚式にしたいかっていうアイデアはあったしプランニングにも参加したけど、細かいことにこだわりすぎてストレスまみれになるのだけはごめんだったから」「ジャスティンはケーキのテイスティングをしてくれて、色のスキームを選ぶのを手伝ってくれたわ」
 
これにはジャスティン本人も、「僕はただ(結婚式に)姿を現しただけ」とコメントしていたが、このヘイリーとジャスティンの性格のデコボコこそ、夫婦関係としてバランスがよく取れ、円満の秘訣となっているのかもしれない。
 

 


 



Category:

Latest News

【#AloneTogether】MTV Unplugged at Home、第3弾は若き反骨のロックシンガー、ヤングブラッド!

音楽

ALEX YORKのワンポイント英会話 第12回「どんぐりころころ③」

連載・コラム

神対応続くテイラー・スウィフト、小さなレコードショップの財政難を救う!

音楽

サーフェシズ、話題沸騰中の「Sunday Best」の縦型ミュージックビデオを公開!

音楽

テカシ・シックスナイン、新型コロナウイルスの感染予防のため釈放される

セレブ

スーパーマン、老人ホームを訪れ入所者にパワーと笑顔を届ける!

カルチャー

ヘイリー・スタインフェルド、新作MV「I Love You’s」で監督デビュー!

音楽

キム・カーダシアン、妹カイリーにメイクを頼むため外出禁止令をあっさり破る?!

セレブ