マルーン5とスポンジ・ボブの共演に全米が熱狂!

5 2月 2019
現地時間で2月3日、ジョージア州アトランタのメルセデス・ベンツ・スタジアムで「第53回スーパーボウル」が開催された。ハーフタイムには、毎回豪華なミュージシャンが集結し一夜限りのスペシャルパフォーマンスを披露するのが恒例だが、今年は思いがけないスペシャルゲストの参加に全米が衝撃を受けたようだ。



開催に先立って出演が発表されていたのは、マルーン5、トラヴィス・スコット、そしてビッグ・ボーイの3組。マルーン5は今月に来日公演を控えており、ここ日本でも人気の高いバンドだ。

M字型の特設ステージに登場したマルーン5は、手始めに2002年発表の「Harder to Breathe」を演奏。続くは、バンドの代名詞と言ってもいいブレイク曲「This Love」。たった2曲ではあるが、この時点で既に会場のボルテージは最高潮に。

と、ここで登場するのが、トラヴィス・スコットでもビッグ・ボーイでもなく、スポンジ・ボブだ。昨年2018年は「スポンジ・ボブ」の作者スティーブン・ヒレンバーグ氏が逝去した年。アメリカを始め世界各国で愛されるスポンジ・ボブの生みの親を追悼すべく、今回の出演が実現となった。
 

「スポンジ・ボブ」ファンにとって愛着のある、キャラクターたちが大舞台で「Sweet Victory」を演奏するアイコニックなシーンが「第53回スーパーボウル」で流れただけあり、ネット上では作品のファンたちが大喜びのコメントを次々と投稿していた。


「スポンジ・ボブ出てる!マジか!今めっちゃ叫んでる!」


「スポンジ・ボブじゃん!今のところ、今回のスーパーボウルで一番良いシーンはこれだね。笑」


「ハーフタイムショーで「スポンジ・ボブ」作者のスティーブン・ヒレンバーグへのトリビュートを流すなんて、粋なことをしてくれるじゃないか」


スポンジ・ボブからの紹介を受けてステージにあがったのが、ラッパーのトラヴィス・スコット。テレビ画面上では隕石のイメージが合成追加され、その隕石がステージに墜落した瞬間にトラヴィスが現れ「Sicko Mode」を歌い始めるという演出がなされていた。

ここでステージは再びマルーン5のパフォーマンスへ。マーチバンドとゴスペル隊を引き連れた「Girls Like You」、そしてランタンを用いた美しい演出の「She Will Be Loved」を披露し、会場が一体となった瞬間であった。

すると、地元アトランタ出身のビッグ・ボーイが「Kryptonite (I'm on It)」を歌いながら登場。ミンクの毛皮を身にまといキャデラックに乗って会場に現れたビッグ・ボーイは続いて、コラボレーターのスリーピー・ブラウンとマルーン5と共に「The Way You Move」を披露したのだった。

「The Way You Move」のビートはそのまま、マルーン5の「Sugar」へとメロディーを変化させていく。フロントマン=アダム・レヴィーンの甘い歌声に会場が酔いしれると、最後は大ヒット曲「Moves Like Jagger」でハーフタイムショーは締めくくられた。
Category:

Latest News

ジャシー・スモレット、襲撃事件を自作自演し逮捕

Celeb

来日迫るジョン・メイヤー、新曲をリリース!

Music

『アンブレラ・アカデミー』5号、マイケミのファンだった!

Music

マーティン・ギャリックス、2019年第1弾シングルをリリース!

Music

意外?アデル&ドレイクが一緒に夜遊び

Celeb

ホールジー&ヤングブラッド、新MVで感情的なキス

Music

ビヨンセ&ジェイ・Z、メーガン妃を支持!?

Music

クリス・ヘムズワースがハルク役に!

Movie