リンキン・パークのジョー、バンドの未来を語る

19 4月 2019
リンキン・パークのジョー・ハーンが韓国の聯合ニュースの取材に応じ、バンドの未来について語った。

リンキン・パークは2017年にフロントマンのチェスター・ベニントンが亡くなったため活動休止中だが、ジョー曰く、最近は残ったメンバーたちと「一緒に新曲を作ることについて話しはじめた」ようで、10年以内もしくはもっと早くに活動再開できそうだとのこと。

とはいえ、詳細は未定だ。ジョーは「締め切りは設けたくないんだ。僕らはただ、今に向き合って、音楽について話がしたいだけなんだよ。細かい計画についての議論はしていないね。僕はとにかく自分の物置小屋で音楽を作っていた時代に戻りたいだけなんだ」と述べていた。

バンドのこれからについて口にしているのはジョーだけではない。今年2月、マイク・シノダは新しいヴォーカリスト加入の可能性を肯定していた。彼の発言に動揺するファンたちもいたが、その後「僕らは新しいヴォーカリストを探していないし、もしそれが有機的なかたちで行われるなら、僕は受け入れる」とツイートし、チェスターの後釜として誰かを迎えることは考えていないが、もしそれが自然な流れであれば前向きに検討すると説明していた


Category:

Latest News

リアム・ヘムズワース、映画のプロモツアーをキャンセル

映画

キーファー・サザーランド、バスのステップを踏み外し重傷を負う

音楽

スリップノットの公演中に死亡者が発生、警察が捜査を開始

音楽

切ない!ディプロ、有名人だと気づかれず写真撮影を頼まれる

セレブ

テイラー・スウィフト、最新曲とトラックリストを一気に解禁!

音楽

マーティン・ギャリックス、最新曲「Home」をリリース!

音楽

ホイットニー・ポート、「レオナルド・ディカプリオの誘いを断って後悔している」

セレブ

カーディ・B、映画共演者にラップ・ダンスをレッスン!

映画