電話の音声データが流出!テイラー・スウィフトは嘘をついていなかったことが判明

23 3月 2020

カニエ・ウェストの楽曲「Famous」の歌詞を巡り、長いこと敵対関係にあるテイラー・スウィフトとカニエ・ウェスト&キム・カーダシアン夫妻。今回、このケンカのきっかけとなったテイラーとカニエが電話上で交わした会話のデータがネット上に流出し、長年嘘をついていたのはカニエとキムの方だったことが明らかとなった。
 
もともとテイラーとカニエは、2009年に開催された「2009 MTV Video Music Awards」(以下VMA)で「最優秀女性ビデオ賞」を手にしたテイラーの受賞スピーチをカニエが「この賞はビヨンセの方が相応しい」と妨害したことで険悪な仲になった。
 
その後2015年に一度和解するも、2016年にリリースした自身の楽曲「Famous」の中でカニエは、「俺があのビッチを有名にしてやった」とテイラーのことを侮辱。これに対しテイラーは「あんな歌詞になるなんてカニエから知らされていなかった」と主張するも、カニエと妻のキムは「テイラーには事前に電話で歌詞の許可を取っている」と反論した上、キムはテイラーのことをヘビ呼ばわりするなどしてネット上で激しくテイラーを非難していたのだった。
 
そして今回、遂にこの騒動に白黒つける時がやってきた。というのも、「Famous」の歌詞について電話上で話し合うカニエとテイラーの録音データがネット上に流出し、これまでどちらが嘘をつき続けてきたのかが明らかになったのだ。
 

 
会話の様子を撮影したビデオの中でテイラーは、カニエがテイラーについて歌ったというシングル「Famous」の歌詞について質問。カニエは「8か月前ほどからあるアイデアなんだけど、エミネムを意識した感じになってる。ちょっと覚悟してくれるか?」とテイラーに心の準備をさせると、「"テイラー・スウィフトは俺にセックスの貸しがある"って歌うんだ」とカニエが歌詞の一部を披露。これにテイラーは「ははは」と乾いた笑いを漏らすも「意地悪な歌詞ではないわね」と回答し、この歌詞に関しては暗に容認していた。
 



更には、「もし"俺がテイラーを有名にしてやった"って歌ったらどう思う?」とカニエが尋ねると、テイラーは次のように率直な感想を述べた。
 
「そんなこと言ったの?なんてことを…私に何ができるっていうのかしら?その、今となってはもうどうすることも出来ないわよね。なんて言うか、あなたは過去に起こったことと体験したことを自分の立場からの視点で書けばいいと思うし――実際あの時私のことなんて知らなかったみたいだから。2009年のVMAの段階では、私が『Fearless』を700万枚も売り上げたことは関係なさそうだったしね」
 
最終的にテイラーは、「テイラー・スウィフトは俺にセックスの貸しがある」という歌詞に関しては許可を出したものの、実際の歌詞として歌われており問題となった「俺は今でもテイラーとセックス出来る気がする/なぜって、俺があのビッチを有名にしてやったからだ(I feel like me and Taylor might still have sex/Why? I made that bitch famous)」という部分(特にテイラーを「ビッチ」と呼んだこと)に関しては、電話の中でテイラーに教えていないだけでなく、楽曲の音源も再生していないため、テイラーには許可を出す以前に歌詞の存在すらわからなかったのだ。
 
今回音声データが流出したことで、遂にテイラーの潔白が証明されたわけだが、カニエはこの件についてまだ釈明や謝罪のコメントを発していない。
 

 



Category:

Latest News

女王復活!リアーナ、3年ぶりに新曲をリリース!

音楽

キム・カーダシアン、子供の時間の潰し方のアイデアを募集するも炎上騒ぎに

セレブ

トリヴィアム、ニューアルバムより表題曲「What The Dead Men Say」を解禁!

音楽

外出禁止の各国、人々が自宅でヘアカットにチャレンジするも…

カルチャー

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー、最新ビデオは自宅で10時間かけて制作!

音楽

ヘイリー・スタインフェルド、生配信中に元恋人の曲が再生され気まずい雰囲気に

音楽

才能が溢れ出るオリバー・マルコム、ニューシングル「Helen」をリリース!

音楽

自宅にストーカー出没でクリス・ブラウンが冷や汗!「あなたは私の人生のパートナー」

セレブ