『キャプテン・マーベル』予告編からわかる3つのこと

21 9月 2018
マーベル・シネマティック・ユニバースにおける初の女性ヒーロー主役作『キャプテン・マーベル』の予告編が解禁された。



本作の舞台は90年代。予告編は、ブリー・ラーソン演じるキャプテン・マーベルが空から降ってきて、今は無きレンタルビデオ屋「Blockbuster」へと落ちるシーンから始まる。地球を彷徨うキャプテンに接触してきたのは、スーパーヒーローを管理する国家組織S.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリー(サミュエル・L.ジャクソン)。戸惑うキャプテンに対して「君は地球外から来たんだろ」とお見通しのニック。

会話を進めるにつれ、キャプテンは「思い出があるの。フラッシュバックして見えるのよ。私はここで別の人生を歩んでいたみたいなんだけど、その記憶が確かかどうかはわからないわ」と悩みを告白。その間、"キャロル・ダンバース"という名の人間として生を受け空軍に勤めていたころのキャプテンと、地球外生命体による超人的な力が加わり"キャプテン・マーベル"として活動している彼女の現在の姿が交互に映し出されている。

今年の4月に公開された『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、クレジット後の映像でキャプテン・マーベルへ救助要請の信号を送るニック・フューリーが映っていたことから、来年5月に公開となる『アベンジャーズ4』にキャプテン・マーベルが出てくることが予想されており、マーベル作品のファンにとって『キャプテン・マーベル』は無視できない一作。そこで、今回公開となったトレイラーからわかる3つのことを紹介していきたい。


1. 顔面を殴られたおばあちゃんの正体
今回のトレイラーの中で最も印象的と言っていいシーンは、キャロルが、優しい顔で微笑むおばあちゃんの顔面を全力で殴るところだろう。老女がかけていたメガネが吹っ飛び、綺麗に整えられていた白髪が乱れるシーンは一瞬ギョッとしてしまう光景だが、これにはちゃんとした理由がある。

キャロルはこの老女が、地球にやってきた敵=スクラル人のスパイであることを見抜いており、容赦ないパンチをお見舞いしたのだ。(もしくは、キャロルに変装したスクラル人が心優しいおばあちゃんを殴っている、という説もある)このことからわかるのは、キャロルには変装したスクラル人を見分ける能力が備わっており、スクラル人と(キャロルが属する)クリー人という2種族のエイリアンの銀河間紛争に巻き込まれた地球を救おうとするニック・フューリーにとって、キャロルの協力は必要不可欠ということだ。




2. ジュード・ロウの役柄
本作へのジュード・ロウの出演がアナウンスされた時、ロウの役柄はウォルター・ローソン / マー・ベルとされていたが、このマー・ベルというのはコミックの中では最初のキャプテン・マーベルだった人物で、事故でクリー人の兵士とDNA融合したキャロルの力を増強させた、いわばキャロルの師匠のようなキャラクター。

しかし本トレイラーの中では、DNAが融合した後のキャロルは逆さまに吊るされ、自由を奪われた状態でプラズマ波のような光がキャロルの頭の両脇に向けて放たれており、その光の色が徐々にオレンジに変化していく。ここで思い出してほしいのが、キャロルがクリー人の兵士とDNA融合した瞬間と思われる爆発が起きた時、彼女を取り巻く光の色は"青"だったこと。そして、上記の"人体実験"的プロセスを経た後、キャロルの目から放たれる光の色はオレンジになっていることだ。仮にこの「光の色の変化」がキャロルの力の変化を表しているとしたら、キャロルの力の増強を手助けしたのはウォルター・ローソンではないと言え、ロウ演じるウォルター・ローソンがコミックとは違う役目を与えられているという仮説、もしくは、果たしてロウは本当にウォルター・ローソン役として出演しているのかという疑問が浮上してくる。

一部の考察では、ロウはクリー人の対テロリスト特殊部隊スターフォースでリーダーを務める、信仰深いクリー人という説もあるが、現段階では詳細がはっきりとわかっていない。


3. ロナンとコラスの登場
2014年公開の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で悪役として描かれたクリー人のロナン。同作の中ではインフィニティ・ストーンの一つであるパワー・ストーンを用いて仇敵であるザンダー星人を星ごと滅ぼそうとするも、スター・ロード率いるガーディアンズ・オブ・キャラクシーに敗北し、死亡する。『キャプテン・マーベル』ではまだ若かりし頃のロナンが登場しており、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の中でも使用していた武器、コスミ-ロッド(ハンマー)を手に宇宙船から地球を眺める後ろ姿がトレイラーで見ることが出来る。

また、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でロナンの腹心として登場したコラスも、キャロルが所属するスターフォースの一員として登場。同作のプリクエル・コミック「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:プレリュード」でコラスは、サノスの2人の娘、ガモーラとネビュラのトレーナーであったことが明かされていることから、サノスとキャロルを繋げる人物として描かれるのでは、と予想されている。

予告編ではその他にも、S.H.I.E.L.D.のフィル・コールソン捜査官(クラーク・グレッグ)の姿も。

『キャプテン・マーベル』は2019年3月8日(金)に全米公開予定だ。


(C)Marvel Studios
Category:

Latest News

絶望的!マルーン5、ハーフタイムショーの共演者見つけられず

Music

アリアナ、新曲「Imagine」をリリース!

Music

悪意はない?『ゴシップ・ガール』紹介文がおかしいと話題に

Show

スパイダーマン&スター・ロード、ピクサー新作で再会!

Movie

ジャスティン・ビーバー SPECIAL

Special

Little Glee Monster SPECIAL

Special

宇多田ヒカル SPECIAL

Special

DEAN FUJIOKA SPECIAL

Special