カミラ・カベロのニューアルバム『Romance』、あなたはどの曲を人生の応援歌に?

12 12月 2019

今最も注目したいシンガーの一人であるカミラ・カベロ。モデル級の美貌に、どんなジャンルも歌いこなしてしまう抜群の歌唱センスを持ち合わせる彼女が、12月6日に待望のニューアルバム『Romance』をリリース!
 
恋とは、また愛とは何なのか――究極の疑問について想像を巡らせながら制作したファーストアルバム『Camila』から、実際に心が揺れ動く恋愛を体験しその真意へと迫ったセカンドアルバム『Romance』へ。自身の人生というフィルターを通して様々な角度から見た"ロマンス"を赤裸々な歌詞に乗せて描写している本作は、今まさに恋をしている人だけでなく、失恋から立ち直れずに悩んでいる人、また、自己愛を追求する人にも必聴な作品となっている。
 
本記事ではそんな『Romance』を、その時感じている心情や置かれた状況別に、あなたにピッタリな収録曲をご紹介!カミラの心の底から湧き出てきた歌詞たちに共感してみよう!
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

camila(@camila_cabello)がシェアした投稿 -


 
 
大恋愛中のあなたに
―燃え尽きてもいい…この想いは止められない―
 
ある日突然、心の中にフッと現れる"炎"。人間は、こんなにも誰かに想いを寄せることが出来るのか――。時間を共にすればするほどその炎はより大きくなり、最後は身も焦がすほどの情熱的な感情となる。そんな、恋に溺れる心地よさと、制御不能な感情への戸惑いについて歌った「Shameless」と「Liar」の2曲は、『Romance』の先行第一弾シングルとして9月5日に同時リリースされた。
 

 

 
この2曲は、カミラがかねてより思いを寄せていた末、シングル曲「Señorita」でのコラボをきっかけに交際に発展したと言われている、カナダ人シンガーのショーン・メンデスへの気持ちについて歌っていると言われている。
 
「(ショーンとの一番最初のコラボ曲である)「I Know What You Did Last Summer」を制作した時、ショーンとは友達以上の絆を感じたの。彼もそうだったと思う。でも私たちはお互いにとても幼かったし、彼はシンガーとしてのキャリアのプレッシャーにまみれていた。だから、お互いを好きだという感情についてどう扱っていいのか、二人ともよくわかっていなかったのよ。両想いだったのに一緒になれないという、なんとも微妙な関係だったのよね」
 
しかし、「I Know What You Did Last Summer」でのコラボから約4年後、今年の6月に「Señorita」で再びコラボを果たしたカミラとショーンは、当時持て余していたお互いへの気持ちを再確認。晴れて恋人同士になったのだった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

camila(@camila_cabello)がシェアした投稿 -


 
「Shameless」と「Liar」の2曲は、まさにこのショーンへのカミラの想いとシンクロしている楽曲に。「Shameless」は、歯止めの効かない恋心を受け入れ、恥じることなく大胆に表現することに対し"強さ"と"自由"を感じる気持ちを歌った曲となっており、一方の「Liar」は、「好きじゃない」と頭では否定しつつも、その人に会って微笑まれただけで、積み上げてきた"これ以上好きにならないという決意"が簡単に崩れ落ちる様について綴られている。
 
誰かに対し抱いたその強い感情を、拒んでも地獄、受け入れても地獄。ならば、その想いを精一杯大事にしてみようではないか――そんなカミラの強さに触れれば、きっとあなたにも勇気が湧いてくるはず!
 
 
 
傷心中のあなたに
―こんなにも辛い思いをするなら、人はどうして恋をするのか?―
 
とはいえ、恋愛は楽しいことばかりではない。"運命の人"に出会うまでは、失恋というのも恋愛には付き物。事実カミラ自身も、本人が「初恋だった」と言うマシュー・ハッシーとの交際を2018年にスタートさせるも、今年6月に破局が報道された。
 
「私と彼は、とても似てる。お互い変わってるから、一緒にいると下らないことばかり言い合ったりして、バカになれるの。彼は、私が今まで生きてきた中で一番幸せにしてくれる人よ」
 
カミラにここまで言わせた人だ、もちろん破局後は悲しい気持ちになったはず。出口なんてないのではないかと思えるような、気の遠くなるような暗闇が永遠と続くトンネルの中にいる感覚に陥るのが失恋。唯一その中で救いとなるのは、「別れたあの人もきっと辛いはず」という想像だけだ。だがもし、相手はとっくに吹っ切れていて、さっさと新しい人との恋を始めていたら?
 

 
そんな誰しもが経験したことあるような怒りの感情を歌ったのが、先行第二弾シングルの「Cry For Me」だ。同曲のテーマについてカミラは、SNS上ではっきりとこう述べている。

「みんな、一度は感じたことはあると思うんだよね。元恋人が自分より先に吹っ切れていて、もちろん 幸せになってほしいけど…早すぎ、って。この曲はこのアルバムの曲の中でもお気に入りの曲なの、 たくさんの怒りが込められてて。16 歳の時に"あなたが幸せで私はイライラする"っていう曲を書いたの。私ととある誰かが別れて、思っていたよりも早く相手が次を見つけていて、楽しく幸せそうに付き合っていて、"え、何なの、すぐ次いっちゃって"」
 




よくよく考えてみたら、悲しみに打ちひしがれてすっかり元気をなくしてしまうより、その悲しみを怒りというエネルギーに変え、「絶対もっと魅力的になって、いつか見返してやる!」と思うことで、早く立ち直ることが出来るかも?
 
 
独り身のあなたに
―恋愛だけが全てじゃない!今は誰よりも自分自身を大事に―
 
"愛"をテーマにアルバムを作る時、必ずしもその対象は"他人との恋"でなくてもいい。独り身でいる時期は、自分自身と向き合うのに最も適した時間だ。10月11日に先行第三弾シングルとしてリリースされた「Easy」は、まさにそんな自己愛を探し続ける人にぴったりな一曲となっている。
 

 
「あなたは私を複雑な人だと言う / ちょっと控えめに言ってる気がするけど」「あなたは私を優柔不断な人だと言う / 気まぐれだけど、一応は隠そうとしてるのよ」「あなたは私はよく考えすぎると言う / 良いことも全て滅茶苦茶にしてしまうまで考えすぎると」「私とケンカでもする方がよっぽどいいとあなたは言う / 他の人と平和な一夜を過ごすくらいならと」「あなたは本当に私のことを愛してるのね / 私のことをよく知っていて、愛してくれる / それこそまさに / 私がずっと望んでいたことなの」
 
欠点も含めてありのままの自分を愛してくれる――そんな、運命の人へ向けた感謝の気持ちを歌った曲ととることも出来る「Easy」だが、果たして"愛"を感じるのに必要なのは、自分以外の第二者の存在だけだろうか?
 
SNSなどの投稿を介し、他人の容姿や生活スタイルに憧れる人々が増え、自分自身を愛することがますます難しくなってきていると言われるこの時代。スマートフォンをいじるその手を止め、どうかこの曲を聞いてみて欲しい。自分の欠点に目を向けることほど難しいことはないが、そんなありのままの自分を愛するためのきっかけをきっと掴めるはずだ。
 
‐‐‐
 
本記事でご紹介した楽曲以外にも、今作『Romance』には様々な状況に置かれた人々に寄り添う名曲たちがぎっしりと詰まっている。また、上記の「Easy」のように、同じ曲でも見方を変えれば、心に響いてくるメッセージは一通りだけではない。心から共感できる曲を見つけてみよう、辛いことがあった時やちょっと勇気を出したい時、その1曲があなたの応援歌になってくれることだろう。

 

関連記事

新アルバム『Romance』をリリース! 情熱の歌姫、カミラ・カベロを徹底解説!

カミラ・カベロの『Romance』、iTunesチャートで首位を獲得!




Category:

Latest News

山下達郎 VideoSelects

VideoSelects

ナイル・ホーランにいつの間にか新恋人が!日曜デートの様子をSNSで公開!

音楽

大統領の姪が暴露!マドンナ、トランプ氏のデートの誘いを断っていた?!

音楽

レイニー、メンバー全員の両親が登場する感動のミュージックビデオを公開!

音楽

新しいTikTokチャレンジ「卵を守る猫」が海外でトレンドに!

カルチャー

『ハリポタ』ベビーブームが止まらない!シェーマス役俳優が恋人の妊娠を発表!

映画

ベラ・ハディッド、父親の出生地に関する投稿を削除したインスタグラムにブチ切れ!

セレブ

モダン・ディスコの金字塔、ミスター・プレジデントが6年ぶりの新作を発表!

音楽