『ロード・オブ・ザ・リング』監督、あのヒット作のオファーを辞退していた

16 5月 2019
『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督が、『アクアマン』の監督オファーを二度も断っていたそうだ。ジャクソンは、当時ワーナー・ブラザースのCEOだったケヴィン・ツジハラから同作の監督就任を二度も依頼されていたが、乗り気になれなかったようで、最終的にジェームズ・ワンにその大役が回ることとなった。

ジャクソンはエンパイア誌にこう語っている。「ケヴィンが"『アクアマン』のファンかい?"って聞いてきたんだ。で、僕は"違います"って答えた。半年後にまた、"ピーター、君は『アクアマン」のファンかい?"って尋ねられたから、"違うよ。ケヴィン、これに関してはもう君に言ったはずだよ"って返したんだ」「僕はスーパーヒーローのファンじゃないんだ。『タンタンの冒険』を読んでいたしね。映画って大変なものなんだ。だから僕は、情熱を捧げられる映画だけを作りたいんだ」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#NationalSuperheroDay

Aquaman Movieさん(@aquamanmovie)がシェアした投稿 -



また、当分は事実に基づいた作品の制作を考えているというジャクソンは最近、第1次世界大戦を題材にしたドキュメンタリー映画『They Shall Not Grow Old』(原題)でメガホンを執っていた。同作では、帝国戦争博物館のアーカイブに保存されていた映像をカラー化したほか、BBCや同博物館によるイギリス軍兵士のインタビュー音声を現代のテクノロジーで改善している。



そんなジャクソンは今年、1970年公開の映画『レット・イット・ビー』に収録されなかった55時間にも及ぶ映像を使用したザ・ビートルズの新作ドキュメンタリーを製作することが発表されていた。公開日やタイトルは未定だが、映画『レット・イット・ビー』と同タイトルのザ・ビートルズ最後のスタジオアルバム発表の50周年にあたる2020年に公開されると見られている。


Category:

Latest News

ナタリー・ポートマン、モービーとの交際説を否定

Celeb

エル・ファニング、カンヌ国際映画祭で気絶!

Celeb

カーディ・B、脂肪吸引手術からの回復のため公演をキャンセル

Music

アレサ・フランクリン、遺言が自宅ソファの下から発見

Celeb

ウィル・スミス、主役アラジンをバックダンサーと勘違い!?

Celeb

エリー・ゴールディング、地球温暖化対策を若者に呼び掛け

Celeb

シェール、「ジェンダーレス」なフレグランスを開発

Celeb

ディプロとチャーリーXCXによるスパイス・ガールズの曲が流出

Music