ジャスティン・ティンバーレイク、不倫報道受け謝罪の声明を投稿

6 12月 2019

11月下旬に、映画『Palmer(原題)』で共演した女優のアリーシャ・ウィンライトと手を繋ぐなどして不倫疑惑が生じてしまったジャスティン・ティンバーレイクが、SNSを更新し今回の騒動で迷惑をかけた家族へ謝罪の言葉を述べた。
 
この騒動は、The Sunが公開したとある画像と動画が元となっている。映画の撮影地でもあるニューオーリンズのバーで、友人たちを交え楽しそうな時間を過ごすジャスティンとアリーシャの姿がキャッチされたのだが、公開された画像の中にはアリーシャがジャスティンの足を触ったり、二人が手を繋いでいる写真も含まれていた。
 




ジャスティン本人はもとより関係者もこの浮気騒動を真っ向から否定。映画の製作スタッフ共々楽しくお酒を飲んでいただけだと、この時現場に居合わせた関係者が証言していたが、この画像の流出で妻のジェシカ・ビールや4歳の息子サイラスくんを傷付けてしまったと、ジャスティンが改めて謝罪のコメントを発表したのである。
 
「僕は日頃、できるだけゴシップからは遠ざかる様にしているのですが、愛する人々を傷付けてしまった今回の報道の真相を定かにすることは、彼女たちのためにもとても大切なことだと感じています。数週間前、僕は大きな判断ミスを犯してしまった――だけど本当のことを言わせて欲しい――共演者と僕の間には、何もなかったんです。あの夜、僕は完全に酔っぱらってしまった。そして、そんな自分の行動をとても後悔しています。もう少しちゃんと考えるべきでした」
 
「父親として、息子に悪い例を見せてしまった。こういった恥ずかしい状況に陥らせてしまった僕の素晴らしい妻と家族には、本当に申し訳ないです。良き夫に、そして良き父になれるよう努力しているのに、今回の件はその意思とは程遠いものになってしまった」
 
「『Palmer』の製作に携われて、本当に誇りに思っています。今後も制作に取り組み、皆さんに見て頂く日が来ることを心待ちにしています」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Justin Timberlake(@justintimberlake)がシェアした投稿 -


 
またE! Newsに情報筋が語った内容によれば、ジャスティンとジェシカは今回の騒動を「些細なことだったと笑い飛ばそうと努めている」ようで、さほど気にしないようにしているのだとか。
 
ハリウッド業界きってのおしどり夫婦である二人。これからも末永く幸せでいて欲しいものだ。

 




Category:

Latest News

ALEX YORKのワンポイント英会話 第07回「うさぎとかめ パート②」

連載・コラム

カイゴ&アヴィーチー、時を超えて新曲「Forever Yours」をリリース

音楽

次なる恋へ!ヴァネッサ・ハジェンズ、NBA選手とのデートが報じられる

セレブ

『キャプテン・マーベル』の続編、舞台は“現代”に!

映画

コーディー・シンプソン、マイリー・サイラスとの子作り計画について言及!

セレブ

シングルのリアーナ、今度はドレイクと一緒にいるところが目撃される

セレブ

チャニング・テイタムとジェシー・J、破局からわずか1か月で復縁!

セレブ

セレーナ・ゴメスのニューアルバム『Rare』、全米チャートで首位を獲得!

音楽