MTV Push

2月 MTV PUSH

H.E.R.

「Could've Been feat. BRYSON TILLER」
Sony Music Japan International

2月10日に開催された「第61回グラミー賞」で、2017年リリースのセルフタイトルアルバム『H.E.R.』が「最優秀R&Bアルバム賞」と「最優秀R&Bパフォーマンス賞」の2部門で見事受賞を獲得した、新鋭女性アーティスト、H.E.R.(ハー)。2016年からセルフタイトル・プロジェクトを打ち出し続けている彼女は、"正直さ"こそが彼女自身にとってのインスピレーションであると語っており、そのスタイルは、2018年発表の2枚のEP『I Used to Know Her: The Prelude』『I Used to Know Her: Part 2』でも健在。多くの批評家たちから称賛される作品となった。

クラシックなR&Bのサウンドに印象的なヴォーカルが合わさり、感情を揺するような音楽となって人々の心に届くハーの作品は、今から3年前である2016年に誕生。楽曲を通して、人間としての脆弱性をありのままに表現したハーの飾らない姿を垣間見た人々が一気に虜になると、その魅力で瞬く間に世界を席巻していったのである。

その証拠が、前述の「第61回グラミー賞」受賞という業績だ。受賞スピーチにてハーが、「(『H.E.R.』は)アルバムではないんです。EPなんです」と言う通り、本人としてはまだアルバムすら制作していないキャリアの浅さで、主要部門「年間最優秀アルバム賞」を含む5部門にノミネート、結果として一晩で2つのグラミー賞を獲得。また、EP『I Used to Know Her: The Prelude』はBillboardのR&Bアルバム・チャートで1位を記録し、晴れて売れっ子R&Bシンガーの仲間入りを果たしたのである。

昨年11月から始まった「I Used to Know Her tour」に引き続き大忙しな今年は、ツアーの他にも、チャイルディッシュ・ガンビーノの「This Is America tour」欧州レッグにてサポートアクトを務めることが決定しているハーがMTV PUSHに登場!ブライソン・ティラーをフィーチャーしたシングル「Could've Been」を1ヶ月に渡ってお届けする。


オフィシャル・サイト



1月 MTV PUSH

ROSALIA

「Malamente」
Sony Music Japan International

フラメンコ/ポップシンガーのロザリアは、スペイン・カタルーニャ州出身の25歳。ディプロやチャーリーXCX、ゴリラズやエミリー・ラタコウスキーなど、ワールドワイドに活躍するアーティストやタレントに絶賛され、遂にはあのファレル・ウィリアムズから共同制作の声がかかるようになる。また、ラテン・ミュージック界の世界的スーパー・スター=J. バルヴィンとコラボレーションした楽曲「Brillo」は、今ではJ. バルヴィンの代表曲の一つとなるまで成長を遂げた。

2018年5月にリリースしたシングル「Malamente」でも、彼女の人気ぶりが伺える記録を続々と更新。ストリーミングサービスでは何百万回という再生回数を誇り、母国スペインでプラチナ・ディスク認定を2つ獲得した他、アメリカではゴールド・ディスクに認定されている。更には同年の「ラテン・グラミー賞」にて、Best Alternative Song」「Best Fusion Urban Performance」の2部門を受賞し、名実ともにより確実なものとなった。

また、同年11月にリリースされた2ndアルバム『El Mal Querer』は、リリースされてから24時間の間にスペインのSpotifyにて最も再生されたアルバムに。その記録を維持したまま、リリース初週でも最多再生回数を誇るアルバムとして君臨し続けた。リリースからわずか2日後には「2018 MTV EMA」のステージで「Malamente」を披露し、多くの人の心を掴むパフォーマンスを披露した。

2019年も間違いなく世界規模で活躍していくであろうロザリアが1月のMTV PUSHに決定!1か月に渡り「Malamente」をお届けする。


オフィシャル・サイト