HOT SEAT

JAMILA WOODS

最盛期を迎えているシカゴ音楽シーンのブライテスト・ホープ、ジャミーラ・ウッズ。

11/8にはデビュー・アルバム『HEAVN』をリリース。
チャンス・ザ・ラッパーやノーネーム、ドニー・トランペットなどの地元シカゴを代表するアーティスト達が多数参加した作品は瞬く間に話題となり、ピッチフォークでベスト・ニュー・ミュージック賞を獲得。

今最も注目を集めるシカゴ音楽の新星、ジャミーラ・ウッズが12月のHOT SEATに登場!


向井太一

シンガーソングライターのみならず、コラム執筆やモデル業などマルチな才能を持つ向井太一。

11/29には自身としては初となる1stアルバム『BLUE』を発売。
オルタナティブなR&Bをベースにしながらも、ファンク、ソウル、レゲエといった彼の音楽ルーツを感じさせる内容となっている。
そんな楽曲に魔法をかけるのはSALU、BACHLOGIC、starRo、Kan Sano、mabauna、LuckyTapes の高橋海、grooveman Spot、CELSIOR COUPE、yahyelのMONJOE / MIRU /荘子it らの最強布陣。

そんな期待の新アルバム『BLUE』から、「空 feat. SALU」が11月のHOT SEATに登場!

GRACE VANDERWAAL

「未来のテイラー・スウィフト」と呼ばれる若干13歳の歌姫、グレース・ヴァンダーウォール。

数々のスーパースターを生んだ"アメリカズ・ゴット・タレント"の2016年度優勝者の彼女。
11/3に発売予定のファーストフルアルバム『Just The Beginning』は、なんと全収録曲彼女自身が書き下ろしている。
自身の悩み、葛藤そして夢を反映した歌詞に、時折かすれるように裏返る儚くも伸びやかな特徴的な歌声が寄り添う、聴いていて心地の良いアルバムに仕上がっている。

天性の歌声、作曲センスや独特の表現力など、今後の活躍に益々期待のグレース・ヴァンダーウォールが、10月のHOT SEATに登場!

PAELLAS

ROCK、R&B、HOUSE、NEW WAVEなど様々なジャンルを飲み込みながら、独自のサウンドを生み出してきた現在進行形5 人組のPAELLAS(パエリアズ)

2017年現在はモダンなR&Bを基調とした洋楽ライクでアーバンなサウンドを主体としながらも、POPSとしての普遍性を兼ね備えた新たなスタイルを確立。
今作より歌詞に日本語を取り入れるなど、サウンド面以外にも、新たなアプローチをふんだんに盛り込んだ意欲作となっている。

新しさとノスタルジアが混在する新曲「Shooting Star」が収録されたミニアルバム『D.R.E.A.M.』を9/6にリリースするPAELLASが、9月のHOT SEATに登場!

BLACKPINK

BIGBANGやPSYなどを擁するYG ENTERTAINMENTが生み出した、次世代No.1筆頭4人組ガールズグループ、BLACKPINKが遂に日本デビュー!

メンバー全員がモデルを彷彿とさせる容姿端麗なビジュアルであることが話題になった彼女らだが、歌手としての実力も折り紙付き。
BIGBANGや2NE1などの楽曲を多く手掛けてきたTEDDYが全面プロデュースを行ったデビューシングル「Square One」とその収録曲「WHISTLE」、「BOOMBAYAH」は公開後3日間で1,000万回の再生回数を記録し、海外14ヶ国のiTunes1位、米ビルボードワールドデジタルソング1・2位、中国QQミュージックウィークリーチャート1・2位を記録した。

今や韓国や日本などアジア各国のみならず、欧米など全世界の音楽業界に旋風を巻き起こしているBLACKPINK。
8/30リリースの日本デビューアルバム『BLAƆKPIИK』から、「BOOMBAYAH」が8月のHOT SEATに登場!

DECLAN McKENNA

8月に開催される“SUMMER SONIC 2017”への出演が決定している、現在18歳のデクラン・マッケンナ。
世の中で起きている様々な問題について曲を書くその姿は、英国の新しき"世代の声"と呼ばれている。

2017年7月26日に、アークティック・モンキーズ、ラスト・シャドウ・パペッツ、フォールズ、デペッシュ・モードなどを手がけるジェイムス・フォードと共にロンドンとロサンゼルスで録音した本アルバム『What Do You Think About The Car?』をリリースするなど、英BBCのその年ブレイクが期待される新人リスト“Sound Of 2017”の候補者の1人に選出された。

2014年にセルフ・リリースした、FIFA(国際サッカー連盟)の汚職と同年のサッカー・ワールドカップに関して書いた「Brazil」でその名を広めた、デクラン・マッケンナが6月のHOT SEATに登場!

Nulbarich

メンバーであるシンガーソングライターJQがプロデュースするバンド、Nulbarich。
親交の深い仲間と共に、スタイル・シチュエーションなどに応じたベストなサウンドを創り出し、ファンク、アシッド・ジャズなどのブラックミュージックをベースに、ポップス、ロックなどにもインスパイアされたサウンドは、国内外のフィールドで唯一無二のグルーヴを奏でる。
2016年10月5日、1stアルバム『Guess Who?』をリリースするやいなや、その斬新なグルーヴを奏でる彼らは各メディアから注目を浴び、フェスやイベントの各会場では入場規制を連発、初のワンマンライブも即完し、デビューして一年足らずで時代を映すアイコンバンドになりつつある。

ファンク・ポップ調に仕上げ、フェスで聴きたくなるような最新楽曲「It's Who We Are」を発表したばかりのNulbarichが、6月のHOT SEATに登場!

HYUKOH

デビュー1年で“HYUKOH カルチャー”を創った、2014 年秋デビューの韓国4 ピースバンド。

洗練されたサウンドとブルージーな歌声が人気となり、個性の強いファッションスタイルは音楽と一緒に凄まじいスピードで話題になり、「HYUKOH」という文化を創ってしまった。

 

デビュー1 年で音楽配信8 週連続5 位圏内を記録、アルバム完売等の快挙を連発した結果、数々の強豪アーティストを抑えて2015 年の年間ダウンロード・チャートが4 位と大健闘。さらにオ・ヒョクが参加した「応答せよ1988 Part3」サウンドトラック「少女」は2 週連続1 位、2016 年上期26 週ホット100 位以内から外されず、最も愛された曲に選ばれた。

6月7日には「TOMBOY」や「Leather Jacket」などの先行配信楽曲などを含めた、待望の1stアルバム「23」の日本ライセンス盤をリリース。

 

6月からワールドツアーが開始するなど、世界規模のロックバンドとして着実に歩み続けるHYUKOHが5月のHOT SEATに登場!

DYGL

DYGL(デイグロー)は2012年結成、Nobuki Akiyama(Vo.Gt)、Yosuke Shimonaka(Gt.)、Yotaro Kachi(Ba.)、 Kohei Kamoto(Dr.)の4人組バンド。
2015年に『EP #1』をカセット、ネット・フォーマットでリリースを行い、同年秋に渡米。アメリカ滞在中、LAの注目レーベル<Lolipop Records>のスタジオでレコーディングを行い、初の全国流通盤EP『Don't Know Where It Is』を2016年5月にリリース。

2017年4月に、NYで制作された待望の1st Full Album『Say Goodbye to Memory Den』をリリースするDYGLがHOT SEATに登場!

iri

神奈川県逗子市在住の女性アーティスト。
自宅にあった母のアコースティックギターを独学で学び、アルバイト先の老舗JAZZ BARで弾き語りのライブ活動を始め、2014年、雑誌「NYLON JAPAN」と「Sony Music」が開催したオーディション「JAM」でグランプリを獲得。
HIP HOP的なリリックとソウルフルでリヴァービーな歌声で、ジャンルレスな音楽を展開。10 月26 日にアルバム「Groove it」でビクター・カラフルレコーズよりデビューし、iTunes Storeにてトップ10入り、ヒップホップ/ ラップチャートでは1位を獲得した。

注目の新進女性アーティスト、iriが3月のHOT SEATに登場! 

SAMPHA

カニエ・ウェスト、ドレイク、SBTRKT、ジェシー・ウェアなど、数々のアーティストの楽曲にフィーチャリングされてきたサウスロンドン出身のR&Bシンガー/プロデューサー、サンファが遂にデビュー。

2009年にザ・エックス・エックスの「Basic Space」のリミックスを手がけ、ドレイクの「Too Much」へのフィーチャリング、さらにはSBTRKT のデビュー作で収録楽曲の多くでヴォーカルを務め、多くのツアー公演でゲストヴォーカルとして参加したことで一躍名前が知られるようになる。2014年、数々の新人アーティストの登竜門となったきた英BBC の名物企画「Sound Of 2014」にノミネートされ最終的に4位を獲得。2016年6月にはカニエ・ウェストの最新作『ザ・ライフ・オブ・パブロ』がアップデートされた際に、収録曲「Saint Pablo」にフィーチャーリングされた。ネクスト・サム・スミスと言われる美しい歌声を持ちシンガーやプロデューサーとしてマルチに活躍。今年12月には初来日を果たし、ザ・エックス・エックスのフロントアクトを務めた際は、ピアノのみの独唱で満員の聴衆を魅了した。

UKで今最も謎めいているアーティストの一人、サンファが2月のHOT SEATに登場!

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

RAMPAGE from EXILE TRIBEが、1月25日デビューシングル「Lightning」をリリース!

3つのオーディションを通じて選ばれた16人が集まり、2014年に結成。2度の全国武者修業とEXILE TRIBEアーティストのライブツアーサポートなど、確かな経験を積み重ねてきた彼らが遂にデビューを果たす。シングルには、「Lightning」のミュージックビデオに加え、日本のヒップホップシーンを代表するラッパーのANARCHYがスペシャルゲストとし て参加した「Get Ready to RAMPAGE Introduced by ANARCHY」、グループ結成から2度の全国武者修行に密着した「GO ON THE RAMPAGE (Document Music Video)」と、計3作の映像作品が収録されている。

「RAMPAGE=暴れ回る」の名にふさわしい、ヒップホップ感あふれるパフォーマンスが魅力のTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEが1月のHOT SEATに登場!

関連番組