HOT SEAT

KYGO
「Stay feat. MATY NOYES」
Sony Music Japan International
06
Spotifyで史上最速で再生回数10億回を突破!N.Y.初公演で2万人を集める=スーパーDJ/プロデューサー。

昨年は、ここ日本だけでも推定経済効果が約95億円に達した世界最大のダンスミュージックの祭典、ULTRA MUSIC FESTIVALの顔となる世界公式アンセムを担当。今年に入りBillboard誌の表紙を単独ジャック、エレクトロニック・ミュージシャンとして初のノーベル平和賞でのパフォーマンスを行うなど、新人としては異例の大舞台で数々の実績を積み上げてきた彼が、6月29日デビューアルバム『Cloud Nine』を日本リリース!

“癒し系EDM=トロピカル・ハウス”の頂点をゆくカイゴが6月のHOT SEATに登場!
FAKY
「CANDY」
rhythm zone
05
2013年の活動開始以来、”海外に通用するガールズグループ”を合言葉にしたアーティスト活動を展開。YouTubeで公開したミュージックビデオが、海外120ヶ国よりアクセスされるなど注目を集める。

2014年6月にメンバーチェンジを伴うグループリニューアルを発表し、約1年間の活動休止期間を経て、新たに4人組のガールズグループとして再始動。オリジナルメンバーであるAnna、Lil’ Fang、Mikakoに加え、アメリカより来日した新メンバーAkinaが加入。バラバラな環境で育ってきた彼女達の個性が集結し、”J-POP”ではなく広い目で見た”POP”をベースにした音楽性で、現在の日本の主流ガールズグループとは違った存在を目指す。

超個性派ガールズグループFAKY が、5月のHOT SEATに登場!
Leola
「Rainbow」
Sony Music Associated Records
04
2016年注目のソロシンガーLeolaが、満を持してデビュー。

ハワイ語でLeoは声、laは太陽。「太陽の歌声」で「いつも優しくときに力強く、降り注ぐ太陽のように、聴く人の心を晴天にしたい、あなたの心の太陽でいたい」という想いを込めて自ら命名。デビューシングル「Rainbow」は、悩みから抜け出せない歌詞の中の主人公に、語りかけるような応援歌。ビーチミュージックやサーフミュージックを根底に感じさせる、グルーヴィーでオーガニックな楽曲に仕上がっている。

次代のニューヒロインLeolaが、4月のHOT SEATに登場!
LAPSLEY
「Hurt Me」
XL Recordings / Hostess
03
19歳の新星シンガー・ソングライター。

数多のレーベルの争奪戦の末、アデルやヴァンパイア・ウィークエンドを擁するXLレコーディングスと契約。BBCが毎年選出する「Sound Of 2015」にもノミネートされるなど早くから話題となり、ライブはソールドアウトする会場が続出。ネクスト・アデルとも言われるなどブレイクが間違いないアーティストとして注目を集めている。2016年3月、満を持してデビューアルバム『Long Way Home』をリリース。4月には早くも「Hostess Club presents Sunday Special」で来日も決定している。

大注目のラプスリーが3月のHOT SEATに登場!
雨のパレード
「Tokyo」
残響レコード
02
Dr.大澤 実音穂/Ba.是永 亮祐/Vo.福永 浩平/Gt.山﨑 康介

無名の新人にもかかわらず、iTunes Storeで大展開された事で耳の早いファンの間で広まり話題となり、2015年10月に開催された「MINAMI WHEEL」では初出演ながら開演前に入場規制となる動員を記録する。Vo.福永浩平の声と存在感、ライブパフォーマンスにおける独創的な世界観は中毒性を持ち、アレンジやサウンドメイキングも含めまさに “ 五感で感じさせる ”バンドとして注目されている。最近の活動ではファッション業界からも注目され、装苑やDroptokyoなど最先端のファッションメディアから特集を組まれ、GAPの大型イベントなどに出演し、音楽ファン以外からも一目を置かれる存在である。


3月2日、メジャーデビューアルバム『New generation』をリリースする雨のパレードが2月のHOT SEATに登場!
FIFTH HARMONY
「Worth It feat. KID INK」
Sony Music Japan International
01
「アメリカン・アイドル」の元祖名物審査員、サイモンサイモン・コーウェルが満を持して製作に踏み切った、英国長寿番組「Xファクター」のアメリカ版シーズン2で、堂々3位の座を射止めた5人組。

番組が放送されていた期間、ほぼ毎週Twitterワールドワイドのトレンドとなり、またたく間に「ハーモナイザー」と呼ばれるファンが急増。一大センセーションに!番組終了後、L.A.リードが社長を務めるEPICから全米デビュー。1stシングル「Miss Movin’ On」は、失恋しても、次の恋にむかって”前進あるのみ!”(=movin’ on)と歌う超ポジティヴなポップソング。そんな前向きな歌詞と爽やかなハーモニー、そしてキラキラ輝く5人のスマイルで、同じ10代の女の子たちから熱い支持を受けている!

現在デビューアルバム制作中のフィフス・ハーモニーが1月のHOT SEATに登場!

Recommendオススメアーティスト

KYGO

KYGO

BEBE REXHA

BEBE REXHA

EXILE TRIBE

EXILE TRIBE

CATFISH AND THE BOTTLEMEN

CATFISH AND THE BOTTLEMEN

RED HOT CHILI PEPPERS

RED HOT CHILI PEPPERS

Featuredフィーチャー