Hot Seat

9月 HOT SEAT

キタニタツヤ

「ハイドアンドシーク」
Sony Music Labels

1996年生まれ。2014年頃からネット上に楽曲を公開し始める。2017年、高い楽曲センスが買われ作家として楽曲提供をしながらソロ活動も行う。2018年にはバンド『sajou no hana』を結成。同年9月にはソロ作品「I DO(NOT)LOVE YOU.」を発表。同作はギター、ベース、プログラミングなど、マスタリング以外のすべての作業を一人で完結させた作品で、高い評価を得る。2019年2月Village VanguardとコラボしてグッズとワンコインCD「Sad Girl」を発売。同年9月1stミニアルバム『Seven Girls' H(e)avens』を発売。

そして、今年8月26日にソニー・ミュージックレーベルズよりニューアルバム『DEMAGOG』をリリース。数多くのアーティストやアニメ作品への楽曲提供や、『ヨルシカ』などのプロジェクトへの参加など、マルチな活躍により、気が付かぬうちに多くの人が触れているであろう才能が自身の名義でリリースする渾身作。様々な音楽ジャンルを取り込み作り上げられた、唯一無二のオリジナルサウンドにより表現されるのは、まさに2020年の今に生きる事、生き抜く事への絶望から希望までを一つのコンセプトアルバムで表現した意欲作。

様々なプロジェクトに参加し、多くのアーティストに楽曲を提供してきた奇才キタニタツヤのニューアルバム『DEMAGOG』より、「ハイドアンドシーク」が9月のHot Seatに決定!


オフィシャル・サイト




8月 HOT SEAT

マカロニえんぴつ

「溶けない」
TALTO / muffin discs

メンバー全員音大出身の次世代ロックバンド、マカロニえんぴつ。

2012年、はっとり(Vo/Gt)を中心に神奈川県で結成。はっとりのエモーショナルな歌声とキーボードの多彩な音色を組み合わせた壮大なバンドサウンドを武器に圧倒的なステージングを繰り広げ、全国にマカロックを響かせるべく都内を中心に活動している。

「溶けない」は、10代を中心に大きな支持を集めるソングライターはっとりが得意とする「友情と青春」をテーマに書き下ろしたミディアム・バラード曲。しかし、楽曲中盤において予想出来ないユニークでユーモラスな急展開・アレンジもまたバンドとしての「遊び」が充分に発揮されており、今鳴るべきポップソングとして類まれな絶妙なバランスの一曲に仕上がっている。

更なる飛躍が期待されるロックバンド、マカロニえんぴつが8月Hotseatに決定!
 

関連番組

マカロニえんぴつ VideoSelects
8月20日(木)17:00-18:00


オフィシャル・サイト




7月 HOT SEAT

DABABY

「Can't Stop」
Universal International

ダベイビー(本名:ジョナサン・リンデイル・カーク)は1991年オハイオ州クリーブランド生まれ、ノースカロライナ州シャーロット育ち。昨今のラッパーとしては珍しく23歳の時に本格的にアーティスト活動を開始するという遅咲きのアーティスト。2015年Baby Jesus名義で1stミックステープ『NONFICTION』を発表。その後、SXSW(サウスバイサウスウェスト)へ出演し注目を集める。2作目のミックステープ『SO DISRESPECTFUL』発表の後、地元のレーベル=サウス・コースト・ミュージック・グループと契約しアルバム『GOD'S WORK:RESURRECTED』をリリース。その後DaBabyへ改名した彼は2017年『BILLION DOLLAR BABY』『BABY TALK』『BABY TALK 2』『BABY TALK 3』『BABY TALK 4』『BACK ON MY BABY JESUS SH!T』とミックステープを連続リリース。この年、再び出演したサウスバイサウスウェストでは大人用おむつを着用したパフォーマンスで話題に。2018年は『BABY TALK 5』『BLANK BLANK』2作のミックステープを発表。2019年に入りインタースコープと契約を結んだ彼はメジャー第1弾アルバム『BABY ON BABY』を3月にリリース。リード曲「Suge」が全米Top10入りするヒットとなっている。同年9月には本名を題にした『KIRK』をリリースし話題となった。

そんなダベイビーが4月に3枚目のアルバムとなる『BLAME IT ON BABY』を矢継ぎ早にリリース。アシャンティ、フューチャー、ロディ・リッチ、ミーガン・ジー・スタリオン、クエイヴォ、エイ・ブギー・ウィット・ダ・フーディなど豪華アーティストが参加している作品となっており、このアルバムのリリースについては2日前にSNSを通じて緊急告知されたのだ。公開された内容は、コロナウイルスによって自宅待機を余儀なくしているような動画であり、マスク姿のアルバムアートワークも、リアルタイムなこの世界を表現していた。前作に続き2作目の全米No.1アルバムが誕生したこのアルバムの1曲目を飾る「Can't Stop」を7月のHOT SEATに決定!


オフィシャル・サイト




6月 HOT SEAT

eill

「FAKE LOVE/」
SPACE SHOWER MUSIC

2019年11月にリリースしたファーストアルバム『SPOTLIGHT』が話題となり、m-floの「loves」再始動第一弾「tell me tell me」、さなり「Nights」へのfeat.での参加やEXID、NEWSへの楽曲提供など、新世代を代表するアーティストとしてを各所より注目集める女性シンガーソングライターeill。

2020のスタートを飾る超強力なニューシングル「FAKE LOVE/」が5月20日にデジタルリリースされた。eill史上もっともソウルフルなアッパーファンクナンバー「FAKE LOVE/」は、「私を振ったあの人はきっと後悔する」悲しみをパワーにかえて、強く堂々とした新しい私に。感情が爆発する瞬間に寄り添いたくなる楽曲で新たな代表曲となること間違いなしのキラーチューン。マスタリングは、Lady GaGa、Taylor Swift、Ariana GrandeからBTSまで手がける世界屈指のエンジニア、Randy Merrill(STERLING SOUND)を起用している。加藤秀仁(Hidehito Kato)が監督を務めたミュージックビデオは、衣装の七変化、鮮やかな色彩でeillの魅力を余すことなく引き出した作品となっている。

新世代を代表するアーティストeillの2020のスタートを飾るアッパーファンクなニューシングル「FAKE LOVE/」が6月のHot Seatに決定!


オフィシャル・サイト




5月 HOT SEAT

Novelbright

「君色ノート」
Emperor Mode

Vo.雄大の心を震わす圧倒的な歌声、一度聴いたら忘れられない確かなメロディワーク、細部まで練りこまれた楽曲アレンジに定評がある、大阪出身5人組ロックバンド、Novelbright。

2013年結成、2019年1月に現メンバーとなる。2019年7月から1ヶ月半の間、路上ライブで5大都市を周り、売上と投げ銭だけで生活する「どチクショー路上ライブTOUR」を開催。路上ライブの様子がSNSにアップされると、たちまちSNS や口コミで話題となり、瞬く間にその名を全国へと広める。前作リリースから半年以上経つ今もなお、各種ストリーミングチャートで上位チャートインを続け「2020年ブレイク必至」とあらゆるメディアでピックアップされている。

そして、5月27日に待望の1stフルアルバム『WONDERLAND』をリリース。リード曲「君色ノート」のミュージックビデオでは、女優・モデルとして活躍中する田中芽衣が主人公として出演。就職活動を頑張る主人公が、あるきっかけで自分らしさに気づき、自分の"色"を取り戻し再出発する姿を演じている。

あなたの心を確実に掴む"歌"を届けるロックバンド、Novelbrightが5月Hotseatに決定!

関連番組

Novelbright VideoSelects
5月25日(月)18:00-18:30

MTV LIVE: Novelbright「EN. -アンピリオド-」RELEASE ONEMAN TOUR
5月27日(水)18:00-19:00

オフィシャル・サイト




4月 HOT SEAT

JESSIE REYEZ

「Love in the Dark」
Universal International

ジェシー・レイエズ、1991年6月12日生まれの28歳。コロンビアにルーツを持つカナダ・トロント出身のソウル/R&Bシンガー。父からギターを習い、7歳の頃から自らで歌詞を書き曲作りを始めた。23歳でトロントの音楽学校に入り、その才能が業界経験者の講師たちの目に留まり活躍の場は広がっていった。2016年の「Figures」がカナダ国内でローカル・ヒットしたのをきっかけに、2017年には、音楽業界に蔓延るハラスメントについて歌った「Gatekeeper」とともに、1st EP『KIDDO』を発表。これまでにリリースした楽曲は、全世界総再生回数7億回を記録し、2018年に行った北米ツアーでは30カ所に渡る全公演がソールド・アウト。更に、アメリカのグラミー賞に相当するカナダのジュノー賞では、EP『BEING HUMAN IN PUBLIC』が「最優秀R&B/ソウル・レコーディング賞」を受賞し、実力派シンガー・ソングライターとしての地位を確立した。その結果が評価され、カルヴィン・ハリス、サム・スミス、エミネムなど名だたるアーティストたちと楽曲制作をも行っている。

そんなジェシー・レイエズが2020年3月27日に待望のデビュー・アルバム『BEFORE LOVE CAME TO KILL US』がリリースされた。全14曲を収録した今回のアルバムでは、エミネムなど世界的人気歌手との豪華なコラボレーションを果たしている。本作は、愛や失うことの痛み、アイデンティティ、宗教、そして政治など現在社会で問題視されているトピックに焦点を置いている。

本作に収録されている「Love in the Dark」を4月のHOTSEATに決定! 現在世界中で1500万回以上のストリーミング数を記録しているこの楽曲であり、星空輝く大自然の中で力強く歌う彼女の姿が印象的なMVにも注目である!


オフィシャル・サイト




3月 HOT SEAT

JO1

「無限大 (INFINITY)」
LAPONE ENTERTAINMENT

2019年社会現象を起こした日本最大級のオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」中で、視聴者である"国民プロデューサー"によって101名の中から選ばれた11名で結成されたグローバルボーイズグループ。グループ名「JO1」(ジェイオーワン)には、「PRODUCE 101 JAPAN」で一緒に夢を目指した練習生たちが1つになって、世界の頂点を目指していくという意味が込められている。

そんな彼らのデビューシングル「PROTOSTAR」が、3月4日にリリースされる。リード曲となる「無限大」はパワフルなダンスナンバーで、メンバー11人が夢に向かって堂々と前に進む姿を表現している。リーダーの與那城奨は「無限大」について「トップを目指し前進し、世界に伝わるようにと想いを込めました。そういった部分を振り付けでも表現しているパートがあるので、そこもぜひ見ていただきたいです」とコメントしている。

「PROTOSTAR」には「無限大」をはじめ、「Running」、「La Pa Pa Pam」、そして「PRODUCE 101 JAPAN」のメインテーマ「ツカメ~It's Coming~(JO1 ver.)」や番組の課題曲として披露した「YOUNG(JO1 ver.)」、「GrandMaster(JO1 ver.)」が収録され、これから夢への第一歩を踏み出すJO1の夢と希望が詰め込まれた1枚となっている。

2020年大注目の大型新人グループJO1のメジャーデビューシングル「PROTOSTAR」から、リード曲「無限大」のミュージックビデオが3月のHot Seatに決定!


オフィシャル・サイト




2月 HOT SEAT

神山羊

「群青」
Sony Music Associated Records

2014年に有機酸の名義で初音ミクを使用したオリジナル楽曲「退紅トレイン」を投稿し、ボカロPとしてデビュー。2018年11月に神山羊として初めてYouTubeに投稿した楽曲「YELLOW」がTikTokをはじめとするSNSで拡散、流行を巻き起こし3600万回を越える再生数を記録。叙情的なリリックと様々なジャンルを自在に行き来する卓越した音楽センス、アニメーション・実写を横断する映像表現で、ネットシーン、音楽界のみならずファッションやアート界からも注目を集める新時代のサウンドクリエイター。

2020年1月クールのTVアニメ「空挺ドラゴンズ」オープニングテーマに抜擢された「群青」で3月4日にメジャーデビューが決定しており、ギターロックからダンスミュージックまでを1曲の中で横断するジャンルレスなアレンジが印象的で、神山羊の新章を告げるかのような突き抜けたサウンドに仕上がっている。神山羊は本曲について「サウンド面はダンスミュージックとしても歌謡曲としても聴くことができるように作りました。情景が浮かぶような音を楽しんで頂けたらと思います」とコメント。田辺秀伸がディレクターを担当した「群青」のミュージックビデオは、3人の神山羊のストーリーが複雑に組み合わさり、様々な解釈ができるパラレルワールドを描いたような作品に仕上がっている。

SNS動画シーンで話題を呼ぶ次世代のサウンドクリエイター神山羊のメジャーデビューシングル「群青」が2月のHot Seatに決定!


オフィシャル・サイト




1月 HOT SEAT

Friday Night Plans

「HONDA」
TOY'S FACTORY / MIYA TERRACE

東京都出身で日本人の父とフィリピン人の母を持つMasumiは、2018年7月からFriday Night Plans(フライデー・ナイト・プランズ)の活動を開始。その楽曲がSpotifyやApple Musicを中心に国内外で話題となり、同年12月にリリースした竹内まりやの「Plastic Love」カバーが海外で高く評価される。浮遊感と独特な倍音を持つMasumiのボーカルと、初期作品からFriday Night Plansの楽曲を数多くプロデュースするアーティスト、Tepppeiのダークでアカデミックなサウンドと交わって独特の世界観を表現している。

今までのミュージックビデオは、King Gnuのクリエイティブチームとしても有名なPERIMETRONが制作しており、楽曲だけではなく、ミュージックビデオ高い評価を獲得。そして、12月にリリースされた配信シングル「HONDA」はCMソングに大抜擢され、更なる飛躍が期待されている。

東京をベースに活動するボーカルのMasumiを主体とした音楽プロジェクト、"Friday Night Plans"が1月Hotseatに決定!


オフィシャル・サイト