Exclusive

AK-69

「ONE LIFE feat. UVERworld」
Def Jam Recordings

自身2回目の武道館公演を昨年10月に大成功させたAK-69。HIP HOP界のキングとして君臨するAK-69が、究極コラボBESTアルバム『無双Collaborations -The undefeated-』を6月20日にリリースした。このアルバムには、いままでAK-69がコラボレーションしてきた数々の楽曲の収録はもちろん、新たに最強のコラボレーション3曲が収録され、まさにAK-69史上「究極のコラボBEST」となった。

CD盤にはToshl (X JAPAN)、UVERworld、CITY-ACE、MC TYSON、TERRY、KOHH、タイプライター、YMG、AI、DOBERMAN INFINITY、Zeebra、DJ RYOW、般若、青山テルマ、倖田來未、Crystal Kay、YORK、清木場俊介、SALU、Che'Nelleとのコラボ曲を収録しており、配信盤にはこれに加えてFABOLOUS、FAT JOE、AKLO、PUNPEE、DJ KHALED、MATT CABとのコラボ曲が収められている。

同作より、UVERworldとの楽曲「ONE LIFE feat. UVERworld」のミュージックビデオが、Exclusive Videoに決定!「AK-69の日」である6月9日に「ROCK YOU」と題された熱いライブを共に開催したUVERworld。彼らと、2016年に発表された「Forever Young feat. UVERworld」に次ぐ2度目の固い友情の証となる感動のコラボレーションの実現となった本楽曲。力強いの演奏シーンとCGで大迫力の映像作品に仕上がった「ONE LIFE feat. UVERworld」のミュージックビデオをお見逃しなく!


オンエア期間:8月29日(水) 4:00 ~8月31日(金) 23:59

オフィシャル・サイト




KIKUMARU

「Meant 2 Be feat. 唾奇」
P-Vine

注目のクルー、KANDYTOWNに所属し、グループ名義の作品やメンバーのソロ作品へ参加するだけでなく、並行して2013年の1stソロ『Still Here』、2016年の2nd『On The Korner』と、ソロとしての活動も活発なラッパー、KIKUMARU。2017年リリースのEP『FOCUS』を挟み、同じくKANDYTOWNの仲間でもあるRyohuがエグゼクティヴ・プロデュースを担当する、約2年ぶりとなる待望のニュー・アルバム『711』を7月11日にリリース。

KANDYTOWNからはRyohuの他にも、KEIJU、DONY JOINT、MUD、Gottz、HOLLY Qらが参加しており、他にも唾奇やQN、BES、L-VOKALらが客演で参加。プロデュースにはRyohu、Neetz、MIKI、KANDYTOWN関連作品にはお馴染みなGRADIS NICE、SCRATCH NICE、MASS-HOLE、Jazadocument、FEBB、さらにはWONKのメンバーであるARATA a.k.a. Pxrxdigm、MUDDY THUMBが参加。KIKUMARUの嗜好を強く反映させたオーセンティックなニューヨーク・スタイルを継承するヒップホップ・アルバムとなった。

同作より、KANDY勢とのコラボでも知られている沖縄の人気ラッパー、唾奇とのコラボレーションでアルバム内でも特に人気の高かった楽曲「Meant 2 Be」のミュージックビデオが、Exclusive Videoに決定! 唾奇の地元である沖縄の大自然を舞台にシュートされ、MIKI&pj47の手掛けるレイドバックしたメロウ・サウンドと華麗にマッチした映像作品に仕上がっており、そのMIKIらもカメオ出演していることでも注目のMV、お見逃しなく!


オンエア期間:8月8日(水)6:00 ~8月9日(木)23:59

オフィシャル・サイト




BIGBANG

LAST DANCE -KR Ver.- from「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE- : THE FINAL」
YGEX

2017年、"海外アーティスト史上初の5年連続ドームツアー"【BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-】を完遂した、アジアが世界に誇るモンスターグループ、BIGBANG。メンバー入隊前最後となったこの日本ドームツアーは、福岡ヤフオク!ドーム・京セラドーム大阪・ナゴヤドーム・東京ドームの全4都市14公演で69万6,000人を動員。

日本のファンにしばしのお別れと再会を約束し、感動が渦巻くなか終幕を迎えたドームツアーより、BIGBANG 第1章最後の雄姿、12月24日に開催された京セラドーム大阪でのツアーファイナルを収めたLIVE DVD & Blu-ray『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE- : THE FINAL』が、BIGBANG本国デビュー日「8月19日」直前の8月17日(金)にリリースされる。ファンにとって、またBIGBANGにとっても忘れることのできない一夜を、余すところなく収録したメモリアルな映像作品となっている。

初回生産限定盤には、韓国でのライブのファイナルとなった12月31日ソウル・高尺スカイドーム公演【BIGBANG 2017 CONCERT LAST DANCE IN SEOUL】を一挙同時収録。そして、この貴重な韓国公演から、「LAST DANCE -KR Ver.-」のライブ映像が、Exiclusive Videoに決定! リリースから一足早くお届けする!


オンエア期間:7月23日(月)6:00 ~7月25日(水)23:59

オフィシャル・サイト




THE GET UP KIDS

「Better This Way」
Tugboat Records

ミズーリ州カンザスの5人組。1999年にリリースされたの2ndアルバム『Something to Write Home About』でブレイク。ブレイドやミネラルらと共に、USエモの"セカンド・ウェイヴ"としてシーンを牽引するも、2005年に活動休止。2008年にリユニオンを果たした後は、2011年に復帰作『There Are Rules』をリリースし、同年"FUJI ROCK FESTIVAL"へも出演した。

6月6日に日本先行リリースされる『Kicker』は7年ぶりの新作EPで、シェラックのボブ・ウェストンがマスタリングを担当、USインディの名門<Polyvinyl>からのデビュー作になる。先行公開された「Maybe」は、一聴してこれぞザ・ゲット・アップ・キッズと感じさせるエモーショナルな楽曲。全く色褪せないバンドの疾走感に、ヴォーカルのマットのタフで切なさ溢れる表現力で、彼らの完全復活を感じさせる1曲となっている。

待ち望まれるフル・アルバムが大傑作を予感させるザ・ゲット・アップ・キッズ。今作のリード楽曲「Better This Way」のミュージックビデオは、EPのジャケット写真のアートワークを踏襲する形で、少年が様々な風貌の大人たちとテーブルサッカーに興じているのが印象的。80's~90'sを思わせるノスタルジックな気持ちが訪れること間違いなしな同ミュージックビデオがExclusive Videoに決定!


オンエア期間:5月31日(木)6:00 ~6月2日(土)23:59

オフィシャル・サイト




Yo-Sea & HIYADAM

「Dreaming City」
P-VINE

Yo-Seaは、IOやKEIJU as YOUNG JUJUらを輩出したプロダクション・チームである"BCDMG"と新たに契約した沖縄出身のシンガー/ラッパー。アーティスト活動はまだ1年でありながら、DJ CHARI & DJ TATSUKIの「Feel」にIOと唾奇とともに参加するなど、弱冠22歳にして注目を集めている。

HIYADAMは「第3回高校生RAP選手権」に優勝したことで知られる北海道出身の次世代ラッパー。近年では海外にも活動の幅を広げており、アメリカ、フランス、中国のアーティストともコラボし、並行してモデルとしても活発に活動。最近では、G-STAR RAWの新たなキャンペーン用のモデルも務めて話題になった。

そんなYo-SeaとHIYADAMがコラボ楽曲「Dreaming City」を発表! クリエイター集団PitchOddMansion所属で、日本語ラップシーンの映像に欠かせないディレクター國枝真太朗を迎えて制作された、同楽曲のミュージックビデオがExclusive Videoに決定!


オンエア期間:5月21日(月)6:00 ~5月23日(水)23:59

オフィシャル・サイト




COMPUTER MAGIC

「Ordinary Life」
Tugboat / P-VINE

レトロさと近未来さを兼ね備えた唯一無二なサウンドを創り出す、NYの宅録女性アーティスト、コンピューター・マジック。世界中から問合せが殺到したCMに楽曲が採用され、また、日本でも数多くのCMオリジナルソングを書き下ろすだけでなく、幾つものアパレルブランドのアンバサダーも務める大注目のアーティスト。

3月2日に自らの愛称でもある『Danz(ダンジー)』と名付けた待望の2ndアルバムをリリース。未来的、暗黒郷にインスパイアされた本作は、今までのコンピューターマジックをよりアーティスティックに深化させた意欲作となっている。

同作より、メイド服とパンキッシュなボンデージファッションに身を包んだ、ちょっと怪しくもダンジーらしいキュートさが垣間見れる「Ordinary Life」が、Exclusive Videoに決定!


オンエア期間:4月4日(水)6:00 ~4月6日(金)23:59

オフィシャル・サイト




brainchild's

「Better Day to Get Away」
Ariola Japan

THE YELLOW MONKEYのギタリストEMMA(菊地英昭)によるソロプロジェクト、brainchild's。様々なアーティストとコラボレーションし、頭脳から生まれる産物と創造的なアイデア、そしてイメージやカラーなどを音楽で表現する、120%自由な菊地英昭的、解放プロジェクトとして2008年より始動した。

第7期にあたる現在は、ボーカリストに渡會将士(FoZZtone)、ベーシストに神田雄一朗(鶴)、そしてドラムに岩中英明(Jake stone garage)がメンバーとして迎えられ、ミニアルバム『HUSTER』を2016年2月にリリース、その後全国9ヵ所を巡るツアーを開催するなど精力的に活動中。

そして今年12月3日に始動10周年を迎えるbrainchild'sが、アリオラジャパンよりメジャーデビューを発表。フルアルバム『STAY ALIVE』を4月21日にリリースし、同日よりプロジェクト史上最大規模となる全国ツアーを開催する予定だ。

記念すべきメジャー第1弾となるアルバムの1曲目を飾る「Better Day to Get Away」が、EXCLUSIVE VIDEOに決定!


オンエア期間:3月28日(水)~3月30日(金)

オフィシャル・サイト




G-DRAGON (from BIGBANG)

「Untitled, 2014 from 「G-DRAGON 2017 WORLD TOUR <ACT III, M.O.T.T.E> IN JAPAN」」
YGEX

ワールドワイドな人気を誇るBIGBANGでリーダーを務めるG-DRAGON。

2/7に、世界29都市36公演総動員数約65.4万人動員したワールドツアーより、ジャパンツアーファイナル東京ドーム公演を映像作品化。
全22曲のライブ模様に加え、初回生産限定となるDELUXE EDITIONには、ツアー各公演のMC集「SPECIAL FEATURES」、各公演のLIVE映像で特別編集した5曲「COLLECTION OF BEST MOMENTS」、タイト・ミドル・ルーズショットの3タイプのカメラアングルが楽しめる5曲「SPECIAL JAM」など特典映像82分、トータル4時間大となる超豪華な内容となっている。

そんな注目必須のLIVE DVDから、「Untitled, 2014 from 「G-DRAGON 2017 WORLD TOUR IN JAPAN」」が、EXCLUSIVE VIDEOに決定!


オフィシャル・サイト




SOL (from BIGBANG)

「FEAR -MINO feat. TAEYANG- from「TAEYANG 2017 WORLD TOUR 〈WHITE NIGHT〉 IN JAPAN」」
「1AM from「TAEYANG 2017 WORLD TOUR 〈WHITE NIGHT〉 IN JAPAN」」
YGEX

ワールドワイドな人気を誇るBIGBANGでパワフルな歌声を披露しているメインボーカル、SOL。

1/31に、海外アーティスト史上初となる全国14万人を動員したジャパンスタジアムツアーのDVDをリリースする。
新作ソロアルバム『WHITE NIGHT』を全曲披露したワールドツアーソウル公演もパッケージングしたトータル約5時間超えの超豪華な内容となっている。

そんな注目必須のLIVE DVDから、BIGBANGの後継として期待されているWINNERのラッパーMINOがゲスト出演した「FEAR -MINO feat. TAEYANG- from「TAEYANG 2017 WORLD TOUR 〈WHITE NIGHT〉 IN JAPAN」」と、セクシーなMVが話題となった「1AM from「TAEYANG 2017 WORLD TOUR 〈WHITE NIGHT〉 IN JAPAN」」が、EXCLUSIVE VIDEOに決定!

放送期間:
「FEAR -MINO feat. TAEYANG- from「TAEYANG 2017 WORLD TOUR 〈WHITE NIGHT〉 IN JAPAN」」
 期間:1/24(水) 6:00 – 1/26(金) 23:59
「1AM from「TAEYANG 2017 WORLD TOUR 〈WHITE NIGHT〉 IN JAPAN」」
 期間:1/27(土) 0:00 – 1/29(月) 23:59


オフィシャル・サイト