BUZZ CLIP

SKY-HI

進化するSKY-HIサウンド!

HIP HOPシーンで数々の金字塔を打ち立て、昨年待望のメジャーデビューを果たしたSKY-HI。今春の「MTV VMAJ 2014」ではデビュー曲「愛ブルーム」が、BEST HIP HOP VIDEOを受賞。1stアルバム『TRICKSTER』や全国ツアー、バンド編成で魅せたフェスでの圧巻ステージングなど、音楽シーンの常識や予定調和をひっくり返してきたポップアイコンが放つ2ndシングルは、完成度の高いグルーヴに乗せた爽快なアップテンポナンバー。
2015年2月からはこの新曲を引っ提げた全国ツアー「SKY-HI TOUR 2015」の開催も決定している。

バースデー(12月12日)リリースの2ndシングル「スマイルドロップ」が、12月後期のBUZZ CLIPに決定!

IGGY AZALEA

オーストラリア出身の24歳女性ラッパー。

16歳で不安を抱えながら単身渡米、自分を信じて完成させた「Fancy feat. Charli XCX」で、全米ビルボード総合シングルチャート7週連続1位を記録。さらに自身の作品で同チャートの1位と2位を同時に獲得した(註:1位、2位に同時初ランク・インするのは、ザ・ビートルズ以来の歴史的快挙)。現在、第57回グラミー賞の主要部門である最優秀レコード賞、最優秀新人賞を含む合計4部門にノミネートされるなど、話題沸騰中。12月10日には日本デビュー盤アルバム『Reclassified』をリリース。海外デビュー盤の『The New Classic』に5曲の新曲が追加された豪華盤で、エリー・ゴールディングやジェニファー・ハドソンとのコラボ曲も収録されている。

アルバム『Reclassified』より「Black Widow feat. RITA ORA」が12月後期BUZZ CLIPに決定!

DAVID GUETTA

デヴィッド・ゲッタが、約3年ぶりとなる待望のニューアルバム『LISTEN』をリリース!

アルバムには、アヴィーチーとタッグを組んだ「Lovers On The Sun」、サム・マーティンをゲストボーカルに迎えた「Dangerous」に加え、今年発表されたダンス王国オランダが誇るブラザーユニット、ショウテックと組んだクラブ・トラック「Bad」、ドクター・ドレーやエミネムとの共演で知られるスカイラー・グレイをゲストに迎えた「Shot Me Down」も収録される予定。他にも、ジョン・レジェンド、ニッキー・ミナージュ、アフロジャック、シーア、ライアン・テダー、マジック!、エミリー・サンデー、ザ・スクリプト、バーディーら豪華アーティストがフィーチャリング参加しており、ジャンルを超えたコラボレーションにも注目だ。

奇才、ヨナス・アカーランドが手掛けたことでも話題の最新ミュージックビデオ「Dangerous feat. SAM MARTIN」が12月前期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

スキマスイッチ

昨年デビュー10周年を迎えたスキマスイッチが、初のセルフタイトルを冠したニューアルバムをリリース!

極上のメロディと大橋卓弥の表現力豊かな唯一無二の歌声、そしてジャンルにとらわれない常田の卓越したサウンドアレンジで、数々のヒット曲とともに幅広い世代のリスナーから支持されてきた彼ら。10周年YEARを経た今年、「Ah Yeah!!」「パラボラヴァ」と立て続けにシングルを発表。12月3日には、さらに最新シングルとなる「星のうつわ」と、前作『musium』以来、約3年振りとなるアルバム『スキマスイッチ』リリースする。アルバムには、スキマ節全開のポップチューンから、疾走感溢れるロックチューン、バラード・ナンバー、大人の雰囲気漂うファンキー・チューンやアコースティック・ナンバーまで、渾身のセルフタイトルアルバムに相応しい珠玉の楽曲が収められている。

壮大なスケールのミディアム・ナンバー「星のうつわ」が12月前期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

FOO FIGHTERS

グラミー賞11冠に輝き、アルバム総セールス2000万枚超を誇るモンスターロックバンド、フー・ファイターズが、3年半ぶり通算8枚目のニューアルバム『Sonic Highways』をリリース!

バンド結成20周年記念作でもある今作は、バンドとブッチ・ヴィグ(註:ニルヴァーナ『Nevermind』のプロデューサー)による共同プロデュースで、アメリカを代表する8都市(シアトル、シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ワシントンDC、オースティン、ニューオリンズ、ナッシュビル)にてレコーディングが行われた。アルバムジャケットには、レコーディングが行なわれた8都市を象徴する建造物が描かれ、中央には「8」を意味する建物がそびえたっている。海外ではこのアートワークを9分割し、各都市にスポットライトをあてた限定アナログ盤も発売される。

11月12日リリース『Sonic Highways』より「Something From Nothing」が11月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

DOBERMAN INFINITY

運命に導かれるよう結集した新生DOBERMAN INFINITY、5人の限界のない挑戦がここから始まる!

「DOBERMAN INC」としての活動に加え、EXILE、安室奈美恵など多くのアーティストとの客演を行ってきたKUBO-C、GS、 P-CHOに、新メンバーのSWAY、KAZUKIを加え、5人体制の新たなグループとして始動した彼らが、遂に1stミニアルバム『♯PRLG』でCDデビュー!全7曲が収録された今作は、彼らのキャッチでもある“限界の無い挑戦”を体現させた内容となっており、グループとしての「序章」となる名刺代わりの1枚に仕上がっている。

11月19日リリース 『♯PRLG』より、グループ初となるミュージックビデオ「INFINITY」が11月後期のBUZZ CLIPに決定!

西野カナ

西野カナが11月12日にニューアルバム『with LOVE』をリリース。

新作は2008年のデビュー以降、オリジナルアルバムとしては通算5枚目、昨年リリースされた2枚のベストアルバムを含めると通算7枚目のアルバムとなる。現在楽曲の総ダウンロード数が4500万ダウンロードを突破しており、平成生まれのソロ女性シンガーの中でトップの記録を更新し続けている。『with LOVE』には「みんなの日常にそっと寄り添うようなアルバムにしたい」という想いが込められており、ロングヒット中の最新シングル「Darling」を含め、“LOVE”に溢れた楽曲が多数収録される。2015年には、このアルバムを引っ提げた全国アリーナツアー「with LOVE tour」を開催することも決定している。

5thアルバム『with LOVE』より、先行シングル「好き」が11月前期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

OK GO

10月22日に4年ぶりとなるアルバム『Hungry Ghosts』をリリースしたOK GOが、待望の最新ミュージックビデオを公開!

最新作「I Won’t Let You Down」は、公開されるやいなや、USビルボードのツイッター・トレンド・チャートで1位に急上昇、日本でもすぐにツイッター・トレンド入りし、全世界でも9位にランクインした注目作。ビデオはOK GOとHondaのコラボレーションにより制作され、Hondaの最新技術の粋を集めた研究開発中のパーソナル・モビリティーUNI-CUB(ユニカブ)を使用。撮影は千葉県内の某所で8月末に行われ、恒例の全編ワンカット撮影となっている。

「I Won't Let You Down」が11月前期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

Crossfaith

2006年11月Kenta Koie (Vocal), Terufumi Tamano (Program / Vision), Kazuki Takemura (Guitar), Hiroki Ikegawa (Bass), Tatsuya Amano (Drum)により結成。ストリングス/エレクトロニカを随所に織り交ぜ、ドラマティックに展開するユニークな発想を武器に、メタルコアや叙情系ハードコア、スクリーモ要素のあるキャッチーなメロディーをバランスよく楽曲に取り込み、独自の世界観を造り上げている。斬新なコンセプトと、数々の共演した海外アーティストをも唸らせる一線を画すパフォーマンスは各方面で話題沸騰中。2014年には念願だったイギリス最大のロックフェスティバル「DOWNLOAD FESTIVAL 2014」のメインステージに出演し、その圧巻のパフォーマンスにUKメディアも絶賛。さらにバンド初の欧州ヘッドライナーツアーを発表するなどその勢いはとどまる事を知らない。

満を持してリリースされたメジャーデビューシングル「MADNESS」が10月後期のBUZZ CLIPに決定!

FLYING LOTUS

フライング・ロータスがニューアルバム『You’re Dead!』をリリース。

ハービー・ハンコック、ケンドリック・ラマー、スヌー プ・ドッグら豪華ゲストが参加した今作は、これまでに公開された2曲がいずれも音楽サイト「Pitchfork」で「ベスト・ニュー・トラック」を獲得す るなど、既に世界中で反響を起こしている。また、収録曲の「Never Catch Me feat. KENDRICK LAMAR」のミュージックビデオは、ロサンゼルスを拠点に活動するヒロ・ムライが手掛けた作品で、無限に広がる死後の世界という壮大なテーマ、そして 「このアルバムは、終わりをテーマにしているわけじゃない。これは次なる体験に向けた祝いなんだ」という世界観が見事に描かれている。

ニューアルバム『You’re Dead!』より「Never Catch Me feat. KENDRICK LAMAR」がEXCLUSIVE VIDEOに引き続き、10月後期のBUZZ CLIPに決定!

JESSIE J + ARIANA GRANDE + NICKI MINAJ

人気女性アーティスト3人による豪華コラボ曲として話題沸騰の「Bang Bang」。

10月14日リリースのジェシー・Jのニューアルバム『Sweet Talker』に収録されるこの楽曲は、アリアナの「Problem」を手掛けたマックス・マーティンがプロデュース。ジャケットは3人の写真がフィーチャーされており、今年8月24日(現地時間)に米カリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムにて開催された米MTV主催の音楽授賞式「2014 MTV Video Music Awards」にて、オープニングパフォーマンスとして初披露され、全世界で話題となった。

注目のコラボレーションシングル「Bang Bang」が、10月前期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

赤い公園

4人組ガールズバンド、赤い公園が2ndフルアルバム『猛烈リトミック』をリリース!

アルバムには今年発表のシングル2曲に加え、先行配信中の「サイダー」「NOW ON AIR」を収録。サウンドプロデューサーに、亀田誠治、蔦谷好位置、蓮沼執太、さらには赤い公園史上初となるフィーチャリングゲストにKREVAを迎え、赤い公園の更なる進化に向けた意欲作に仕上がっている。

胸キュンミュージックビデオとしても話題の「NOW ON AIR」が10月前期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

LENNY KRAVITZ

全世界のトータル・アルバム・セールスが4,000万枚と、90年代以降で最も成功した男性ソロ・ロック・アーティスト、レニー・クラヴィッツ。

ヴィジュアル面においても“ドレッド・ヘアにフライングVギター”というかつてない個性的なスタイルで強烈な存在感を放ち、以来、ジャンル、スタイル、人種、国境を越えたロック・スターとして唯一無二の地位を確立している。これまで9枚のオリジナル・アルバムを発表、グラミー賞では98年から01年にかけて4年連続で「最優秀男性ロック・ヴォーカル・パフォーマンス賞」を受賞。デビュー25周年を迎えた今年、自身のレーベル「ロキシー・レコーズ」を立ち上げると同時に各国の発売レーベルを一新する。

9月24日リリースのレーベル移籍第一弾NEWアルバム『STRUT』より、「The Chamber」が9月後期BUZZ CLIPに決定!

WHITE JAM

SHIROSE (Singer)、GASHIMA (Rapper)、NIKKI (Singer)の3人からなるユニット。
プロデュースワークやライブスタイルのみならず、独特なイベント企画やPRスタイルで渋谷を中心に活動し注目を集め、それぞれがプロデューサーとしても精力的に活動をしており、彼等が手掛けた作品は20作以上が国内チャートで1位を獲得している。

2014年の音楽シーンに新たなムーブメントを巻き起こす存在として各方面から注目を集めるWHITE JAMの3rdシングル「ウソツキ」(9月24日リリース)が、9月後期のBUZZ CLIPに決定!

NICO & VINZ

北欧が生んだ、自然派ポップデュオ/シンガーソングライター。

2011年6月、母国ノルウェーでリリースされたデビュー曲「One Song」でシングルチャートで最高19位を記録。ミュージックビデオは、ノルウェー版グラミー賞にあたる「A Spellman Award」を受賞。その後2013年にリリースしたシングル「Am I Wrong」が、欧州全体で大ヒット。特にドイツでは、WARNER MUSIC GERMANYのiTunesシングルプレオーダーの歴代最高数を記録。続いてリリースされたシングル「In Your Arms」は、本国でのヒットはもちろん、今年4月に全米リリースされるやラジオで爆発的にオンエアされ、シングルチャートTOP10入りを果たす。10月1日、デビューアルバム『Black Star Elephant(仮)』をリリース予定。

全米シングルチャート席巻中の「Am I Wrong」が9月前期のBUZZ CLIPに決定!

AKLO

iTunes総合チャート初登場1位を獲得し、「日本語ラップ最高到達点」と称された衝撃のデビューアルバム『The Package』から2年、AKLOが待望のニューアルバム『The Arrival』をリリース!

ニューアルバムには、BACHLOGIC、JIGG、Saltwater、Gaius Okamotoらが手掛けた全12曲が収録。客演には、限定シングルとして先行リリースされ即完売した「Catch Me If You Can」でのKREVAを筆頭に、SALU、鋼田テフロン、JAY'ED、Crystal Kayが名を連ねた。さらにはベテラン勢から、K DUB SHINEが参加している。

9月3日リリース『The Arrival』より「Break the Records」が9月前期のBUZZ CLIPに決定!

関連動画

MAROON 5

マルーン 5が、通算5枚目となる待望のニューアルバム『V』をリリース!

今作は米ロサンゼルスでレコーディングされ、マックス・マーティン、ベニー・ブランコ、ライアン・テダー、シェルバック、サム・マーティンらがプロデューサーとして迎えられたほか、2012年リリースの『Overexposed』以来、活動を休んでいたキーボードのジェシー・カーマイケルが復帰を果たしている。
また、現地時間8月24日に米ロサンゼルスのザ・フォーラムで開催される音楽授賞式「2014 MTV Video Music Awards」にて、ライブ・パフォーマンスを披露することも決定している。

9月2日(日本盤は9月4日)リリース、『V』からのファーストシングル「Maps」が8月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

EXILE TRIBE

昨年リーダーHIROがパフォーマーを勇退し、“EXILE TRIBE PERFECT YEAR 2014”と題して、今年もあらゆる可能性に挑戦しているEXILE TRIBE。

9月からスタートするEXILE TRIBEドームツアーに伴い、8月20日にキックオフシングル「THE REVOLUTION」、8月27日にはツアー連動アルバム『EXILE TRIBE REVOLUTION』を連続リリース。アルバムのリードトラック「24WORLD」は、その挑戦と進化を感じられる最強のキラーチューン。ミュージックビデオではEXILE/三代目 J Soul Brothers/GENERATIONSのパフォーマー19人が、世代/立場を超えて、純粋に剥き出しのエネルギーをぶつけ合うことでお互いを高め合い、EXILE TRIBEの新たな波動とも言うべき作品に仕上がっている。

EXILE TRIBE初のアルバム『EXILE TRIBE REVOLUTION』より、「24WORLD」が8月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

PENTATONIX

米人気アカペラ・オーディション番組「The Sing-Off Season 3」の優勝者にして、YouTubeで話題沸騰の5人組アカペラグループ、ペンタトニックス。

ポップ、ジャズ、R&B、ダブステップ、エレクトロニカやヒップホップなどのサウンドを、他に類を見ないアカペラとヒューマンビートボックスで表現。特にデジタルエフェクト系のサウンドを大胆に盛り込んだアレンジの着眼点とその再現性の高さは、他のいかなるアカペラグループとも一線を画す。カバー曲を中心に次々と動画を公開し、現在までに総再生回数約5億回を記録するなど、世界中で大きな注目を集めている。7月30日にリリースされた日本デビューアルバムは、それぞれ全米チャートで上位を獲得したデビューEP「PTX Vol.1」と、2nd EP「PTX Vol.2」に加え、ロードの「Royals」やイマジン・ドラゴンズの「Radioactive」などのほか、映画『アナと雪の女王』の挿入歌「Let It Go」のカバーが新たに収録される。

『PTX, Vols. 1 & 2 (Japan Edition)』より、リードシングルでダフト・パンク楽曲のメドレーカバーとしても話題の「Daft Punk」が8月前期のBUZZ CLIPに決定!

ONE OK ROCK

昨年、初のヨーロッパツアーを成功させ、今年5月にはドキュメンタリー映画『FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM』公開と、国内外で熱狂的な人気を獲得しているONE OK ROCKが、ダブルAサイドシングル「Mighty Long Fall / Decision」をリリース!

昨年3月リリースのアルバム『人生×僕=』以来、約1年4ヶ月ぶりの新作リリースとなる今作は、前作アルバムの殆どの楽曲のミックスを手掛けた、ザ・ユーズドなどのプロデュースでも知られるジョン・フェルドマンがプロデューサーとして参加し、曲作りからレコーディングまでタッグを組んで制作。また、グリーン・デイやアヴリル・ラヴィーン、U2などを手がけるクリス・ロード・アルジが2曲のミックスを行っている。9月13日/14日には、初の野外スタジアムライブ「ONE OK ROCK 2014 "Mighty Long Fall at Yokohama Stadium"」を開催予定。

8月1日公開の映画『るろうに剣心 京都大火編』主題歌として書き下されたという最新曲「Mighty Long Fall」が8月前期のBUZZ CLIPに決定!

w-inds.

w-inds.がファン待望、約2年ぶりとなるニューアルバム『Timeless』をリリース!

全11曲入りの今作は、昨年10月に発表したヒット曲「A Little Bit」や「夢で逢えるのに~Sometimes 1 Cry~」といったシングル曲や、「MTV VMAJ 2014」でも披露したリード曲「Make you mine」などを収録。前作『MOVE LIKE THIS』リリース以降、それぞれがソロとしてミュージカルや舞台、バンドなど精力的に活動してきた彼らの経験をフィードバックした、記念すべき10作目に相応しい内容に仕上がっている。7月19日からは、アルバムを引っさげた全国ツアー「w-inds. LIVE TOUR 2014 “Timeless”」もスタートする。

10thアルバム『Timeless』より「Make you mine」が、7月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

SKY FERREIRA

1992年L.A.生まれ。モデルや女優としても活躍するシンガーソングライター。

昨年10月にリリースされたデビューアルバム『Night Time, My Time』は、米音楽専門誌がこぞって大絶賛。その洗練されたセンスとカリスマ性で、次世代ポップアイコンとして全世界から注目を浴びる。なんとあのマイケル・ジャクソンの前で歌声を披露したことも。また、モデルとしてもカルバン・クラインやジバンシー、Forever 21に起用されるなど、各方面でブレイク中。7月23日、日本盤『Night Time, My Time』をリリース。8月には初来日となる「SUMMER SONIC 2014」への出演が決定している。

最新シングル「You're Not the One」が7月後期のBUZZ CLIPに決定!

SIA

オーストラリア出身のシンガー・ソングライター。

デヴィット・ゲッタの「Titanium」「She Wolf」やフロー・ライダーの「Wild Ones」でフィーチャーされ、一躍世界的注目を集める。また、ソングライターとしても、数多くの著名アーティストの楽曲製作に参加。ニーヨやリアーナ、クリスティーナ・アギレラ、ブリトニー・スピアーズ、マドンナといった名だたるアーティストに楽曲提供を行い、その才能に注目が集まっている。

最新アルバム『1000 Forms of Fear』の先行シングルとして話題の「Chandelier」が7月前期のBUZZ CLIPに決定!

木村カエラ

デビュー10周年を迎える木村カエラが、7月9日ニューシングル「OLE!OH」をリリース。

今作は、カエラ自身が自分の心の中にいるチアガールに応援してもらいながら自分を奮い立たせ、夢へと進んでいく“わたし応援ソング”。ビデオには、これからも自分自身が好きな道を突き進む姿をヤンキーチアガールに扮して表現したカエラが、チアガールダンサー4人とともに踊るキュートでクールな映像がフィーチャーされている。ミュージックビデオの監督は山口保幸。ダンスの振付はテレビCMなどで話題の振付稼業air:manが担当した。また、チアガールの衣装、メイク、ヘアスタイルに至るまで、カエラの監修でプロデュースされている。晴天の伊豆の河原や体育館などで行われた、長時間に及ぶ撮影から生まれた作品は必見だ。

6月14日に開催された「MTV VMAJ 2014」でも披露された最新曲「OLE!OH!」が7月前期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

KREVA

6月18日、ソロデビュー10周年を迎えるKREVAがベストアルバム『KX』(ケイテン)をリリース。

2004年6月18日リリースの「希望の炎」から10年。今作にはこれまでリリースした人気曲と新曲2曲が収められ、KREVAの10年間を存分に堪能できる作品となっている。リリース当日の6月18日には、ライブハウスツアー2014「K10」もスタート。全国8都市・計10公演を行う予定。また、8月8日~10日にかけて開催される「MTV ZUSHI FES 14 suppored by RIVIERA」への出演も決定している。

ベストアルバム『KX』より、話題の新曲「全速力 feat. 三浦大知」が6月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

ED SHEERAN

2011年のデビューアルバム『+』(プラス)がイギリスをはじめヨーロッパ諸国やオーストラリアで大ブレイクを果たしたエド・シーラン。2012年には FUJI ROCK FESTIVAL のグリーンステージに出演し圧巻のパフォーマンスで観客を魅了、今年のグラミー賞では最優秀新人賞にノミネートされるなど、世界中から注目を集めている。

6月25日にはニューアルバム『x』(マルティプライ)をリリース。8月6日には大阪・BIG CAT、8月8日に東京・STUDIO COASTにて待望の来日公演が決定している。

アルバムからの1stシングルで、プロデュースを務めたファレル・ウィリアムスも出演している「Sing」が6月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

KASABIAN

カサビアンのニューアルバム『48:13』の日本盤が6月18日にリリース!

通算5枚目となるニューアルバムは、全収録曲のタイトルが1ワードで統一されており、タイトルの『48:13』は、ボーナストラックを除くアルバムのトータルタイムを表している。

アルバムリリースにあたり、6月21日に地元レスターのヴィクトリア・パークで5万人動員の新作発売記念ライブ、29日にグラストンベリー・フェスティバルで初のヘッドライナーを務め、8月には同じくヘッドライナーに決定しているSONICMANIA 2014と、SUMMER SONIC 2014(大阪)への出演で来日する予定。

アルバムからのニューシングル「Eez-eh」が6月前期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

Happiness

デビュー前からHappinessとしてEXILEツアーやプロモーションビデオに出演。

2011年、満を持してヒットメーカー松尾潔氏が手掛けた「Kiss Me」にてデビュー。2012年6月、1stアルバム『Happy Time』をリリース、オリコン10位にランクイン!2013年6月に須田アンナ/川本璃の2名が加入し、新体制でさらにパワーアップ。EXILEのDNAを受継ぐ本格的なダンスパフォーマンスを展開するガールズ・エンタテインメント・プロジェクト「E-girls」としても活動中。

スタイリッシュかつガーリーな世界感のもと、新たな一面を見ることができるニューシングル「JUICY LOVE」が6月前期のBUZZ CLIPに決定!

THE ROYAL CONCEPT

北欧スウェーデン・ストックホルム出身の4人組。2010年、シングル「Damn」でデビュー。

2011年「D-D-Dance」「Gimme Twice」と本国スウェーデンでヒット曲を連発。
2012年に輸入盤とデジタル配信でリリースされたEP『The Royal Concept』は、異例のロングヒットを記録。
ここ日本でも、アルバムデビュー前ながら「SUMMER SONIC 2013」へ参戦。オーディエンスを巻き込んだ熱いパフォーマンスでソニック・ステージを激しく揺らした。世界中から注目が集まる中、様々なレーベルによる争奪戦が繰り広げられ、ついにユニバーサル・リパブリックが契約。いよいよ世界デビューを果たす!

デビューアルバム『GOLDRUSHED』より「On Our Way」が5月後期のBUZZ CLIPに決定!

SALU

SALUが待望の2ndアルバム『COMEDY』をリリース!

昨年は大型ロックフェスに多数出演するなど、大きな注目を集めた新世代ラッパーSALU。待望の2ndアルバムは、彼が1stアルバム『IN MY SHOES』で思い描いた幻想の世界の中に入った後の物語。シーズン2ともいえる今作は、ヒューマンドラマあり、ラブストーリーあり、ホラーあり、サスペンスあり、SFありの短篇映画集のようなコンセプトアルバムになった。アルバムリリース後には、初のワンマンツアーの開催も決定。ツアーは6月20日の札幌・Bessie Hall公演を皮切りに、7月25日の東京・LIQUIDROOM公演まで、5公演が決定している。

5月21日リリース『COMEDY』より、リード曲「Goodtime」が5月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

HUNTER HAYES

カントリーミュージック界若手のホープ。2歳でおもちゃのアコーディオンをきっかけに音楽をはじめ、4歳でバンドに加入。なんと5歳でフロントマンに!6歳でギター、ベース、ドラム、キーボードなどの楽器演奏と作曲も始める。現在21歳にして既に15年以上のライブパフォーマンスキャリアを持ち、カントリー界のスター、テイラー・スウィフトのワールドツアーでオープニングアクトを務めたことも。本国USではスタジアムライブを開催するほどの実力派。

2011年に発表されたデビューアルバム『Hunter Hayes』は全米で100万枚以上、シングル「WANTED」も400万枚以上を売り上げるなど、新人アーティストとして異例のヒットを記録。第55回グラミー賞にて最優秀新人賞を含む3部門にノミネートされ、今年1月に行われた第56回グラミー賞授賞式では、最新シングル「Invisible」を披露した。7月にはFUJI ROCK FESTIVAL'14 への出演も決定している。

5月7日リリースの2ndアルバム『Storyline』 より「Invisible」が5月前期のBUZZ CLIPに決定!

Gotch

後藤正文、1976年生まれ。ASIAN KUNG-FU GENERATIONのフロントマンとしてボーカル&ギターを担当、全ての作詞とほとんどの作曲を手がける。バンドとしてこれまでに7枚のオリジナルアルバムを発表。
2010年にはレーベル「only in dreams」を発足させ、webサイトも同時に開設。さらに、新しい時代やこれからの社会など私たちの未来を考える新聞「THE FUTURE TIMES」を編集長として発行するなど、音楽はもちろんブログやTwitterでの社会とコミットした言動でも注目され、Twitterフォロワー数は24万人を超える。

ソロワークとしてこれまでに「LOST」と「The Long Goodbye」の2作品を発表。4月30日には待望のソロ初アルバム『Can't Be Forever Young』をリリース。今作では後藤自身がボーカル、ギターをはじめ、ハーモニカ、シンセサイザー、グロッケンシュピール、ターンテーブル、パーカッション、プログラミングなど、多岐にわたるインストルメンツを担当した。

アルバムからの最新ミュージックビデオ「Humanoid Girl / 機械仕掛けのあの娘」が5月前期のBUZZ CLIPに決定!

米津玄師

1991年3月10日生まれ、徳島県出身。2009年より” ハチ ”という名義でニコニコ動画へオリジナル曲を投稿し始め、「マトリョシカ」「パンダヒーロー」「結ンデ開イテ羅刹ト骸」等の作品を発表。VOCALOIDシーンの中で、中毒性のあるロックサウンドで存在感を切り開いていき、日本だけでなく世界からも注目されるという群を抜いた実績を誇る。ハチ名義では2枚のアルバム『花束と水葬』『OFFICIAL ORANGE』をリリース。その後、本名の “ 米津玄師 " 名義で、自身がボーカルをとったアルバム『diorama』をリリース。 その独特なサウンドメイクをした楽曲の強さと、リアルな言葉の数々は圧倒的で、新鮮さを鮮烈に刻み話題に。全曲に渡り、作詞・作曲・アレンジ・プログラミング・歌唱・演奏・ミックスを自身で手掛けているのに加え、動画・アートワークも独りで制作するという、驚異の才能を見せる。

4月23日、待望の2ndアルバムとなる『YANKEE』をリリース。新世代デジタルサウンドを踏襲し、新たに取り組んだバンドスタイルでのロックサウンドが見事に融合した、凝縮した濃厚な全15曲。かつてない程のポップとポジティブに溢れる、極彩色のアルバムが堂々完成。先行配信楽曲「アイネクライネ」が4月後期のBUZZ CLIPに決定!

SHAKIRA

結婚・出産を機に一時活動を休止していたシャキーラが待望のカムバック!

RCA移籍第1弾作品でもある最新アルバム『Shakira』は、全米アルバム・チャートで初登場2位、iTunesでは世界69ヶ国で1位を獲得。ファースト・シングルは、リアーナを迎えたデュエット「Can't Remember to Forget You feat. RIHANNA」。ミュージックビデオは全世界同時に解禁され、たった12時間で試聴回数が240万回を突破するなど、既に大きな話題を呼んでいる。2人がベッドで妖艶に絡み合うセクシーなシーンや、シャキーラが初めてロック・バンドに扮するシーンなど、最初から最後まで見どころ満載。

話題のファーストシングル「Can't Remember to Forget You feat. RIHANNA」が4月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

DIRTY LOOPS

スウェーデン出身の3人組、CDデビュー前からYoutubeでのミュージックビデオ再生回数が1400万回突破。
全世界注目新人バンドが、遂にデビューアルバムをリリース!

アヴィーチーやクインシー・ジョーンズといった海外アーティストも絶賛、デビューに先駆け2月に行われたショーケースライブでも圧倒的なパフォーマンスを見せつけ話題沸騰。5月に緊急再来日も決定!

4月16日リリース『Dirty Loops』より、YouTube再生回数110万回突破のデビューシングル「Hit Me」が4月前期のBUZZ CLIPに決定!

平井堅

平井堅の通算36枚目、そして約2年ぶりとなるニューシングルのリリースが決定!

表題曲「グロテスク」にはフィーチャリングに安室奈美恵を迎え、J-POPを代表する二大アーティストによるスペシャルコラボが実現。まさにTOP×TOPの呼び名が相応しいデュエットソングが完成。この曲の作詞は平井堅自身が手がけ、人間の表と裏、本音と建前、抱えなければいけない矛盾に対して、真っ向から切り込み、現代を生きる人々に問いかけていく、タイトル通りの濃厚なエネルギーを放つポップチューン!

4月2日リリース「グロテスク feat. 安室奈美恵」が4月前期のBUZZ CLIPに決定!

KYLIE MINOGUE

全世界で7000万枚以上のセールスを誇り、4年ぶり12枚目となるニューアルバムをリリースするカイリー・ミノーグ。

アルバムには、先行シングル「Into The Blue」に加え、ファレル・ウィリアムスが手掛けた「I Was Gonna Cancel」や、エンリケ・イグレシアスとのデュエット「Beautiful」などのほか、日本盤ボーナストラックとして、中田ヤスタカ(CAPSULE)によるリミックス「Into The Blue -Yasutaka Nakata(CAPSULE)Remix-」が収録されている。

3月19日リリースのニューアルバム『Kiss Me Once』より、先行シングル「Into the Blue」が3月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

TAMTAM

2008年12月結成。存在感のある歌声を軸に、レゲエを土台にしつつ雑多なビートを咀嚼したリディムセクションが太くうねるようにボトムを支え、バレアリックで時に空間的なギター、メロウなキーボードが彩りを添える21世紀型DUB BAND。ライブでは常にDUB PAを帯同し、生演奏に絡みつくようなリアルタイムのディレイ、リバーブ処理が空間を歪ませる。昨年「FUJI ROCK FESTIVAL '13」ROOKIE A GO-GOに出演。早耳リスナーの注目を集めた。

4月23日、アルバム『For Bored Dancers』にてメジャーデビュー。3月16日から東名阪でのツアー「I DUB YOU TOUR 2014」も開催する。

プレデビューシングルとしても注目を浴びた「クライマクス」が3月後期のBUZZ CLIPに決定!

EXILE ATSUSHI

待望の2ndソロアルバムをリリースするEXILE ATSUSHI。

アルバムからの最新ミュージックビデオでは、ATSUSHIが作品としては初のダンスを披露。このシーンだけで3時間を費やし計30回も踊ったといい、普段はボーカリストとして活動するATSUSHIのダンスへのこだわりを垣間見ることができる。また、カジノのオーナーに扮したATSUSHIがクールにスーパーカーを操ったり、イカサマを見破ったり、悪女に狙われたり、いきなりステージでショーを披露したりと、派手なストーリー展開にも注目だ。

3月12日リリース、2ndソロアルバム『Music』より「MAKE A MIRACLE」が3月前期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

KREWELLA

2007年シカゴで結成されたパーティー度1000%なヤンチャ3人組=クルーウェラ。

美人姉妹ヤスミン&ジャハーンの無敵な存在感と、セクシーでキュートさと熱量を備えたヴォーカル、圧倒的にキャッチーなメロディーが特徴の彼ら。海 外でシングル「Alive」から火がつきシングル「Live for the Night」が大ヒット。2013年9月コロムビアレーベルから、1stアルバム『Get Wet』で待望の全米デビューを果たすやいなや、見事全米アルバムチャートTOP10入りに!Billboard誌が「間違いなくブレイクする」と太鼓判を押し た、2014年最重要パーティーバンドがいよいよ3月に日本デビュー&初来日!8月には「SONICMANIA 2014」出演のため再来日も決定している。

3月19日リリースの日本デビューアルバム『Get Wet』より、大ヒットシングル「Live for the Night」が3月前期のBUZZ CLIPに決定!

QUADRON

ライのメンバーでもあるロビン・ハンニバルと、ヴォーカリストのココ・Oによる、デンマーク出身のデュオ。

2010年に海外インディーレーベルにて発売されたデビューアルバム『QUADRON』が、ニューヨークマガジンの2010年アルバムトップ10の第7位に選出。オッド・フューチャーのタイラー・ザ・クリエイターやマーク・ロンソン、ラファエル・サディークをはじめとする数々のアーティストから賞賛を送られてきた彼ら。昨年、3年ぶりの新作にしてメジャーデビュー作となる『Avalanche』をリリースし大ヒット。さらにあのジェイ・Zがプロデュースしたことでも大きな注目を集めた映画『華麗なるギャツビー』のサウンドトラックで、ビヨンセらと並び Coco O of Quadron 名義で参加したことでも話題に。

2曲のオリジナル楽曲とremixを含めた計4曲のボーナス・トラックが加わった日本盤デビューアルバム『AVALANCHE』より、「Hey Love」が2月後期のBUZZ CLIPに決定!

金子ノブアキ

RIZEのメンバーであり、俳優としても活躍の幅を広げている金子ノブアキが、4年半ぶりとなるニューアルバムをリリースする。

自身のプライベートスタジオを中心に、1年以上の月日を費やして制作された渾身の新作は、最新の美しい音楽、ダンスチューンからギターロックまで、ソロアーティストとしての金子の音楽を具現化した作品。最新のコンピュータサウンドと生ドラムスを融合させたインスト曲では、縦横無尽に新しいリズムを創造、そしてソロボーカルは深い思いを吐露したリリックを歌い上げ、切なくメロディックに歌っている。既に世界111ヶ国にて配信がスタートしており、2月25日からはアメリカでも配信スタートする予定。

2ndアルバム『Historia』より、タイトル曲「Historia」が2月後期のBUZZ CLIPに決定!

TEMPLES

ノエル・ギャラガー、ジョニー・マーらが大絶賛する、英ミッドランズ出身の注目新人サイケ・ロック・バンド。

2012年にリリースされた「Shelter Song」が大反響を呼び、翌年NMEの「Best New Bands Of 2013」へ選出。同年11月には、日本独自盤『Shelter Song E.p.』のリリースと「Hostess Club Weekender」への出演のため来日するなど、ここ日本でも人気が急上昇。2月5日、待望の日本デビューアルバム『Sun Structures』をリリースする。

アルバムからのファーストシングル「Mesmerise」が2月前期のBUZZ CLIPに決定!

Flower

約3万人が応募したオーディションから選ばれたメンバーを中心に結成。10代女子を中心に人気を博し、2011年10月にリリースされたデビューシングル「Still」がオリコンチャート5位にランクイン。2012年には所属事務所内の女性アーティストで結成されるE-girlsの中核メンバーとしても活動を開始。新たなガールズムーブメントを巻き起こしている。1月22日には、デビューシングルから最新シングル「白雪姫」まで、2年3ヵ月の歴史が詰まった1stアルバム『Flower』をリリースした。

最新アルバム収録、m−flo loves YOSHIKA「let go」をカバーし原曲の続編となる内容でも話題の「let go again feat. VERBAL(m-flo)」が、2月前期のBUZZ CLIPに決定!

GO CHIC

2007年結成、台湾出身の女子 3 ピース・エレクトロ・ロックバンド。

現在、ヨーロッパ/アメリカを席巻中。ヴォーカル Ariel の挑発的な歌詞と熱量を伴った圧倒的なパフォーマンス、ギター& シンセサイザー Soniaの音楽的造詣に満ちた幅広いサウンドプロダクション、そしてベース Sarahのそこにいるだけで成立してしまうクールな佇まいとアジアンビューティーっぷり。彼女達の持つ個性の摩擦が引き起こす化学反応は見る者全てを虜にする。
新人ながらも世界基準で勝負する彼女達のビッグサウンドは一度聴いたら病み付きになること間違いなし!

1st フルアルバム『We Ain't Home』より、リードトラック「City Slickers' Night Pressure」が1月後期のBUZZ CLIPに決定!

片平里菜

福島県福島市在住 21歳。「閃光ライオット2011」にて1万組の中から審査員特別賞を受賞。

2012年、ソニー “WALKMAN” 「Play You.レーベル」第1弾アーティストとして抜擢、7月にはASIAN KUNG-FU GENERATION 主催「NANO-MUGEN FES.2012」に出演。早くも横浜アリーナの舞台でその歌声を響かせた。2013年1月に配信リリースした「始まりに」は、東北地区全6局でパワープレイに選出され、新人としては異例のレコチョクデイリーチャート2位を獲得。同年8月7日、メジャーデビューシングル「夏の夜」リリース。
2014年1月、待望の2ndシングルリリースと初のワンマンツアー「女の子は泣け、笑え、叫べ」の開催が決定している。

1月15日リリース、2ndシングル「女の子は泣かない」が1月後期のBUZZ CLIPに決定!

BIRDY

イギリスはハンプシャー出身、1996年生まれの15 歳。その短い人生の中で一体どのような体験をしてきたのかと思わせるその年齢を超越した深みのあるイノセントな歌声やカヴァー選曲のセンスから、 スタイルは違えどAdeleのデビュー当時のような高評価を集めるBIRDY。 The XX、Adele、Paolo Nutini、Bon Iverなど最近の音楽も好きだが、クラシックも大好きで情熱を持っており、 その影響は彼女の音楽に色濃く出ている。彼女自信が語る「私は必ず音楽を私のキャリアにする。音楽は私の人生において大きな存在だから。」その言葉が絵空事ではない、 圧倒的なクオリティのデビューアルバムが完成。

全英8位デビュー、ヨーロッパ各国で続々TOP10入りを果たした最新アルバム『FIRE WITHIN』より、デビューシングル「Skinny Love」が1月前期のBUZZ CLIPに決定!

みみめめMIMI

シンガーソングライターのユカと学友であるイラストレーターのちゃもーいからなる目と耳から刺激する新世代視聴覚ユニット。

中学より本格的な作曲活動を開始。数々のデモテープオーディションに申し込むも落選を繰り返しながら、創作活動、ライブ活動を続けてきたユカと、物心つく前から絵を描くことが好きで、初めてインターネットに触れた時にデジタルイラストの世界を知り、大きな衝撃を受けた。そして、大学に入ってから本格的にイラストを描き始めたポップでキュートな世界観を徐々に確立したちゃもーい。活発な学生生活を通して様々な人との縁を築き上げながら、ユカとちゃもーいは出会う。 アニメのテーマソングの話を企画していた音楽関係者の提案により、偶然にもふたりの個性が遂にひとつの作品として交わることとなる。みみめめMIMIは、アートと音楽を運命共同体とした新たな地平を目指す。

1月8日リリース、2ndシングル「瞬間リアリティ」が1月前期のBUZZ CLIPに決定!