BUZZ CLIP

宇多田ヒカル

宇多田ヒカルが、待望のニューアルバム『Fantôme』をリリースする。

2008年3月にリリースされたアルバム『HEART STATION』から8年半。活動休止期間を経た宇多田が、通算6枚目となるオリジナルフルアルバムを携えて、いよいよ本格的に始動する。アルバムには、今年4月にデジタルシングルとして同時配信され、各配信ランキングの記録を更新した「花束を君に」「真夏の通り雨」と、2012年11月に配信リリースされた「桜流し」(『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』テーマソング)を収録。さらに「二時間だけのバカンス 」には椎名林檎が、「忘却」にはKOHH、そして「ともだち」に小袋成彬がそれぞれ参加。「二時間だけのバカンス」では、椎名林檎との初ミュージックビデオ共演も果たしており、”何光年先までの宇宙旅行が一般的になり、一時は繁栄した太陽系観光も今では見る影もない”という時代設定を背景に、共に宇宙へとランデブーしている。監督は椎名林檎のミュージックビデオやCMを数多く手がける児玉裕一が務めた。

9月28日リリース『Fantôme』より、最新ビデオ「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」が、9月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

NORAH JONES

ノラ・ジョーンズが『Little Broken Heart』から4年ぶりとなる待望のニューアルバムをリリース。

今作ではノラのルーツであるジャズに回帰しており、グラミー賞8部門を受賞したデビューアルバム『Come Away With Me』を想起させるサウンドが詰まっている。前作まではエレキギターを主に演奏していたが、今作では彼女ならではのピアノが12曲全編を彩った。恋愛から社会的/政治的テーマまでを描いたオリジナル9曲と、ホレス・シルヴァー(「Peace」)、デューク・エリントン(「African Flower “Fleurette Africaine”(邦題:アフリカの花)」)、そしてニール・ヤング(「Don’t Be Denied」)のカバー曲が収録。ジャズルーツに戻りながらも、カントリー、フォーク、ロック、ソウル、ジャズという、アメリカ音楽のさまざまな要素を一つに編み込みながら、37歳現在の「成熟したノラ・ジョーンズの音楽」を力強く提示している。

10月5日リリース『Day Breaks』より、リードシングル「Carry On」が9月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

w-inds.

今年デビュー15周年を迎えるw-inds.が、2016年第2弾シングルをリリース。

通算37作目となる今作は、世界的トレンドの”トロピカルハウス”をいち早く取り入れた最先端のチューン。ミュージックビデオはプールサイドで繰り広げられるダンスシーンを中心に、非日常なシチュエーションを楽しめる内容に仕上がっている。w-inds.は、現在『15th Anniversary LIVE TOUR 2016“Forever Memories』を開催中。9月22日、東京国際フォーラムにて最終公演を迎える。

8月31日リリース「Backstage」が9月前期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

BRITNEY SPEARS

ブリトニー・スピアーズが9月14日、ニューアルバム『Glory』日本盤をリリースする。

“栄光”を意味する今作は、ブリトニーがデビュー以来18年間に渡って数々のヒットを放ち、“今世紀最大のポップ・アイコン”として輝き続ける魅力と、自身初の“夏”リリースにふさわしいセンシュアルで刺激的な内容。アルバムを象徴するリードシングル「Make Me... feat. G-EAZY」のミュージックビデオでは、プライベートなオーディションを開催しパートナーを選ぶというストーリーが展開。多数の肉体美イケメンが登場する中、最終的にはブリトニーがお気に入りの男性を連れ出し、濃厚なベッドシーンへと流れる刺激的な内容で話題を呼んでいる。8月28日には『2016 MTV Video Music Awards』にて同シングルを初パフォーマンス。同アワードでのパフォーマンスは10年振りということでも注目を集めた。

話題のシングル「Make Me... feat. G-EAZY」が9月前期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

SKRILLEX & RICK ROSS

バットマンやスーパーマンによって投獄された悪役たちが主役のアクション大作『スーサイド・スクワッド』主題歌、スクリレックス&リック・ロスによる「Purple Lamborghini」ミュージックビデオが公開!

8月5日に全米公開された『スーサイド・スクワッド』は、週末興行収入ランキングで断トツの首位を獲得。映画同様にサウンドトラックも大ヒットを記録しており、スクリレックス&リック・ロス以外にも、トゥエンティ・ワン・パイロッツら豪華アーティストが参加。本国アメリカをはじめとした計20ヶ国のiTunes総合チャートで1位を獲得。日本でもトップ10入りを果たしたほか、日本を含む32ヶ国のサウンドトラックチャートを制している。

スクリレックスとリック・ロス、そしてジャレッド・レト扮する稀代のヒール、ジョーカーという3ショットが実現した「Purple Lamborghini」が、8月後期のBUZZ CLIPに決定!

[Alexandros]

[Alexandros]が、2016年第2弾シングル「Swan」をリリースする。

ミュージックビデオは、フロントマンの川上洋平が感銘を受け熱烈オファーした映画監督の五十嵐耕平が手掛け、コンセプトは「同じ空間で人と人がつながっているように見えて、本当はまったく別の世界にいる」というもの。全編モノクロで仕上げられており、ライトの明暗で曲の静と動が表現されている。なめらかな時間の流れを表現するために、撮影はカメラマンがセグウェイに乗って行った。川上が歌いながら歩き、他のメンバーとすれ違うシーンは、ハイスピードカメラで撮影。そのため、テンポが速い楽曲をさらに倍速で歌わなければならず、苦労していたという。「Swan」は8月24日リリース。他にも映画『ターザン:REBORN』の日本版主題歌「Nawe, Nawe」と「ワタリドリ」のライブ音源が収録される。

静と動が織りなす疾走感あふれるロックナンバー「Swan」が、8月後期のBUZZ CLIPに決定!

Beat Buddy Boi

ストリートダンスの世界大会で優勝経験をもつダンサー7人による世界レベルのダンスと、クリアなマイクパフォーマンスと独自のフロウで魅せるSHUNのラップが融合した、日本のみならず世界中で活躍しているダンスボーカルグループ。

デビュー1年目にして「MTV VMAJ 2015 NEXT BREAK ARTIST賞」を受賞し、加速度的に日本の音楽シーンを刺激している。8月3日、両A面2ndシングル「B-BOIスクランブル/Firework」をリリース。

『109MEN’S』とのタイアップ曲でもある「B-BOIスクランブル」が8月前期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

BLOOD ORANGE

ソランジュやスカイ・フェレイラなど、話題のアーティストのプロデュースを数多く手掛ける、世界を席巻する天才プロデューサー、ブラッド・オレンジが待望の最新作をリリース!

2005年から2006年までの間、3人組ダンス・パンクバンド、テスト・アイシクルズのメンバーとして活躍。解散後の08年にライトスピード・チャンピオンとしてソロデビュー。同名義で2枚のアルバムをリリース。2011年ブラッド・オレンジ名義で1stアルバム『Coastal Grooves』、2013年に『Cupid Deluxe』をリリースし世界中で大ヒット。その後もカーリー・レイ・ジェプセン、FKAツイッグスのプロデュースを手掛けるなど第一線で活躍。2016年、3年ぶりとなる待望の新作『Freetown Sound』をリリースした。

アルバムからのシングル「Augustine」が8月前期のBUZZ CLIPに決定!

MAGIC!

全米No.1レゲエ・ポップ・バンド マジック!が、待望の2ndアルバムを緊急リリース。

2012年にカナダで結成。ウェディングソングでもあるデビューシングル「Rude」がじわじわと人気を集め、2014年、全米シングルチャートで6週連続1位を記録。アメリカ以外でも本国カナダをはじめとする41カ国のチャートを席巻。ここ日本でも2014年の初来日公演が即完、翌2015年のサマソニではメインステージ出演を果たすなど人気を博している。フロントマンのナズリ・アトウェは、LAを拠点とするプロデューサー・グループ「The Messengers」のメンバーでもあり、全米1位&グラミー賞にも輝いたクリス・ブラウンの『F.A.M.E.』をはじめ、ジャスティン・ビーバー、ピットブル、シャキーラ、ザ・ウォンテッドら数々のビッグアーティストの楽曲を手掛ける大ヒットメーカー。西野カナの「I’ll Be There」にも作曲家として参加している。

全世界注目の最新アルバム『Primary Colours』より「Red Dress」が7月後期のBUZ CLIPに決定!

EXILE THE SECOND

2016年、EXILE THE SECOND本格始動。

2012年からEXILEの活動と共にTHE SECOND from EXILEとして活動してきた橘ケンチ、黒木啓司、EXILE TETSUYA、EXILE NESMITH、EXILE SHOKICHI。この5人がEXILEの輝きをさらに増すため、そして自身のさらなる高みを目指すために、新たなスタートを切る。今秋開催予定の初のアリーナツアーで”来てくださる皆さんとライブ会場で一つになりたい”という想いから、キックオフシングル3部作をリリース。その狼煙となる第1弾シングル「YEAH!! YEAH!! YEAH!!」ミュージックビデオは、クレイジーでエキサイティングな世界観を丸ごと詰め込んだ都会のプールサイドパーティーが舞台。メンバーが水上ステージで激しいダンスパフォーマンスを披露するなど、大人の色気が全開の作品に仕上がっている。

夏に負けない熱気を生み出すパーティーチューン「YEAH!! YEAH!! YEAH!!」が7月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

Suchmos

2013年1月結成。横浜・茅ヶ崎出身の6人グループ。

ACID JAZZ&HIP HOPなどブラックミュージックにインスパイアされ、都内ライブハウス、神奈川・湘南のイベントを中心に活動。FUJI ROCK FESTIVAL '14「ROOKIE A GO-GO」に出演し注目を集め、2015年「ESSENCE」でデビュー。同年7月には1stフルアルバム『THE BAY』をリリース、注目新人としてApple Music年間BEST ARTISTにも選ばれ、初の全国ツアーチケットも即日完売。2016年1月には「LOVE&VICE」をリリース、ロングヒットを記録中。7月6日、3rd EP「MINT CONDITION」リリース。

ダウンビートアンセム「MINT」が7月前期のBUZZ CLIPに決定!

BEYONCE

ビヨンセが7月6日、約2年半ぶりとなる最新アルバム『Lemonade』日本盤をリリースする。

全米・全英で1位、さらにiTunesでは世界102カ国で1位を獲得している今作は、音楽と映像が一体となったビジュアルアルバム。全12曲の収録曲には、ザ・ウィークエンド、ジェイムス・ブレイク、ジャック・ホワイト、ケンドリック・ラマーをフィーチャー。プロデューサーには、ジャスト・ブレイズ、ディプロ、ヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグらを迎え、赤裸々な告白によって綴られる衝撃的な内容と、心をゆさぶる神秘的な映像で、すでに世界中で大きな話題を巻き起こしている。ビヨンセは現在ワールド・ツアーを開催中。7月4日には日本盤リリースを記念し、辛酸なめ子、ナジャ・グランディーバ、大柳葵理絵(GOSSIPS編集長)によるトークショー付試写会も開催される。

浮気者の夫に向かって三行半を付きつける内容で話題の最新シングル「Sorry」が7月前期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

BOOM BOOM SATELLITES

エレクトロニックサウンドとロックを融合させた独自の音楽性で、類をみないオリジナリティを誇示している 中野雅之と川島道行によるロックバンド。

1997年にベルギーのレーベルよりデビュー、アメリカやヨーロッパでもツアーを開催するほか、大型フェスティバルにも多数出演し話題となる。2004年には映画「APPLESEED」の音楽を手がけ、その後もさまざまな映画やアニメに楽曲を提供。2013年、8枚目となるアルバム「EMBRACE」を発表し、日本武道館公演を成功させた。2015年には2年ぶりのオリジナルアルバム「SHINE LIKE A BILLION SUNS」をリリース。今年6月には新作「LAY YOUR HANDS ON ME」を発表した。この作品をもって活動を終了することを発表している。

最新にして最終作となる「LAY YOUR HANDS ON ME」が6月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

JAMES BLAKE

ジェイムス・ブレイクが約3年ぶりとなるニューアルバムをリリース。

SNSで予告された後、5月に突如配信リリースされた今作は、フランク・オーシャン、ジャスティン・ヴァーノン(Bon Iver)らが参加した全17曲が収録。前作でベース・カルチャーを内省的なものにした衝撃をそのままに、より洗練された大人のエレクトロ・サウンドに仕上がっている。7月には「FUJI ROCK FESTIVAL ’16」への出演も決定している。

6月24日 日本リリース『The Colour In Anything』より「I Need a Forest Fire feat. BON IVER」が6月後期のBUZZ CLIPに決定!

CATFISH AND THE BOTTLEMEN

北ウェールズ出身、4人組ロックバンド。

デビューアルバムのリリース前から英国営ラジオ局BBCのゼイン・ロウによる「世界で最もホットなレコード」を獲得。NMEをはじめとする主要音楽メディアから支持を得て、デビューアルバム『The Balcony』は、全英10位を獲得。BBC Music Awards 2014にて「BEST NEW COMER」受賞。今年2月に開催されたThe BRIT Awards 2016では「BRITISH BREAKTHROUGH ACT」受賞。6月3日、待望の2ndアルバム『THE RIDE』リリース。

アルバムからの1stシングル「Soundcheck」が6月前期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

EXILE TRIBE

前人未到のエンターテインメントに挑み続けるEXILE TRIBE。

1年10ヶ月ぶりとなる新曲「HIGHER GROUND feat. Dimitri Vegas & Like Mike」は、世界的に活躍するDJユニット、ディミトリ・ヴェガス&ライク・マイクとコラボレートした楽曲で、スピード感があふれるダンスナンバー。7月16日公開の映画『HiGH&LOW』の主題歌に決定しているほか、6月15日にリリースされるアルバム『HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』に収録される。7月にはアルバムを引っさげたドームツアー「HiGH & LOW THE LIVE」がスタートする。

EXILE TRIBE総出演「HIGHER GROUND feat. Dimitri Vegas & Like Mike」が6月前期のBUZZ CLIPに決定!

きゃりーぱみゅぱみゅ

今年デビュー5周年を迎え、ベストアルバムリリース&3度目のワールドツアー&海外アーティストとのコラボレーション&初アートワーク展の開催など、ワールドワイドな展開を精力的に行っている、 きゃりーぱみゅぱみゅ。

ファンへの感謝を歌った最新シングル「最&高」ミュージックビデオでは、田中秀幸監督と初タッグを組み、音楽に合わせてドラムやシンバルを叩く巨大なロボットに扮して登場。最後はラーメンどんぶり風のステージに移動して歌うきゃりーに合わせて、群衆たちが楽しそうに踊り、5周年を祝う姿を描いている。
5月25日には5周年を記念した初のベストアルバム『KPP BEST』がリリースされる。

最新シングル「最&高」が、5月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

THE KILLS

ザ・デッド・ウェザーでも活躍するアリソン・モシャートとギタリストのジェイミー・ヒンスからなるガレージロック・デュオ、ザ・キルズが、待望の5thアルバム『Ash & Ice』をリリース!

今年で活動期間16年目を迎え、これまでに4枚のフルアルバムをコンスタントにリリースして来た彼ら。ジェイミーの手の故障により完全復活に5年の歳月がかかってしまったというが、サウンドは以前に負けず劣らずパワーアップ。プロデュースには、ジェイミー・ヒンスとジョン・オマホニー(ザ・クリブス/メトリック)、ミックスにはグラミー受賞プロデューサーのトム・エルムハースト(アデル/べック/エイミー・ワインハウス)とチャド・ブレイク(アークティック・モンキーズ/ブラック・キーズ)を迎え、より渋く心揺さぶるアルバムを完成させた。

6月3日リリース『Ash & Ice』より先行シングル「Doing It to Death」が5月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

西野カナ

2008年にメジャーデビュー以降、リアルな恋愛観を綴った歌詞と、類まれな歌声が話題を集め、女性ファンを中心にブレイク。キュートなルックスから数々のファッション誌の表紙を飾るなど、ファッションアイコンとしても絶大な支持を集める国民的女性アーティスト。

最近では、飾ることのないカップルの心温まる愛情を描いたキュートなラブソング「Darling」や、なかなか男性に伝わりにくい女性の心を、取り扱い説明書になぞらえて表現したヒットシングル「トリセツ」など、その独特なリリック手法で、さらに幅広い層より支持を集めている。今夏、キャリア史上最大規模となる全国アリーナツアーを開催する。

2016年第1弾シングル「あなたの好きなところ」が5月前期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

AGAINST THE CURRENT

2006年結成、ニューヨーク州をベースに活動するバンド。

今までにデジタルで2枚のEP『Infinity』(2014年)、『Gravity』(2015年)をリリースし、EP盤にボーナストラック&JPOPカバーを追加収録した日本デビューアルバム『Gravity』を2015年5月20日にリリース。公開していたヒット曲のカヴァーが世界中で話題となり、ヴォーカルのクリッシー・コスタンザの類まれな歌唱力とビジュアル、そしてセンスの良いカヴァーアレンジで注目を集め、2015年、パラモア、FUN、TWENTY ONE PILOTSなどが所属する名門レーベルFUELED BY RAMENとメジャー契約。2016年5月20日待望のメジャーデビューアルバム『IN OUR BONES』をリリースする。

アルバムからのシングル「Running with the Wild Things」が5月前期のBUZZ CLIPに決定!

9mm Parabellum Bullet

2016年の幕開けとともに自主レーベル『Sazanga Records』でのリリースプロジェクトを始動する事を発表し、新たなスタートを切った9mm Parabellum Bulletが、4月27日、その第1弾となるアルバムをリリースする。

『Waltz on Life Line』と名付けられた今作は、”クアトロA-side シングル”で見せた4人の作曲・プロデュース能力がさらに爆発。新たな代表曲の誕生と言えるリードトラック「Lost!!」、三拍子のスラッシュメタル「生命のワルツ」(6thシングル) 、四者四様のクアトロA-Sideシングル「反逆のマーチ/ダークホース/誰も知らない/Mad Pierrot」に、それぞれが作曲・プロデュースした新曲10曲を収録。メジャーレーベル「TRIAD」とタッグを組み、より自由に進化を続けるバンドの未来から、ますます目が離せない。

6thアルバム『Waltz on Life Line』より、リードトラック「Lost!!」が4月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

MACKLEMORE & RYAN LEWIS

2014年、第56回グラミー賞で最優秀新人賞を含む4部門を受賞した、21世紀最大のヒップホップ・デュオ、マックルモア&ライアン・ルイスが、待望のニューアルバムをリリース!

先行シングル「Downtown」では、グランドマスター・ギャズ、クール・モー・ディー、メリー・メル、エリック・ナリーといったレジェンドたちが共演。ライアン・ルイスの故郷である米ワシントン州スポケーンにて撮影されたミュージックビデオのYouTube再生回数は、すでに1億回を突破している。また、昨年生まれたマックルモアの愛娘スローンに向けて書かれた「Growing Up」では、英シンガーソングライターのエド・シーランがゲストボーカルとして参加。その他にも、今作にはチャンス・ザ・ラッパー、アンダーソン・パークといったヒップホップ界の新鋭をはじめ、第58回グラミー賞にノミネートされた注目ソウル・シンガーのレオン・ブリッジス、さらに、KRS・ワン、DJ プレミアといった大御所アーティストたちが名を連ねている。

2ndアルバム『This Unruly Mess I've Made』より「Kevin feat. LEON BRIDGES」が4月後期のBUZZ CLIPに決定!

The fin.

世界各国で話題沸騰、神戸出身の4人組ロックバンド、The fin.が待望の新作をリリース!

1年3ヶ月ぶりとなる今作は、ライブでは既に披露しているチルウェーヴ、シンセポップ、エレクトロニカ色を強く出した「Divers」「Anchorless Ship」を含む新曲5曲と、UKの名門レーベルDomino Recordより2015年9月にデビューし ”Noir Wave” という新しいジャンルを確立した南アフリカ・ケープタウンの新星、プティ・ノワールによる「Night Time」のRemixを収録している。また前作までと同様に、レコーディングからミックスまでをYuto Uchino(Vo/Synth)がすべて行っており、マスタリングにはアニマル・コレクティヴ、ウォッシュト・アウト、ディアハンターなどのマスタリングを手掛けているジョー・ランバートを起用している。

最新EP『Through The Deep』より、タイトルトラック「Through The Deep」が4月前期のBUZZ CLIPに決定!

WEEZER

ウィーザーが通算10枚目のオリジナルアルバム『Weezer』を、4月1日に世界同時リリース!

前作『Everything Will Be Alright In The End』以来2年ぶりとなる今作は、通算4枚目となるセルフタイトル『Weezer』。ジャケットの色味からそれぞれ『The Blue Album』『The Green Album』『The Red Album』と認識されてきたが、今回は『The White Album』。プロデューサーは、パニック!アット・ザ・ディスコ、フォール・アウト・ボーイなどを手掛けているジェイク・シンクレア。アルバムからの1stシングル「Thank God for Girls」は、既に複数のジャンルでチャート入りを果たし、全米オルタナティブ・ラジオのTOP 10にチャートイン。少年期のリヴァースを彷彿とさせる眼鏡の男の子が出演しているミュージックビデオが話題の「L.A. Girlz」など、彼らのホーム・タウンであるカリフォルニアの空気が目いっぱいつまった、ウィーザー節全開のポップ・アルバムに仕上がっている。この夏、パニック!アット・ザ・ディスコとの共同ヘッドライナーで全米40都市以上を周るサマーツアーを行うほか、ここ日本では「SUMMER SONIC 2016」への出演が決定している。

アルバムからの最新ビデオ「California Kids」が4月前期のBUZZ CLIPに決定!

ZAYN

ソロ活動を始動したゼインが、3月25日デビューアルバム『Mind of Mine』を全世界同時リリースする。

トータルセールス7000万を超える史上最大のグループの一員として数々の1位と記録を打ち立て、2014年のワールドスタジアムツアーでは計350万人、2015年2月~3月には全6公演で20万人を動員した特大ジャパンツアーを大成功させた後、同3月25日に突如グループを脱退。同年7月にアメリカのRCAレコードとソロ契約を果たし、2016年1月にソロ初のシングル「Pillowtalk」を発表。68の国と地域のTunesやSpotifyのグローバルチャートで1位を獲得。さらに、全米ビルボード総合シングル・チャート(Hot 100)、イギリス、オーストラリア、カナダなどの週間チャートでも首位デビューを果たした。アメリカでは2016年における初週セールスとしては最高の26万7000ダウンロードと、史上4番目の2230万ストリーミングを記録。これにより、前週まで1位と2位を独占していたジャスティン・ビーバーや同週リリースのドレイクなどをおさえ、ワン・ダイレクション時代を通じても初となるシングル・チャート1位を記録した。

1stアルバム『Mind of Mine』収録、世界中で大ヒット中のシングル「Pillowtalk」が3月後期のBUZZ CLIPに決定!

THE YELLOW MONKEY

15年ぶりに集結したTHE YELLOW MONKEYの新曲「ALRIGHT」のミュージックビデオが完成!

ミュージックビデオは、監督に夏目現氏(I was a Ballerina)を起用し、2月下旬に撮影されたもの。楽曲から溢れ出る「エロス」と「野生」に着目して撮影されたという映像は、民族的なマスクを被ったダンサー達とまるで対決するかのように攻撃的な演奏を繰り広げるメンバーの姿が作品全体に余すところなく映し出されている。さらに、15年ぶりに集結したメンバーの演奏シーンが初めて公開されたことでも大きな注目を集めている。5月11日から全国10都市20公演のアリーナツアーをスタートする。MTVではTHE YELLOW MONKEY関連番組を3ヶ月連続でオンエア中。

話題の最新曲「ALRIGHT」が3月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

PRIMAL SCREAM

プライマル・スクリームが3月16日、11thアルバム『CHAOSMOSIS』を日本先行リリース!

通算11作目となる今作には、昨年末リードシングル「Where the Light Gets In」のティーザー映像が公開されたタイミングから噂になっていた通り、シンガーソングライター、モデル、女優の顔を持つスカイ・フェレイラがデュエットで参加。他にも、2年前の夏にグラストンベリーで共演して以来、バンドと親交を深めているハイムや、キャッツ・アイズのレイチェル・ゼフィラがゲスト参加を果たしている。UKでは、新作リリース後にスコットランドのアバディーン、グラスゴー、ロンドン、マンチェスターにて公演が行われ、5月以降もイギリスの「Common People 2016」をはじめとしたフェスティバルへの出演が決定している。

スカイ・フェレイラ共演のシングル「Where the Light Gets In」が3月前期のBUIZZ CLIPに決定!

高橋優

高橋優が、3月9日13thシングル「さくらのうた」をリリースする。

作品には、他に「クラクション」「運命の人」、さらに福島限定のスペシャルユニットだった亀田誠治氏とのメガネツインズ作品「メガネが割れそう」の4曲を収録。期間限定生産盤には、2015年夏、地元秋田で初めて開催され、5000人を集めたフリーライブの模様を全14曲網羅したDVDが付属される。
ミュージックビデオは、映画「そして父になる」「海街diary」の監督である是枝裕和氏が監修。主人公には門脇麦が出演し、舞い散る花びらのようにバレエを披露している。

「さくらのうた」が3月前期のBUZZ CLIPに決定!

THE 1975

英マンチェスター出身の4人組バンドThe 1975が、待望の2ndアルバムをリリース!

アルバムのタイトルは、『I like it when you sleep, for you are so beautiful yet so unaware of it(邦題:君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。)』。その長さが世界中で話題となっている。1月26日には、東京・EX THEATER ROPPONGIにて来日公演を行った。(MTVでは、このライブの模様とインタビューを2月23日「洋楽EXPRESS」でオンエア予定。)
ニューアルバム『I like it when you sleep, for you are so beautiful yet so unaware of it』は2月26日リリース。
8月には「SUMMER SONIC 2016」のため、再来日することが決定している。

最新ミュージックビデオ「Ugh!」が2月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

MAN WITH A MISSION

MAN WITH A MISSIONが待望のニューアルバムをリリース。

4thアルバム『The World's On Fire』は、マンウィズらしいハードな楽曲はもちろん、バラエティーに富んだ「今」のMAN WITH A MISSIONの魅力が詰まった1枚。2015年は2度のヨーロッパツアーを敢行するなど活動の幅を世界へと更に拡げた、世界基準・MAN WITH A MISSIONの結晶がここに。
先行シングル「Memories」は、ミュージックビデオを蜷川実花が担当している。

話題曲「Memories」が2月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

JAMES BAY

UK出身24歳のシンガーソングライター。

2013年夏、英ロンドンのハイド・パークで開催されたザ・ローリング・ストーンズのライブの前座に選ばれ、2015年2月、期待の新人アーティストが受賞するブリット・アワード批評家賞を受賞(※2014年はサム・スミスが受賞)。9月には「GQ」誌が選ぶメン・オブ・ザ・イヤー・アワードでブレイクスルー・ソロ・アーティストを受賞。ファッション界からも注目され、バーバリーのクリスマスキャンペーンに、ロメオ・ベッカム(デヴィッドとヴィクトリア・ベッカム夫妻の次男)、シンガーソングライターのエルトン・ジョン、モデルのナオミ・キャンベルやロージー・ハンティントン=ホワイトリーら、セレブリティに並んで抜擢された。Apple Musicのキャンペーンにも起用され、ここ日本でも注目度が高まりつつあり、2016年のグラミー賞、ブリット・アワードでは、アデルやイヤーズ&イヤーズと並んでの最多ノミネートとなっている。2月5日、全英1位を獲得したアルバム『Chaos and the Calm』で日本デビューすることが決定している。

1stアルバム収録「Let It Go」が2月前期のBUZZ CLIPに決定!

FEMM

意思を持つマネキン「LuLa」と「RiRi」からなるダンス・デュオ。

2013年秋頃より、東京を中心に「動く人形がいる」という目撃情報が寄せられる。2014年に発表した「Fxxk Boyz Get Money」は、タイトル通りの過激なラップとコケティッシュなTWERKダンスで、欧米のティーンを中心にスマッシュ・ヒット。「ガールズ・アンセム」として世界中のファッショニスタやインフルエンサーからの支持を得て、ミュージックビデオは、YouTubeにて100万回再生を突破。「Vice」からの「Supergroup」という大絶賛、「MTV IGGY」では97.97%という圧倒的得票率で「Artist Of The Week」を獲得するなど、多くの欧米メディアからの援護射撃を受け、インディーズ時代の配信限定アルバム『Femm-Isation』は、全米ビルボードチャートWORLDで10位を獲得。日本でも「Google Android」のTV-CM「New Android登場篇」や「FASHION'S NIGHT OUT」「ULTRA JAPAN」「YouTube FanFest」など人気イベントへの出演のみならず、「Vimeo」のレコメンド枠「STAFF PIC」常連のクリエイター集団「BRDG」主催の映像&音楽の異種交配イベントや「fancyHIM」など東京で最もカッティングエッジなパーティーにも出演するなど、まさにオーバーからアンダーグラウンドまでを一様にFEMMらしく熱狂させている。

2月24日リリースのデビューシングルより「PoW!」が2月前期のBUZZZ CLIPに決定!

SIA

オーストラリア出身、リアーナ、ビヨンセら数々の大物アーティストのヒット曲を手掛けてきたシンガーソングライター。

2014年、シングル「Chandelier」が世界中でセンセーションを巻き起こし、同曲が第57回グラミー賞で主要2部門含む4部門にノミネート、更にアルバム『1000 Forms of Fear』が全米チャート初登場1位&その他72カ国のiTunesで1位を獲得した。第57回グラミー賞では主要2部門を含む計4部門にノミネートされたが、有名になりたくないというポリシーのもと滅多に素顔を公開しないシーアは、授賞式ではウィッグで顔を隠し、後ろを向いたまま歌って大きな話題を呼んだ。1月29日、待望のニューアルバム『This Is Acting』リリースする。

アデルがソングライティングに参加していることでも話題のシングル「Alive」が1月後期のBUZZ CLIPに決定!

片平里菜

「閃光ライオット2011」で1万組の中から審査員特別賞を受賞し、2013年「夏の夜」でデビュー。

その後もライブやフェス出演を重ね、着実にステップアップを続けてきた片平里菜。シングル「女の子は泣かない」や「誰にだってシンデレラストーリー」など、女性特有の恋愛観や揺れる恋心を描き、同世代から圧倒的な支持を集めている。2月3日、2ndアルバム『最高の仕打ち』をリリース。2月6日からは、ワンマンツアー「そんなふうに愛することができる?」を全国10箇所で開催。

アルバムからの先行シングル「この涙を知らない」が1月後期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

SKY-HI

2013年、満を持してソロメジ ャーデビュー。2014年3月にはファーストアルバム『TRICKSTER』をリリース。 同年6月「MTV VMAJ 2014」にて「BEST HIP HOP VIDEO」受賞。

卓越したスキルと豊かな音楽性で、HIP HOPシーンのみならずROCKやサブカルシーンにおいても注目を集める彼が、遂に2ndアルバムをリリース。アルバムには「スマイルドロップ」をはじめとしたシングルを多数収録。トラックメーカーとしてKREVA、Mummy-D、Nao'ymtなど、シーンで呼応するアーティスト達も参加。Music Video盤DVDには動画サイトのみで公開していた「カミツレベルベット」のミュージックビデオや、初収録となる撮りおろしビデオも収録予定。 Live映像盤のDVDには『SKY-HI TOUR 2015 ~Ride my Limo2~』のライブ映像を収録している。 2016年2月からは「SKY-HI TOUR 2016」がスタートする。

2016年1月20日リリース『カタルシス』収録「アイリスライト」が1月前期のBUZZ CLIPに決定!

関連番組

GRIMES

カナダのバンクーバーを拠点に活動中の女性ソロアーティスト。

独学で作曲を学び、宅録で作品を作り始める。これまでに自主レーベルから3枚のアルバムをリリースしていたが、4枚目となる本作より、英名門レーベル<4AD>に移籍。NMEが選出する「Most Exciting News Bands of 2012」の1位を獲得、今年最も飛躍が期待される女性アーティストとして既に高い注目を浴びている。

約3年ぶりとなる待望の新作『Art Angels』からのシングル「Flesh Without Blood」が1月前期のBUZZ CLIPに決定!