Buzz Clip

2月前期 BUZZ CLIP

Hakubi

「在る日々」
unBORDE / WARNER MUSIC JAPAN

2017 年結成、京都発スリーピースバンド「Hakubi」。

「夜中、あなたに寄り添う音楽」をコンセプトに地元京都を中心に全国で活動中。Vo/Gt.の片桐が紡ぎ出すストレートな言葉とその弱さを押し殺すように聞こえてくる力強い歌声が早耳のリスナーから支持を受け、「夢の続き」のミュージックビデオは260 万回再生を突破。ライブ会場限定にも関わらず、2 枚のe.p はそれぞれ3500 枚を販売し、大きな話題を呼んだ。

音源とは違う泥臭いライブバンドの側面も魅力の一つで、ツアー主要都市は軒並みSOLD OUT。2020年10月、ワーナーミュージック・ジャパン内のレーベル、unBORDEよりメジャーデビューを発表し、2021年は更なる飛躍が期待されている。

2月10日にリリースされる2ndデジタルシングル「在る日々」が2月前期のBuzz Clipに決定!



オフィシャル・サイト





1月後期 BUZZ CLIP

アイナ・ジ・エンド

「金木犀」
avex trax

アイナ・ジ・エンドがソロ本格始動!

全曲の作詞作曲をアイナ自身が手がけた1stソロアルバム『THE END』を、2月3日にリリース。またアルバムリリース後には、1stソロツアー「THE END」を2月19日に愛知・愛知県芸術劇場 大ホール、2月25日に大阪・オリックス劇場、3月1日に東京・東京国際フォーラム ホールAで開催することが決定している。

「金木犀」は、アイナが6年前に制作したデモ音源をもとに、亀田誠治とともに制作したバラードとなっており、ミュージックビデオは映像作家・林響太朗がディレクションを担当。MVにはアイナと、彼女の友人であるダンサー/モデルの大野瑠璃が出演している。

1stソロアルバムのリード曲「金木犀」が1月後期のBuzz Clipに決定!



オフィシャル・サイト





1月前期 BUZZ CLIP

秦 基博

「泣き笑いのエピソード」
AUGUSTA RECORDS

秦 基博が1月27日に24枚目となるシングル「泣き笑いのエピソード」をリリースする。表題曲はNHKで放送される連続テレビ小説「おちょやん」の主題歌で、物語の主人公・千代のひたむきな姿を思い描いて秦が書き下ろした楽曲。毎日を一生懸命に生きる主人公・千代のひたむきな姿をイメージした歌に、管楽器やローズピアノなどの奏でるサウンドが彩りを加えている。カップリングには最新アルバム「コペルニクス」の収録曲「LOVE LETTER」「アース・コレクション」の新アレンジバージョンと、KANがストリングスアレンジで参加した新曲「カサナル」が収録される。シングルは初回限定盤と通常盤が用意され、初回限定盤には8月に行われた無観客配信ライブ「Hata Motohiro Live at F.A.D YOKOHAMA 2020」の模様を、ボーナストラック「トラノコ」を含むフルサイズで収めたDVDが付属する。

「泣き笑いのエピソード」のミュージックビデオは、藤代雄一朗監督が手がけており、快晴の朝空の下で歌う秦の姿が印象的な映像作品となっている。

秦 基博の新たな代表曲「泣き笑いのエピソード」が1月前期のBuzz Clipに決定!



オフィシャル・サイト





12月後期 BUZZ CLIP

瑛人

「僕はバカ」
A.S.A.B

1月1日に1stフルアルバム『すっからかん』をリリースする、瑛人。

2020 年、各配信サービスのランキングで軒並み 1 位を獲得、社会現象を巻き起こした 1 曲「香水」を生み出したシンガーソングライター、瑛人の初となる待望の1stフルアルバム『すっからかん』が1月1日発売される。地元横浜で仲間と音楽を奏で続けてきたただのピース野郎が、すっからかんになるまで己の全てを注ぎ込んだファースト作品集となっている。

「僕はバカ」のミュージックビデオは瑛人の妄想を自ら主役となって演じる作品となっており、ヒロイン役として飯豊まりえを迎えた全編ドラマ仕立ての作品。とある街に住む、とある男性の日常に訪れた、とある幸せ。誰もが一度は想像する、憧れの異性との恋愛妄想劇を、普遍的なメロディーと、瑛人ならではの歌詞に乗せて描いている。

1stフルアルバムのリード曲「僕はバカ」が12月後期のBuzz Clipに決定!



オフィシャル・サイト





12月前期 BUZZ CLIP

Mr.Children

「Documentary film」
TOY'S FACTORY

12月2日にニューアルバム『SOUNDTRACKS』をリリースする、Mr.Children。

前作『重力と呼吸』以来2年2カ月ぶり、20枚目のオリジナルアルバムとなる今作のレコーディングはイギリス・ロンドンのRAK Studios、アメリカ・ロサンゼルスのSunset Soundで行われ、スティーヴ・フィッツモーリス、サイモン・ヘイルら豪華ミュージシャンやスタッフが参加。マスタリングはSterling Soundのランディ・メリルが手がけている。

また、ジャケットデザインやミュージックビデオなどのアートワークは常田大希(King Gnu)が主宰するクリエイティブチーム・PERIMETRONが担当している。

ニューアルバムより、PERIMETRON所属のOSRINがディレクションしたミュージックビデオ「Documentary film」が12月前期のBuzz Clipに決定!



関連番組

Mr.Children VideoSelects
12月11日(金)18:00-19:00ほか

オフィシャル・サイト





11月後期 BUZZ CLIP

King Gnu

「三文小説」
Ariola Japan

King Gnuが約9か月ぶりの新作となる両A面シングル 「三文小説 / 千両役者」を12月2日にリリースする。「三文小説」は、ドラマ『35歳の少女』の為に書き下ろした楽曲。今回はかねてからKing Gnuの才能に惚れ込んでいだ大平プロデューサーが、「このドラマのために、新曲を作って欲しい」とオファー。ドラマの台本を読み込んだ常田大希(King Gnu)が、大平プロデューサーと遊川和彦を交えディスカッションを重ねて、書き下ろした楽曲とのこと。常田大希は楽曲について「2020年、我々King Gnuはアルバム"Ceremony"をリリースして以降、一曲たりとも新曲をリリースせずに、じっくりと自分達の生き方を見つめ直してきました。そんな中でこの"35歳の少女"という素敵な作品と巡り合いまた新たな一歩を踏み出す訳です。ご期待ください」とコメント。

ミュージックビデオのディレクターを務めたOSRIN(PERIMETRON)は今回の映像について「時計のようにまわる舞台に男と女 大きな写真たちは二人の生き様 それを讃える音楽を映像にしました。たったひとときですが、黄金に光るささいな人生をご覧頂きたいです。」とコメントしている。

King Gnuがドラマ主題歌として書き下ろした新曲「三文小説」が11月後期のBuzz Clipに決定!



関連番組

今年の主役!BEST ARTIST COLLECTION:King Gnu


オフィシャル・サイト





11月前期 BUZZ CLIP

三浦大知

「Antelope」
SONIC GROOVE

通算27作目となるシングル「Antelope」(アンテロープ)をリリースする、三浦大知。

米アリゾナ州"Antelope Canyon"から着想を得て、風や雨によって形成された自然の美しさを人生に置き換え、たとえ今が苦しい逆境だとしても乗り越えた先に見える景色とありのままの姿を愛すると歌った至極のバラードとなっている。

ミュージックビデオは、都内にあるビルの屋上にて撮影され、背景に写るビルの重なりを風や雨など大自然で形成される地層に見立て、また今この時代だからこそ生まれた人と人が重なり合って生まれる「愛」を温かみのある色味で表現。さらに、歌詞に込められたストレートな気持ちを届けたいという思いから、敢えてシンプルな構成の映像に仕上げ、まさに楽曲の持つ世界観がそのままに映像に映し出されている。

最後には、バラード曲でありながらも、三浦大知らしさを全面に出したダンスシーンも盛り込まれているミュージックビデオ「Antelope」が11月前期のBuzz Clipに決定!


関連番組

三浦大知 Special


オフィシャル・サイト





10月後期 BUZZ CLIP

高橋優

「自由が丘」
unBORDE / WARNER MUSIC JAPAN

2010年にメジャーデビューし、2020年7月21日にデビュー10周年を迎えた、高橋優。

10月21日に約2年ぶり、通算7作目となるオリジナルアルバム『PERSONALITY』をリリース。全15曲が収録され、期間生産限定盤Aには「弾き語り楽曲投票」の上位10曲を収録したCD、期間生産限定盤Bには、デビューからの10年間をライブ映像と本人インタビューで振り返るドキュメンタリー作品や、2013年リリースの「高橋優 MUSIC VIDEO集 2009-2013 男優」以降に制作されたミュージックビデオを収録したDVDが付属されている。

「自由が丘」は、極上のバラードソングとなっており、ミュージックビデオではピアノ演奏も初披露。また高橋優としては初めて、眼鏡を外したビジュアルが写されている。

アルバムのリード曲となる「自由が丘」が10月後期のBuzz Clipに決定!


関連番組

高橋優 Special


オフィシャル・サイト





10月前期 BUZZ CLIP

LiSA

「play the world! feat.PABLO」
SACRA MUSIC

6月24日、岐阜県生まれのボーカリストLiSA。2010年春、テレビアニメ「Angel Beats!」の劇中バンドGirls Dead Monsterの2代目ボーカル・ユイ役の歌い手に抜擢され、同年5月にGirls Dead Monster名義のシングル「Thousand Enemies」をリリース。2011年4月にLiSA名義のミニアルバム「Letters to U」でソロデビューを果たす。

大ヒット曲「紅蓮華」を初収録した、LiSAにとって約3年半ぶりとなるオリジナルフルアルバム『LEO-NiNE』のリリースが、10月14日に決定。2018年末に発表された両A面シングル「赤い罠(who loves it?) / ADAMAS」を含む3枚のシングルリードトラックに加え、東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『13』主題歌「愛錠」、プロ野球チーム「中日ドラゴンズ」を応援するCBCテレビ・ラジオ野球中継テーマソング「マコトシヤカ」などを含む全13曲の意欲作。また、アルバムと同日リリースとなるニューシングル「炎」は、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌となる注目楽曲である。

アルバムリード曲となるエネルギッシュなロックナンバー「play the world! feat.PABLO」が10月前期のBuzz Clipに決定!


関連番組

LiSA VideoSelects
10月14日(水)20:00-21:00ほか


オフィシャル・サイト





9月後期 BUZZ CLIP

Little Glee Monster

「足跡」
gr8! Records

研ぎ澄ました歌声で人々の心に爪痕を残すことをテーマに結成された女性ボーカルグループ、Little Glee Monster。

16枚目のシングル「足跡」は、シングルとしては「明日へ」以来メンバー自らが作詞を手掛けた、2020NHK全国学校音楽コンクール(通称Nコン)中学生の部課題曲。今年の開催は中止となったが、2021年も引き続き課題曲として歌い継がれる予定となっている。

先の見えない時代、変えられない今をもどかしく思う気持ちを、「無駄なんてなかった」と思える日がくると、自らの作詞によってリトグリが想いを込めた楽曲。5人別々のカメラマンがそれぞれのメンバーを撮影したアートワークでは、それぞれの「足跡」を感じられている。

美しい朝日が昇る瞬間を収めたワンカットミュージックビデオ「足跡」が9月後期のBuzz Clipに決定!


オフィシャル・サイト





9月前期 BUZZ CLIP

DISH//

「僕らが強く。」
SONY RECORDS

北村匠海(Vo/G)、矢部昌暉(cho/G)、橘柊生(DJ/Key)泉大智(Dr)の4人で構成された、演奏しながら歌って踊るダンスロックバンド、DISH//。

彼らが8月12日に新曲「僕らが強く。」を配信リリースした。本楽曲は、作詞作曲および編曲を、マカロニえんぴつのVo/Gtはっとりが担当。歌詞およびタイトルが決定していないデモ段階で、DISH//のメンバーがこの曲を聴いて感じたことや、コロナ禍で過ごすすべての人に伝えたいことをはっとりに託し、制作された。楽曲には、誰しもが先行きの見えない状況への不安や焦燥に駆られているが、それでもきっと今まで通り笑い合っていられる日々がくるという思いや、共に戦おうという強いメッセージが込められている。北村匠海(Vo, G)は楽曲について「この曲は、僕らからの一方的な応援歌ではありません。共に歌いたい歌です。是非聞いてくださる皆さまと共に歌えたらうれしいです」とコメント。はっとりは「作詞に際し、いまDISH//が抱く想いをメンバーそれぞれからテキストメッセージとして受け取ったのですが、あれがなかったら楽曲は完成していなかった。全員が抱える愚直な葛藤と信念に感銘を受けました。なかでも匠海くんの『僕らが強く。』という言葉が、この歌の向かう方角を明確に示してくれました」と語っている。

マカロニえんぴつのVo/Gtはっとり楽曲提供のDISH//の新曲「僕らが強く。」が9月前期のBuzz Clipに決定!



オフィシャル・サイト




8月後期 BUZZ CLIP

Official髭男dism

「HELLO」
PONY CANYON / IRORI Records

今や日本を代表するバンドとなった、Official髭男dism。

8月5日にリリースされた『HELLO EP』は、タイトル曲の「HELLO」をはじめ、CMソングの「パラボラ」、映画主題歌の「Laughter」、そしてメジャーデビュー前に作られた楽曲「夏模様の猫」の4曲を収録。さらに、CD+DVD盤にはホールツアー『Official髭男dism Tour 19/20 -Hall Travelers-』より、パシフィコ横浜 国立大ホール公演のライブ映像と、ツアーの裏側の模様などが収められる。

「HELLO」のミュージックビデオの監督は、『HELLO EP』のジャケットのアートディレクターも務めた森本千絵(goen°)が担当。メンバーのダイナミックな演奏シーンや、映画監督の山崎貴が制作に参加したCGのシーンなどで構成されている。

ヒゲダン、待望の新曲「HELLO」のミュージックビデオが8月後期のBuzz Clipに決定!



オフィシャル・サイト




8月前期 BUZZ CLIP

YOASOBI

「たぶん」
RED Project

コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる、「小説を音楽にするユニット」。2019年11月に公開された第一弾楽曲「夜に駆ける」は公開1か月でYouTube 100万回再生を突破、2020年4月には1,000万回再生、6月には3,000万回再生を達成。Billboard Japan Hot 100やオリコン週間合算シングルランキングで1位を獲得し、ストリーミング再生回数は7月に1億回を突破。第二弾楽曲「あの夢をなぞって」は原作小説の漫画化が決定、第三弾楽曲「ハルジオン」は飲料や映像作品とのコラボレーションを果たし、7月20日に第四弾楽曲「たぶん」をリリース。原作小説の書籍化も発表し、さらに展開の幅を広げている。

「たぶん」は、2020年1月に「monogatary.com」で行われた新曲の原作小説を募集する「夜遊びコンテストvol.1」で大賞に輝いた「たぶん」(しなの・著)が原作。ある二人の"別れの朝"を描いたミドルテンポのナンバー。映像は数々の自主制作アニメーションを手がけるクリエーター・南條沙歩が担当。ひとつの部屋の中で展開する原作の世界観を投影し、視聴者が自由に視点を変えて視聴できる360度映像となっている。

YOASOBIとして新たな一面を見せる楽曲となった「たぶん」のミュージックビデオが8月前期のBuzz Clipに決定!



オフィシャル・サイト




7月後期 BUZZ CLIP

BiSH

「LETTERS」
avex trax

アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・D からなる"楽器を持たないパンクバンド"、BiSH。

7月8日にBiSH初となるベストアルバム『FOR LiVE -BiSH BEST-』をリリース。この作品は全国のCD ショップ及びCDショップが運営するECサイトのみで販売され、avex及びWACKの収益は全額、BiSHが今までお世話になった全国のライブハウスへ寄付されることとなっている。

そして当初、7月にニューシングルとしての発売を予定していた彼女達が、コロナ禍の現状を踏まえ、追加で新曲を制作してアルバムへと発展させた自身3.5枚目となるオリジナルアルバム『LETTERS』を7月22日にリリースする。

"メジャー3.5th"アルバムより、先の見えない現状を見据え、急遽制作されたリード曲「LETTERS」のミュージックビデオが7月後期のBuzz Clipに決定!


関連番組

BiSH Video & Live Special
8月3日(月)24:00-26:00

オフィシャル・サイト




7月前期 BUZZ CLIP

あいみょん

「裸の心」
unBORDE / WARNER MUSIC JAPAN

"この恋が実りますように"。

メジャーデビュー以来通算10枚目のシングル「裸の心」は、初めてバラード曲を表題曲に据えた意欲作。今までで一番シンプルでネイキッドな、歌。 そして歌詞、メロディー、サウンドとなっている。

ミュージックビデオの監督は今回で6度目のタッグとなる山田智和が務め、シャワールームに佇むあいみょんの姿をノーカットで捉えたシンプルな映像に仕上がっている。山田智和はこの作品について、「あいみょんとカメラだけで何ができるのだろうと、必死にそこにある感情を追いかけました」とコメントしている。

あいみょん、初のバラードシングル「裸の心」が7月前期のBuzz Clipに決定!


オフィシャル・サイト




6月後期 BUZZ CLIP

ヨルシカ

「春ひさぎ」
UNIVERSAL J

コンポーザーとしても活動中の"n-buna(ナブナ)"が女性シンガー"suis(スイ)"を迎えて結成したバンド、ヨルシカ。

2019年に1st アルバム『だから僕は音楽を辞めた』、2nd アルバム『エルマ』を発表、文学的とも評される音楽と言葉と映像で構築される独特のヨルシカの世界は国内外10~20代のリスナーを中心に魅了し続けている。第34回日本ゴールドディスク大賞のベスト5ニュー・アーティスト【邦楽部門】に選出されるなど注目を集めている。

そんなヨルシカが、6月3日に配信リリースした新曲「春ひさぎ」は、7月29日にリリースされる3rdアルバム『盗作』からの先行配信曲。TAKUYA KATSUMIがディレクションを担当したミュージックビデオには「ロトスコープ」という手法などが使用され、不気味な雰囲気が漂うアニメーション作品に仕上がっている。『盗作』は"音楽の盗作をする男"を主人公としたコンセプトアルバム。男の"破壊衝動"を形にした全14曲が収録される。

ヨルシカの3rdアルバム『盗作』からの先行配信曲、「春ひさぎ」のミュージックビデオが6月後期のBuzz Clipに決定!


オフィシャル・サイト




6月前期 BUZZ CLIP

milet

「The Love We've Made」
SME Records

デビュー1年にして5枚ものEPをリリースした新人シンガーソングライターmiletが待望の1stフルアルバム『eyes』を6月3日にリリースする。大ヒットを記録したTVドラマ『偽装不倫』主題歌「us」、TVドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』OPテーマ「inside you」はもちろん、『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』EDテーマ「Prover」、花王「フレア フレグランス &SPORTS」CMソング「You & I」など、数々のヒット曲を含む全18曲を収録。アルバム新録曲では、「inside you」のプロデュースを手掛けたToru (ONE OK ROCK)が再び参加。「The Love We've Made」「Somebody」という新曲2曲をプロデュース。さらに、MAN WITH A MISSION「Reiwa feat. milet」のコラボを経て、Kamikaze Boy (MAN WITH A MISSION)が新曲「Grab the air」を楽曲提供&プロデュース。同楽曲には中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)もアレンジ、エンジニアリングで参加。1stアルバムにしてベストアルバムともいえる大作が完成。

「The Love We've Made」のミュージックビデオにはToru自身もスペシャルゲストとして出演を果たしており、ONE OK ROCK以外のミュージックビデオに出演するのは今回が初となる。しっとりとしながらも温かみを感じさせるミュージックビデオとなっているのでぜひチェックしてみてほしい。

miletの1st フルアルバム『eyes』から、「The Love We've Made」のミュージックビデオが6月前期のBuzz Clipに決定!


オフィシャル・サイト




5月後期 BUZZ CLIP

藤井 風

「優しさ」
UNIVERSAL SIGMA

1997年6月14日、4人兄弟の末っ子として岡山県の南西部に位置する人口1万人ほどの小さな町「里庄町」に生まれる。身長181cm、B型、右利きのミュージシャン。

昨年末、配信限定で「何なんw」「もうええわ」がリリースされると、アーバンなサウンドに乗った岡山弁の歌詞(一人称が「ワシ」)が世間の度肝を抜き、サブスク上位へランクイン、プレイリスターからの賞賛など、たちまちシーンのど真ん中へ浮上した藤井 風。同曲のミュージックビデオがYouTubeへ公開されると、耳の早いリスナーだけでなく、様々なジャンルのクリエイター陣も彼の才能に気づき始め、話題となった。

そして、5月20日(水)には藤井 風の1stアルバム『HELP EVER HURT NEVER』(全11曲)がリリースされる。作詞作曲は全曲「藤井 風」。サウンドプロデュースには「Tokyo Recordings」の主宰として数々のアーティストをプロデュースする「Yaffle」氏を迎え、ファーストアルバムにして2020年を代表する名盤が誕生した。アルバムのリードトラックとなる「優しさ」は、冷たいピアノ、エモーショナルなストリングス、緊張感のあるビートに乗せて藤井が「優しさ」について全力で歌う楽曲で、藤井はこの曲について「『優しさ』は強さ。『優しさ』って最強。人と接するうちに、そんなことを感じるようになった」と語っている。山田健人が監督を務めたミュージックビデオは"最強の「優しさ」"を表現した作品となっている。

藤井 風の1st アルバム『HELP EVER HURT NEVER』から、「優しさ」のミュージックビデオが5月後期のBuzz Clipに決定!


オフィシャル・サイト




5月前期 BUZZ CLIP

INABA/SALAS

「Demolition Girl」
VERMILLION RECORDS

B'zの稲葉浩志と世界的ギタリストのスティーヴィー・サラスによるプロジェクト"INABA/SALAS"。長きにわたり親交を深め、互いのプロジェクトでそれぞれ共演していた二人が、2017年にコラボレーションを実現化し、1stアルバム『CHUBBY GROOVE』を発表。世界各国を巡るレコーディングには数多くのミュージシャンも参加し、大きな注目を浴びた。

そして、二人は再びタッグを組み、前作以来3年3カ月ぶりとなるニューアルバム『Maximum Huavo』を4月15日にリリースした。今作には、ポップでダンサブルな楽曲からメロウな楽曲まで、大胆さと緻密さが絶妙に交差する全 12 曲を収録。朝の情報番組『スッキリ!』(日本テレビ系)の4月テーマソングに起用された「Demolition Girl」や、お互いの自宅スタジオでセッションを行った様子をInstagramにて公開した「IRODORI」も収録されている。また、CDのみの通常盤のほか、オリジナルTシャツが封入された初回生産限定盤と、DVDまたはBlu-ray付きの初回限定盤もリリース。初回限定盤の特典映像には2017年に行われたライブツアーより、Zepp Tokyo公演の模様が全曲収録されている。

本作のリリースに際し、公式HPで稲葉は「ぜひともおうちのスピーカーで、またお気に入りのイヤホンでボリュームマキシマムで聴いて人目も気にせず踊ってください!!」と直筆メッセージを公開している。

INABA/SALASのニューアルバム『Maximum Huavo』収録の新曲「Demolition Girl」のミュージックビデオが5月前期のBuzz Clipに決定!


オフィシャル・サイト




4月後期 BUZZ CLIP

平井堅

「怪物さん feat. あいみょん」
Ariola Japan

平井 堅が、2020年初となる新曲を3月27日にリリースした。配信シングルとなる「怪物さん」はフィーチャリングにあいみょんを迎えている。本楽曲は平井が完全にあいみょんをイメージして書き下ろした楽曲。救いのない片思いをしている女性を主人公に、恋愛で生じるさまざまな思いや矛盾、報われない気持ちを歌った、平井なりの女性賛歌となっている。平井とあいみょんが出演が出演するこのミュージックビデオのディレクションは、Perfumeやサカナクションなどの作品で知られる田中裕介が担当。"だるまさんが転んだ"をモチーフに男女の恋模様を表現した。

田中裕介監督は、「今回のミュージックビデオでは、歌の世界観に合わせてとある男女の恋模様を『だるまさんが転んだ』をモチーフに表現してみました。好きだけど好きでいてはいけない、嫌いになりたいけど嫌いになれない自分が嫌い、近づきたいけど離れたい、進んでいるようで進んでいない日々の反復、そして嫉妬、このような報われない恋をしている女性の感情の機微が、シュールレアリスムの絵画のような世界が描かれていきます。平井堅さんとあいみょんさんが繰り広げる『だるまさんが転んだ』の中に散りばめた恋模様に注目してご覧ください!」とコメントしている。

あいみょんとの豪華コラボが実現した、平井 堅の新曲「怪物さん feat.あいみょん」のミュージックビデオが4月後期のBuzz Clipに決定!


関連番組

平井堅 MUSIC VIDEO HISTORY
5月16日(土)22:00-24:00

MTV Unplugged: Ken Hirai
5月16日(土)21:00-22:00


オフィシャル・サイト




4月前期 BUZZ CLIP

THE ORAL CIGARETTES

「Dream In Drive」
antwork / A-Sketch

THE ORAL CIGARETTESが、3月25日に新曲「Dream In Drive」をデジタルリリース。2月に「Tonight the silence kills me with your fire」をデジタルリリースしたばかりのTHE ORAL CIGARETTESだが、今作はオーラルの真骨頂とも言えるメロディアスなサビのアップロックチューンに。4月29日にオリジナルとしては約2年ぶりとなるニューアルバム『SUCK MY WORLD』をリリースし、その後5月30日 さいたまスーパーアリーナから2度目のアリーナツアー[JAPAN ARENA TOUR 2020 "SUCK MY WORLD"]が決定している。

ニューアルバムは「ワガママで誤魔化さないで」(TVアニメ"revisions リヴィジョンズ"オープニング・テーマ)や初のフィーチャリング・ナンバーとなった「Don't you think(feat.ロザリーナ)」、配信限定楽曲「Shine Holder」、「Tonight the silence kills me with your fire」ほか新曲を含む全15曲を収録。初回盤には、昨年9月に大阪 泉大津フェニックスで行った野外自主イベント"PARASITE DEJAVU ~2DAYS OPEN AIR SHOW~"から"DAY1 ONE MAN SHOW"の模様が全曲(20曲)収録される。フェスのオーラルとは異なる、初の野外自主公演でしか味わえないステージ演出とライブパフォーマンスで魅了したメモリアルライブ。ぜひ初回盤を手に入れてほしい。

THE ORAL CIGARETTESの真骨頂とも言える新曲「Dream In Drive」のミュージックビデオが4月前期のBuzz Clipに決定!


関連番組

THE ORAL CIGARETTES VideoSelects
4月25日(土)23:00-24:30ほか

THE ORAL CIGARETTES Live Selection
4月25日(土)24:30-25:00


オフィシャル・サイト




3月後期 BUZZ CLIP

秋山黄色

「Caffeine」
Epic Records Japan

1996年3月11日生まれ、栃木県出身。作詞、作曲、編曲、歌唱、ジャケットアートワークを自身で手がけるシンガーソングライター。中学生の頃にテレビアニメ「けいおん!」に影響されベースを弾き始める。高校1年生のときに初めてオリジナル曲を制作し、2017年12月から宇都宮と東京を中心にライブ活動をスタート。2018年6月に1stシングル「やさぐれカイドー」を配信リリースした。2019年1月にはミニアルバム「Hello my shoes」を発売。その後、「VIVA LA ROCK 2019」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」「SUMMER SONIC 2019」といった大型フェスに出演して知名度を上げる。同年4月に「クソフラペチーノ」、6月に「クラッカー・シャドー」、8月に「夕暮れに映して」を3作連続リリース。9月には東京・TSUTAYA O-Crestで初のワンマンライブ「登校の果て」を開催した。

そして、2020年3月4日に1stフルアルバム『From DROPOUT』をリリース。同アルバムには、秋山黄色の第1作目でSpotifyバイラルチャート(日本)2位にランクインした「やさぐれカイドー」、YouTube再生回数が200万を超えている「猿上がりシティーポップ」などの自主レーベルで発表してきた楽曲に加え、向井理主演のカンテレ・フジテレビ系火曜ドラマ『10の秘密』の主題歌として秋山黄色が初めて書き下ろした最新曲「モノローグ」も収録される。初回生産限定盤DVDには、インディーズ期間の全ミュージックビデオ計6曲分が収められる。

秋山黄色のメジャーデビュー作となる1stフルアルバム『From DROPOUT』より、「Caffeine」のミュージックビデオが3月後期のBuzz Clipに決定!



オフィシャル・サイト




3月前期 BUZZ CLIP

さなり

「Nights (feat. ØZI & eill)」
A-Sketch

17歳のラップアーティスト・さなりが2月28日に新曲「Nights (feat. ØZI & eill)」を配信リリースした。現在22歳の台湾発アーティストで、同国の音楽賞【ゴールデン・メロディー・アワード(金曲奨)】では6部門にノミネートされ、新人賞も受賞したØZIと、SKY-HIの楽曲への客演などでも話題を集めたシンガー・シングライター、eill。この二人を迎えた新曲「Nights (feat. ØZI & eill)」は、さなりにとって初となるフィーチャリング楽曲で、トラックのプロデュースは向井太一なども手掛けるCELSIOR COUPEが担当した。「夜」が楽曲のテーマとして掲げられており、年齢も性別も住んでいる環境も違う三者が感じる夜を表現した1曲となっている。

「Nights (feat. ØZI & eill)」のミュージックビデオは、「Prince」や「嘘」を手がけたTaiga Minamiが監督を務めた作品となっており、楽曲のテーマである「それぞれの夜」を、参加した3名のアーティストの目線で描きあげた。日本のみならずØZIパートの撮影は台湾にて行われ、楽曲の華やかさをより鮮やかに彩った作品に仕上がっている。

台湾のラッパーØZIと新鋭eillを迎えて三者三様の夜を表現した、さなりの新曲「Nights (feat. ØZI & eill)」が3月前期のBuzz Clipに決定!



オフィシャル・サイト




2月後期 BUZZ CLIP

Chara+YUKI

「楽しい蹴伸び」
Epic Records Japan

CharaとYUKIによるコラボレーションユニット"Chara+YUKI"(読み:ちゃらゆき)が、20年の時を経てついに再始動。1999年11月26日、シンガーソングライター・Charaと、当時JUDY AND MARYのヴォーカリストであったYUKIが、コラボレーション曲「愛の火 3つ オレンジ」をリリースしてからちょうど20年。当時から現在も絶大な支持を集める二人のカリスマの、時を超えた奇跡のコラボレーションが再び実現することとなった。

2月14日にリリースするミニアルバム『echo』には、TENDREをはじめ、A.G.O (CIRRRCLE)、大沢伸一、Kan Sano、白根賢一、Seiho、mabanuaら気鋭のミュージシャン/プロデューサーが参加。「愛の火 3つ オレンジ」の"2020version"を始め、全8曲を収録。さらに、4月には、東京・大阪にてChara+YUKI初のライブも開催される。

ミニアルバムに先駆け発表されたシングル「楽しい蹴伸び」のミュージックビデオの監督は平野絢士が務め、CharaとYUKIがチャーミングな振り付けで歌唱している。なお、2人が共演するミュージックビデオは、1999年に発表された「愛の火 3つ オレンジ」以来となった。

20年の時を経て実現した奇跡のコラボレーションユニット"Chara+YUKI"の新曲「楽しい蹴伸び」が2月後期のBuzz Clipに決定!


関連番組
Chara+YUKI VideoSelects
2月16日(日)24:00-25:00


オフィシャル・サイト




2月前期 BUZZ CLIP

chelmico

「Easy Breezy」
unBORDE / WARNER MUSIC JAPAN

RachelとMamikoからなるラップユニット、chelmico。

2014年に結成し、2018年ワーナーミュージック・ジャパンのunBORDEよりメジャーデビュー。自由奔放な等身大のリリックのおもしろさ、かわいらしい容姿から想像を絶するラップスキル、キャッチーなメロディーに乗せる滑らかなフロウが様々な業界から注目を受け、音楽のフィールドを超え様々な方面で活動中。2019年8月21日に最新アルバム「Fishing」を発売し、初の全国ツアー「chelmico Fishing Tour」は6都市7公演全てソールド・アウトを記録。2020年3月1日より10都市を回る全国ツアー「chelmico 感謝祭Tour 2020」の開催を予定している。

2020年の第1弾デジタルシングルとして1月17日に配信リリースされた「Easy Breezy」のミュージックビデオは、田向潤が監督を務め、「とにかく、カオスで疾走感のあるミュージックビデオを作りたい」というメンバーの意向を組んだ作品となっている。

今一番勢いのあるラップユニット、chelmicoの最新シングルが2月前期のBuzz Clipに決定!



オフィシャル・サイト




1月後期 BUZZ CLIP

Superfly

「フレア」
Warner Music Japan

ほぼ全詞曲を越智志帆自身が手がけた新章とも言える、6枚目のオリジナルアルバム『0』をリリースする、Superfly。

昨年の「FUJI ROCK FESTIVAL」のステージでリリースを予告していた今作には、ドラマ主題歌となった「Fall」「Ambitious」などが収録。また初回限定盤Aには、2019年9月から12月まで開催された自身最大規模となる全国10箇所15公演のアリーナツアー『Superfly Arena Tour 2019 "0"』からのライブ映像が収められている。

「フレア」のミュージックビデオは、心の中の小さな炎を表したたくさんのロウソクをコマ撮りで撮影したキャンドルアニメーション映像に仕上がっている。使用されたロウソクの本数は総数1500本。1本1本のロウソクに火を点けたり消したりして撮影されており、中には8時間以上ロウソクを灯し続けて撮影されたカットも使用されている。

4年半ぶりとなるニューアルバムより、アルバムリード曲となる「フレア」が1月後期のBuzz Clipに決定!


関連番組
Superfly MUSIC VIDEO HISTORY
1月18日(土)18:00-20:00、1月26日(日)22:00-24:00

Superfly Live Selection
1月18日(土)20:00-21:00、1月31日(金)19:00-20:00、2月25日(火)20:00-21:00


オフィシャル・サイト




1月前期 BUZZ CLIP

Perfume

「再生」
UNIVERSAL J

Perfumeの新曲「再生」は、12月13日に公開を迎えた映画『屍人荘の殺人』の主題歌として書き下ろされた楽曲。何万年後かの未来の森を舞台に、その空間で目を覚ますPerfumeのメンバー3人の過去の記憶や新しい命の"再生"が描かれる。Perfumeがメジャーデビュー以降に発表した全ミュージックビデオの映像を使ったリップシンクシーンも見どころとなっている。

2019年9月に結成20周年、メジャーデビュー15周年のアニバーサリーイヤーに突入し、初のベストアルバム『Perfume The Best "P Cubed"』をリリースしたPerfume。そんな彼女たちが、ベストアルバムを引っ提げ自身初となる全国4大ドームツアー「Perfume 8th Tour 2020 "P Cubed" in Dome」を開催する。 2月1日の大阪・京セラドームを皮切りに、福岡・愛知・東京の4大ドームを巡るもの。Perfumeが東京・東京ドーム公演を行なうのは約6年ぶり、愛知・ナゴヤドーム、大阪・京セラドーム、福岡・福岡 ヤフオク!ドーム公演を行なうのは約3年ぶりとなる。

Perfumeのメジャーデビュー以降の全ミュージックビデオをもとにリップシンクを再生成し話題の「再生」が1月前期のBuzz Clipに決定!


関連番組
Perfume MUSIC VIDEO HISTORY
1月24日(金)19:00-20:30、1月30日(木)18:00-20:00

Perfume 15th Anniversary Top10
1月27日(月)18:00-19:00


オフィシャル・サイト