MTV Unplugged: HATA MOTOHIRO

ABOUT MTV Unplugged

MTV Unpluggedとは?

世界中のトップアーティストが出演し、独創的で個性あふれるアコースティックライブの源流としてその歴史を刻んできた「MTV Unplugged」。日本制作としては宇多田ヒカル、平井堅、西野カナ、KinKi Kids、ゲスの極み乙女。など、一流アーティストが登場し、いつものライブとは一味違うパフォーマンスを披露してきた。

今回この伝統的なステージに立つのは、「鋼と硝子でできた声」と称される歌声と、叙情的あふれる歌詞、そして琴線に触れるメロディーで幅広い層から支持されている秦 基博。2006年のデビュー後、「鱗(うろこ)」「アイ」などで注目を集め、2014年にリリースした「ひまわりの約束」が大ヒットを記録。2017年のオールタイムベストアルバム『All Time Best ハタモトヒロ』は、オリコンランキングで初となる1位を獲得し、今や国民的シンガーソングライターとして絶大な人気を集めている。

自身の原点ともいえる弾き語りを軸とした活動も多く、弾き語りベストアルバム『evergreen』のリリースや、アコースティックライブシリーズ「GREEN MIND」と題してホールやライブハウス以外にも芝居小屋や酒蔵といった一風変わった会場、日本各地の世界遺産での野外公演、たった一人全編弾き語りで行なった日本武道館公演、デビュー10周年を記念して開催した横浜スタジアムライブでの第2部を「GREEN MIND AT YOKOHAMA STADIUM」として弾き語りで行うなど、バラエティに富んだパフォーマンスを見せてきた秦 基博が、MTV伝統のステージでどのようなパフォーマンスを魅せてくれるのか必見だ。

LIVE REPORT

ライブレポート

秦 基博が、MTV Unpluggedで真骨頂のライブ! この日だけのアコースティック編成で全13曲を披露

2019-12-16
MTV Unplugged: Hata Motohiro ライブ写真

MTVの人気シリーズ『MTV Unplugged』に秦 基博登場――と聞いて「待ってました!」とヒザを打った音楽ファンも多いことだろう。弾き語りを筆頭に秦の音楽にはアコースティックギターが欠かせないし、アコースティックセットを中心としたライブシリーズ「GREEN MIND」もデビュー直後から定期的に開催してきた。そんな“アコースティック道”を極めてきた彼が、数々の名演が行われた夢の舞台で何を見せるのか?――12月16日(月)のBillboard Live OSAKAは、クリスマス前の華やぎに加え、詰めかけたオーディエンスの期待感であふれていた。

フラリとステージに登場した秦はアコギを抱えると、何も言わず聞き慣れたリフを弾きはじめた。挨拶代わりの「ひまわりの約束」。繊細なタッチと彼独特の深みのある声がこれ以上ないブレンドを見せる。

「あこがれの『MTV Unplugged』、Billboard Live OSAKAでのライブも初めてになります。みなさんにはゆっくり楽しんでいってもらいたいと思います」

MTV Unplugged: Hata Motohiro ライブ写真

MCを挟み弾き語り形態のまま「Fast Life」へ。こちらは「ひまわり~」から一転、激しいカッティングにラップのようなボーカルスタイル。冒頭から対極的な2つの顔を描き出す姿に、この先のライブがどんな展開を見せるのか期待はさらに高まる。

そこからは1曲ずつバンドメンバーを迎える形で進んでいった。まず、ピアノのトオミ ヨウと2人で「聖なる夜の贈り物」。心を込めた歌いぶりは、観客に向けた歌のクリスマスプレゼントのようである。次に登場したのはパーカッションの朝倉真司。実は秦は4年ぶりとなるオリジナルアルバム『コペルニクス』を5日前に発表したばかりで、今回は発売後初のライブとなる。

「アルバムでもこの3人でレコーディングした曲があって、今日はオリジナルメンバーでお送りします」

MTV Unplugged: Hata Motohiro ライブ写真

演奏された「Joan」はトオミのアコーディオンに朝倉のコーラスが重なり、あたたかな空気を作り出す。そんなぬくもりから急転、ベースの鈴木正人とマンツーマンでの「赤が沈む」は荒々しいベースラインとスリリングなセッションを見せつけたのだった。

次に参加したのはバイオリン・室屋光一郎とチェロ・水野由紀。秦と共に最新作のサウンドプロデュースを担当したトオミのピアノに先導され、「仰げば青空」に突入する。2本の弦は情感を引き立て、地下のライブスペースに澄んだ青空を映し出す。

MTV Unplugged: Hata Motohiro ライブ写真

続く「鱗(うろこ)」は秦の代表曲のひとつだが、これをバイオリンとアコースティックギターの伴奏のみで披露したのには驚いた。このできるかぎり装飾を削ぎ落としたギリギリのアレンジこそ、『MTV Unplugged』に臨むにあたって秦が仕掛けたチャレンジなのだろう。

「それでは次の曲から全員集合でお送りします」の声で壇上にはミュージシャンが勢揃いした。しっとりと演奏された「初恋」は、テンポを落としたことで過去の記憶を噛みしめるドラマチック成分が増した気がする。デビュー曲の「シンクロ」は大胆にもボサノバ調にリアレンジ。デビュー13年後の遊び心と音楽性の拡がりにうならされる。

MTV Unplugged: Hata Motohiro ライブ写真

意外といえば最新シングル「Raspberry Lover」にも度肝を抜かれた。チェロを基調に再編曲。アコースティックなのにサスペンスフルというこの世界観は他に類を見ないものだ。そしてアルバムからもう1曲「9inch Space Ship」。メンバー一丸となっての力強い演奏に心が高く舞い上げられる。そのポジティブな高揚感は空へと羽ばたく「Girl」の浮遊感に昇華され、ひとりひとりメンバーを紹介しながら送り出すと、舞台の上には再び秦ひとりが残された。

秦はここで「今回はあこがれの『MTV Unplugged』に呼んでもらえて本当に嬉しかったです」と感謝を述べたが、“あこがれの”という言葉を二度も口にしたところにもこのライブに対する並々ならぬ想いが感じられる。「アコースティックというスタイルは僕の原点。今回はたっぷり聴いてもらえて嬉しかったです」。

MTV Unplugged: Hata Motohiro ライブ写真

最後に歌ったのは、冒頭と同じ弾き語りでの「アイ」。この曲の秦の歌への集中は凄まじく、まさに「アイ」の歌詞にある〈ただの一秒が永遠よりながくなる〉を実感させる瞬間があった。Unpluggedだからこその、むき出しの魂、嘘偽りのない心の叫びがそこには表れていたのである。

秦 基博の『MTV Unplugged』は楽曲の緩急に新旧のセレクション、さまざまな形態でのセッションなど、自らの持ち味を総動員した極めて完成度の高いメニューだった。そこにこの日限りの濃密なテンションが加わったパフォーマンスは、秦にとっても、『MTV Unplugged』の歴史にとっても新たなる金字塔となったに違いない。

TEXT:清水浩司 PHOTO:笹原清明

PRESENT CAMPAIGN

プレゼント

「MTV Unplugged:Hata Motohiro」
放送記念
サイン入りポスタープレゼントキャンペーン

秦 基博のサイン入りMTV Unpluggedオリジナルポスターを計5名にプレゼント!

応募期間
12月17日(火) 12:00 ~ 2020年1月31日(金) 23:59
応募資格
12月1日(日) ~ 2020年1月31日(金)までの期間、スカパー! にてMTVを新規ご契約いただいた方※
  • 12月1日(日)~2020年1月31日(金)までにスカパー! にて「MTV」(スカパー! サービスまたはプレミアムサービス)を新規ご契約し、本ページ内の応募フォームから本キャンペーンに応募した方
  • 2020年1月31日(金)時点までご契約を継続されている方が対象となります。
  • 応募には B-CASカード番号ACAS番号ICカード番号 のうちいずれかが必要となります。
  • 下記の方は対象外となります。
    ・2020年1月31日(金)時点で契約がない方
    ・「MTV」を基本プランやセレクト5、セレクト10、その他パック・セット商品でご契約された方
    ・法人契約の方
    ・2週間お試し体験/16日間多チャンネルプレゼント/1ヵ月お好きなチャンネルプレゼントでお申込みされた方

ON AIR INFORMATION

放送情報

初回放送
1月25日(土)19:00-20:00
リピート放送
1月31日(金)18:00-19:00

視聴方法はこちらから


関連番組
秦 基博 MUSIC VIDEO HISTORY
秦 基博 Live Selection