MTV INSIDE 松本恵奈 supported by EMODA

ファッションの枠を超え、MUSIC ART CULTUREと結びつきながら新たなファッションの形を表現しているブランド、「EMODA」(エモダ)。

MTVでは「EMODA」のプロデューサーである松本恵奈に番組が完全密着!

女性に圧倒的な支持を受けている彼女の魅力に迫る!

MAKING REPORT

Making of MTV INSIDE 松本恵奈 supported by EMODA

カリスマ・モデル、ファッション・プロデューサー、アーティスト。
さまざまな顔をもつ松本恵奈が満を持して番組「MTV INSIDE」に登場。
このページでは、番組に密着し、気になるその裏舞台をご紹介!是非番組のオンエアをチェックしてね。

日々の過密スケジュールをこなす彼女。カリスマ・モデルとして雑誌などメディアの取材をこなしつつ、オフィスの打ち合わせではEMODAのブランド・コンセプトや方向性、クリエイティブを創りあげてゆく。そして現場ではSHOPスタッフに的確な指示を出し、あるべき姿としてEMODAのスタッフ達を引っ張ってゆく。ファッション・プロデューサー松本恵奈として EMODAのビジネスにおいて、その小さな体から想像できない程彼女がマネージメントしている領域は膨大だ。

そして迎えた2010年7月、都内某レコーディングスタジオ。アーティスト松本恵奈として2曲同時リリースするメジャーデビュー曲「I still love U」と「Only one」(2010年8月24日配信開始)のレコーディングが大詰めを迎えていた。番組でも取り上げている「Only one」は、プロデューサーにSoulJaを迎え、アレンジは東京大阪のクラブをいま最も沸かせているDJ SWINGの手によるものだ。テイクを重ねる毎にアップテンポなトラックに松本恵奈の歌声が絡み合い、作品として見事にまとめ上げられてゆく。ファッション・ブランドEMODAの顔として、カリスマ・モデルとして、ファッション・プロデューサーとして確固たる今のポジションを築いてきた彼女でも、レコーディングの合間やミュージック・ビデオの撮影前には「不安です(笑)」と密かな心の内を番組の密着取材では語ってくれた。しかしその期待と不安の入り混じる緊張感の中にあってもこの新しい取り組みを楽しんでいる様子でもあり、自身初のミュージック・ビデオ撮影では、衣装やメイクにもこだわりを見せ、レコーディング・ブースでは座禅を組んで歌録りを行うなど、自分なりのやり方、恵奈流を貫いていたのが特に印象的だった。

番組の密着取材で語ってくれている通り「きっとそのへんの男性より強い」と、苦境に負けない気持ちの強さや、自信が垣間見られた。そして「歌は歌、服は服、本業は服。でも歌でも自分を表現したい。」と明確なビジョンを持ち合わせ「まだはっきりわからないけど世界進出も」という言葉からも強力なポジティブさとバイタリティーを持ち合わせる彼女に番組では迫っている。これまでの彼女のファンやフォロワー。そしてこれから彼女に魅了される人達も多くいると思う、是非そんな魅力あふれる松本恵奈の姿をオンエアでチェックしてほしい。

STREAMING Programs

え?番組を見逃しちゃったっの?でも大丈夫、そんなあなたにご用意したのがコレ!
MTVのWEBだけでしか見れない番組動画をストリーミング配信でお届けしちゃうのでチェックしてみて!

ONAIR

MTV INSIDE 松本恵奈 supported by EMODA

8/23 [月] 21:45〜22:00

8/24 [火] 16:00〜16:15

8/26 [木] 27:30〜27:45

9/01 [水] 15:00〜15:45

ARTIST

今年最も注目するマルチな才能を持ったDIVA”ena”!!

松本恵奈(マツモトエナ)。 2005年大阪にてスカウトされ、ViVi読者モデルを始める。また、2006年より アパレルSHOP STAFFとして活躍した後、店長に就任。2009年10月には自身がプロデュースをするブランド‘EMODA’を立ち上げる。彼女の世界観をリアルクローズなモードファッションとして表現。表現者としてアパレル業だけにとどまらず、広告モデルや歌手など同世代の女の子へ自身の世界観を表現しつづける。

RELEASE INFO

8/24 2曲同時配信スタート!

EMODAのブランドイメージである「白」と「黒」をテーマに2曲同時配信!

Only one

Only one

I still love U

I still love U

SPONSOR

EMODA

「MODE=トレンドの発信」を軸に、スタイリング・素材・形で常に新たな提案を組み込み、女性に「オシャレを楽しみたい」という気持ちに答えられるハイセンスでもありリアルクローズでもあるブランド、それがEMODA。

Copyright(c) EMODA All Rights Reserved.