MTV BLOG

ブラッド・ピットが語る『マネーボール』の魅力

2011-11-11
いよいよ本日11月11日に公開を迎えた話題の映画『マネーボール』を引っさげて、主演・製作のブラッド・ピットが来日した。早くもアカデミー賞の呼び声が高い今作だけに、10日に都内で開かれた記者会見には400名以上の報道陣が集結。米メジャーリーグ、オークランド・アスレチックスの実在のゼネラル・マネージャー、ビリー・ビーンを好演したピットは、映画の魅力や家族への想いなど、記者からの質問に一つ一つ丁寧に答えた。ここでは会見の一問一答をノーカットでお届け。映画『マネーボール』は11月11日(金)より、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー。





















—まずは一言ご挨拶をお願いします。

ブラッド・ピット(以下、BP): お招きありがとう、来日できてワクワクしています。これは非常に誇りに思っている作品です。僕と同じように楽しんでくれる人も何人かいるんじゃないかな。公開できてとてもハッピーです、ありがとう。

—プレミアを観た観客の多くが、「野球に興味がなかったけど面白かった」という感想を述べていました。そのコメントについてどう思いますか?

BP: 最初に告白しなければならないのは、今作の製作に入るまで、恥ずかしいことに僕もあまり野球を知らなかったんだ。野球は確かにこの映画の背景ではあるけれど、今作はそれよりももっと大きな物語。正義の話であり、負け犬というレッテルを貼られること、そして何よりも重要なことに、僕らが持っている失敗や成功といった価値観は正しいのかどうかを探る物語だと思う。

—周囲の反対を押し切って信念を貫く主人公のビリー・ビーンと、あなたを含む今作の製作陣には共通するものがあるように思えます。オリンピックで野球が外されるなど逆風が吹く中で、正しいアプローチをすれば成功するのだと証明なさったと思うのですが、信念を貫く上で一番大事なことは何でしたか?

BP: 野球には人々を魅了する魔法があるし、人生そのものと類似する点がたくさんある。だからこそ、野球は過去1世紀半にわたって僕らの娯楽であり、時代精神となったのだと思うんだ。ケン・バーンズの野球に関するドキュメンタリーをご覧になることをお勧めするよ。

—ビリー・ビーンには試合を見ないというジンクスがありますが、何かジンクスをお持ちですか?

BP: 野球には確かにたくさんのジンクスがあって、面白いよね。ビリーが試合を観ないのはジンクスというよりも、感情的になり過ぎて的確な判断が出来なくなると考えたからだ。科学的な決断が下せるように、あえて試合を観なかったんだよ。自分が自らの仕事において足を引っぱりかねないとわかっていたのさ。僕自身?唯一のジンクスは、自分1人で飛行機に乗るときに家族の何かしらを持って乗るようにしていることかな。飛行機の安全を願ったおかしなジンクスだよ。お守りみたいなものだね。


前夜に開催されたジャパンプレミアにはパートナーのアンジェリーナ・ジョリーと揃って登場!































—今の世界はお金が支配していますが、ビリーはメジャーリーグの世界で絶対的な力を持つお金に人の力で勝つことができました。それはなぜだと思いますか?

BP: ビリーはただの勝ちにこだわっているというより、同じ土俵で公平に戦うことで試合を勝ち取りたいんだと思う。本来のスポーツはアスリートとアスリートが戦い、最も強いチームが勝つ、という公平なものであるべきだ。でも、財源力がスポーツを支配していたらどうなるんだろう?相手チームの4分の1、もしくは6分の1しか人件費がなかったら?金のあるチームが才能ある選手を買い占めてしまったら、他のチームはどうやって競争心を保てるというのだろう?それは不公平なのではないだろうか?ビリーたちはそういった失敗に気づいたんだ。相手チームのように戦おうとして、毎回負けていたんだよ。

そこで、「なぜ自分たちはこのやり方を選んでいるのか?」と自問し始めた。150年前に決められたルールが、現代でも通用するのかを疑問視し、真の成功とは何か、敗北とは何で決まるのかを突き詰めていった。そしてそれを通して、数字によって効率性を見出していった。彼らの戦略の長所は、すでに価値がないとして追いやられた選手が試合に戻され、別の方法で自身たちの価値を証明することができること。つまりそれは「価値観」という今作の大きなテーマで、僕らが生きる社会における成功や失敗とは何なのか、それが個人の価値観にどれだけ影響を与えるか、ということなんだ。そのような価値観から、自分は何を見出すのか、ということだよ。

ところで質問は何だっけ?(笑)世界は確かに金に支配されているし、成功や失敗も金で決められがちだ。ビリーが提言しているのは、瞬間瞬間の成功に過度の強調がなされているということ。その瞬間だけで忘れてしまいがちなんだ。僕からすれば、成功は敗北なしには存在しないもの。成功すれば、それは恐らく次の敗北への第一歩だろうし、その敗北から学んで、次の成功に繋がる。どちらかだけでは存在しえないものだし、1つのことですべてを結論付けようとするのは、僕らの価値体系における完全な欠点だと思う。もっと長い目で考えるべきだ。ビリー自身はトロフィーや優勝リング、新聞の見出しに価値を見出していない。それよりも私的な勝利を求めている。僕は彼のそのような静かで謙虚な部分に魅了され、非常に尊敬しているんだ。

—ビリーが娘を見る眼差しがとても優しくて印象的でした。家族を持ったことは、この役に少なからず影響を与えましたか?父親として大切にしていることは?

BP: 日々直面する答えの出ない数々の問題や、仕事での戦い、挑戦などから、ほっと一息させてくれるのが家族だ。僕にとっては新鮮な空気のような存在で、家に帰ると家族が僕を一日の仕事から解放してくれる。とても大切な存在だよ。


今回は一家8人で来日。




























—失業率が上がる今、若い世代にGMとして何を伝えたいですか?

BP: 今作を観て、常識とされていること、たとえば選挙の投票システムが今のままでいいのかなど、疑問を持つことが大事だと思う。もし今、車を発明するとしたら、環境破壊になるから石油を燃料にするのは止めようと考えるだろう。そうやって疑問を持つことが大切なんだ。現在のアメリカのシステムは、僕らにとってあまり良いものとは言えない。企業の利益ばかりが優先されている。でも、そのフラストレーションを一瞬だけ発散するのではなく、詳細をよく理解して、システムの問題を見出し、決してそこで諦めず、解決策を模索することが最も重要だと思う。忘れがちだけど大切なことだと思う。

—日本のファンにメッセージを。

BP: 今日はシリアスなテーマについてばかり話してしまったけど、今作は実は笑える楽しい映画なんだ。僕自身、本当に心から楽しめたし、同じように感じる人も数人はいるんじゃないかな。とにかく、そんなに重い作品ではないからね(笑)野球ファンの皆さんには、ベネット・ミラー監督のおかげで、かつてないほど美しい野球の映像をご覧いただけるよ。

そして最後に、3月11日に日本の皆さんが体験した大災害について、僕たち国際社会は痛いほどよく認識しています。今でも被災された方々のことを想っていますし、元の生活を取り戻すべく皆さんが復興に取り組む姿にはとても価値があり、インスパイアされます。僕は世界のいろいろな場所に旅をしていますが、世界中で日本の皆さんの粘り強さについて話を聞いて、大きなインスピレーションとなっています。皆さんは決して忘れられていません。皆さんの生きる力、復興にかける想いに、世界中が影響を受けています。皆さんに拍手を送ります。


会見に駆けつけた女優の吹石一恵




















***
『マネーボール』
『ソーシャル・ネットワーク』の製作陣が、ブラッド・ピットを主演に迎え、米メジャーリーグを舞台に描く感動の実話。米メジャーリーグの貧乏球団オークランド・アスレチックスのゼネラル・マネージャー、ビリー・ビーン(ピット)は、名門大学経済学部卒のピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)と出会い、限られた予算でチームを常勝軍団にすべく、後に「マネーボール理論」と呼ばれるデータ重視の戦略を実践していく。周囲に反対されながらもビリーが貫いた信念は徐々にチームに勝利をもたらし、誰も想像しなかった奇跡をもたらす…。

監督:ベネット・ミラー
脚色:スティーヴン・ザイリアン、アーロン・ソーキン
原作:マイケル・ルイス
キャスト:ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、フィリップ・シーモア・ホフマン、ほか
11月11日(金)より、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
オフィシャルサイト:http://www.moneyball.jp

Text: Nao Machida

00:00

『SOMEWHERE』ソフィア・コッポラ監督 & スティーヴン・ドーフ インタビュー

2011-04-01
『ヴァージン・スーサイズ』や『ロスト・イン・トランスレーション』など、独特な世界観をフィルムに収めてきた女性監督ソフィア・コッポラ。『マリー・アントワネット』以来、4年ぶりとなる待望の新作『SOMEWHERE』が、いよいよ2日より全国で公開される。

ハリウッド・セレブ御用達ホテルとして有名なシャトー・マーモントを舞台に、そこで暮らす人気俳優ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)と、彼と一夏を共に過ごすことになった11歳の娘クレオ(エル・ファニング)の交流を描いたこの作品。ジョニーの心の動きが、コッポラならではの繊細な空気感の中で緩やかに映し出されている。去る1月に来日したコッポラと主演のスティーヴン・ドーフに、作品の魅力を訊いた。




—ヴェネチア映画祭で『SOMEWHERE』金獅子賞を受賞されたことは、ご自身のキャリアにどのような影響を与えると思いますか?

ソフィア・コッポラ(以下、SC): とても光栄に思っているし、この作品にとっては幸先が良かったわ。国際的な観客に上映したのは、あの時が初めてだったの—観客に見せること自体が初めてだったから、すごくエキサイティングだった。とても権威のある映画賞だし、これをきっかけに、より多くの人にこの作品を観てほしいと思う。


—毎回サウンドトラックも素晴らしいソフィアさんの作品ですが、今作では沈黙の使い方がとても印象的でした。意図的な演出だったのですか?また、ザ・ストロークスの「I'll Try Anything Once」をプールサイドのシーンに選んだ理由は?

SC: 気づいてくれてありがとう。今作では意図的に音楽を控えめにして、沈黙の瞬間を増やしたかったの。過去の作品では、たくさんの楽曲を使っていたけれど、沈黙は自分が考えていたよりも効果的だったし、楽曲数を減らした方がインパクトが強くなると思った。それに作品のスタイルにも合っていたわ。あえて沈黙を選ぶことで、男の孤独感が強調されると思ったのよ。ザ・ストロークスの楽曲は、脚本を書いていたときに聴いていたもの。父娘の絆が描かれたシーンにぴったりの甘さがあると思った。使用できて嬉しかったわ。


—撮影中に聴いていた音楽は?

SC: いろいろあるけれど、スティーヴンには映画に使用した音楽を渡してあったの。作品のムードに入ってもらうために、フェニックスの「Love Like a Sunset」などを聴いてもらったわ。

スティーヴン・ドーフ(以下、SD)
:  作品の雰囲気に入るために、ソフィアは音楽だけではなく、映画とか、素晴らしい題材をたくさんくれた。フェニックスの楽曲を聴きながらロサンゼルスの街で車を走らせていたよ。そうやって役に入って行った。ソフィアが素晴らしいツールをたくさんくれたんだ。


—まさにサウンドトラックですね。

SD: その通り。音楽に限らず、本だったり、今作のヴァイブスや色彩が感じられるいろいろなものを与えてくれて、作品が持つ感触や感情をよく理解して演じる上で、すごく役立ったよ。それにソフィアにはリーバイスを履かされた(笑)


—撮影前から友人同士だったそうですが、今回の作品を通じて新たに発見したことはありますか?

SC: もちろんよ、スティーヴンとこんなにたくさんの時間を過ごしたのは初めてだったし。彼は友人の友人で、ときどき一緒に遊ぶくらいだったから。誰かとこんなに集中して仕事をするということは全く別の体験で、それなりに新しい発見はあったわ。実際に何を発見したかをここでしいて言うことはしないけれど(笑)でも彼がハードワーカーだということはわかったし、真面目に仕事に打ち込む人だと思ったわ。


—スティーヴンさんはこれまでに数々の監督と仕事をされていますが、ソフィア監督との仕事は他の監督と比べてどう違いましたか?新しい発見は?

SD: 今作における経験のすべてが、俺にとって様々な意味で大きなハイライトとなったよ。これまでの人生で、多くの才能あふれる監督たちと仕事をする機会に恵まれてきたけど、ソフィアとの仕事はすごく楽しかった。言葉にできないけれど、ユニークな経験だったんだ。これまでに一緒に仕事をしてきた監督たちよりも、ずっとリラックスしていて、スイートな監督で。怒鳴ったり、かんしゃくを起こしたりする人もいるからさ(笑)彼女はこのままの人なんだよ。現場のスタッフはみんな仲が良かったし、作品の雰囲気もとても親密で、映画の撮影をしていることを忘れるときもあった。そのような中で、俺はジョニー・マルコの感情に入っていくことができた。主人公の男の人生を覗き見ているかのような映画だからね。とても特別な作品だよ。いつかまた、この作品と同じくらい特別なものに巡り会えたらいいけど、難しいだろうね。このような作品には常に出会えるわけではないんだ。これはそれくらい特別なのさ。


—ジョニー・マルコの生き方について、同じ男性としてどう感じましたか?

SD: 映画の冒頭のジョニーは自分を見失っているんだ。退屈していて、混乱していて…人生や娘を含む大切なものとの絆を見失っている状態にある。言ってみれば、彼の心は休暇中なんだよ。成功を収めてから数年間、流されるようなライフスタイルを送ってきたからね。映画の冒頭で彼が車でひたすらグルグルまわっているシーンがあるけれど、彼は同じような感じで人生を生きている。有名になったことによって自分を見失ってしまった男なんだ。でも、本当はスイートな心を持った男だと思う。ソフィアは彼のスイートな資質を俺に引き出してほしかったんだ。彼はどん底に居てもスイートな資質を持っているんだよ。


—父と娘がテーマですが、2人にとって家族とは?

SC: 映画では、娘の面倒を見たりだとか、ジョニーのよりリアルな一面にフォーカスしたの。楽しいけれど嘘くさい、キャリアでの一面とのコントラストを描いたわ。そういった視点から見ると、家族は誰にとっても基盤であり、地に足をつけて生きることを教えてくれる存在だと思う。浮いた気持ちだったら、引っ張って地に下ろしてくれるようなね。私にとっても家族は人生におけるとても重要な存在よ。

SD: 家族は何よりも大切な存在。俺自身、良い家族に恵まれて幸運に感じている。若い頃は、家族が守ってくれたおかげでクレイジーにならずに済んだんじゃないかな。ジョニーもそういったことに気づいていくんだ。究極的に、家族こそが1番大切なリアルなものなんだと思う。表面的で楽しいだけのものではない、真に大切なもの。それが家族なんじゃないかな。


—脚本を書くときは実体験や自分の考えを入れるとおっしゃっていましたが、あなたの人生において映画作りとは?

SC: 自分の視点や創造力を表現する方法。映画というメディアは、写真や音楽や演技やデザインや、様々な要素を網羅している。だからエキサイティングだと感じるの。いろんなことが出来るという点でも、映画作りに興味を持っているのよ。


—当初、ジョニー・マルコはソフィア監督が書いていたヴァンパイア映画の登場人物だったそうですが、その作品は今後完成させる予定はあるのですか?

SC: あれは数ページしか書かなかったの。最近はヴァンパイアものがたくさんあるから、もう新鮮じゃなくなっちゃった(笑)今はわからないけれど、もしかしたらいつか創るかも。

SD: ジョニー・マルコの次の役がヴァンパイアだったりしてね。

SC: そうね(笑)


—映画や文化など、日本について興味のあることは?

SC: 日本の映画はあまりたくさん観たことがないけれど、幼い頃から両親に連れられて何度か来日していたし、かねてから日本との絆は感じていたわ。それに小津安二郎監督は尊敬しているの。

SD: 18か19の頃に初めて来日したんだ。毎回エキサイティングな思い出だよ。今回の来日は4年か5年ぶりかな。映画を引っさげて来日できるのはいつも嬉しいこと。でも、日本との特別なつながりはないな。何人か友だちはいるし、過去に北野監督だとか、日本の映画監督と会ったことはあるけれどね。東京は好きだよ。とても情熱的な都市のようだし、芸術を大事にしていて、センスも良い。どうにかソフィアとホテルを抜け出して、買い物をする時間があるといいんだけどね(笑)


—時間はありそうですか?

SD: そう願うよ。ソフィアが教えてくれた東急ハンズに行ってみたくてさ。

SC: 日本ならでの店よ。

SD: このホテルのスパにも行きたい。日本のスパはいいよね。サウナと水風呂を繰り返してさ。あれはいいよ。日本のスタイルが好きなんだ。


—『ロスト・イン・トランスレーション』は東京を舞台にしていましたが、再び日本で映画を撮るとしたら、気になっているスポットはありますか?

SC
: 私の場合、プランはあってないようなものなので、今は特にプランはしていないわ。来日はいつも楽しみにしているけれどね。

SD: リッツ・カールトンでアクション映画を作ったらどうかな?(註: インタビューはリッツ・カールトン東京にて行われた)「ダイ・ハード・ミーツ・リッツ・カールトン東京」みたいな(笑)冗談だよ。


—今回スティーヴンさんを監督して、今度はこういう役を演じたら面白そうだな、と思うことはありますか?

SC: 特に考えたことはないけど…今作では、これまでに彼が演じたことのないような役を見てみたいと思って起用したから、今後もいろんな役を演じているところを見てみたいわ。彼のいろんな面を見ることに興味を持っているの。


—これまではガールズムービーの名手という印象でしたが、今作では男性の孤独を描かれています。男性と女性の孤独の違いは?

SC
: 正直言って、ジョニー・マルコには共感が持てたの。彼の気持ちがわかるな、と感じたのだけれど、基本的に男でも女でも人間の本質は大きくは変わらないと思う。特に孤独を感じるという部分では同じだと考えているし、自分なりに男性の孤独に関して共感の持てる部分を引き出して、それを反映させるようにしたの。それに、自分の性格には男性的な部分もあれば、女性的な部分もあると思う。だから自分の中の男性的な部分を通して、男性の孤独感を引き出してみたわ。

SD
: ソフィアが言ったように、男と女は違うけど同時に似ていると思う。どう感じているかにもよるけれど、もし孤独だったり、心が傷ついていたりしたら、性別に関係なく同じような孤独を感じているのだと思う。同時に違うところもあるんじゃないかな。でも、女性に演出されるのは大好きだよ(笑)

SC: 今回が初めて?

SD
: 2回目。メアリー・ハロン監督(『I SHOT ANDY WARHOL』)が初めてだった。メアリーはソフィアには及ばないよ。メアリーもスイートだけど、ソフィアは格別にスイートだ(笑)■



映画『SOMEWHERE』は4/2(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

『SOMEWHERE』公式サイト>>

【関連ニュース】
04/01: ソフィア・コッポラ&スティーヴン・ドーフが語る『SOMEWHERE』
01/20: 『SOMEWHERE』 ソフィア・コッポラが都内で会見

interview + text: nao

00:00

マライアも出演!映画『プレシャス』の主演女優に直撃

2010-04-16
ひゃー、今日の東京は寒いです。
久々に手袋を復活させてしまいました。

さて、今日のMTV Newsオンエア版に登場するのは…



女優のガボレイ・シディベさんです!
いよいよ今週末に公開される映画『プレシャス』を引っさげて、
先日、初来日を果たしました。

ニックネームはギャビー。
自身が生まれ育ったニューヨークを舞台にした本作で、
両親に虐待され、10代で二児の母親となる、主人公プレシャス役を演じました。

あまりに自然な演技だったため、
本当にギャビーがプレシャスなのではないかと錯覚しそうですが、
素顔の彼女はとても明るくて、笑顔の耐えない面白い女の子。
インタビュー中は彼女のコメントに何度も笑ってしまいました。

実は彼女、今作に出るまでは普通の大学生だったそう。
演技の経験がないのにもかかわらず、難しい役を体当たりで見事に演じきり、
初主演作にして数々の映画賞を受賞したほか、
アカデミー賞の主演女優賞にもノミネートされました。

数々の映画授賞式は「すっごく楽しかった!」とのこと。
とある授賞式では、ジョージ・クルーニーと飲みに行く約束をしたのだとか。
「でも飲みに行ってないの!だからジョージ・クルーニーにムカついてるんだ」と
笑っていました。
アカデミー賞については、「すごく興奮していたわ!だってあれは山の頂上だったから」と振り返り、
母親役のモニークの受賞について「とても誇りに思った」と話してくれました。

映画のエグゼクティブ・プロデューサーとして名を連ねているオプラ・ウィンフリーは、
アカデミー賞でギャビーについて「アメリカのシンデレラ・ストーリー」と語っていました。
今後の活躍がとても楽しみなニューカマーです。

この映画にはMTVでおなじみのマライア・キャリーと
レニー・クラヴィッツも出演しているので、そちらもお見逃しなく!

映画『プレシャス』は4月24日に全国で公開予定。

『プレシャス』公式サイト>>


関連ニュース:
マライアも出演、話題のインディーズ映画が好発進


MTV News staff: nao







19:00

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    MTV NEWSのニュースプレゼンター&スタッフが、現場から最新ニュースや取材の裏話をレポート!
  • ライタープロフィール
    最新の音楽や映画情報を毎日お届けするMTV NEWSの制作スタッフです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS