MTV BLOG

『ドラゴン・タトゥーの女』主演 ルーニー・マーラ来日インタビュー

2012-02-08
「誰がリスベット・サランデルを演じるのか?」——全世界で6500万部を売り上げたベストセラー小説を鬼才デヴィッド・フィンチャーが映画化することが決定したとき、ファンの頭に最初に浮かんだ疑問はこれだろう。スカーレット・ヨハンソンやナタリー・ポートマン、クリステン・スチュワートなど、ハリウッドの人気女優がこぞって演じたがったという『ドラゴン・タトゥーの女』の主役の座を射止めたのは、どちらかというと無名で、アウトローな天才ハッカーのイメージとはかけ離れた若手女優だった。

彼女の名前はルーニー・マーラ。フィンチャー監督の前作『ソーシャル・ネットワーク』の冒頭シーンで、主人公をばっさりと振る元彼女を演じたお嬢さま風の女の子だ。そのキャスティングに世間が議論を戦わせる中、マーラは着々と役作りに取りかかり、それまでのイメージを一新して完全にリスベットに変身してみせた(※2/26に開催されるアカデミー賞では主演女優賞にノミネートされている)。ここで紹介するのは、映画『ドラゴン・タトゥーの女』を引っさげて初来日したマーラのWEB媒体合同インタビュー。素顔の彼女はとてもシャイで言葉数も多くはなかったが、周囲に流されない芯の強さを感じさせる凛とした女性だった。



—まずはアカデミー賞主演女優賞ノミネートおめでとうございます。その喜びを最初にどのようにどなたに伝えましたか?

ルーニー・マーラ(以下、RM): 誰にも連絡する必要はなかったの、みんなが電話をくれたから(笑)確か最初に話したのはパパだったと思う。とても喜んでくれたわ。誰もが誇りに思ってくれて、応援してくれたの。嬉しかった。

—今作であなたが演じたリスベット役を巡って、多くの女優がオーディションを受けたとうかがっていますが、具体的にどのようなスクリーン・テストを受けたのですか?

RM: ごく一般的なオーディションだったわ。最初はキャスティング・ディレクターとのオーディションで、脚本からのいくつかのシーンを彼女の前で演じたの。その後、最初のスクリーン・テストを受けて、それはハリウッドの他のどの作品のスクリーン・テストとも同じようなものだった。それからあと何回かスクリーン・テストを受けて、最終的にダニエル(・クレイグ)とスクリーン・テストをして、そしてデヴィッドに見てもらうためのヘアメイクのテストがあって…そんな感じ。大半はよくあるプロセスだったわ。

—オーディションのどんな部分がデヴィッド・フィンチャー監督の決め手になったのだと思われますか?

RM: わからないわ。それは監督に聞いた方が良い質問かもね。監督はオーディションの初期段階から私がこの役に合うと確信していて、あとは他のみんなを説得するだけだったんだと思う。だからオーディションがあんなに長引いたんじゃないかな。長引けば長引くほど、彼は確信していったみたい。その時間で私の中にリスベットのクオリティを見出すことができたから。リスベットと同じように決して諦めず、この役のために何でもやろうという私の姿勢が伝わったんだと思う。

—オーディションの期間はどれくらいでしたか?ご自分から受けたのですか?

RM: 2ヶ月ちょっとかかったわ。自分から受けたくて受けたの。

—フィンチャー監督とは『ソーシャル・ネットワーク』に続いて2度目のお仕事ですが、演出面で他の監督と違うところや、印象的なことがあれば教えてください。

RM: 彼はとても協力的な監督なの。何でも話し合って考えていくのよ。役者とのコラボレーションを受け入れてくれるけど、同時に自身の映画製作に関して揺るぎない信念を持っている人。細部までこだわる監督で、映画製作におけるあらゆる側面において知識が豊富なの。技術的な面から物語を語る上でのことまで、全てにおいて卓越しているわ。

—今こうしてお話しをなさっている様子を見ると、あなたの落ち着いた雰囲気とリスベットの激しさがなかなか結びつかないのですが、リスベットが持つ熱のようなものは普段のあなたにもあるのですか?

RM: リスベットのような情熱は誰にでもあるものだと思う。でも、私は必ずしも今の意見に同意しないわ。リスベットはとても静かな人だと思うし、映画ではほとんど話さないくらいよ。口数が少ないかわりに、話したときはその発言が常に重要なの。私は彼女のことをとても静かな人だと思ったわ。だからこそ彼女が怒りをあらわにすると、よりパワフルに感じるのかもしれないわね。

—とはいえ、あれだけの熱を発する役はなかなかないと思うのですが、演じている最中や演じた後に、リスベットの性格を引きずることはありましたか?

RM: いいえ、引きずることはなかったわ。


リズベットに扮したルーニーはまるで別人。

—監督と共同作業で進めていったとおっしゃっていましたが、完成した映画を観るとリスベットはとても魅力的で豊かなキャラクターに描かれている印象を持ちました。リスベットというキャラクターはクランクイン当時からクランクアップまでにどのような変化を遂げましたか?

RM: 全ては原作の中に書かれていたことよ。私たちはとにかく本に忠実に描いただけ。リスベットは原作でもそうであるように、映画を通じて物語の最初から少しずつ成長して変化していく。でもその全ては本に書かれていることなの。

—映画の中のリスベットは原作に忠実であると同時に、どこか少しはかなげでもう1度会いたいと思うような存在でした。役作りをするにあたって、監督を含む製作陣から要求されたことと、ご自身で準備したことを教えてください。

RM: もちろん、役に挑むにあたって自分の中でのイメージは持っていたわ。でも映画の中で私たちが描いたリスベットと同じくらい、原作のリスベットも壊れやすくて気になる存在だと思うの。だからこそ、読者はシリーズの2作目や3作目を読むんだと思うわ。本を読むとリスベットと恋に落ちてしまって、彼女の身に何が起こるのか気になるからね。ルックスについては、私とデヴィッドと衣装デザイナーのトリッシュ・サマーヴィル、その他たくさんの人たちとのコラボレーションで決めたの。彼女の容姿についてたくさん話し合ったのよ。私は自分がどうなるべきかよくわかっていた。原作を読んだから、リスベットになるために何をしなければならないかは知っていたわ。彼女をどういうルックスにすべきかたくさんの話し合いが行われて、その過程でいろんなことを試したけれど、どんなことでも楽しんでできたわ。リスベットという役に入る上で重要なプロセスだと感じていたし、全てのことを喜んでやりたいと思った。

—時に感情的で大胆な行動に走るリスベットですが、彼女の行動で一番共感したことは?

RM:
もちろん共感できなければ演じることはできなかったと思う。さまざまなシーンで彼女に共感したわ。でも一番共感した行動を選ぶことはできないの。私は彼女という存在に共感しているのよ。

—テイク数が多いことで知られるフィンチャー監督ですが、今作のリスベットのシーンで最もテイク数が多かったのは?

RM: わからないわ。彼は常にたくさんのテイクを撮る監督だから、私はあまり気にしていなかったの。それが彼の手法だから。

—もうこれ以上できないと思ったり、躊躇したりしたことは?

RM: ないわ。

—完璧主義なのですか?

RM: はい。

—フィンチャー監督も完璧主義なイメージですけど。

RM: そうね、私たちはとても似ていると思う。


初来日に緊張気味。翌日の会見では「来日できただけでワクワクしています」とコメント。

—ご自分のイメージを180度変えてしまうような役に26歳にして出会ったわけですが、今後はどのような役に挑戦したいですか?

RM: 今後も興味深くて複雑な女性を演じられることを願うわ。尊敬している監督たちと仕事をして、出演していても観ていても楽しい映画を作り続けたいと思う。

—尊敬している監督とは?

RM:
尊敬している才能豊かな監督はたくさんいるから、あえて誰かを選ぶことはできないわ。

—あなたが観ていて楽しいのはどんな作品ですか?これまでに最もたくさん観た映画は?

RM:
うーん…すごくたくさんあるから…。一番のお気に入りとかはないけど、デヴィッドの作品は全部好きだし、『ペーパー・ムーン』は大好き。去年はデヴィッドに勧められてたくさんの映画を観たのだけど…すぐには思い出せないな(笑)でも『ペーパー・ムーン』はここ1年で観た中で最も好きな映画よ。

—そもそも女優になろうと思ったきっかけは?
 
RM: 幼い頃から演じることが好きで、興味を持っていたの。常に役者になりたいと思っていたけれど、特にきっかけになった瞬間はないわ。幼い頃から映画を観たり舞台を観たりするのが好きだったのよ。

—そして今、アカデミー賞にノミネートされるまでに成長したわけですが、これまでのキャリアを振り返って満足していますか?

RM:
わからないわ…まだまだやりたいことはたくさんあるし、達成したいこともたくさん残っている。学ぶべきこともいっぱいあるの。

—『ソーシャル・ネットワーク』や『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』など素晴らしいドラマ作品を多数手掛けているフィンチャー監督ですが、今作は『ゾディアック』や『セブン』などと同様、久々に猟奇性の強い作品であることも話題になりそうですね。

RM: 特に作品を比較する必要はないと思う。どの作品もそれぞれ別の意味で並外れたものだと思うわ。全ての作品に彼の息がかかっていて、彼だからこそ実現したものばかりよ。だから、私は監督の作品を比較して考えたことはないの。全ての作品がそれぞれに特別なものだと思う。

—トレント・レズナーとアティカス・ロスが手掛けた音楽についてはどう思いましたか?撮影中に聴いていた音楽はありますか?

RM: スウェーデンでの撮影中はあまり音楽を聴いていなかったの(笑)彼らの手掛けた音楽は素晴らしいと思うわ。映画の世界観を見事にとらえていたし、スウェーデンの寒さをサウンドで表現していた。最高よ。

—早くも続編の製作が決定したという噂が出ていますが、本当ですか?

RM:
私が知っている限りでは、そのような話はないわ。

---



『ドラゴン・タトゥーの女』

凍てつくようなスウェーデンの冬。ジャーナリスト、ミカエル・ブルムクヴィストのもとに、財閥一家の大富豪から奇妙な依頼が舞い込んでくる。40年前の少女失踪事件の真実を暴き、犯人を捜してほしいというのだ。ミカエルは背中に龍の入れ墨(ドラゴン・タトゥー)を入れたアウトローな天才ハッカー、リスベット・サランデルと共に猟奇事件の真相に迫る…。

監督: デヴィッド・フィンチャー
脚色: スティーヴン・ザイリアン
原作: スティーグ・ラーソン
キャスト: ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、クリストファー・プラマー、ほか
2月10日(金)TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー!

オフィシャルサイト>>

関連ニュース:

トレント・レズナーとカレン・Oがツェッペリンをカヴァー
『ドラゴン・タトゥーの女』 ダニエル・クレイグがルーニー・マーラを絶賛
『ドラゴン・タトゥーの女』がH&Mとコラボ
トレント・レズナー、『ドラゴン・タトゥーの女』サントラ詳細を公開
ダニエル・クレイグ 『ドラゴン・タトゥーの女』は「大人の映画」
『ドラゴン・タトゥーの女』がデヴィッド・フィンチャー監督と来日!
『ドラゴン・タトゥーの女』デヴィッド・フィンチャー&ルーニー・マーラ来日会見

第84回アカデミー賞 『ヒューゴの不思議な発明』が11部門にノミネート
第84回アカデミー賞 ノミネート作品リスト
『ドラゴン・タトゥーの女』を観るべき5つの理由
デヴィッド・フィンチャーが語る『ドラゴン・タトゥーの女』製作秘話

Photos (Rooney Mara): Kenta Terunuma
Interview + Text: Nao Machida

00:00

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    MTV NEWSのニュースプレゼンター&スタッフが、現場から最新ニュースや取材の裏話をレポート!
  • ライタープロフィール
    最新の音楽や映画情報を毎日お届けするMTV NEWSの制作スタッフです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS