MTV BLOG

ASH来日インタビュー “Vol. 2”

2010-11-26
こんばんは~。お待たせしました!
今日は先日来日したアッシュの独占インタビュー“Vol. 2”をお届けします。
Interview "Vol. 1"はこちら

インタビュー後半はデジタル化が進む音楽シーンについて、自分たちのレーベルについて、
今後のアッシュについてなど、たっぷり語っていただきました。
来日ツアーの初日、11/22の東京公演からのライブ写真もあわせてお楽しみください!


左から=マーク、ティム、リック

***
―今回の“The A-Z Series”はご自分たちのレーベルから発表しているわけですが、サブスクリプション・サービスをはじめ、ネットを駆使していますよね。以前よりもフィルターを通さずに直接的にファンの声が聞こえてくるのではないかと思うのですが、その点はいかがですか?

ティム
: 最高であると同時に、混乱もしている(笑)

リック: 曲をリリースするたびにいろんな意見が届くからね。一部の人がすごく気に入ってくれても、必ず1人か2人は反対意見があったりして。

マーク: それに、みんながバンドの様々な側面に魅了されていることもわかった。へヴィーな曲が好きなファンがいれば、メロディアスな曲が好きなファンもいて、実験的な曲が好きなファンもいる。難しいよね。

ティム: みんなが違った理由で自分たちのことを好きでいてくれるんだって気づいた。興味深かったよ。

―自分たちでレーベルをやってみて新たに学んだことは?

マーク: ファンが多様性を求めているっていうことかな。そして、みんながこのプロジェクトの規模を楽しんでいるということ。たとえ死ぬほど僕らのファンだとしても、必ずしも全ての曲が好きとは限らないということは理解していたけど、彼らは次に何が来るかわからず、多彩な曲が発表されることを楽しんでいるんだ。

ティム: うん、とても面白いよね。それに、ほぼ全員が曲を気に入ってくれたときはすぐにわかるよ。奇妙なもんだな(笑)

―アッシュのデビュー当時と比較すると、かなり時代が変わりましたよね。当時のアイルランドではレコード契約を得るのが大変だったそうですが、今はどこにいてもmyspaceやFacebookを通じて世界に向けて発表できます。様々なSNSがありますが、ファンとインターネットで直接交流することはありますか?

ティム: Facebookはけっこう便利だよね。

マーク: FacebookとかTwitterとかね。ああいったSNSを使って、ファンは常にバンドの動向をのぞいているみたいだ。

ティム: 何か伝えたいことがあるときはいいよね。メディアに頼る必要がなくて。

リック: 昔は何か伝えようとすると記者に頼るしかなくて、実際に記事が印刷されるまで内容がわからなかったからね。

ティム
: 相手がどう受け止めているかわからないしね。時々、全く違った角度からとらえられることもある。でも今は直接伝えられるんだ。

―その反面で、ネット上の言葉って難しいですよね。読んでいる人によって受け止め方も違うし、言葉には時に予期せぬ破壊力があると思うんです。

ティム: うん、確かに。

マーク: SNSの問題のひとつは、ごく短いコメントをFacebookにアップしただけで、真剣にとられたり、誤解されたりすることがあるということ。本当はただの冗談だったとしてもね。時に人は深読みしすぎてしまうんだ。

―「Binary」のビデオはネットを通じて知り合ったファンが作ったそうですね。

ティム: 彼は僕らのファンで、趣味でアッシュのビデオを作っていたんだ。とても美しいビデオをね。彼にはいろいろ手掛けてもらっているよ。ジャケットとかね。

―そういう意味では、ネットは便利ですよね。

ティム: うん。マークが彼にメールで連絡して、最終的にいろんな仕事をお願いすることになった。ビジュアル面で重要な存在となったよ。

マーク: いろんなものを作ってもらっても、いまだにライブになるとモッシュにいるんだから笑えるよね。「あ、いたいた」ってさ(笑)

ティム: 彼は長年に渡るハードコアなファンなんだ。知り合った後でもそうやって夢中でいてくれるって嬉しいよね。何年も活動を続けていて良いことは、ファンが大人になって、その中から才能あふれる人が出てきたりすること。(サポート・ギタリストのブロック・パーティの)ラッセル(・リサック)なんか、まさにそうだよ。僕たちの音楽を聴いて育ったんだよ。

―デジタル配信が主流となり、CDが売れない現状を悲観するアーティストが多い中で、アッシュは今回のプロジェクトでこの状況を見事に活用してみせたように思います。

ティム: 僕たちはポジティブに受け止めて、そこから発展する方法を考えるようにしている。だって、今の時代でも誰もが音楽を必要としていることに間違いはないんだから。

―その一方で、『Vol. 2』に収録された「Physical World」では、「デジタルな世界からフィジカルな世界に戻ってこい」と歌っていますよね。

ティム: そうだね、時には昔が懐かしいのさ(笑) 僕は今でも時々レコード屋に行って、アナログ盤を買うんだ。そういう時代が終わってしまったと考えると悲しくなるよ。子供の頃は本当に聴きたい曲を苦労して探していたからね。見つかるとすごくエキサイティングでさ。苦労した分だけ、余計に気に入るんだ。

リック: 時間やお金を費やしたしね。特にレアなものだと何週間もかけて探したもんだ。でも今の時代は、何か欲しければクリックすれば手に入ってしまう。

マーク: ワンクリックで全てが手に入るから、結局全部は聴かなかったりするんだ。情報が多すぎるんだよ。

ティム: そういう意味では昔が懐かしいね。

リック: Spotify(音楽ストリーミング・サービス)みたいに便利な側面もあるけどね。ネットでは人間関係だけではなく、音楽的にも複雑だ。1曲聴いただけでアーティストを判断してしまいかねないし。最近では10秒とか15秒とか聴いただけで「あんまり好きじゃないな」って決めちゃったりするだろ。もしかしたら頭の10秒はクソでも、30秒後には世界一素晴らしいコーラスが待っているかもしれないのに!みんなもっと音楽に時間を費やすべきだと思う。音楽は使い捨てるものではなく、人生の重要な一部分なんだから。

―デジタル配信を始めて、新たなファンはできましたか?

ティム: できたと思うよ。最近では昔のファンが大人になって、彼らの子供たちが僕たちの音楽にはまっていたりするんだ。ファンはみんな素晴らしいよ。感謝してる。

マーク: YouTubeとかでみんなのコメントを読むと面白いよね。新曲をアップしたら、5年くらい僕らを忘れていた人が「最高だね。彼らは解散したと思っていた」と書いていたりするんだ。

―『The A-Z Series』がようやく終わった今、何をやりたいですか?

ティム
: しばらくはリラックスしたいかな。

―次のプロジェクトについて考えていることはありますか?

ティム: いいや、まだだよ。何が起こるか様子見だね。これまでノンストップで音楽活動をしてきたから、しばらくはまったりして、みんなにはこれまでの作品を楽しんでもらいたいよ。

―ティムとマークはニューヨーク、リックはスコットランド在住ですが、今後もそれは変わらず?

ティム: ああ、そう思うよ。

―遠距離でも大丈夫?

ティム: うん。

リック
: 僕から言わせればばっちり(笑)

―ティムとマークはニューヨークでの生活はどう?ミュージシャンとして、良い環境ですか?

ティム: 最高。素晴らしいよ。クリエイティブな出会いがたくさんあるし、みんな心が広いしね。自分たちのスタジオも最高なんだよ。素晴らしいエナジーが感じられるよ。

マーク: ニューヨークでは、毎日全く違うことができるんだ。ロンドンにはあそこまで幅広いものはないと思う。いや、あったのかもしれない、僕が参加していなかったというだけで(笑)

ティム
: ニューヨークは良いよ。なぜか過ごしやすい場所なんだよね。大都市だけど、大き過ぎはしないし。すごい人種のるつぼだよね。パワフルでフレンドリーな町だよ。

―他に住んでみたい町はありますか?

ティム: 東京に住んでみるのも楽しいかもね。村上春樹の本を読むと住みたくなるよ(笑)

―10代からずっと活動を続けているアッシュですが、ここまで続くと考えていましたか?その原動力は?

ティム
: 常にワクワクできるものを見つけてきたから続けられているんじゃないかな。今回のプロジェクトは、まるで再スタートのようなものだった。全てを自分たちでまかなっていた、デビュー当時に戻ったようだったよ。

―1度でもバンドを辞めようと思ったことはある?

ティム: ないよ。一緒に演奏するのがすごく楽しいからね。楽だし。

マーク
: 年齢と共に変わってきているよね。デビュー当時は突然シーンに放り込まれてわけがわからなかったけど。かなり激しいジェットコースターのような旅だったな。

ティム: うん。

マーク: 自分たちでレーベルをやることは、怖いことでもあったよね。でも、怖いと感じることは良いことなんだ。

リック
: だから人はホラー映画を観るってわけだ。

ティム
: 過去2年間はホラー映画だったってことだな(笑)■

***







































































































































































































































Photo: Teppei

interview + text: nao




00:00

最速アップ!ASH来日インタビュー “Vol. 1”

2010-11-23
こんにちは。またもご無沙汰してしまいました…
すっかり寒くなった日本には、再びこの方たちがやって来ました!


ASH! 左から=マーク、ティム、リック

4月に東京・代官山UNITにて一夜限りのライブを行い、
7月にはフジロックに参戦したアッシュが、今年3度目の来日。
新作『A-Z Vol. 2』を引っさげて、東京・名古屋・大阪をまわるジャパン・ツアーを実施中です。

そこでMTV Newsが到着したばかりの3人を直撃。
2週間に1度、1年間でアルファベットのAからZまで26曲のシングルをリリースするという
前代未聞の企画『The A-Z Series』を見事にやり遂げてしまった、
彼らの最新インタビュー“Vol. 1”をお届けします!

***
―フジロックでの来日後、元気にしていましたか?

ティム(Vo/G): 元気だったよ! あの後、フェスを一通り終えて。レディング&リーズにも出たんだけど、最高だった。それから南アフリカにライブをしに行ったんだ。初めてだったから、すごくユニークな体験だったな。楽しかったよ。

―まだ行ったことのない国があったなんて、びっくりです。

ティム: 僕も(笑) 実は南アメリカも行ったことがないんだ、びっくりだよね。フェス・シーズンが終わり、それからシングル・シリーズ(『The A-Z Series』)を完成させた。そして『A-Z Vol. 2』(アルファベットのNからZまでの楽曲を収録)をリリースして、今年最後のUKでのライブを行った。うん、そんな感じで、いろんなことやっていたよ。

―日本にまた戻って来た気分は?

ティム: 最高!

―今年だけでも既に3度目の来日ですね。

マーク (B): 多分、来日としては今回で通算20回目だと思う。

―日本は好きですか?

ティム: 大好き!

リック (Dr): 僕も。

マーク: 渋谷だったら、大体のストリートを把握しているよ。

―来日して必ず行く場所とかありますか?

ティム:
シェーキーズのランチ・バイキング。

―え?

ティム: シェーキーズのランチ・バイキングだよ(笑)

―そういえば、あのポール・ウェラー氏も、日本で1番好きな場所はシェーキーズだって言ってました。「今なんておっしゃいました?」って聞き返してしまいましたけど。

ティム: (笑)あの店は素晴らしいよ。最高のピザだ!

リック: それに来日したら必ず初日に東急ハンズに行くよね。

マーク: まんだらけ。

ティム: 何それ?

マーク: 大きなアニメ・ストアだよ。

―『The A-Z Series』について最初に聞いたときは、正直クレイジーなプロジェクトだなと思いました。ようやく完成した今のご気分は?

ティム: 本当だよね(笑) 最高の気分だよ。すごい満足感だ。自分たちを誇りに思う。

マーク: 2日ほど前にアナログ盤を全部並べてみたんだ。ボックスに7インチを全て入れてみて、すごいなって思った。

ティム: 大変な仕事だったけど、有言実行できた。

―シングルを2週間おきに作ると宣言してしまって、後悔した瞬間はありましたか?

ティム: うーん…ないよ(笑) クレイジーな試みだったけど、いろんな手法があるんだって証明できて良かったと思ってる。クールな手法を発見できたよ。

マーク: ちょうど前のレコード会社との契約が終了して、普通のバンドならしばらくは休むのかもしれないけど、僕らはなぜかキャリアにおける最大のプロジェクトに挑んでしまった(笑)

―2週間おきに締切りに迫られるってどんな気分でしたか?

ティム: うー、2度ほどかなりのストレスを感じたときがあったよ。ストレスフルではあったけど、僕たちはかなりの準備をしていたから、そんなに悪くはなかった。でも、締切りに間に合わないかも、っていう瞬間も2度ほどあったね。レーベルのマネージャーたちが「ちゃんと締切り守れ」って、追い立ててくれた。

―きっと彼らの方がドキドキですよね。

ティム: そうだよね(笑)

―じゃあ、その期間は常にプレッシャーを感じていたわけですか?

ティム: ああ、ほんとに(ため息) 1番大変だったのは、どの曲を使うか選ぶことだったかもな。かなり幅広いスタイルの曲を作ったから、選択肢がたくさんあったんだ。曲が足りないことはなかったけど、決断するのが大変だった。

リック: プロジェクトが進んでいくうちに、どんどん難しくなっていったよね。アルファベットが進んで、残り3文字とかになっちゃって、でも出したい曲は10曲残ってる、みたいな。

ティム: いろんなスタイルをやっただけに、友だちや曲を聴いた人から様々な意見があがるんだ。

リック: 人によって好きなスタイルが違うから、かなり複雑だった。

ティム: 事前にすごーくたくさん準備した上に、プロジェクトを進めながらさらに曲作りをしていたしね。最初に前半の半分を用意して、それらをリリースしながら、後半の半分を作っていた感じ。その時点で、最初に用意した曲もまだ残っていたから、新曲と寝かせてあった曲を天秤にかける必要があった。

リック: 完成するまでに60曲くらい作ったよね。

マーク: 54曲だよ。

ティム: それにアコースティックバージョンとかリミックスもいっぱい作った。

―ということは、まだ発表していない曲がたくさんあるんですか?

ティム: うん。

―2年くらい休暇を取っても大丈夫ですね。

ティム: 本当だね(笑) とはいえ、ボーナス・トラック用にたくさん使ったからね。Vol. 1も2も日本盤には何曲使ったかな。君たちはいっぱいもらったはずだよ!

リック: それにネットでサブスクリプション(註:登録したユーザーに2週間ごとに新曲が配信されるサービス)を受けていたファンには、限定トラックをプレゼントしてたからね。

マーク: 13曲くらい提供したよね。

リック: だからあんまり残っていないんだ…

―2週間おきにリリースする上に、その全てがシングルというのは、さらに難しそうですが、どうやって各曲がシングルとして成り立つと判断するのですか?

ティム: どこかユニークな要素がありながら、強いメロディーのある曲であること。その1曲だけで成り立つ曲、っていうのかな…そうだね、一体どうやって決めるんだろう(笑)

リック: それがわかっていたら、これまでもずっとシングルだけ書いていたはずだよね(笑)

ティム: うん、だからこそ、今回のようにたくさんレコーディングして、そういう曲まで辿り着くんだ。

―『A-Z Vol. 1』をリリースしてからフェスやツアーを行ったわけですが、そのときの体験やオーディエンスの反応は『A-Z Vol. 2』に影響しましたか?

ティム: いくらかはね。たとえば「Summer Snow」は、夏にリリースしたかったから保留していたんだ。「There is Hope Again」はプロジェクトの締めくくりに最適だと思った。最後をアップリフティングに飾れると思ったから。それに君の言うように、たくさんツアーをまわったから、『Vol. 2』にはよりギターの割合が多い曲が入っているかも。ライブで演奏することが念頭にあったのかもね。

―『Vol. 2』の1曲目「Dare to Dream」は、特にギター満載ですね。

ティム:
レコーディングは時間がかかったけど、すごく楽しかった。ニューヨークでリース・チャタムっていうミュージシャンの野外公演を観に行ったことがあってね。彼は100人編成のギター・オーケストラを従えていた。すごかったよ。それまでに聴いたことのないようなサウンドだった。それを観て、僕もスタジオでやってみたいと思って。それで、ギターを100回に渡って多重録音したんだ。

―『Vol. 2』の中でお気に入りの曲は?

マーク: 選ぶのは難しいけど、昨日、『Vol. 1』と『Vol. 2』を通しで聴いてみたら、僕は確実に『Vol. 2』の方が好きだった。1枚目にも2曲くらい目立った曲があるけど、最初から最後まで通しで聴くには2枚目が好きだな。特に「There Is Hope Again」と「Sky Burial」、それに「Dare to Dream」。

ティム:
現時点では「Sky Burial」が気に入っているよ。最近よくライブで演奏するんだけど、すごくウケがいいんだ(笑)

リック: 僕は「Binary」。リリックが素晴らしいと思う。ライブで演奏していても楽しいしね。

―今回は『The A-Z Series』を完成してのツアーですが、どのような内容になりますか?

ティム: まだよくわからないんだ(笑) もしかしたらラッセル(ブロック・パーティ)は出ないかもしれないし。(※その後、サポート・ギタリストのラッセルは体調不良のため出演をキャンセル。) それは悲しいけど、僕たちはいつも変わらずロックするよ。日本のファンが大好きだしね。新曲はまだあまり演奏したことがなくて、先週から演奏し始めた曲もある。ただステージに上がるだけでも楽しみだよ。

―今となってはラッセルがステージにいるのが当然のような気がしていました。

ティム: だよね(笑) ラッセルは最高だよ。

―今後も一緒に活動していくんですか?

ティム: だと思うよ。全てはブロック・パーティの活動次第だけどね。

―ブロック・パーティも再始動するんですか?

ティム: 既に話はしているみたいだよ。だから、それ次第だよね。

―『A-Z Vol. 2』をリリースしてすぐに来日してくれて、ファンもライブを楽しみにしていると思います。

ティム: 4月は代官山UNITで一夜限りだったし―あれは最高のライブだったけどね!そして夏はフジロックだけだったから、もっと大規模な、ちゃんとしたツアーをまわりたかったんだ。それに『The A-Z Series』が完成したから、いろんな曲を披露したかった。

マーク: 前回は『Vol. 1』の収録曲が中心だったからね。最近のライブでは新曲を多くやっているんだ。

ティム: 前回とは違った内容のライブができるね。

―今回は名古屋や大阪にも行かれるんですよね。

ティム: そうだよ。名古屋も大阪も大好きなんだ。福岡や広島に行けないのがちょっと悲しいな。次回はぜひ行きたいね!■

Interview Vol. 2に続く)
***

ASH JAPAN TOUR 2010
- TOKYO -
11.22 (mon) 23 (tue) LIQUIDROOM OPEN 18:00 START 19:00

- NAGOYA -
11.24 (wed) Nagoya CLUB QUATTRO OPEN 18:00 START 19:00

- OSAKA -
11.25 (thu) Osaka BIG CAT OPEN 18:00 START 19:00

http://smash-jpn.com/band/2010/11_ash/index.php



日本版レーベルサイト
http://www.randc.jp/ash/profile.html

BIG NOTHING: ASH
http://www.bignothing.net/ash.html


interview + text: nao

00:00

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    MTV NEWSのニュースプレゼンター&スタッフが、現場から最新ニュースや取材の裏話をレポート!
  • ライタープロフィール
    最新の音楽や映画情報を毎日お届けするMTV NEWSの制作スタッフです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS