MTV BLOG

国際女性デー第2弾!「モテ期」と「キレイ」の関係

2008-03-06
3月8日の国際女性デーにちなんだ、
ニュースチーム女性陣のリレーブログ、
第2弾は、私、よしが担当させて頂きます。

「誰にでも一生に2-3回はモテ期が来る」って聞きますよね?
皆さんも、今までを振り返って、思い当たる時期はありますか?

私は、といえば、今までで唯一思い当たるのが、
ちょうどイギリスに留学していた時。
当時の写真を見ると、ちょっと顎を引いて笑うとすぐ2重あご[:ぶー:]
お腹周りも二の腕もぷよぷよなのに、
自信をもって短め&ピタピタの(確か子供服をアレンジした)
タンクトップを着て、堂々と出しています[:豚:]
そしてその時期こそが、私の人生で一番モテていた時期なんです!
不思議なことに。

ちょっと話は逸れますが、私には美人の姉と妹が居ます。
その2人は似。
は木の上に格好をつけて立っていた若かりし頃の写真がある位[:あせあせ:]の、
自信たっぷりなモテ男。
といえば、近所のおばあさんに「お子さんはえらいベッピンさんで。
旦那さんは余程の美男子と見た」
と言わしめた程の実力。
そんな似の私は、姉妹仲良いながらも、
美人の姉と妹を自慢に思いながらも、
コンプレックスにも似た感情を抱いて過ごした子供時代→思春期でした[:ポロリ:]

そんな私が高校を卒業後訪れたイギリスでまず出会ったのは、
世界中から集まった語学留学生たち。
肌の色も、髪質も、目の色も、みんな違う。
顔中ピアスだらけの子、髪の毛を青く染めた子、
腋毛の処理が微妙だけど堂々とキャミソールを着ている子[:わーい:]
みんな違って当たり前だから、誰も気に留めない。
そんな自由な空気の中で、流行なんてものはすっかり忘れて、
自分の好きな格好を追求していました。
そしていつのまにかコンプレックスはしぼんでいました

とはいえ、今でもしょっちゅう不安に駆られます。
「もう若くない?」「足が太い?」「流行の服を着るべき?」「胸がない!」[:泣き顔:]などなど。
現代の日本に生きる女の子って、毎日が溢れる情報との戦いみたいなもので。
MTVというメディアに勤めていてなんですが、
周りからの情報をいちいち真に受けていたら、
いつまでたっても自分に満足できないんですよね。

不安をあおるような情報は、いっぱいあります。
でもそれに流されて、何かの真似をしても、
人と比べても、自信にはつながらなかったと私の経験が物語っています。

「女性の数だけ美しさがある」ってよく聞くせりふですけど、事実だとも思います。
ただし、その美しさは自分で探し続けるものだと。
40歳になっても50歳になっても。
目尻の小じわが目立っても、おっぱいが垂れてきても。

因みに、前述のですが、人柄の良さや、
歩んできた人生が表れて、年を追うごとに、
どんどん穏やか~な、かわいらしい顔になっています。
明日は、一日分年を取っているんじゃなくて、
一日分素敵な女性に成長していると思えば(もちろん努力ありきで)
年を重ねるのも楽しみになるのかな、と。そんな気持ちでいきたいです。

11:12

お久しぶり! Ruriです

2008-03-04
3月8日は「インターナショナル・ウィメンズ・デイ」
そう、世界中の女性が女性である事を祝う日!

今の時代に女性として生きている私達…キャリアやライフスタイルに関しては、母親の世代と比べて今の方が(女性として)いろんな選択肢があることは間違いない。
でも、今の世代にしかわからない苦労や悩みもあるはず。

そこで今週は、NEWS TEAMの女子チームによるリレーブログをお届け。
私からは、このブログを読んでいるレディースの皆さんにあるメッセージを。
というか、私自身が最近“女性としての自分”を改めて実感したエピソードを1つ紹介します。

昨年末、憧れのカイリー・ミノーグとの念願のインタビューが叶った頃、
私にも実は乳ガンの心配が。
自分の胸にしこりを発見し、いくつかの検査を受けている最中でした。

まさか…私が…ガン?という疑いと不安と恐れという当時の複雑な気持ち。
人間って自分には悪い事は起きないと信じると同時に、1番悪いシナリオを妄想してしまう不思議な動物ですよね。
正直、私もクリニックに検査を受けに行くまで、かなり勇気が必要でした。
怖かったんでしょうね。
女性として女性らしさを象徴する胸に異変があって…

しかし、検査を受けると、幸いな事にしこりはガンではないという結果に。
もっと早く検査を受ければ心配する必要なかったのに、と思いましたね。

そして何よりも忘れてはいけないのは、カイリーが証明したように、たとえ乳ガンだと診察されても、早めに発見すれば治療で健康に戻るチャンスもあるということ。


いくつになってもキュートなカイリー(顔ちっちゃ!!)

ここでやっと私が女性の皆さんへ伝えたいメッセージ:

何かを乗り越えるのには、まずそれに向き合うことが大事!

つまり、自分の体を1番よく分かっていて守ることができるのは自分なので、何か異変を感じたら、それを無視しないで、チェックしてもらってくださいね。

心配事がある場合は誰かに相談して、一人で悩まないように。
そしてこれからも、ステキな女性として輝いてください★



インターナショナル・ウィメンズ・デイ公式サイト>>
Pink Ribbon International公式サイト>>
日本乳がん ピンクリボン運動「J.POSH」公式サイト>>
※ピンクリボン・キャンペーン=乳がんの撲滅、検診の早期受診を啓蒙・推進するために行われている世界規模のキャンペーン



18:21

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    MTV NEWSのニュースプレゼンター&スタッフが、現場から最新ニュースや取材の裏話をレポート!
  • ライタープロフィール
    最新の音楽や映画情報を毎日お届けするMTV NEWSの制作スタッフです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS