MTV BLOG

9mm Parabellum Bulletの新作「VAMPIRE」を<生演奏で>聴いた!

2008-09-08


昨年のメジャーデビュー以来の怒濤の活動を経て、
もはや「注目の新人」枠を軽々と飛び越えた9mm Parabellum Bullet
そんな彼らの2ndアルバム『VAMPIRE』を10月発売に先駆けて聴いちゃいました。

しかも生演奏で!

通常「新作試聴会」というと、レコード会社にメディアが出向いて新作の音源を聴かせてもらうというのものなのですが、今回はエネルギッシュという言葉よりも一段階上のライブを見せる9mmらしくライブハウスを会場として、1曲目の「Wanderland」から最終曲「Living Dying Message」までアルバムの曲順どおり生演奏の爆音で披露してくれました

ざーっと内容を挙げていくと、

「Wanderland」
変拍子ながらも四つ打ち感覚で聴かせるおなじみのシングル曲でアルバムは幕を開ける。

「Vampiregirl」
2曲目はいきなり新境地を披露。
スポークンワード、ヴァースとコーラスが共通したメロディーで始まるのが印象的。
歌詞に英語が登場するのも彼らにしては珍しい。

「Trigger」
タイトに疾走するイントロとつぶやくようなボーカルで始まり、サビ前で爆発する一曲。
9mm節とも呼べる滝(G)のリードギターがメリハリのきいた曲展開を彩り、
後半のキース・ムーンよろしくな乱打ドラムがオーディエンスのテンションを煽りまくる。

「Keyword」
初期の名曲「(teenage) Disaster」を髣髴とさせる、(9mmにしては)ストレートなロックソング。
とはいえ、思い切りメタルマナーなギターソロが突然ねじ込まれるのはさすがの展開。

「Hide & Seek」
キャリア初となる中村(B)作による音速スラッシュメタルfeat.歌謡曲(ビジュアル系風味)。
3曲目「Trigger」に引き続き歌詞は戦場がモチーフとなっている。
この曲を聴けば誰もがこう思うはず。「ドラムが死ぬほど大変そう!」

「The Revenge of Surf Queen」
9mm初のインストナンバー。タイトルからして「分かってる」感全開。
もちろんサーフロックなテケテケもアーミングも、9mm独特のエイジアンな音階も入ってます。

「Supernova」
もしこのアルバムがアナログ盤なら、ここからがB面でしょう。
1曲目「Wanderland」と共に両A面シングルとなった一曲。
轟音を使うことなく、さらけ出すように二本のギターの絡みを聴かせるソロが白眉。
サビのキャッチーさではこの曲と最終曲「Living Dying Message」が双璧かと思われます!

…と、この後も曲は続いていくのですが、
各曲の解説はとりあえずここまでで無理やり全体を総括すると、、、
「ポストパンク色が後退し、歌謡的なメロディー&メタル度が増した、前作よりも間口の広い作品」と言えると思います。

これまでのファンはもちろんですが、これまで「9mmはとっつきにくいなー」と感じていたあなたには特にピッタリの作品かもしれません。

爆音試聴会と題されたこの試聴会、本編終了後にはアンコールの2曲も披露してくれて大変アツいイベントでした。
これからもMTVでは9mm Parabellum Bulletを追いかけていきますので、どうぞお見逃しなく!!


vampire

NEW ALBUM
『VAMPIRE』
2008.10.15 OUT!!
EMI Music Japan
TOCT-26599

12:48

豪華多数アーティスト出演 ! 「THE HUMAN RACE 10K」スペシャルライブ

2008-08-22


史上最大の1Dayランニングイベント、「THE HUMAN RACE 10K」
豪華多数アーティストのスペシャルライブへの出演が続々決定!
木村カエラさん他、多数アーティストがランナーたちを熱いライブで迎える!これは見逃せない!!


www.nikeplus.com

2008年8月31日(日)、世界主要25都市で同日開催され、日本においては、
山梨県・本栖湖にて開催される史上最大の1Dayランニングイベント「THE HUMAN RACE 10K」のスペシャルライブ出演アーティストが追加決定しました。
既発表済みの木村カエラさんに加え、多数豪華アーティストのゲスト出演が続々と決定。
レース当日は、10Kフィニッシャーたちを熱いライブで迎えます。
出演予定アーティストは次の通りです。

<出演予定アーティスト>順不同


木村カエラ


HOME MADE 家族


サンボマスター


The Cavemans


DJ AKI


bird木村カエラさんのコメント
今回、世界25都市で同時開催されるというRACE & LIVEに私も参加させていただくことになりました。残念ながら、私はライブがあるので走れませんが、みなさんが10キロ走り終わった後に、私のライブがあるということで、みなさんを癒し、気持ちをより興奮させるようなライブをしたいなと思っているので、是非頑張って私のライブを楽しんでください。

※ THE HUMAN RACE 10Kに関しては、nikeplus.com をご覧下さい。
※ ナイキに関する情報はnikebiz.jp をご覧下さい。
※ THE HUMAN RACE 10Kに関する一般からのお問い合わせ先は、
THE HUMAN RACE 10K事務局 (株)ワイズインテグレーション内:03-3560-7723(10:00~18:00 土日祝祭日を除く)になります。

<本リリースに関するお問合せ先>

株式会社ナイキジャパン
PRチーム  伊東    
TEL: 03-5463-4552
nike.japan_pr@nike.com

株式会社オズマピーアール
久保、南部、吉尾、竹田
TEL: 03-3403-0284 / FAX:03-3403-0289
nike@ozma.co.jp

「THE HUMAN RACE 10K」 サポーター決定!

「THE HUMAN RACE 10K」へのゲストランナーが決定しました。レース当日は、長谷川理恵さん、宇野薫選手、アンジェラ・マキ・バーノンさんが、一般ランナーと共にゴールを目指します。


長谷川理恵

宇野薫

アンジェラ・マキ・バーノン

「THE HUMAN RACE 10K バーチャルレース」開催決定!

ナイキジャパンでは、本栖湖での「THE HUMAN RACE 10K」の開催と共に、
スペシャルバーチャルスピードレースをnikeplus.com上で開催し、
参加者は10Kのタイムを競い合うことができます。
開催期間は、2008年8月25日(月)~31日(日)の1週間。このバーチャルレースへは、Nike+を使えば、期間中いつでもどこからでもレース参加が可能です。
スペシャルバーチャルレースのプライズとして、
参加者全員にデジタル完走賞が授与されるほか、上位100位の中から抽選で2組4名様を、ホノルルマラソンにご招待します。
また、このバーチャルレースもフィジカルレース同様、チャリティーと連動しています。

<「THE HUMAN RACE 10K バーチャルレース」開催概要>

■開催期間: 2008年8月25日(月) 0:00 AM ~ 8月31日(日) 23:59 PM
※8月31日(日)23:59 PMまでにデータをnikeplus.comにアップロードする必要があります。
※期間中は、何度でもワークアウトデータをアップロードできます。その中で一番早いタイムが適応されます。また、1回のランニングで10K以上走ったランデータのみ有効。
■参加条件: Nike+メンバーであること
       THE HUMAN RACE 10Kサイトで参加登録し、プロフィールを公開していること
■参加登録サイトURL:
http://nikeplus.nike.com/nikeplus/humanrace/index.jsp

■プライズ:  ホノルルマラソンご招待(上位100位の中から抽選で2組4名様)
   Zoom Victory+ iD (完走者の中から抽選で10名様)
 デジタル完走賞(参加者全員)
8月31日は、日本主要都市でエイドステーションの開設も決定!

「THE HUMAN RACE 10K」のレース当日は、都内各所のランニングストアなどでバーチャルレース参加ランナーたちをサポートするエイドステーションを開設します。エイドステーションでは、ランナーたちにドリンクなどのサービスを行うほか、「THE HUMAN RACE 10K バーチャルレース」に参加の旨を伝えると、フィジカルレースに参加するランナーたち同様にスペシャルレースTシャツを差し上げます。また、バーチャルレースでの10Kフィニッシャーランナーは、エイドステーションにおいて、本栖湖同様のフィニッシャーズアイテムを入手することができます。エイドステーション開設店舗は以下を予定しています。(一部変更になる可能性がございます)

関東
ナイキストア 吉祥寺、アートスポーツ日比谷、 TFR代々木、SteP SPORTS東京本店、Oshmans 原宿店

関西
ナイキストア 京都、スポーツ館ミツハシ 京都烏丸御池本店  

北海道
サッポロファクトリーナイキショップ

九州
ナイキストア ホークスタウン

本番までのトレーニングサポートツールとして、nikeplus.comにアバター機能が追加!

「THE HUMAN RACE 10K」
レース本番までのトレーニングサポートツールとして、nikeplus.comにアバター機能「run run ran!」が追加されます。アバターは、Nike+を使ったランニングワークアウトデータと連動して、表情や体調が変化をします。また、nikeplus.comを通じて他のランナーのアバターたちとバーチャルレースで競い合ったりしながら、コミュニティーを広げていく「ラン友」のコンテンツも近日公開予定で、モバイルサイトでの展開も予定されています。

<アバターをカスタマイズしよう!>


アバターキャラクター

自分の分身となるアバターは、コスチュームやカラー、ヘアスタイル、そしてフットウェアなどがカスタマイズできます。

■THE HUMAN RACE 10Kについて 
(公式サイト:http://nikeplus.nike.com/nikeplus/humanrace
ナイキが2008年8月31日(日)にロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、パリ、サンパウロ、メルボルン、上海などの世界主要25都市において同日開催する史上最大の1Dayランニングイベントです。日本においては、同イベントの主旨に賛同した山梨県富士河口湖町と身延町を中心とする『THE HUMAN RACE 1OK実行委員会』が主催となり、山梨県・本栖湖で開催。日本を象徴する富士山を望む美しい本栖湖の自然を感じながら、1万人のランナーが駆け抜けます。

THE HUMAN RACE 10Kは、ランニング、チャリティー、ミュージックの3要素から成り立っています。参加費の一部やTHE HUMAN RACE 10K開催記念Tシャツなどの売り上げなどにナイキからの100万ドルを加えた寄付金が、ランス・アームストロング基金、ninemillion.orgキャンペーン(UNHCR・国連難民高等弁務官事務所)、WWF(世界自然保護基金)の3団体に寄付されます。参加者は、エントリー登録の際に、自分自身で寄付先を選択することが可能です。

また、ランナーたちだけが楽しめる限定スペシャルライブが、レース終了後に予定されています。日本では、木村カエラさんをはじめとする豪華アーティストのライブが予定されているほか、「THE HUMAN RACE 10K」のグランドフィナーレとなるアメリカ・ロサンゼルス会場では、カニエ・ウェストらのライブが予定されています。

本栖湖でのレースへのエントリーは、nikeplus.comよりオンライン登録が必要です(先着順、定員になり次第〆切り)。

■Nike+について
ナイキとアップルのパートナーシップによって実現した、新しいランニングライフスタイルを提案するプロダクト&サービスです。Nike+を使えば、ペース、距離、消費カロリーなどの情報を簡単にモニターすることができます。また自分のワークアウト・データなどを管理しているnikeplus.com を使えば、ワークアウト・データの目標設定・管理だけでなく、バーチャル上でランニングのタイムや距離を競争したり、ランキング確認など、さまざまな楽しみ方が可能になります。これまでに世界160 カ国以上のユーザーがNike+を利用し、nikeplus.comを通じて世界のランナーと繋がっています。Nike+を楽しむためには、iPod nanoに加え、Nike+対応シューズとNike + iPod スポーツキット(¥3,400税込)が必要になります。






14:41

MTV PAPER デジタル版のすすめ

2008-08-18
全国のレコード店やショップでGETできるMTV PAPER
気になるアーティストやMTVのイベント情報が盛りだくさん
っていうのは皆さんご存知ですよね~[:!?:]

そんなMTV PAPERのデジタル版、皆さんはもうCHECKしましたか?
わざわざPAPERをもらいに行く手間が省けるのもそうなんですが、
実はこんなこともできちゃうのです[:!!:]

今回はデジタル版MTV PAPERをご紹介~

矢印をクリックしてページをめくるのはもちろんですが[:グッド:]



見えにく~い記事を ZOOM IN !!



すると、なんと400%まで拡大できるのです。

例えば・・・・[:おばけ:]
MTV PAPER8月号の裏表紙[:ぴかぴか:]
MTV LIVE終了後の写真が拡大できると・・・・
もしかしたらLIVEに遊びに来てくれたあなたの写真が見つかることも!?



PAPERをパソコンでCHECKしたいときは
MTV PEPER デジタル版で[:ラブ:]

さらに
2008年4月から今月号までの過去MTV PAPERも楽しみたい方は
こちらでCHECK


15:11

Lillies and Remainsのライブを目撃、そしてミュージックビデオを配信!!

2008-07-04
Lillies and Remains Live
CLUB SNOOZER @ 代官山UNIT

先日こちらのエントリで紹介した、洋楽ファンも含めた注目を集めている日本の新世代バンドLillies and Remains。
今回は6月27日に行われたイベント『CLUB SNOOZER』@代官山UNITでの彼らのライブを目撃することが出来たので、そのレポートをお届けしたい。


...とその前に、まだ彼らの音に触れたことがなければ、
是非ともこのデビューEPのタイトルトラック「Moralist S.S.」のミュージックビデオをチェックしてほしい。(再生するには下記をクリック)

Lillies and Remains - Moralist S.S.


6.27 『CLUB SNOOZER』@代官山UNIT
Lillies and Remains、THE BAWDIESという「新世代」と評される2バンドが出演するということもあり、代官山UNITは大入り状態。
ざっと見、観客の大半は20代前半。バンド同様客層もだいぶ若く、同世代が同世代を目撃するといった様相だ。

DJがかけるビートルズ「SHE LOVES YOU」後、メンバー4人がステージに揃いライブはスタート。
引き裂くようなトレブリーなギター(二人ともテレキャスター!)と、
音源よりもはるかに重厚でタイトなリズム隊で、ピースな雰囲気を一瞬にして塗り替えてしまう。

オーディエンスの反応は、熱狂と戸惑いに真っ二つ。

バンドメンバー交代後の初ライブだったとのことで、PAの音量設定も含めて序盤は演奏が噛み合わない印象を受けたが、ライブ中盤の「直線的」な感覚で鳴らされるシャッフルナンバー「Lasting Feast」辺りからその印象は一変。それまで腕を組んでいたファンも跳ねるように踊りだすのがあちこちで目撃できた。
その後、一気に調子を掴んだバンドはCDよりもワンランク上の演奏を立て続けに繰り出し、ラストには彼らのフェイバリットであるロンドン・アンダーグラウンドの立役者Neils Childrenのカバーを披露。自身のルーツをストレートに叩き付けた。

終始感じられた「賛否両論」なリアクションは現在のLillies and Remainsの立ち位置を見事に表していたように思えるが、それはメンバーも実感していることだろう。
突然大きな注目を浴びたため、話題先行的な見られ方をされている点は否めないが、
彼らの真髄はJ-ROCKを聴いてJ-ROCKを作る多数派とは一線を画す、確かなリスナー遍歴に支えられた音楽的センスだ。
抑えるところは抑え不必要に盛り上げない演奏、ムダに前編張り上げたりしないボーカル、といった大方の日本のバンドが見落としがちなポイントを体得し、所謂「J-ROCK」を周到に回避するその姿はやはり頼もしい。パーフェクトとは言えないものの、尻上がりに調子を上げた姿、アイディアに満ちたバンドアレンジなど、数ヶ月前に観たThese New Puritansを思わせる原石の輝きのようなライブだった。

彼らには日本のアーティストの大半に欠けた「ルーツ」がある。
だから賛否両論のリアクションすら楽しめるに違いない。

新たに彼らのMySpaceで公開された新曲デモ「Solitude of Vigor」を聴く限り、まだまだ引き出しは無数に存在しそうだ。
彼らの歴史は今始まったばかり。
今後もあっと驚くようなサウンドとプランを練っているのではないだろうか。


-Release-

Lillies And Remains J写
DEBUT EP
『Moralist S.S.』
OUT NOW!!
Fifty One Records
FIFO-0005


-Official Website-

lilliesandremains.net


-Live Information-

2008/7/13(日)"LIVE EVIL" Shibuya PLUG, TOKYO
w/ Vola & The Oriental Machine, Monica Uranglass, The Equus
Open 17:30 /Start 18:00 Adv 2,300yen

2008/07/18(金)“STYLE BAND TOKYO” 渋谷CHELSEA HOTEL
LIVE ACT; Lillies and Remains(Kyoto)/Psysalia psysalis psyche(Tokyo) /Lions At Your Door(Australia)
DJ;TOMO(STYLE BAND TOKYO/SO SWEET JAPAN)/SHOU(PLASTICZOOMS) /YO-SUKE!!!(DEVILOCK/BAAANG!!!)/SADAA(BARCELONA)/and more…

2008/07/20(日)“STYLE BAND OSAKA”大阪TRIANGLE
LIVE ACT; ROYAL INSERTS(Osaka)/Lillies and Remains(Kyoto) /Psysalia psysalis psyche(Tokyo)/Lions At Your Door(Australia)
DJ;TOMO(STYLE BAND TOKYO/SO SWEET JAPAN)/DJ TAKU-HERO (ELELEL) /KOZZY(ELELEL/FUTUER SHOCK)/and more…

2008/07/21(月・祝)“STYLE BAND NAGOYA x TINY”名古屋club JB’S
LIVE ACT;6EYES(Nagoya)/ Psysalia psysalis psyche(Tokyo) /Lillies and Remains(Kyoto)/ Lions At Your Door(Australia) GUEST DJ;山田岳彦(FILE UNDER/TOMO(STYLE BAND TOKYO/SO SWEET JAPAN) DJ;pon-chan/tokajixx/enamel/ggglico/Wanna/koba

13:20

The Last Shadow Puppetsのブログパーツが配布開始

2008-06-23


当ブログの元PAPER 編集部“かりん”の在ロンドンレポでも話題に上った、Arctic Monkeysのアレックス・ターナーとThe Rascalsのマイルズ・ケインによる話題のプロジェクト
The Last Shadow Puppets


今回、アルバム『The Age Of The Understatement』も好評な彼らのオフィシャルブログパーツの配布が開始されました。

このブログパーツ、画面上に現れるゴリラをバナナでうまくDJブースに誘導すると、ゴリラがThe Last Shadow PuppetsやArctic Monkeysのレコードをプレイし実際に曲が流れ出すというファンには堪らない内容。

ブログパーツ配布サイトはこちらをクリック

サウンドはもちろんのこと、ゴリラのキュートな仕草にも要注目。
UKロックファンのあなたも、新しもの好きのなたも、是非試してみては?


ちなみにこのThe Last Shadow Puppets、ストリングスアレンジはFinal Fantasyのオーウェン・パレット、ドラムとプロデュースはSimian Mobile Discoのシミアン・フォードが担当という豪華な布陣もお見逃しなく!

13:21

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    取材の裏話や最新の音楽・映画情報のほか、ここでしか読めない独自の企画も展開☆ほぼ毎日更新です
  • ライタープロフィール
    音楽はもちろん、楽しいことや面白いことが大好きなスタッフから構成されるMTVブロガーです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS