MTV BLOG

ウワサのUK発真っ裸ガールズ robots in disguise登場!!

2008-12-24


まずは上の写真を良く見てみてください!
一見フツー(?)なヤンチャガールズ2人組ですが、どうもシャツとネクタイが汚いような…。

いや、待てよ。
これはもしかして、よく見ると……!!?

そんなイギリス出身のガールズデュオrobots in disguise(ロボッツ・イン・ディスガイズ)が「We're In The Music Biz」がボーナストラック5曲&ボーナスビデオ2曲を追加した豪華JAPANESE VERSIONとしてリリース決定!!

エレクトロクラッシュ、ニューレイブとどのジャンルともリンクしつつ外れつつという絶妙な立ち位置でバンドを続けていた彼女たちですが、「We're In The Music Biz(邦題:私達、ギョーカイ人間よ)」という曲の歌詞が非常に面白いです。
掲載されたくてライターをストーキングするなど非常にユニークな内容で、ぜひとも対訳と一緒に聴いてほしい内容です。

資料として到着したインタビューも面白いので一部抜粋!

●影響を受けた音楽は?
 「MADONNA、LYDIA LUNCH、YO MAJESTYを尊敬してるわ。今、1 番共感するアーティストはTHE MUSICALね」(ディー) 
「THE SMITHS やTHE CURE とかイギリスの80'S インディーズ。それにTHE SLITS みたいなガールズバンドね。THE RUNAWAYS も好き。今は、LEONARD COHEN、JONI MITCHELL といった古いのも聴いてるわ。最近のアーティスト だと、HERCULES AND LOVE AFFAIR がお気に入りね。LESBIANS ON ECSTACY も好き。でも1 番最高なのは PEACHES !彼女には次のアルバムをプロデュースして欲しい!」(スー) 

●ライヴをやるとき、常に心掛けていることは? 
「オーディエンスにとって、人生最高のライヴになるようにって思ってるの」(ディー)
「……オーディエンスのために着飾ってファンタジーを作り出すってこと。それに、私の普段着じゃファンが怖がっ ちゃう。ステージの上で、発狂した女版ハリー・ポッターみたいな格好はしたくないし(一体どんな格好なんだ!?)」 (スー) 

●DJ のときはどんな曲をかけるんですか。 
「ブッ飛んじゃう曲ばっかかけてる!」(ディー) 
「オーディエンスと私たちを踊らせるものなら、なんでもかけちゃうわ!」(スー) 

切れのいいギターから“1234 ! ” の掛け声でスタートするパンキッシュな「We're In The Music Biz」、ダビーなギター フレーズとエレクトロがマッチしたグルーヴィな「The Sex Has Made Me Stupid」、ディレイのかかったピアノ、ブッ といベースライン、ニューウェイヴ感たっぷりのギターが絡み合う「The Tears」、チープなアナログシンセと疾走感 が絶妙にミスマッチな「Everybody's Going Crazy」など、文字通りクレイジーで弾けたナンバーがズラリ。
2009年1月は彼女たちの音楽とともにスタートダッシュを決めるのもよいかもしれません!

 「日本のファンへメッセージを送るわ。カブキ・ラヴ!(笑)」(ディー) 



NEW ALBUM
『We're In The Music Biz』
2009.1.14 OUT!!
tearbridge production
TBCD-1033

16:04

オールナイト野外フェス代表:メタモルフォーゼ08のパフォーマンス映像を一挙公開!!

2008-12-22


2000年から毎夏開催されている日本最大のオールナイト野外ミュージックフェスティバル
METAMORPHOSE(メタモルフォーゼ)。

2008年ももうすぐ終わってしまいますが、この1年を振り返ってみて「今年の一番の思い出はメタモルフォーゼ」なんて思っている方も多いのではないでしょうか?
それもそのはず、普段なかなか見られないアーティストが多数出演するメタモルフォーゼは、夏フェス全盛期の現代においても、かなり強い個性を持ったイベントと言えるでしょう。

以前、このMTV MUSIC BLOGでも、メタモルフォーゼのオーガナイザーであり、DJとしても出演するMAYURIのインタビューをお届けしましたが、今回はメタモルフォーゼスタッフ撮影による秘蔵のパフォーマンス映像多数MTVスタッフが語るメタモルフォーゼの魅力の2本立てでお送りします!

さあ、まずは初回から参加し続けるコアなメタモルフォーゼファンであるMTVスタッフYにメタモルフォーゼの魅力について語ってもらいましょう!


Q1.メタモルフォーゼ歴を教えてください。(何回目の参加、など)
初回からずっと!

Q2.メタモルフォーゼの魅力とはなんでしょう?(他のフェスとの違いや見所など)
自分の中に小宇宙(車田正美先生的に言うコスモ)ができるんですよね。
野外フェスっておにぎりっぽくないですか。
アーティストが具で、お客さんが米粒で、みんなあつまって、ひとつのおにぎり作ってもりあがるみたいな。
もちろんそれは否定しないけど、レイブって違って、自分ひとりがビートと同調できれば、そこに一つの宇宙ができるような感覚。
この感覚って、やっぱり開放的な空間だからこそ生まれるんじゃないかなと思う。 

Q3.今年のメタモルフォーゼは例年と比べてどうでしたか?(違いなどあれば)
例年通り素晴らしい!

Q4.いままでのメタモルフォーゼで一番の思い出は?
スタッフの人が終盤で、とろ~んとしていること(笑)
でも、おわったらみんなシャキっとしているから不思議。
お日様パワーですかね?

あと、毎年、終わったら帰りがけに温泉にいくのもよい思い出です。
みんな毎年太っていくのがわかります。
「おまえ今年もメタボルフォーゼだな」というのが合言葉です。
これはメタモルフォーゼの思い出じゃないかな。。。
まあ、家に帰るまでがメタモルフォーゼということで。

ちなみに、メタモルフォーゼの会場にもお風呂があります。
露天風呂もあっていい感じです。
張り切りすぎたひとにもほっこりのやさしいイベントなんです。

Q5.来年参加しようと思っているメタモルフォーゼ初心者にアドバイスをお願いします。
懐中電灯は、デカイの持ってるとなんかかっこ悪いから、カバンに入るミニサイズがいいデス。
ヘッドライトの人もけっこういます。でも、あれ、探検隊っぽいから、オレは、手持ち懐中電灯派。
ヒカリ物もっている人は忘れず持ってこよう!!オレはいつも持ってくるの忘れてしまってます。。。
だから、行くたび、持ってる人がうらやましい。。


そしてお待ちかね、メタモルフォーゼスタッフ蔵出しのパフォーマンス映像の数々を大公開!
どれも貴重な映像ですので、お見逃しなく!!

[:クリップ:][LIVE] Cobblestone Jazz
ジャジーなサウンドとインプロヴィゼーションを交えた新感覚テックハウス。ライブ栄え最高!

キュートかつミニマルなギターで、クラバーからネオアコファンまでゆるーくトランス状態に!

[:クリップ:][DJ] 田中フミヤ
常に新しいプロジェクトとともに音楽的冒険を繰り広げるテクノ番長もメタモルフォーゼに登場!

[:クリップ:][LIVE] Clammbon
注目楽器tenorionを使用した楽曲も披露。クラムボンとメタモルフォーゼの組み合わせ、最高です!

[:クリップ:][DJ] EYE
近年ますます海外アーティストからの評価が高まるボアダムスのEYE。DJで登場。

20:13

海抜250mの深い夜 2009.1.10 (sat) E-NAUT

2008-12-19

またまた来ました
音楽も夜景も楽しめる。想像するだけでもステキなイベントのお知らせ
サウンドシステムにもコダワリありとのことでかなりディープな音楽体験はココでキマリ
MTV限定ディスカウントもあるようですぞ!

 
2009.01.10 (sat) 
E-NAUT

@ ミュージアムカフェ マドラウンジ
(ROPPONGI HILLS, MORI TOWER 52F)
open: 21:00
close: 05:00 
Entrance: 3500yen
URL: www.ma-do.jp

music:
Fumiya Tanaka (op.disc/sundance)
Hiroshi Kawanabe (t.1.s.s./InK)
DJ KENSEI
CALM (Music Conception)
TOBY (Kabuto/Platik) 
Hiroshi Watanabe 
Kenji Hasegawa (Gallery) 
Masanori Ikeda 
Takamori K. (utopia)
mophONE (moph record)

visual:
Masato Tsutsui
Tripon
voice.zero
SAI 

***** MTV限定ディスカウント!*****
enaut@hotmail.co.jpへ、件名「1.10 E-NAUTゲスト希望」と書いて、
カタカナフルネームx人数を書いて送ってください。
お一人様2500円(ノードリンク)でご入場いただけます。
メール確認後、確認メールを返信いたします。
ぜひ、ご活用ください。

JUGEMテーマ:音楽

17:41

AYUSE KOZUEがクリスマスに贈るスペシャルパッケージ登場!

2008-12-16


作詞、作曲、プロデュース、アレンジを自ら手がける、DIY精神溢れるシンガーソングライター、AYUSE KOZUE。
MTV MUSIC BLOGでもおなじみの彼女が次の創作のターゲットにしたのは「クリスマス」!

クリスマスをモチーフに制作され、配信限定でリリースされていた楽曲「Jingle bell love」をパッケージ化して完全限定CD。9分41秒という尺と、通常のポップフォーマットを逸脱した曲構成がとにかく要注目。可愛いだけにとどまらない「ちょっとした毒」も込められている点も見逃せません。

ラフォーレ原宿を始めワールドワイドな展開で注目を集めるQUOLOMOブランドがデザインしたAYUSE KOZUE Tシャツは、モノクロで撮り下ろされたAYUSE KOZUEのポートレートがプリントされた冬バージョン。

そんなCDとTシャツがパッケージされたこの「AYUSE KOZUEからのクリスマスプレゼント」、クリスマスが待ち遠しい人も、思わず耳を塞いでしまい人も要注目のアイテムです。

現在、QUOLOMOウェブサイト(http://quolomo.com/)で受注を開始しているので今すぐチェック推奨です!




そしてAYUSE KOZUEの年内ライブの日程は以下の2公演。
こちらもお見逃し無く!

12月22日(月)渋谷Club Camelot
12月28日(日)恵比寿LIQUID ROOM


さらに2009年、年明け1発目のリリースはかねてから話題となっていたあの曲!?
最新情報は下記のサイト、そしてこのMTV MUSIC BLOGに掲載されるので要チェック!!

http://www.ayusekozue.com(オフィシャルウェブサイト)
http://ameblo.jp/ayusekozue/ (オフィシャルブログ)
http://www.myspace.com/ayusekozue (オフィシャルマイスペース)
http://quolomo.com/ (QUOLOMO ウェブサイト)

14:48

あなたは超一流? 「ローリング・ストーン」がその条件に迫る!

2008-12-12
  ここでちょっと編集部からお知らせ~♪
あの雑誌「ローリング・ストーン」が40年に渡るインタビューをまとめ上げた
「ローリングストーン」インタビュー選集をついに出版!
あなたのお気に入りのハリウッドスターや映画監督らが赤裸々に語り明かす
本音、秘話、プライベートが詰まった一冊に仕上がっています。

 目標に向かって進んでいるあなた、行き詰まっているあなたも
成功・笑顔につながるいい~話、ためになる言葉を読んでほっこりしませんか?


~本文抜粋~
基本的に、人間とは社会的な生き物です。
ですから、周囲の人々が下心なく優しくすれば、そこに相互信頼が生まれ、もっともっと幸せを感じられるようになるのです。
(ダライ・ラマ)

本当に我を忘れてのめり込むような映画は、ほとんどないんだ。
文化が滅ぶ要素の一つは、子供から若者まで、みんながそういう映画なしで育つことさ。
(ジョージ・ルーカス)

主な掲載アーティストは
フィル・スペクター
ジョン・レノン
ブライアン・ウィルソン
ジャック・ニコルソン
エリック・クラプトン
スパイク・リー
カート・コバーン
など

詳しいインフォメーションはコチラ
http://www.tobooks.jp/books/book_016.html

12月13日(土)発売
定価:本体3,000円+税
ISBN:978-4-904376-02-7



14:55

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    取材の裏話や最新の音楽・映画情報のほか、ここでしか読めない独自の企画も展開☆ほぼ毎日更新です
  • ライタープロフィール
    音楽はもちろん、楽しいことや面白いことが大好きなスタッフから構成されるMTVブロガーです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS