MTV BLOG

お待たせ☆SPRINGROOVE 09 ライブレポ 前半

2009-04-14
お待たせです!
4月4日(土)に幕張メッセで行われたSPRINGROOVE 09の
ライブレポートをお届けします。
前半、後半と2回に分けてお届けしますのでお楽しみに~

もちろん、4月5日(日)に開催されたPUNKSPRINGのレポートも
後日アップしますので、コチラもCHECK THIS OUTです!

MTV NEWSでは今回出演したアーティストのインタビューも
紹介するので、貴重な映像を見逃さないように!
関連記事 http://newsblog.mtvjapan.com/?eid=254

Shontelle


今回が初めての来日となったShontelle、次のリアーナとも言われている彼女、しかも出身も同じくカリブ海のバルバドス島出身!たしかに声も顔も似ている気が・・・。ブルーのカラージーンズにタンクトップ、キラキラベストとシンプルなアウトフィットで登場。トップバッターという大役のプレッシャーを押しのける歌唱力を堂々披露。恋人が留守の時はひとりで出かける気も起こらない・・・彼のシャツを着てけなげに待っている・・・という内容の、女子が共感する乙女心を唄った「T-Shirt」ももちろん披露。

もしや「STUCK WITH EACH OTHER feat.AKON 」では同じくSPRINGROOVEに出演するAKONが登場!?と期待したが、残念ながら叶わなかった。AKONのパフォーマンスにShontelleが登場するのを祈ろう。(ライブレポート後半もお楽しみに~)

BoA

先月、アメリカでデビューしたばかりのBoA。ラメジャケットにパンツとCOOLな印象を与えるファッションに身を包み登場。右側のみのブレーズ+ロングヘアもさることながらイケメン黒服男子とのダンスもかっこいい。

今回はアルバム「BEST&USA」からの英語のナンバーが多め。MTV Top50 Countdownでも常連の「永遠」ではミュージックビデオさながらなハードなダンスを披露。とにかくかっこよくてクールBoA、今後のアメリカでの活躍も楽しみだ。

清水翔太

白いロンT姿とカジュアルなスタイルでさわやかに登場。一曲目には「Diggin' On U」と会場は一気に翔太節が炸裂、思わず会場も聞き入ってしまいやんわり春心地に。二曲目には「HOME」とヒット曲を続け、全員で大合唱。さらに清水翔太がN.Y.C.アポロシアターでのパフォーマンスが地元メディア、観客に大絶賛されたあの名曲「Stand By Me」を熱唱。サビに差し掛かる手前に曲が一瞬止まり翔太が人差し指を立て、「し~~っ」と。色めきたつ声援と共に圧倒的な歌唱力をみせた。

ブラックミュージックの殿堂・アポロシアターをもうならせる100万人に1人の逸材・ソウルシンガーといわれるのも納得。カバー曲とは思えないほどの、仕上がりだった。

JUJU

さすがはSPRINGROOVEだけあって、春を意識したゴージャスな巨大コサージュを頭につけ、ドレッシーなJUJU。「素直になれたら JUJU feat. Spontania」のイントロでは、会場から「おおお~~」と歓喜の声が。更にクラシックR&BナンバーともいえるDeBarge. の「I Like It」で会場は女の子パート、男の子パートに分けられそれぞれサビの「Ooh...and I like it~♪」をはもる。

「こんなに楽しいなんて初めて」とJUJUも楽しんでいる様子のMCでは、観客からのあたたかい声援に「JUJUで~す」と対応。更にのりのいい声援に「どーもー、JUJUです」と会場は笑いの渦に。ラストにはMTV meetalk with NISSAN cubeのCMでも起用されたおなじみの「やさしさで溢れるように」をしっとり歌い上げた。

T-PAIN

意外に(!?)シンプルな白ジャケット+ジーンズ姿で登場のT-PAIN。対照的に赤のマントをつけたド派手メイクの道化師ダンサーと共にT-PAIN自身もロボットダンス(?)を繰り広げる。ダンスのみではなく、リリックにも合わせた劇も見所のひとつ、まさにサーカスを見ているような楽しさのパフォーマンス。自身がヒューチャリングしたFlo-Ridaの「Low」やKanye Westの「Good Life」、Chris Brownの「Kiss Kiss」なども盛り込ませ、会場はまさにクラブ状態。T-PAINが「T」と叫ぶと会場が「PAIN」と返す、コールレスポンスも起こるなか、T-PAINは日本語で都度「ありがと」と「はい!」の連呼。

オーディエンスをあおる中、TLCのパフォーマンスを楽しみにしてるか?との呼びかけに、会場も大盛り上がり、彼自身も楽しみにしているようだ。キーボードで弾き語りのシーンでは、激しいダンスの後にもかかわらず汗を額から垂らしながら高く切ない声で歌い上げ、オーディエンスを魅了。さすが、エンターテイナー!?弾き語りの途中にコミカルなフレーズ(中国のメロディ?)を組み込ませ、会場を感動から笑いに引き込んだ。

(C)SPRINGROOVE 09 All Rights Reserved.


18:08

清 竜人「自分の哲学がにじみ出ている作品になった」

2009-04-13


MTV 3月のhot seatに選ばれていた
清 竜人(きよし・りゅうじん)。

1989年生まれ、大阪府出身。まだ19歳!

3月にシングル「Morning Sun」でデビュー。
下旬にはアルバム『PHILOSOPHY』もリリースしました。
「Morning Sun」はCMソングになっていたので、
耳にした人も多いのではないでしょうか。

一度聴いたらクセになる声と、
独特の世界観を持った哲学的な歌詞が魅力の彼に
インタビューしてきましたよ はじめまして清さん!




■シングル「Morning Sun」でデビューされてから1ヶ月経ちました。

 

そうですね……でもデビューして特に何かが変わったというわけでもなく、環境もそうですけど、自分の心境としてもあんまり実感がなくて(笑)。僕以上に家族や友達のほうが、テレビでオンエアされているミュージックビデオを見たり、(出演した)ラジオを聴いてくれたりして喜んでいるみたいです。

 

■以前はバンドを組んでいたそうですね。

 

はい。高校の時ですね。パートは今と変わってなくて、ボーカル、ギター、あとピアノもやっていました。

 

■どんな曲をやっていたんですか?

 

最初からオリジナルをやろうということで始めたので、その頃から曲を作り始めて。初めて作った曲がアルバムに入っている「Selfish」です。

 

■はじめからオリジナルだったんですか! その頃はどんな曲を聴いてました?

 

今とあんまり変わらないです。まだそんなに自分から聴きあさったりはしてなかったんですけど、父親が音楽好きというのもあって、その影響で家で流れているクラシックやジャズのレコードとか、あとはテレビで流れているJ-POPとかも聴いていました。洋楽・邦楽もこだわらなかったですね。

 

■「Morning Sun」はちょうど今ぐらいの時期の、日曜日の朝をイメージさせるゆったりとしたあたたかみのある曲だと思いました。これはどんなときに作った曲なんでしょうか?

 

これは土曜日の朝に作った曲なんですけど(笑)。ほんとにもう、口ずさみながらフツーに作った曲で。曲を作るときはメロディーを作ってから歌詞を乗せるんですけど、メロディーができて、スラっとすぐに歌詞が出てきましたね。

 

■ミュージックビデオも、朝の凛とした空気が伝わってくるような内容になっていますね。初めてのMV撮影はどうでしたか。

 

 衣装が薄手だったので寒かったというぐらいで、それ以外は……スタッフの方もいろいろ気遣ってくださったので、難なくできたんじゃないかと思います。

 

■オフィシャルサイトにアルバム収録曲の一言コメントが掲載されていますね。なかでも3曲目の「あなたにだけは」は「童話」とありましたが、これは何かの童話をイメージしたもの?
 

 そういうわけではないんです。メロディーができて歌詞を作ろうとしたとき、言葉ではなく絵が浮かんだので、それを絵本にしたような感覚で作詞をしました。

 

■作詞作曲、サウンドプロデュースまで手がけていますが、アルバム制作のうえで何が一番大変でした?

 

 レコーディングのとき、空き時間に寝てしまって、再び録ろうとしたときに声が変わってしまったりしたのがツラかったぐらいですかね。そんなに苦労した感じはあまりないです。初めてのレコーディングだったのである意味新鮮でした。自分以外の人の色が自分の作品に入るというのも初めてだったので、純粋におもしろかったです。

 
■曲はどんな時に作っているんでしょう。

 

 作ろうと思って作るときもあるんですけど、そういう時に作った曲は後で聴くとたいがい全然よくなかったりして()。鼻歌で歌ってたりしたもののほうが、のちのち歌っていくような曲になることが多いですね。作曲はギターとピアノ、半々です。

 

■アルバムタイトルの「PHILOSOPHY」は“哲学”という意味ですが。
 

 タイトルはアルバムが完成してから決めたんです。改めてできあがった曲を聴いたとき、メロディーにしても歌詞にしても、何かしら自分の哲学がにじみ出てる作品になったんじゃないかなと思って。だから、そのまますんなり決まりました。

 

■今後こういう曲を作ってみたい、こういう場所でライブをしてみたいというのはありますか?

 

 児童音楽が好きなんです、児童合唱団とかの。なので、ゆくゆくは子供たちと一緒に音楽活動してみたいですね。





 
DEBUT ALBUM
『PHILOSOPHY』
OUT NOW!!

TOCT-26734
EMI MUSIC JAPAN
★デビューシングル「Morning Sun」も収録。


清 竜人オフィシャルサイト
http://www.emimusic.jp/kiyoshi/

 

13:47

注目の新世代バンドTHE BAWDIES インタビュー1/2 

2009-04-11


THE BAWDIES (L→R MARCY, ROY, JIM, TAXMAN)

しっかりとルーツに根ざしながらあくまで最新型のロックンロールを鳴らす、今もっとも注目を集める4人組THE BAWDIES(ザ・ボゥディーズ。NAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)を一部曲のプロデュースに迎えたメジャーファーストアルバム『THIS IS MY STORY』リリースに先駆け、ここでしか読むことのできないインタビューを2回に分けてお届けします。どうぞお見逃しなく!!

―バンド結成は2004年ということで大学生のときだと思います。当時メンバーは別々の学校だったのでしょうか?
ROY「みんな一緒です。僕とMARCYとJIMは小中高とずっと同じ学校で、そこに高校からTAXMANが加わって、4人でそのまま同じ大学に通っていました」

―主に50年代~60年代が好きな4人が揃ったというのも珍しいと思います。これは学生時代にメンバー内で音楽を共有していた結果ですか?
ROY「そうですね。誰かが『これ良いよ』とCDを持って来て、それをみんなで聴くといった感じでした。もともと気が合うから集まっていた仲間たちなので、ほとんど趣味は同じでしたね」

―高校時代はバンドをしていなかったのでしょうか?
ROY「はい。高校時代は部活メインでした。もちろん音楽は好きだったし、楽器もやり始めていたんですけど、音楽をやるような土日はバスケの試合で埋まっていたのでそこまで手が回りませんでした」

―各自の楽器選びはどのような基準で行いました?
ROY「僕らは中一のときにハイスタンダードをきっかけに楽器に興味を持って、AIR JAMへ行ったりしていたんですね。だから、それこそJIMは健さんにあこがれてギターを選びました。僕は絶対に歌いたかったんで、難波さんがベースボーカルだったからベースを持ちました。で、MARCYは…」
MARCY「…選択権が無かったのでドラムを(笑)」

―いわゆるロックンロールリバイバルの始祖ザ・ストロークスが登場したときには何か影響を受けましたか?
ROY「いえ、僕らは高3くらいのときにソニックスというバンドを聴いて60年代のガレージロックに興味を持ち、それからブラックミュージックを聴くようになっていきました。で、ちょうど同じくらいの頃にストロークスやハイヴスが出てきたという感じで、「ルーツ近いのかな」とか「かっこいいな」と思って聴いてはいたのですが、そこからの影響というものは無いですね」

―ROYさんの黒人ミュージシャンを思わせる特徴的なボーカル・スタイルがTHE BOWDIESについて真っ先に挙げられるトピックだと思います。どういう経緯でああいった歌声で歌うようになったのでしょうか?
ROY「もとはリトル・リチャードのように歌いたいと思って真似しようとしたんですけど、それが全くできなかったんですね。で、そもそも彼が何故シャウトしているのか分からないと思うようになりました。それから色々と調べていくうちに歌にはゴスペル、ギターにはブルースが根底にあるといったことを発見し、ロックンロールをやっていくならしっかりとルーツミュージックを学ぼうと決めました。そういった過程を経て、試行錯誤しているうちに嗄れずに無理せず今の声が出せるようになったという感じです。そしてボゥディーズを結成したのはそのときです」

次回は気になる最新アルバムの内容に踏み込みます。
お楽しみに!!



MAJOR FIRST ALBUM
「THIS IS MY STORY」
4.22 OUT!!
GETTING BETTER
VICL-63294
SEZ-3012

THE BAWDIESオフィシャルサイト

12:05

注目度急上昇中のシンガーBENIが渋谷109前にてリリースイベントを開催!

2009-04-10

●左から●
幸田えりか(19)、高松のりこ(21)、高松たえ(21)、BENI(23)、須田朱音(24)、難波沙樹(23)、Kei(24) 

4月末に日本初上陸する話題のロサンゼルス発のファッション・ブランド「Forever 21」とのコラボレーションが話題となっているBENI.。音楽のみならずそのファッションやヘア・スタイルも同世代女性の注目を集め、ここ最近1ヶ月のブログ・アクセスが女の子を中心に以前に比べて約10倍に膨れ上がるなど支持率急上昇中のなか、絶好のタイミングでのイベントを開催した。

 

まず、人気カリスマ・モデルが「恋がはじまる!春コレクション」と題したファッション・ショー。さすがカリスマとあって登場するとお客さんから「かわいい」「細い」と声が。

 

そして、BENIの登場!! 春らしいミニの花柄ワンピースをヒラヒラさせて登場。今まで以上に「かわいい!!!」と女の子からも絶賛された。そして、会場にいた外国人のお客さんからも「Cute!!」と!!本場の「Wow!!」が聞こえた!!

 

昨年12/10にリリースした「もう二度と・・・」と本日リリースの「Kiss Kiss Kiss」を披露した。

先ほどの外国人のお客さんご一行は最前列で体を揺らしてノリノリ!! BENIは万国共通!!!!!!!!

皆さん聞きなれた「もう二度と・・・」を一緒に歌ってくれていた。

 

今回の「Kiss Kiss Kiss」に込めたメッセージについて質問されると「失恋しても新しい恋に積極的にいってほしい」と話した。恋が始まるファッションについては「春はカラフルで花柄が“男ウケ”すると思う(笑)」と笑いながらも男性目線を気にしながら話した。

 

BENIは恋が始まるとどうなるのか?という質問には「シャイになります(笑)」と自身は積極的ではないことが判明。「一目惚れより、友達だった人を好きになることが多い」とか。

さらにさいきん芸能界で多いサプライズ結婚について聞かれると「私は残念ながらないです。」と。でも「20代で結婚したいですー」と。

 

この「Kiss Kiss Kiss」がヒットしたら自分へのご褒美に地元沖縄でゆっくり過ごしたいそう。

そんなBENIの今後の活動も要チェック!!!
 

New Single

Kiss Kiss Kiss

OUT NOW!!
UPCH-80123

18:21

9mm Parabellum Bulletの代々木フリーライブを目撃

2009-04-03
 
9mm Parabellum Bullet
2009.4.3 @代々木公園野外ステージ

MTV LIVE JAPAN TOURにも参加する9mm Parabellum Bulletが行った代々木公園野外ステージでのフリーライブに行ってきました。

平日の昼間にも関わらず1万人ものオーディエンスが押し寄せ、バンドの勢いを彼らが象徴しているよう。セカンドアルバム『VAMPIRE』からの楽曲を中心としたセットリストながら、未発表の新曲が組み込まれるなど見所満載で、お馴染みの派手なステージアクションも存分に堪能することができました。

アンコール代わりに(?)、ステージ退場したメンバーが入れ替わり戻ってきてドラを打ち鳴らす場面もあり。真昼間に屋台の匂いが漂い、そして爆音ライブ。なんだか白昼夢的な1時間でした。

17:40

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    取材の裏話や最新の音楽・映画情報のほか、ここでしか読めない独自の企画も展開☆ほぼ毎日更新です
  • ライタープロフィール
    音楽はもちろん、楽しいことや面白いことが大好きなスタッフから構成されるMTVブロガーです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS