MTV BLOG

「Spontania feat.You!!」のグランプリが決定!

2009-04-20

「着うた(R)」サイト「レコチョク」とSpontania(スポンテニア)が
共同で開催したオーディション
「Spontania feat.You!!」の最終選考が4月上旬に都内で行われ、
16歳の高校2年生、橋本聖子(はしもとせいこ)さんがグランプリに輝きました


グランプリの橋本聖子さん(中央)とSpontaniaの二人


Spontaniaは昨年、ボーカリストJUJUをフィーチャリングした
「君のすべてに」が330 万ダウンロード突破のロングセールスを記録。
1月リリースの「今でもずっとfeat. 伊藤由奈」でも注目を浴びるクリエイターユニット。

「Spontania feat.You!!」は、JUJU、伊藤由奈に続く、
Spontaniaの新曲のfeat.アーティストを一般公募で決定するというオーディションで
メジャーレコード会社と着うた(R)サイトが共同で開催するという初の試みでした。

3月の一次オーディションでは、
"着うた(R)サイズにあたる45秒間だけ歌を聞く全員参加のオーディション"
という史上初の試みのもと約300人が参加し、15人が最終選考へ。
最終選考は課題曲(新曲)の"You"にあたる部分の歌詞考案と歌唱で、
SpontaniaやプロデューサーのJeff Miyaharaを含む6人の審査員により
橋本聖子さんが選ばれたのでした


橋本さんとSpontaniaのコメント
橋本聖子
「すごく緊張して、ダメだろうなと思っていたので、自分が選ばれたことが夢のようで
嬉しいです。いろんな人に自分の気持ちを伝えられるアーティストになりたいです。
応援してくれた家族と友だちに感謝したいです」

Massattack(Spontania)
「みんな上手い人たちばかりで誰を選んでもおかしくなかった中で選んだ理由は、
“ここで歌いたい”という気持ちが一番伝わったこと。
荒削りな部分はたくさんあるけど、その先に彼女が持っている魅力がある気がして
そこにかけてみたいと思った」

Tarantula(Spontania)
「単純にオーディション会場で前に立ったときの彼女のたたずまいにすごい意思を感じた。
ファイナルに残ってくださった方はみんな歌が上手で協議は難航したけれど、
決め手になったのは彼女の存在感。
僕らの真ん中で誰に歌ってほしいかなと考えたときに橋本聖子さんだった」


今後の予定としては、
4/22に「着うた(R)」の先行配信がレコチョク限定でスタート、
4/29に「着うたフル(R)」でデビュー。
その後ソロデビューの可能性もあるなど、
モバイル世代を代表するアーティストとしても期待大です


Spontania feat. 橋本聖子
DEBUT DIGITAL SINGLE
「きっと」
2009.4.29 OUT!!
UF1AS-00015

17:30

パンクの祭典 PUNKSPRING 09・ライブレポート (1/3)

2009-04-20
2009年4月5日(日)に幕張メッセで行われた PUNKSPRING 09 のライブレポートを
3回に分けてお届け


レポート1回目レポート2回目レポート3回目

PUNKSPRING 09 TOKYO
2009/4/5 @幕張メッセ


LESS THAN JAKE

モッシュし放題、ジャンプし放題、ぐるぐるし放題なかなり高カロリー+暴れ放題のパフォーマンスを見せる。ポップな上にヘビーパンク、さらにスカの影響も受けての管楽器の演奏、爆裂・パンク・スカ・コア・サウンド!!不思議と誰もがついテンションを上げたくなる。
ファンにはお馴染みの、ボーカル・Chrisの余興(!?)おもむろに出した紙を読み上げ「ワタシハ・ニホンゴヲ・ベンキョウシテイマス」。さらに続く日本語での下ネタ、会場も大うけ。

今回も伝説の人間サークルを会場に巻き起こすのか!?とハラハラと見守る・・・や、やっぱり!!「ぐるぐる回れ~」の合図と共に会場は瞬く間に渦に!!パンクならではのガテン系ライブの醍醐味を味わった楽しいショーだった。

ザ・クロマニヨンズ


いつもあるんだ、心にパンク!!一曲目に「クロマニヨン・ストンプ」でスタート、イントロから異様なテンションが会場に湧き上がる。ギター・マーシーの奏でる赤の四角いギター(Gretsch Bo Diddley Box guitarだろう)、とにかく形も派手さもかっこいい。

「ちんけなミサイルが飛んできたけど、ロックンロールの方がもっと威力があるんだぜ!ぶっとばそーぜ!!」とタイムリーな時事問題にも触れたヒロトのMCでオーディエンスは一気に火がつく。後半にはシャツを脱ぎ上半身裸で暴れまくったザ・クロマニヨンズ、ラストには「エイトビート」で盛り上げた。

SUM41


イベントをしめるのは、このカナディアン・ポップパンクバンド!!元々はNOFXのコピーバンドから始まったというSUM41。憧れだったNOFXも出演しているフェスの中、彼らが大トリをつとめるまでの大物バンドになるとは、誰が予測できただろう。ライブ当日、おそらくNOFXのメンバーもSUM41のパフォーマンスを見守っていたことだろう。

特殊な照明なのだろうか、ボーカル・Deryckの髪の毛が暗い照明の中、金髪に輝く!ドラマチックなエフェクトも手伝ってか、まだまだ暴れ足りない会場のテンションはピークに。パフォーマンス中のアグレッシヴな様子と対照的に、観客に水のボトルを投げ入れる姿はとても紳士的であった。

(C)PUNKSPRING 09 All Rights Reserved.

レポート1回目レポート2回目レポート3回目

16:44

とにかく破天荒! Flogging Mollyの狂乱ライブをレポート

2009-04-17

FLOGGING MOLLY
2009.04.15 @LIQUIDROOM
(photo: MTV Japan)

リキッドルームへフロッギング・モリーのライブを見に行ってきました!
当日のライブフォトレポートをお届けします。
(上の写真はカメラに気づいたDave Kingがお茶目なしぐさを見せてくれた1枚)


渋谷AXでのLORDI取材を終え、ちょうど彼らの出番前にリキッドルームに到着。
舞台袖に入るとスタンバイするオーディエンスの熱気で思わず汗が噴き出てきました。
共演のCIVET、そしてSTREET DOGSの演奏が相当熱かった模様。


古くはスティービー・ワンダーの「Upt-Tight」、新しいところではグラスヴェガスの「Go Square Go!」といったBGMがおさまり、入場SEとしてラモーンズの「電撃バップ」がかかると、オーディエンスからは「HEY HO LET'S GO」の掛け声が沸き起こる。そしてビールを片手にメンバー登場


バンジョーやアコーディオン、バイオリンが唸りを挙げる高速アイリッシュトラッドパンクを挨拶代わりに矢継ぎ早に繰り出すと、外人率高めの会場はダイブの応酬 というか、それ以前にダイバーを受け止めるステージ前のセキュリティーも多すぎ!撮影しているといきなり激突されて吹き飛ばされてしまうカンペキな修羅場です。


しかしFlogging Mollyは高速チューン以外のミディアムナンバーも豊富に持ち合わせ、なによりハッピーなフィーリングの楽曲もあいまって、会場はどちからといえばピースフルな戦場状態。Daveはファンが着ていたパンクスプリングTシャツにつっこみを入れたり、外人オーディエンスを指差して「ガイジン!ガイジン!」と言ってみたりとやりたい放題だ


まさしく、彼らの存在を知らなくたって、一曲も分からなくたって、問答無用に楽しめてしまうはず。想像以上にアッパーで、予想以上にエンターテインメント。バンドというよりも楽団と言ってしまいたいこのノリは、パブ常連客が集まって結成したバンドというプロフィールそのもの。


おちゃらけたかと思うと、次の瞬間にはすさまじいグルーヴを叩き出す。そんな落ち着きの無さが2時間弱のライブを1時間程度にしか感じさせなかった。オーディエンスとの信頼関係ももはや鉄壁という印象だ。


アンコールではDave Kingがセルティック(中村俊輔も在籍するサッカーチーム)のユニフォームを着て登場。ラストはもちろん乾杯で締め!次はぜひとも野外ステージで見てみたい


SET LIST

MAN WITH NO COUNTRY

LIKES OF YOU AGAIN

REQUIEM FOR A DYING SONG

SELFISH MAN

WORST DAY

WON'T MAKE A FOOL

PADDY'S LAMENT

DRUNKEN LULLABIES

US OF LESSER GODS

SUN NEVER SHINES

FLOAT

TOBACCO ISLAND

KILBURN HIGH ROAD

REBELS

WORLD ALIVE

SALTY DOG

LIGHTNING STORM

WHATS LEFT OF THE FLAG

--------------------------------

DEVILS DANCE FLOOR

SEVEN DEADLY SINS

16:59

注目の新世代バンドTHE BAWDIES インタビュー 2/2 

2009-04-16


THE BAWDIES (L→R TAXMAN, MARCY, ROY, JIM)

しっかりとルーツに根ざしながらあくまで最新型のロックンロールを鳴らす、今もっとも注目を集める4人組THE BAWDIES(ザ・ボゥディーズ。NAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)を一部曲のプロデュースに迎えたメジャーファーストアルバム『THIS IS MY STORY』リリースに先駆け、ここでしか読むことのできないインタビュー後半をお届けします。前半も合わせてどうぞお見逃しなく!!

Q.
まず基本的なことですが、ボゥディーズは決してレトロ志向のバンドというわけではないですよね。
 
ROY「そうですね。60年代をそのまま再現しようなんてことは思っていないです。やっぱり僕らは60年代の人間じゃないので、どうやっても現代的な要素は入ってくるし、逆に言えばそれは60年代の人たちには出来なかった音楽だと思います。だから僕たちにしかできないロックンロールミュージックやソウルミュージックを作っていきたいなと思っています」

Q.このメジャーファーストアルバム『THIS IS MY STORY』にはLOVE PSYCHEDELICOのNAOKIさんがプロデューサーとして4曲担当しています。NAOKIさんがプロデュースした4曲はどういった基準で選ばれたのでしょうか?
ROY「最初に録った4曲がプロデュースをお願いした曲で、それ以外はNAOKIさんに色々教えてもらったあとに出来た曲なんですよ。NAOKIさんの遺伝子というか残り香というか、そういうものを消化したうえでの曲ですね」

 

Q.最初の2曲なんかはかなりストレートなロックンロールだったのでセルフプロデュースなのかなと思いました。

ROYNAOKIさんはあれこれ指示するというタイプではなく、僕らが自分たちで気づいていなかった引き出しを開けてくれるプロデューサーだったので、出てきたものは結局僕たちが持っていたものなんですね。だから決してLOVE PSYCHEDELICO色にはなっていないし、むしろNAOKIさんは僕たちの色を使ってコントロールしてくれたという感じです」

 

Q.EVERYDAY'S A NEW DAY」はジャクソン5のようなスタイルの楽曲ですが、意外とジャクソン5を狙ってくるロックンロールバンドっていないですよね。

ROY「たしかに最初は頭にありました。誰もがハッピーになれるポップな曲というとジャクソン5は代表格であり最高峰だと思うんですよ。同じようにはできないですけど、僕らのやり方でそういう音楽をやったらどうなるかと思いながらやりました」

 

Q.Oh! My Darlin'」はどこかハワイアンっぽいと思いました

JIM「あれは僕がマンドリンを弾いているんですよ。ウクレレっぽい音ですけど(笑)」

 

Q.歌詞は基本的に女の子に対しての内容ですよね。

ROY「はい。何かを伝えたいというよりは、僕らの音楽で楽しくなって欲しい、踊って欲しいという思いが強いので、難しいことは言いたくないと思っています。悲しい歌詞でも悲しく演奏はしない、そしてシンプルで分かりやすい歌詞を歌う、それが僕らのスタイルです。」

 

Q.初期ビートルズの歌詞から影響を受けているのかなと思いましたが。

ROY「多分ビートルズは初期のブラックミュージックを意識して歌詞を書いていたと思うんですけど、僕もビートルズではなく初期ブラックミュージックからの影響を受けて書いたという感じですね」

 

Q.So Long So Long」はストーンズっぽい曲をやっているプライマル・スクリームみたいだと思ったのですが、ボゥディーズにはビートルズやストーンズ要素は強くても、ザ・フーやキンクスの要素はあまり無いのかなと思いました。いかがでしょう?

JIM「いや、両方とももちろん好きです。ただ僕らは60年代のバンドみたいになりたいとは思っていなくて、ブラックミュージック志向が強いです。で、ビートルズやストーンズが影響を受けたのが僕らと同じ黒人のロックンロールだったりブルースだったと思うんですよ。だからルーツは同じで通すフィルターが違うだけなので、似たものになるんだと思っています」

 

Q.では気持ちとしては60年代ギターバンドを経由した50年代のロックンロールというよりは、直接50年代のロックンロールと結びついているという意識なのでしょうか?

ROY「そうですね。でも影響としては60年代の黒人音楽が大きいです。60年代中期から70年代に差し掛かったくらいまでのソウルミュージックが特に好きです」

 

Q.じゃあ特にリトル・リチャードやチャック・ベリーに固執しているわけではないということですね。

ROY「はい」

JIM「大好きですけど」

ROY「リトル・リチャードはロックンロールのときも好きですが、その後ソウルを歌っている時期も好きですね」

 

Q.ボゥディーズの作品はCDだけでなくアナログ盤でもリリースされますが、これには何かこだわりがあるのでしょうか?

ROY「はい。僕らが聴く音楽はアナログで聴くことが多いので、その良さをみんなにも分かってもらいたいなという思いがあります。そして特に7インチなんかは僕らが自分で欲しいなと(笑)。音を聴き比べてもらっても何かしら感じるところはあると思います」

 

Q.みなさんはリスナーとしてはアナログ派なのでしょうか?

ROY「特にマニア志向というわけではないんですけど、どうしても聴きたいものがCDで出ていなかったりして、旧譜を掘っていく過程でアナログを聴くようになりました」

 

Q.最近リリースされた作品で聴いたものがあったら教えてください

JIM「フランツ・フェルディナンドの新作ですね」

MARCY「それとザ・ヴューの新作も」

ROY「車での移動中は最近の音楽を聴くようにしています」

 

Q. 音楽雑誌の特集やコンピレーションなどをきっかけに比較対象とされるThe MirrazLillies And RemainsThe Cigavettesなどの同世代バンドのなかでは、ボゥディーズが一番初めにメジャーからアルバムを発売することとなりました。そのことに対する意気込みなどはありましたか?

ROY「まず、僕らにはひとつのシーンを作りたいという思いがすごくあります。ライブを通じて音楽の楽しさを伝えられ、自分たちのルーツをしっかりと持って自分たちの音楽を作り出しているカッコいいバンドが沢山いるんですけど、お客さんがそれぞれバラけているのがもったいないなと思っています。ひとつひとつのバンドがそれぞれ動いても大きな動きにはならないので、そこをどうにかしていきたいという気合いは入っています。僕らはハイスタンダード世代なので、ハイスタやバックドロップボム、ブラフマンやスキャフルキングなどバラバラなスタイルのバンドを、AIR JAMのお客さんがひとつの耳で聴いていたというのが理想としてあります」


MAJOR FIRST ALBUM
「THIS IS MY STORY」
4.22 OUT!!
GETTING BETTER
VICL-63294
SEZ-3012

THE BAWDIESオフィシャルサイト

13:15

Springrooveライブレポート後半をお届け!!

2009-04-16


ライブレポート前半に引き続き、後半をお届けします!
いまや毎年恒例となったSpringroove、早くも来年が楽しみですねー。
4月5日(日)に開催されたPUNKSPRINGのレポートも
後日アップしますので、コチラもCHECK THIS OUTです!


MTV NEWSでは今回出演したアーティストのインタビューも
紹介するので、貴重な映像を見逃さないように!
関連記事 http://newsblog.mtvjapan.com/?eid=254


PUSHIM

ヒップホップとR&BがメインのSpringroove出演アーティストのなか、あくまで直球のレゲエを聴かせてくれたPUSHIM。百戦錬磨のコール&レスポンスでお客さんとの距離をどんどん詰めていっていた。高揚感溢れるステージングはTLCCHILLIからも絶賛されたというクオリティだ。

 


加藤ミリヤ

「ずっと出たかったSpringrooveに出られて嬉しいです」と言っていただけあり、この日のために用意したスペシャルなメドレーもセットリストに組み込まれていた。誰もが聴いたことのある名曲の数々、そして見事な歌唱力を堪能することができた。ヒップホップとR&Bを融合させたスタイルはSpringrooveのど真ん中。

 
Craig David

リュクスな白い衣装に実を包んだCraig David。イギリスらしいどこか上品なサウンドで会場を酔わせていた。そしてヒット曲「インソムニア」のサビでは正真正銘にクラブ状態に。さらにはラストに披露した激アグレッシブな早口ラップには驚くほどの大歓声が巻き起こっていた。

 
John Legend

Craig Davidから続くスムースでダンディな男2連発、お次はこの人。はじめは写真のようにスタンディングでボーカルに専念していたのですが、ステージにはもちろんグランドピアノ。ピアノを演奏しながら汗だくフェロモン倍増状態で歌う姿はまさしく色男。「SAVE ROOM」のイントロだけて持っていってしまうのはもはや貫禄。

 

AKON

Tokyo, say yeah」と何度言ったか分からないほどにオーディエンスを煽りまくったとにかくアッパーなパフォーマンスだった。途中でShontelleが飛び入りする場面もあったが、ハイライトは客席に乱入してもみくちゃにされながら代表曲「RIGHT NOW (NA NA NA)」を歌う場面。想像以上に破天荒なステージで会場を圧倒した。

 
T-BOZ&CHILLI from TLC

日本のファンのリクエストで選ばれたというスペシャルなセットリスで行われた今回のライブ、スクリーンに映し出される映像を駆使したセットとなっていた。中でも注目だったのは故Left Eyeのパフォーマンス映像。ステージ上の二人もLeft Eyeの映像にしっかり衣装も揃えTLCとしてのパフォーマンスも堪能することができた感動的なステージだった。

(C)SPRINGROOVE 09 All Rights Reserved. 

12:59

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    取材の裏話や最新の音楽・映画情報のほか、ここでしか読めない独自の企画も展開☆ほぼ毎日更新です
  • ライタープロフィール
    音楽はもちろん、楽しいことや面白いことが大好きなスタッフから構成されるMTVブロガーです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS