MTV BLOG

12/7-9日の全米映画興行収入No.1は?

2007-12-11


12月7日~9日の全米映画興行収入No.1は、
二コール・キッドマン、ダニエル・クレッグ出演で話題となっている
ファンタジー大作「ライラの冒険 黄金の羅針盤」となった。
興行成績についての詳しい情報はMTV CINEMA NEWSをチェック

この作品は児童文学がかつて獲得したことのなかった、
権威あるウィトブレッド賞を始めとする数々の賞に輝いた「ライラの冒険シリーズ」が
原作となっています。まずは予告編をどうぞ。[:down:]

最新版のFlashPlayerをインストールしてください


えぇぇぇぇ!白熊に乗ってる!!! 
よろい熊!いい!すごくいい![:グッド:]・・・でも乗りこなすの大変そう[:たらーっ:]
ニコール・キッドマンの美しさも、冷淡な役にぴったり。
ちなみに、日本語吹替え版は山口智子さんだそうです。

春休み映画の目玉となるか?!
「ライラの冒険 黄金の羅針盤」は、3月1日(土)より
丸の内ピカデリー1ほか全国松竹・東急系にてロードショー

公式サイト
TM & (C) MMVII NEW LINE PRODUCTIONS, INC.ALL RIGHTS RESERVED.

JUGEMテーマ:映画

18:18

『August Rush オーガスト・ラッシュ(原題)』予告編

2007-12-10


「チャーリーとチョコレート工場」でジョニー・デップに負けない演技を見せてくれた
フレディ・ハイモア。
そんな彼も15歳になり、今回は、生き別れた父、母を探す少年の役に挑戦しています。



ジョナサン・リス=マイヤーズとケリー・ラッセルが両親になると
こんなにかわいい子が生まれるのかしら?と思わず思ってしまいますね。

全米での批評はかなり辛口のようですが、出演者達の美しさで
ファンタジー要素がなんとなく受け入れられそうな感じの予告編です。
サントラも良さそうですね!

© Warner Bros.

JUGEMテーマ:映画


19:01

トレイラーパーク1月公開作品UP!!!

2007-12-07


皆さ~ん、毎月最初の金曜日はトレイラーパークのUP日です!
今月は1月公開の作品をずらずらーーーと28本UPしましたYO!
お正月のお休みに何を見るか?ここでチェックしてください。
トレイラーパークはこちら

そしてこの中でもちょっと注目したい作品を2つご紹介します。
「ぜんぶ、フィデルのせい」
最新版のFlashPlayerをインストールしてください

とにかく子供たちがかわゆい!生意気なフランス人の女の子という雰囲気満載です。
このタイトルのある「フィデル」とは「フィデル・カストロ」なんですね。
母親役には、ジェラール・ドパルデューの娘であるジュリー・ドパルデューです。


そして、山崎ナオコーラ原作の「人のセックスを笑うな」
最新版のFlashPlayerをインストールしてください

映画になると、原作よりもエロさがUPしているような気がします。
私の中では、この本はもっと淡白なイメージがありましたね。
でも、永作さんはすごく素敵な女性だな~と思いました。

「ぜんぶ、フィデルのせい」は1月下旬、恵比寿ガーデンシネマほか全国順次ロードショー
公式サイト
© 2006 Gaumont-Les Film Du Worso-France 3 Cinema

「人のセックスを笑うな」は1月19日(土)より、シネセゾン渋谷にて、全国順次ロードショー公式サイト
©2008「人のセックスを笑うな」製作委員会


JUGEMテーマ:映画

19:07

ミッシエル・ゴンドリー監督『Interior Design』撮影現場に潜入しました!パート2

2007-12-06
本日も昨日に引き続き、ミシェル・ゴンドリー監督の『Interior Design』撮影現場の
潜入レポートをお届けします。
今日は、出演している俳優さんの話題も!一体誰なのでしょうか?

=======================================

この日撮影したシーンに参加した藤谷文子、加瀬亮、伊藤歩、妻夫木聡。
主役の藤谷さんはスティーブン・セガールの娘さんとしても有名ですね。
加瀬さんとともに監督とたびたび話しあっていました。
といっても、“激論!”みたいな感じではなく、主に英語での会話で
“そうだな~、次はどうする?”みたいなまったりした感じ。

妻夫木さんは、皮ジャンといい髪形といいい、普段よりもぴちっとした感じ。
監督に面とむかって、“キミはこの髪型じゃなきゃダメっ”と言われたと
苦笑していました。“これじゃあ七三分けだよ~”と嘆きつつも
満面の笑顔なところから、ゴンドリー氏との良好な関係性が伺われます!

この日は、映画館内で加瀬さん演じる“アキラ”と藤谷さん演じる“ヒロコ”が
自分たちの映画を自主上映するシーン、そして二人が希望に胸をふくらましながら
映画館に入っていくシーンなどの撮影が行われました。
屋外で撮影された入場シーンでは、現場で声をかけたスカウトしたという
小さな双子の姉妹がエキストラとして参加。古ぼけた映画館、
壁面にポルノ映画のポスター、その前に駄菓子屋と双子の姉妹……
なぜかこんなシュチェーションだけでも、ファンタジックな
ミシェル・ゴンドリーらしい世界観を連想してしまいました。

その中ほんのワンシーンの撮影を、監督は納得いくまで何テイクも繰り返します。
事前のリハーサルはほとんどせず、簡単な動きをきめる段取りだけ指示したら本番に臨む。
後はフィルムを納得いくまでまわし続けるのがゴンドリー流のスタイルとのこと。
求める演技・構図などのハードルの高さから自然と培われたものなのでしょうか?
ミュージック・ビデオでも存分に発揮されている監督のあくなき探究心の一旦に
触れた想いがしました。

現場での動きもとにかく精力的。収録が終わって、気がつくと次の瞬間には
駄菓子屋の前でエキストラの双子と会話しているゴンドリー監督。
今回の映画のために作られたTシャツをプレゼントし、
丁寧すぎるぐらい丁寧に子供たちに御礼しています。
モニターを見る時の目は真剣そのものですが、撮影の合間には、
スーパーボールをポケットからだしてポンポン(駄菓子屋で買った?)。
うーん、やっぱりキュートな監督でした~。

=======================================

ミシェル・ゴンドリー監督に藤谷文子、加瀬亮、伊藤歩、妻夫木聡という組み合わせ。
一体どんな映画になるのか今から楽しみです!

MTVでは今後『TOKYO!(課題)』をとことん追いかけちゃいます。
新しい情報を常にUPしていくので皆さん、待ってて下さいね!


「TOKYO!(仮題)」は2008年ロードショー
公式サイト

JUGEMテーマ:映画

19:23

ミッシエル・ゴンドリー監督『Interior Design』撮影現場に潜入しました!パート1

2007-12-05
東京の今を国際的な3人の監督が切り取り、ひとつの形にする映画「TOKYO!(仮題)」。
監督は、ポン・ジュノ(『グエムル 漢江の怪物』『殺人の追憶』)、
ミシェル・ゴンドリー(『恋愛睡眠のすすめ』『エターナル・サンシャイン』)、
レオス・カラックス(『ポーラX』『ポンヌフの恋人』)という超豪華な顔ぶれです。

そこで今回は、ミシェル・ゴンドリー監督作品「Interior Design」の
撮影現場に潜入したMTV PAPER編集長よりお届けします!


=======================================

昭和初期を思わせるラブホテルなどがずらっと川沿いにならぶ不思議な町並み。
そんな趣(?)ある一角に、無表情に建つ映画館。“かもめ座”と書かれた看板と、
演目用のウィンドーに貼られたポルノ映画のポスターがまた風情をカンジさせます。

普段は既に閉館されているというその映画館で、世界に名だたる監督であり、
MTVでは数々の傑作ミュージック・ビデオを手がけていることでも知られる
ミシェル・ゴンドリー氏が、日本人俳優、日本人スタッフを使って極秘撮影を
行っているという情報をキャッチ。MTVが取材せずして誰が行く...ということで
鼻息荒く潜入してまいりましたよ!

一般の“映画館”というイメージとはほど遠い、狭い館内で忙しく動き回る
日本人スタッフ。そのクルーの中心に、チェックのシャツに緑のTシャツと
いう少年のような出でたちのフランス人。
はい、この方がミシエル・ゴンドリーさんです。



そのルックスだけでなく、一見した印象はとにかくキュート!
モニターをチェックしながら微笑む姿、撮影にはいる前にスタッフと役者に
指示を出す際に身振り手振り、あっちへこっちへと
小走りで動きまわるしぐさ。すべてがどこかかわいらしく、
思わず親しみを抱いてしまうような魅力に溢れていました。

たとえば、、

ゴンドリー名場面 その1:
「はい、ここでバーッと煙が出て!」→思い切り両手をふりまわして
一回転しそうになる。

ゴンドリー名場面 その2:
助監督が「カット!」の指示→モニターを見ながら館内に響く声で
「ギリギリ、グ~ッド!」(一部日本語w)。

...と終止こんな感じ。スタッフと一緒に思わず笑みがこぼれてしまいます。
なんとなく、緻密かつ哲学的テーマも内包する作風から、
“気難しいフランス人”みたいなイメージを持っていたのですが、
実際は180度違うイメージでした...

=======================================
この作品に出演している俳優人については、また明日!お楽しみに!

「TOKYO!(仮題)」は2008年ロードショー
公式サイト

JUGEMテーマ:映画


19:44

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    取材の裏話や最新の音楽・映画情報のほか、ここでしか読めない独自の企画も展開☆ほぼ毎日更新です
  • ライタープロフィール
    音楽はもちろん、楽しいことや面白いことが大好きなスタッフから構成されるMTVブロガーです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS