MTV BLOG

とにかく破天荒! Flogging Mollyの狂乱ライブをレポート

2009-04-17

FLOGGING MOLLY
2009.04.15 @LIQUIDROOM
(photo: MTV Japan)

リキッドルームへフロッギング・モリーのライブを見に行ってきました!
当日のライブフォトレポートをお届けします。
(上の写真はカメラに気づいたDave Kingがお茶目なしぐさを見せてくれた1枚)


渋谷AXでのLORDI取材を終え、ちょうど彼らの出番前にリキッドルームに到着。
舞台袖に入るとスタンバイするオーディエンスの熱気で思わず汗が噴き出てきました。
共演のCIVET、そしてSTREET DOGSの演奏が相当熱かった模様。


古くはスティービー・ワンダーの「Upt-Tight」、新しいところではグラスヴェガスの「Go Square Go!」といったBGMがおさまり、入場SEとしてラモーンズの「電撃バップ」がかかると、オーディエンスからは「HEY HO LET'S GO」の掛け声が沸き起こる。そしてビールを片手にメンバー登場


バンジョーやアコーディオン、バイオリンが唸りを挙げる高速アイリッシュトラッドパンクを挨拶代わりに矢継ぎ早に繰り出すと、外人率高めの会場はダイブの応酬 というか、それ以前にダイバーを受け止めるステージ前のセキュリティーも多すぎ!撮影しているといきなり激突されて吹き飛ばされてしまうカンペキな修羅場です。


しかしFlogging Mollyは高速チューン以外のミディアムナンバーも豊富に持ち合わせ、なによりハッピーなフィーリングの楽曲もあいまって、会場はどちからといえばピースフルな戦場状態。Daveはファンが着ていたパンクスプリングTシャツにつっこみを入れたり、外人オーディエンスを指差して「ガイジン!ガイジン!」と言ってみたりとやりたい放題だ


まさしく、彼らの存在を知らなくたって、一曲も分からなくたって、問答無用に楽しめてしまうはず。想像以上にアッパーで、予想以上にエンターテインメント。バンドというよりも楽団と言ってしまいたいこのノリは、パブ常連客が集まって結成したバンドというプロフィールそのもの。


おちゃらけたかと思うと、次の瞬間にはすさまじいグルーヴを叩き出す。そんな落ち着きの無さが2時間弱のライブを1時間程度にしか感じさせなかった。オーディエンスとの信頼関係ももはや鉄壁という印象だ。


アンコールではDave Kingがセルティック(中村俊輔も在籍するサッカーチーム)のユニフォームを着て登場。ラストはもちろん乾杯で締め!次はぜひとも野外ステージで見てみたい


SET LIST

MAN WITH NO COUNTRY

LIKES OF YOU AGAIN

REQUIEM FOR A DYING SONG

SELFISH MAN

WORST DAY

WON'T MAKE A FOOL

PADDY'S LAMENT

DRUNKEN LULLABIES

US OF LESSER GODS

SUN NEVER SHINES

FLOAT

TOBACCO ISLAND

KILBURN HIGH ROAD

REBELS

WORLD ALIVE

SALTY DOG

LIGHTNING STORM

WHATS LEFT OF THE FLAG

--------------------------------

DEVILS DANCE FLOOR

SEVEN DEADLY SINS

16:59

Springrooveライブレポート後半をお届け!!

2009-04-16


ライブレポート前半に引き続き、後半をお届けします!
いまや毎年恒例となったSpringroove、早くも来年が楽しみですねー。
4月5日(日)に開催されたPUNKSPRINGのレポートも
後日アップしますので、コチラもCHECK THIS OUTです!


MTV NEWSでは今回出演したアーティストのインタビューも
紹介するので、貴重な映像を見逃さないように!
関連記事 http://newsblog.mtvjapan.com/?eid=254


PUSHIM

ヒップホップとR&BがメインのSpringroove出演アーティストのなか、あくまで直球のレゲエを聴かせてくれたPUSHIM。百戦錬磨のコール&レスポンスでお客さんとの距離をどんどん詰めていっていた。高揚感溢れるステージングはTLCCHILLIからも絶賛されたというクオリティだ。

 


加藤ミリヤ

「ずっと出たかったSpringrooveに出られて嬉しいです」と言っていただけあり、この日のために用意したスペシャルなメドレーもセットリストに組み込まれていた。誰もが聴いたことのある名曲の数々、そして見事な歌唱力を堪能することができた。ヒップホップとR&Bを融合させたスタイルはSpringrooveのど真ん中。

 
Craig David

リュクスな白い衣装に実を包んだCraig David。イギリスらしいどこか上品なサウンドで会場を酔わせていた。そしてヒット曲「インソムニア」のサビでは正真正銘にクラブ状態に。さらにはラストに披露した激アグレッシブな早口ラップには驚くほどの大歓声が巻き起こっていた。

 
John Legend

Craig Davidから続くスムースでダンディな男2連発、お次はこの人。はじめは写真のようにスタンディングでボーカルに専念していたのですが、ステージにはもちろんグランドピアノ。ピアノを演奏しながら汗だくフェロモン倍増状態で歌う姿はまさしく色男。「SAVE ROOM」のイントロだけて持っていってしまうのはもはや貫禄。

 

AKON

Tokyo, say yeah」と何度言ったか分からないほどにオーディエンスを煽りまくったとにかくアッパーなパフォーマンスだった。途中でShontelleが飛び入りする場面もあったが、ハイライトは客席に乱入してもみくちゃにされながら代表曲「RIGHT NOW (NA NA NA)」を歌う場面。想像以上に破天荒なステージで会場を圧倒した。

 
T-BOZ&CHILLI from TLC

日本のファンのリクエストで選ばれたというスペシャルなセットリスで行われた今回のライブ、スクリーンに映し出される映像を駆使したセットとなっていた。中でも注目だったのは故Left Eyeのパフォーマンス映像。ステージ上の二人もLeft Eyeの映像にしっかり衣装も揃えTLCとしてのパフォーマンスも堪能することができた感動的なステージだった。

(C)SPRINGROOVE 09 All Rights Reserved. 

12:59

お待たせ☆SPRINGROOVE 09 ライブレポ 前半

2009-04-14
お待たせです!
4月4日(土)に幕張メッセで行われたSPRINGROOVE 09の
ライブレポートをお届けします。
前半、後半と2回に分けてお届けしますのでお楽しみに~

もちろん、4月5日(日)に開催されたPUNKSPRINGのレポートも
後日アップしますので、コチラもCHECK THIS OUTです!

MTV NEWSでは今回出演したアーティストのインタビューも
紹介するので、貴重な映像を見逃さないように!
関連記事 http://newsblog.mtvjapan.com/?eid=254

Shontelle


今回が初めての来日となったShontelle、次のリアーナとも言われている彼女、しかも出身も同じくカリブ海のバルバドス島出身!たしかに声も顔も似ている気が・・・。ブルーのカラージーンズにタンクトップ、キラキラベストとシンプルなアウトフィットで登場。トップバッターという大役のプレッシャーを押しのける歌唱力を堂々披露。恋人が留守の時はひとりで出かける気も起こらない・・・彼のシャツを着てけなげに待っている・・・という内容の、女子が共感する乙女心を唄った「T-Shirt」ももちろん披露。

もしや「STUCK WITH EACH OTHER feat.AKON 」では同じくSPRINGROOVEに出演するAKONが登場!?と期待したが、残念ながら叶わなかった。AKONのパフォーマンスにShontelleが登場するのを祈ろう。(ライブレポート後半もお楽しみに~)

BoA

先月、アメリカでデビューしたばかりのBoA。ラメジャケットにパンツとCOOLな印象を与えるファッションに身を包み登場。右側のみのブレーズ+ロングヘアもさることながらイケメン黒服男子とのダンスもかっこいい。

今回はアルバム「BEST&USA」からの英語のナンバーが多め。MTV Top50 Countdownでも常連の「永遠」ではミュージックビデオさながらなハードなダンスを披露。とにかくかっこよくてクールBoA、今後のアメリカでの活躍も楽しみだ。

清水翔太

白いロンT姿とカジュアルなスタイルでさわやかに登場。一曲目には「Diggin' On U」と会場は一気に翔太節が炸裂、思わず会場も聞き入ってしまいやんわり春心地に。二曲目には「HOME」とヒット曲を続け、全員で大合唱。さらに清水翔太がN.Y.C.アポロシアターでのパフォーマンスが地元メディア、観客に大絶賛されたあの名曲「Stand By Me」を熱唱。サビに差し掛かる手前に曲が一瞬止まり翔太が人差し指を立て、「し~~っ」と。色めきたつ声援と共に圧倒的な歌唱力をみせた。

ブラックミュージックの殿堂・アポロシアターをもうならせる100万人に1人の逸材・ソウルシンガーといわれるのも納得。カバー曲とは思えないほどの、仕上がりだった。

JUJU

さすがはSPRINGROOVEだけあって、春を意識したゴージャスな巨大コサージュを頭につけ、ドレッシーなJUJU。「素直になれたら JUJU feat. Spontania」のイントロでは、会場から「おおお~~」と歓喜の声が。更にクラシックR&BナンバーともいえるDeBarge. の「I Like It」で会場は女の子パート、男の子パートに分けられそれぞれサビの「Ooh...and I like it~♪」をはもる。

「こんなに楽しいなんて初めて」とJUJUも楽しんでいる様子のMCでは、観客からのあたたかい声援に「JUJUで~す」と対応。更にのりのいい声援に「どーもー、JUJUです」と会場は笑いの渦に。ラストにはMTV meetalk with NISSAN cubeのCMでも起用されたおなじみの「やさしさで溢れるように」をしっとり歌い上げた。

T-PAIN

意外に(!?)シンプルな白ジャケット+ジーンズ姿で登場のT-PAIN。対照的に赤のマントをつけたド派手メイクの道化師ダンサーと共にT-PAIN自身もロボットダンス(?)を繰り広げる。ダンスのみではなく、リリックにも合わせた劇も見所のひとつ、まさにサーカスを見ているような楽しさのパフォーマンス。自身がヒューチャリングしたFlo-Ridaの「Low」やKanye Westの「Good Life」、Chris Brownの「Kiss Kiss」なども盛り込ませ、会場はまさにクラブ状態。T-PAINが「T」と叫ぶと会場が「PAIN」と返す、コールレスポンスも起こるなか、T-PAINは日本語で都度「ありがと」と「はい!」の連呼。

オーディエンスをあおる中、TLCのパフォーマンスを楽しみにしてるか?との呼びかけに、会場も大盛り上がり、彼自身も楽しみにしているようだ。キーボードで弾き語りのシーンでは、激しいダンスの後にもかかわらず汗を額から垂らしながら高く切ない声で歌い上げ、オーディエンスを魅了。さすが、エンターテイナー!?弾き語りの途中にコミカルなフレーズ(中国のメロディ?)を組み込ませ、会場を感動から笑いに引き込んだ。

(C)SPRINGROOVE 09 All Rights Reserved.


18:08

BRITISH ANTHEMS vol.7に行って来ました

2009-03-23
BRITISH ANTHEMS vol.7
2009.03.14 @STUDIO COAST

UKのアーティストを中心とした恒例の屋内イベント「BRITISH ANTHEMS」に行って来ました。
いつものDJフロアはもちろん、今回は日本人アーティストを集めた新ステージもありと、新趣向が凝らされていました。

GOLDEN SILVERS
5月にデビューアルバムを予定しているロンドンの3ピースGOLDEN SILVERS。ストイックなディスコソング「True Romance (True No9 Blues)」でライブスタート。少し緊張した様子はありましたが、2ndシングル「Magic Touch」からは呼吸もバッチリ。見事な三声コーラスワークには誰もが聴き入っていました。

CHEEKY CHEEKY AND THE NOSEBLEEDS
現在はTHE CHEEKという名前で活躍している彼ら、理由は分からないが前バンド名で来日。
全員が10代ということながら、中年バンドにも見える貫禄です。
どこかしらカイザー・チーフスを思わせるアクションのフロントマンには要注目。
オアシス好きそうなUK感を漂わせながらも、曲調などはUS風。興味深い新人です。

ACIDMAN
MTV LIVE JAPAN TOUR 09 WINTERにも参加したACIDMAN。
「STUDIO COASTで演るのは初めてです」と言いつつも、曲間を詰めた展開以外はいつも通りにメリハリのきいたバンドアンサンブルを会場に響かせていました。あくまでもJAPANESE ROCKにこだわるスタイルが輝いていた好アクト。

VAN SHE
日本のACIDMANに続き、オーストラリアからのスペシャルゲストVAN SHE(ヴァン・シー)。昨年のサマーソニックの深夜イベント”Modular Night”でも来日を果たしていた彼らですが、おそらくは今回が初見のファンが圧倒的に多かったはず。だいぶエレクトロなライブを見せるかと思いきや、ギターバンドマナーな演奏に驚かされました。

THE FRATELLIS
大トリはザ・フラテリス。
iPodのCMに抜擢されここ日本でもブレイクを果たしている彼らですが、早くもベテランの風格。
スウィンギンなビートとアッパーなメロディーで文句なしの盛り上がり!!
オーディエンスもさすがにフラテリス目当てが多かったです。
それにしてもドラムの力量はお見事。

17:03

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    取材の裏話や最新の音楽・映画情報のほか、ここでしか読めない独自の企画も展開☆ほぼ毎日更新です
  • ライタープロフィール
    音楽はもちろん、楽しいことや面白いことが大好きなスタッフから構成されるMTVブロガーです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS