MTV BLOG

MTV81 Presents J-Culture in the Frame at the 26th TOKYO International Film Festival

2013-10-30
10月18日(金)秋も深まりつつある東京・六本木ヒルズアリーナ。東京国際映画祭の期間中にジャパンカルチャーを世界に発信するプロジェクト「MTV 81」が開催するトーク&ライブイベント『MTV81 Presents J-Culture in the Frame at the 26th TOKYO International Film Festival』が開催された。


原田優輝(左) 河森正治(中央) 川田十夢(右)

 イベント前半、トークショーの進行に編集者の原田優輝と、『超時空要塞マクロス』などを手がけてきた河森正治、そしてAR(拡張現実)の第一人者 AR三兄弟の長男 川田十夢(かわだとむ)の3名が登壇しトークショーが行われた。各々才能豊かなイノベーターらしいトークが展開され “脳内のクリエイティブの範疇” “作品のリアリティーと現実世界のリアリティー” “作品と音楽の関係性” “古代、土偶はメディアの役目を果たしていた” “人それぞれ見ている現実は異なる” などディープなメンバーによる、ディープなトークは聞きどころ満載の内容で、来場者も熱心に聞き入っていた。
 
 今回のトークの進行役 原田からトークショーを一通り終えた感想を聞かれ、河森「自制したつもりで飛ばしすぎてしまったかもしれません(トークの内容が濃厚すぎて)でもとっても楽しかったです。」川田「これが、学校の就学旅行だったら朝まで語り合ってしまいますね。普段からよく、いろんな人と話しをするんですが、だいたい(内容が天才すぎて)良く解らないと言われるんですが(笑)、今日はもの凄く河森さんと通じ合えた気がします。」と感想を語ってくれた。


ベイビーレイズ

 そしてMTV VJ JOANNの掛け声で始まった、後半はライブステージ! まずステージに登場したのは、ベイビーレイズの5人。黒基調のコスチュームで「暦の上ではディセンバー」など全4曲をパフォーンマンス。オーディエンスのからの暖かい声援とレスポンスを追い風に、秋を感じさせる空気の中、汗を輝かせた歌とダンスで、完全に会場をのっとってくれた。


きただにひろし

  続いて全身ブラック系の衣装でクールに登場した きただにひろし が「WE ARE」や「WE GO」を披露。こぶしを高く、オーディエンスも熱い声援で呼応した。そしてそのテンションと勢いを引き継いだ景山ヒロノブがステージ上に登場。ハスキーかつハイトーン、高いエネルギーと熱量で「WE GOTTA POWER」をパフォーマンス。そして きただにひろし が再びステージ上に合流し「CHA-LA HEAD-CHA-LA」をツイン・カム・ツイン・ボーカルにて披露。オーディエンスの一体感も最高潮にイベントはオーラスとなった。


景山ヒロノブ

 パフォーマンスを終えてMTV VJ JOANNからの質問に対して、国内のみならず世界各国でのジャパンカルチャーの盛り上がりを背景に、景山「呼んで頂ければ世界中どこでも行ってパフォーマンスしたいですね」と、シーンの世界中の盛り上がりを意識した第一人者らしい言葉がとても印象的だった。


景山ヒロノブ と きただにひろし

 この日は同時にこのトーク&ライブの模様は、東京国際映画祭のGyaO!オフィシャルページにて日本国内に向けにライブストリーミングされた他、 MTV81にて国外に向けてライブストリーミングされ、会場のオーディエンスのみならず、ネットを通じて多くの視聴者にリアルタイムに届けられた。

Photo :Alexis Wuillaume

◆関連オフィシャルリンク◆
影山ヒロノブ
きただにひろし
ベイビーレイズ
東京国際映画際2013
MTV 81 -  WEB SITE
MTV 81 - ON AIR情報

14:25

Ms.OOJAの見事なライブパフォーマンス。そして新たなコラボレーションにも注目。

2013-10-23
 

 秋も深まる10月19日[土] 東京国際フォーラム・ホールCにて、今年で7回目となった"みんなで楽しくエコを考える"をテーマに掲げるチャリティーエコライブ『横浜ゴム LIVEecoMOTION with MTV』が行われ、 Ms.OOJA をはじめ、秦 基博、平井 大、さかいゆうがライブパフォーマンスを行った。ここMTV BLOGではMs.OOJAに注目してみたい。

 会場からの大きな歓声に迎えられてステージに登場したMs.OOJA、一曲目「Shiny Sky」で会場に爽快な熱気を運ぶと、「未来のために今、私たちができるのは、小さなことの積み重ねだと思います」とイベントのテーマであるエコに対する思いをMCで語る。そして、11月6日にリリースする、男性のラブソングをカバーしたアルバム『MAN -Love Song Covers 2-』から「最後の雨」を披露し、そのエモーショナルな歌声で観客を酔わせていく。


 アカペラで歌い始めた「Be...」でさらに観客を強く惹き付けると、この日の最後のパフォーマンス曲として「Movin'」を披露、「ここでみんなと過ごせた事 きっと 明日から頑張れる力になるよ」と歌詞を変えて歌い上げ、観客からの温かい拍手を一身に受けながらパフォーマンスを締めくくった。

 そんなMs.OOJAの、創業100周年を迎える北海道の老舗 菓子処「梅屋」とのスイーツコラボレーションが実現しているので是非紹介しておきたい。 彼女の楽曲を耳にし、その歌声に魅せられた梅屋スタッフが、「100周年記念の新商品開発にぜひMs.OOJAさんのアイデアを・・・」という熱い思いで6月にラブコール。その思いに賛同したMs.OOJAの「北海道食材にこだわった、甘くないオトナのスイーツ」というコンセプトのもと試行錯誤を重ね、ビター感を生かした黒いスポンジの、真っ白なチーズケーキが誕生した。 また「パッケージはインパクトのある彩色に」 というアイデアでMs.OOJAが大好きな豹柄のデザインが施された。


写真(左):差し入れていただいた「フロマージュ・デュ・レオパール」と、写真(右):美味しく試食するMTVスタッフ

 実際にMTVスタッフもテイスティングさせて頂いたのだが、甘すぎず、舌ざわりもなめらかで、とっても美味でありました。このMs.OOJAのインスピレーションと北海道のおいしさが盛り込まれた“甘くない大人の、黒いチーズケーキ”「フロマージュ・デュ・レオパール」は 梅屋楽天WEBショップなどで大好評販売中なので、是非チェックしてみて欲しい。
 

ARTIST PROFILE: Ms.OOJA (ミス オオジャ)
2011年1stシングル「It‘s OK 」でユニバーサル シグマよりメジャーデビュー。その後も5thシングル「Be...」やラブソングカバーアルバム『WOMAN –Love Song Covers-』、3rdアルバム『FAITH』など、チャートでも上位を賑わしている。その優しく包み込む様な奥行きと深みのあるシルキーボイスで聴く者を魅了、温もりと力強さを合わせ持つ繊細かつパワフルなライヴパフォーマンスにも評価が集まる。そしてこの11月6日にラブソングカバーアルバム の第2弾『MAN –Love Song Covers 2-』をリリースする。
>> Ms.OOJAオフィシャルサイト

◆関連リンク
>>梅屋楽天WEBショップ
>>秦 基博、平井 大、さかいゆう のライブパフォーマンス記事
  
Live Report:Takahiro Oyama
Live Photo: Takahiro Yamaguchi
MTV JAPAN

11:00

Jane Birkin sings Serge Gainsbourg “VIA JAPAN”

2011-12-05
(C)Shoichi Kajino

3月11日の東日本大震災直後の来日で行った震災復興支援コンサートに初めて参加したミュージシャンと共に、現在北米9都市にて震災復興支援の意を込めて「VIA JAPAN」と名付けられたツアーを敢行中のジェーン・バーキン。先日お知らせしたここ日本での「一夜限りの特別公演」が11月25日、東京国際フォーラムにて開催された。

この日の演奏曲は、そのほとんどがセルジュ・ゲンズブールの作詞・作曲であり、ゲンズブールとジェーンの蜜月・黄金時代を愛するファンにとってはたまらない選曲となった。ピアノ、バイオリン、トロンボーン、ドラムスとバンドメンバーは全て日本人で編成されており、中島ノブユキがバンマスを務めた。それぞれが国内外で幅広く活躍する名だたるミュージシャンである。ピアノ、弦、管、打楽器のシンプルなバンド編成ながら編曲はジャズ、クラシックなど多彩な雰囲気も感じさせられ、より一層ジェーン・バーキンのシャンソンを引き立たせた。

そして今も昔もファッション・アイコンとして数々のファッション誌で取り上げられる気になるジェーンのこの日の衣装は、胸元が大きく開けた白のロングスリーブのシャツに黒のパンツ、スニーカー。シンプルないでたちが、スタイリッシュで上品な彼女のセンスをいっそう際立たせていた。


(C)Shoichi Kajino

6曲目の「いつわりの恋」は、「ゲンズブールが私に最後に送った曲」とジェーンのMC。曲調に加えてジェーンの高いビブラートは繊細そのもの、まっすぐたたずみこの曲を歌う姿は、ゲンズブールを想うジェーンの心情がひしひしと伝わるかのよう。
レンジの広いこの歌をしっとりと歌い上げる様子は、フレンチ・ポップ・アイドルでも女優でもない、本物の歌手としての実力を実感させられるものだった。

8曲目は、映画「ジュテーム・モワ・ノン・プリュ」のサントラにも収録されており、誰もが一度は耳にした事のあるかの名曲「ジョニー・ジェーンのバラード」。
アート界、ジャズ界、映画音楽で著名な中島ノブユキのリズミカルで耳に心地よいピアノのメロディ。見入ってリズムを取る観客たち。踊り出す人はいなくても、会場のテンションが一気に高揚するのを感じた。


(C)Shoichi Kajino


(C)Shoichi Kajino

この日のライブは、時に悲しげに、切なく、またアップテンポの曲ではステージ狭しと軽快に走り、バンドメンバーたちと掛け合うチャーミングな姿、実にジェーン の多様な表情を見ることができた。その曲ごとに全く異なる表現で聴かせてくれるステージは、エンターテイナーとして、そしてその一曲一曲に込める思いを素直に表現する素の ジェーンを感じさせてくれた。
また、MCごとにバンドメンバーや今回のプロジェクトメンバーたちを讃えるコメントに加え、ステージから降り通路だけでなく客席の中まで歩み入りファン に大サービス! たくさんの花束を受け取り、一人一人の手にキスとお礼の言葉を返す姿は、本当に温かい彼女の人柄をうかがわせた。

ラストの1曲、「シック」が終わると中島ノブユキをはじめとするメンバーと共にステージ前方で深々と何度もお辞儀。1階席のみならず、2階席より上もスタンディング・オーベーション。なりやまない拍手に応え、アンコール曲を2曲披露しこの日の演奏は終了。
素晴らしい歌と演奏、ジェーン・バーキンという人柄に触れられる贅沢な夜だった。

現在敢行中のツアー「Jane Birkin sings Serge Gainsbourg “VIA JAPAN”」の開催日程、詳細はオフィシャルサイトより。

00:00

Taylor Swift“Speak Now”-Release Party

2010-11-25






















MTVでもお馴染みのテイラー・スウィフトがプロモーション来日。
2010年11月18日(木)に東京・新木場のSTUDIO COASTで、サード・アルバム『スピーク・ナウ』のリリース・パーティを開催した。

今回会場に招かれたのは、アルバム購入者の中から抽選で選ばれた、幸運なファン1300名。パーティは、第1部のライブパフォーマンスタイムと、第2部のトークタイムに分けて行われた。

【第1部:Live Performance Time】

来日公演よりも比較的近くで生テイラーに会える期待からか、静まり返っていた開演前の場内。

開演時刻、キラキラの白いゴージャスワンピに、黒のレザーブーツ姿で登場したテイラーに、会場は一気にヒートアップ!! まずは、テイラーお馴染みのナンバー「You Belong With Me」を披露し、彼女が持つ温かくて柔らかい雰囲気と一緒に、透き通る歌声が心地よく響き渡った。

「ダイスキ、トウキョウ!! モリアガッテル?」など、曲の合間に入るテイラーの流暢な日本語がとってもキュートで印象的。日本のファンの為に、一生懸命日本語を覚えてきた感が前面に出ていて好印象だった。

最新アルバムからのリード曲を含む合計4曲を歌い上げると、開演前の静けさが嘘のように、鳴り止まないハンドクラップと歓声に会場は包まれた。





【第2部:Talk Time with Fans】


お次は、1300名の中からさらに抽選で選ばれたファン代表3名による質問タイム。
それぞれ思い思いの質問をテイラーにぶつけ、会場を大いに沸かせた。

そのうち、生テイラーに感動して、ステージ上で号泣してしまった代表者の一人は、

『質問するためにステージに上がって、テイラーが出て来たときは、なにがなんだかよく分かりませんでした!近くで見ると顔も小さくて、スタイルも良くて、良い匂いがしました!笑  2回もハグしてもらえて、アメリカのファンでもなかなか経験出来ないようなことが、経験出来てホントに幸せで、今でもまだ信じられないです!このことは一生の思い出で自慢です!』 と語る。

テイラーのニュー・アルバム『スピーク・ナウ』は、この2年間で自身が感じたことを曲にしたそう。“曲を通して、私の人生とリスナーの人生の共通点を発見してもらって、そうゆう部分で繋がっていたいな”と、日本のファンに向けてメッセージを送った。

テイラーは来年2月に再び来日予定♪ 大阪と東京での公演が決定しているので、ファンの皆さんはお見逃しなく!

セットリスト
1.You Belong With Me
2.BACK To December
3.Love Story
4.Mine

テイラー・スウィフト『スピーク・ナウ』NOW ON SALE!!

【通常盤】UICO-1200 ¥2,200(Tax Incl.)
【デラックス盤】CD2枚組 UICO-1201,2 ¥2,700(Tax Incl.)
オフィシャル・サイト

00:00

WISE初ワンマンライブ開催!?

2009-09-10

2009年8月20日渋谷club asiaにてWISE初ワンマンライブが行われた。
夏休みということ、開演時間が夜の早い時間帯だったということから学生のお客さんも多く、チケットはSOLD OUT、
400人以上のパーティーピープルが終結し、幅広いファン層に支持されているWISEの人気を感じさせた。

1曲目「Shine like a star」で本人が登場すると会場は一気にヒートアップ!全員が右手を振りかざし会場が一体に。「Love quest」の後はバンドが登場し、Hip Hop調の曲から一転「太陽の子供」「Play that song」などWISEのしっとりとした歌声が会場を魅了した。

その後、MCをはさみ後半戦は会場をますます盛り上げるべく「ふりむかないで feat. Hiromi 」「会えなくても feat. 西野カナ」「Big city of Dreams feat. TARO SOUL」ではフューチャリング・ゲストが続々登場。
豪華なコラボレーションを披露し、歌う人あり、踊る人あり、で各々ライブを楽しんで本編を終了。

盛大なアンコールの後、披露されたのは最近亡くなったスタッフのお子さんを追悼する意を込めて歌われたという、
「Thinking of you」で、会場は一転セツナモードに。泣いているお客さんも見られ、生きることの意義、友情、愛情の大切さを考えさせられる場面だった。最後は、ビークルとのコラボ曲「Into the sky」で大盛況の中、幕をおろした。

WISE初ワンマンライブはゲストの華やかさの中にもアットホームな雰囲気が漂う素晴らしいライブだった。
次回のライブも今から待ち遠しい・・・・・

--SET LIST--
Shine like a star
前へ
Good music feat. MC LEO
(DJ MASS Scratch Play)
Love quest
太陽の子供
Play that song
ふりむかないで feat. Hiromi
..in your happiness
Mirror
Best friends girl
会えなくても feat. 西野カナ
Can't Stop
Free
Big city of Dreams feat. TARO SOUL
Alive
火の鳥
--アンコール--
Thinking of  you
Into the sky


【INFO】
2ndソロアルバム『LOVE QUEST』 ON SALE
WISE - Universal Music Official Site

00:00

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    取材の裏話や最新の音楽・映画情報のほか、ここでしか読めない独自の企画も展開☆ほぼ毎日更新です
  • ライタープロフィール
    音楽はもちろん、楽しいことや面白いことが大好きなスタッフから構成されるMTVブロガーです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS