MTV BLOG

SOUL CAMP 2016 LINE UP COLUMN #1 MACKLEMORE & RYAN LEWIS

2016-08-31


 マックルモア&ライアン・ルイスほど誠実で信頼に足るヒップホップ・アーティストもなかなかいないんじゃないか、と思っている。2013年、共に全米チャートを制した「Thrift Shop」と「Can't Hold Us」で派手にブレイクした彼らは色眼鏡で見られることも多いかもしれないが、このふたりはデビュー以来いつだって真摯にヒップホップと向き合ってきた。

 まず改めて確認しておきたいのは、マックルモア&ライアン・ルイスは本格デビュー前からシーンに太鼓判を押された歴とした実力派であり、ある意味売れるべくして売れたブライテストホープであった、ということ。フリースタイル・フェロウシップやライムセイヤーズからの強い影響下にあるマックルモアが『The Language Of My World』(2005年)や『The Umplanned Mixtape』(2009年)といった作品を経て、XXL誌恒例の注目新人ピックアップ企画「2012 Freshman Class」に選出されているのは意外と見過ごされがちな事実だろう(「2012 Freshman Class」はマックルモアの他、フューチャー、フレンチ・モンタナ、キッド・インク、ダニー・ブラウン、イギー・アゼリアらが選ばれた当たり年だった)。

 そんな流れを受けてつくられたマックルモア&ライアン・ルイスのデビュー・アルバム『THE HEIST』(2012年)は、「Thrift Shop」と「Can't Hold Us」の二大ヒットの陰に隠れて見えにくくなっているが、非常にメッセージ性の強いコンシャスなヒップホップ・アルバムであった。

 もちろんその象徴になるのは、マックルモアが彼の地元ワシントン州での同性婚法成立にインスパイアされてつくった「Same Love」だ。男性優位主義が根強いヒップホップ・コミュニティで同性愛を支持することは相当にリスキーな試みではあったが、それを顧みずに「ヒップホップは抑圧から生まれた文化なはずなのに、俺たちは同性愛者を受け入れようとしない。みんなは相手を罵倒するときに〈ホモ野郎〉なんて言うけれど、ヒップホップの世界ではそんな最低な言葉を使っても誰も気に留めやしない」と言ってのけたマックルモアの勇気と覚悟はもっと賞賛されてしかるべきだろう。

 そのほか『THE HEIST』で聴ける「White Privilege」や「A Wake」といった楽曲、そして「Thrift Shop」の〈That people like Damn! That's a cold ass honkey〉などのラインからは、マックルモアが〈白人がラップすること〉について常に深慮し苦悩してきた痕跡がうかがえるが、その極めつけといえるのが最新作『This Unruly Mess I've Made』(2016年)収録の「White Privilege II」になる。ここで近年のアメリカで再び顕在化してきた黒人差別問題を取り上げて「俺たちはブラック・カルチャーから欲しいものすべてを手に入れたが、はたして黒人の命のために立ち上がることはできるだろうか?」と自問自答するマックルモアの葛藤は、太平洋を隔てた日本で彼の地のヒップホップに憧憬を抱いてきた我々にも痛いほど理解できるだろう。

 そういえば『This Unruly Mess I've Made』の先行シングルは、メリー・メルやクール・モー・ディー、グランドマスター・カズといったオールド・スクールのレジェンドをゲストに迎えた「Downtown」であった。『THE HEIST』の世界的な大成功を受けてリリースする新作の最初の一手で、自らのルーツを確認するかのようにあえて偉大な先達に敬意を払ったマックルモア&ライアン・ルイス。彼らのアティテュードから学ぶべきことは、きっとたくさんある。



Text by 高橋芳朗:1969年生まれ。東京都港区出身。

タワーレコード発行のフリーペーパー『bounce』~ヒップホップ/R&B専門誌『blast』の編集を経て、2002年からフリーの音楽ジャーナリストに。エミネム、ブラック・アイド・ピース、カニエ・ウェスト、ビースティ・ボーイズらのオフィシャル取材の傍ら、マイケル・ジャクソン、レディー・ガガ、『FREE SOUL』シリーズなどライナーノーツも多数執筆。共著に『ブラスト公論 誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない』や 『R&B馬鹿リリック大行進~本当はウットリできない海外R&B歌詞の世界~ 』など。

2011年からは活動の場をラジオに広げ、『高橋芳朗 HAPPY SAD』『高橋芳朗 星影JUKEBOX』『ザ・トップ5』(すべてTBSラジオ)などでパーソナリティーを担当。現在はTBSラジオの昼ワイド『ジェーン・スー 生活は踊る』の選曲を手掛けている。

MTV presents SOUL CAMP 2016

日時:2016年9月18日(日) 12:00 OPEN/13:00 START (20:00 END予定)
会場:横浜赤レンガ野外特設ステージ
主催・企画制作:SOUL CAMP実行委員会
オフィシャルメディア:MTV JAPAN
お問合せ:CREATIVEMAN 03-3499-6669
オフィシャルサイト:http://soul-camp.jp/



20:00

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    取材の裏話や最新の音楽・映画情報のほか、ここでしか読めない独自の企画も展開☆ほぼ毎日更新です
  • ライタープロフィール
    音楽はもちろん、楽しいことや面白いことが大好きなスタッフから構成されるMTVブロガーです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS