MTV BLOG

MTV81 Presents J-Culture in the Frame at the 26th TOKYO International Film Festival

2013-10-30
10月18日(金)秋も深まりつつある東京・六本木ヒルズアリーナ。東京国際映画祭の期間中にジャパンカルチャーを世界に発信するプロジェクト「MTV 81」が開催するトーク&ライブイベント『MTV81 Presents J-Culture in the Frame at the 26th TOKYO International Film Festival』が開催された。


原田優輝(左) 河森正治(中央) 川田十夢(右)

 イベント前半、トークショーの進行に編集者の原田優輝と、『超時空要塞マクロス』などを手がけてきた河森正治、そしてAR(拡張現実)の第一人者 AR三兄弟の長男 川田十夢(かわだとむ)の3名が登壇しトークショーが行われた。各々才能豊かなイノベーターらしいトークが展開され “脳内のクリエイティブの範疇” “作品のリアリティーと現実世界のリアリティー” “作品と音楽の関係性” “古代、土偶はメディアの役目を果たしていた” “人それぞれ見ている現実は異なる” などディープなメンバーによる、ディープなトークは聞きどころ満載の内容で、来場者も熱心に聞き入っていた。
 
 今回のトークの進行役 原田からトークショーを一通り終えた感想を聞かれ、河森「自制したつもりで飛ばしすぎてしまったかもしれません(トークの内容が濃厚すぎて)でもとっても楽しかったです。」川田「これが、学校の就学旅行だったら朝まで語り合ってしまいますね。普段からよく、いろんな人と話しをするんですが、だいたい(内容が天才すぎて)良く解らないと言われるんですが(笑)、今日はもの凄く河森さんと通じ合えた気がします。」と感想を語ってくれた。


ベイビーレイズ

 そしてMTV VJ JOANNの掛け声で始まった、後半はライブステージ! まずステージに登場したのは、ベイビーレイズの5人。黒基調のコスチュームで「暦の上ではディセンバー」など全4曲をパフォーンマンス。オーディエンスのからの暖かい声援とレスポンスを追い風に、秋を感じさせる空気の中、汗を輝かせた歌とダンスで、完全に会場をのっとってくれた。


きただにひろし

  続いて全身ブラック系の衣装でクールに登場した きただにひろし が「WE ARE」や「WE GO」を披露。こぶしを高く、オーディエンスも熱い声援で呼応した。そしてそのテンションと勢いを引き継いだ景山ヒロノブがステージ上に登場。ハスキーかつハイトーン、高いエネルギーと熱量で「WE GOTTA POWER」をパフォーマンス。そして きただにひろし が再びステージ上に合流し「CHA-LA HEAD-CHA-LA」をツイン・カム・ツイン・ボーカルにて披露。オーディエンスの一体感も最高潮にイベントはオーラスとなった。


景山ヒロノブ

 パフォーマンスを終えてMTV VJ JOANNからの質問に対して、国内のみならず世界各国でのジャパンカルチャーの盛り上がりを背景に、景山「呼んで頂ければ世界中どこでも行ってパフォーマンスしたいですね」と、シーンの世界中の盛り上がりを意識した第一人者らしい言葉がとても印象的だった。


景山ヒロノブ と きただにひろし

 この日は同時にこのトーク&ライブの模様は、東京国際映画祭のGyaO!オフィシャルページにて日本国内に向けにライブストリーミングされた他、 MTV81にて国外に向けてライブストリーミングされ、会場のオーディエンスのみならず、ネットを通じて多くの視聴者にリアルタイムに届けられた。

Photo :Alexis Wuillaume

◆関連オフィシャルリンク◆
影山ヒロノブ
きただにひろし
ベイビーレイズ
東京国際映画際2013
MTV 81 -  WEB SITE
MTV 81 - ON AIR情報

14:25

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    取材の裏話や最新の音楽・映画情報のほか、ここでしか読めない独自の企画も展開☆ほぼ毎日更新です
  • ライタープロフィール
    音楽はもちろん、楽しいことや面白いことが大好きなスタッフから構成されるMTVブロガーです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS