MTV BLOG

The Rapture ジャパン・ツアー最終公演をレポート!

2012-03-01

2012年2月29日 @渋谷 duo music exchange

2/29(水)、ザ・ラプチャーのジャパン・ツアー最終公演が渋谷duo music exchangeにて開催された。27日(月)の大阪公演、そして前日はTHE TELEPHONESを招いての東京初日公演を大盛況に終わらせた彼ら、この日もそのパワフルで熱気漂うライヴは衰えていなかった。サポート・ベーシストを1名入れた4人編成で、昨年9月に発売された5年ぶりのニュー・アルバム『In The Grave Of Your Love』からの楽曲を中心に、約1時間半に渡って会場を熱くした。マルチプレイヤーのゲイブはキーボード、サックス、パーカッション、カウベルなどを持ち替えて、ヴォーカルのルークは、その独特で中毒性のある歌声で、そしてドラマーのヴィトは淡々とビートを刻みながら、終始観客たちを踊らずにはいられなくさせた。「W.A.Y.U.H」「Sail Away」「How Deep Is Your Love」で一段と会場を沸かせ、アンコールでは予定になかった「No Sex For Ben」までも披露し、大盛り上がりのステージは幕を閉じた。この日は東京都内でも積雪するなど、格段と冷たい空気に覆われていたが、そのパフォーマンスで観た者の心も体も熱くしてくれたザ・ラプチャー。次なる来日公演が、早くも待ち遠しい!

 
photo:Chieko Kato

 THE RAPTURE
ニューヨーク出身のダンス・パンク・バンド。 1998年に結成され、彼らのファースト・シングル“House of Jealous Lovers”は ロックとダンス・ミュージックとを融合し音楽界に革命的変化をもたらした。 4作目のアルバムはLCD SoundsystemのJames Murphyが立ち上げたレーベルDFA Recordsから発表。 CassiusやMotorbassとして活躍しThe PhoenixのWolfgang Amadeus Phoenix等数々の 作品を手がけたことでも有名なPhilippe Zdarがプロデューサーを務めた。


アルバム:
『In The Grace Of Your Love』
発売日:2011/9/7
品番:UICO-1214

http://therapturemusic.com/music

00:00

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    取材の裏話や最新の音楽・映画情報のほか、ここでしか読めない独自の企画も展開☆ほぼ毎日更新です
  • ライタープロフィール
    音楽はもちろん、楽しいことや面白いことが大好きなスタッフから構成されるMTVブロガーです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS