MTV BLOG

MTV VIBRATIONS 09 速報レポート『Palm Tree Stage』

2009-08-13



真夏の日差しのなか、MTV VIBRATIONS 09 無事終了しました。
多くの方にご来場いただき、本当にありがとうございました。特設ページでは、今後、アーティストの動画や写真を続々公開していく予定です。

どうぞお楽しみに!!




RIP SLYME。客席の人口密度がぐっとアップして、陽が沈んだのにまた日中のような蒸し暑さ。期待感がぐんと高まった状態でライブを スタートし、のっけから「Good Day(Remix)」「GALAXY」と畳み掛けて一気にレッドゾーンに持っていくのはさすが。夕方なのに全員がサングラス姿だったのは、「水着の女の 子がいっぱいいて目のやり場に困ります」とのこと。後半には予想通り「HOTTER THAN JULY」「楽園ベイベー」「熱帯夜」といった夏向きのナンバーを連発して、パーティーをいい形で締めてくれました。


屋根のない会場でのシンクロ率が非常に高いSPECIAL OTHERSは、この日も抜群のパフォーマンスを披露。ボトムヘビーなリズム隊と浮遊感たっぷりのフェンダー・ローズ&ギターの絡みが、究極の高みに連れて行ってくれるかのような高揚感をもたらした。ドラムの宮原が「ここは天国……でしたっけ?」と語っていたのも納得。


Salyuは 強い日差しが傾き始めた時間にぴったりマッチしたアコースティックセットで登場。朗々と伸びる透明感のある声が、チルな空気感をもたらしてくれた。「ライ ブ前には逗子にあるおばあちゃんの家に遊びに行ってきました」とMCで語っていたが、Salyu自身もステージを含めこの1日をゆったりと楽しんでいたよ うだった。


隣町の鎌倉出身だけにテンションも高めだったHAN-KUN。 まだまだ暑い時間帯が続くが、「一番暑い時間に一番暑い男を用意するなんてMTVもやるね!」とMCしていいたようにまったく疲れ知らず。湘南乃風で見せ る顔とはまた一味違うマシンガンのように連射しまくるトースティングは圧倒的。しかし会場もしっかりタオルをぶん回して応えていた。


ケリー・ヒルソンは 1DJ+2ダンサーを従えてのステージ。まずはDJがアッパーなプレイでフロアを暖めた状態でケリーたちが登場。ソングライターとしても定評のある彼女ら しく、オリエンタルなメロディーの「Get Up Your Money」やメロウな「Knock You Down」など、バラエティに富んだ楽曲を披露。途中で上着を脱いでビキニトップ姿になる一幕も。最後には「Thank You So Much Japan!」とオーディエンスに感謝の意を表していた。


1日で最も暑い時間帯にステージに立ったCrystal Kayは、 白一色の夏らしい衣装。セットはポップなナンバー「恋におちたら」「After Love -FirstBoyfriend-」からスタート。MCでは「朝起きたら曇っていてどうなるかと思ったけどしっかり暑い! でもみんなに会いたかった!」と語り、中盤からはダンサーもフィーチャー。短いながらもショウアップしたステージを見せてくれた。



Palm Tree Stageのオープニングに登場したSpontaniaは、 登場するなりフロアを煽りまくり。会場中がタオルを振り回す盛り上がりとなり、ストリート叩き上げのパーティーロッカーぶりを見せつけてくれた。中盤には MassattackのスクラッチとTarantulaのフリースタイルも披露。最新シングルナンバー「夏夢」では、スペシャルゲストとしてSOTTE BOSSEのCanaをフィーチャー。夏フェスらしい爽やかな雰囲気に会場を染めた。


Text: Hidetoshi Tatsumi

00:30

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    取材の裏話や最新の音楽・映画情報のほか、ここでしか読めない独自の企画も展開☆ほぼ毎日更新です
  • ライタープロフィール
    音楽はもちろん、楽しいことや面白いことが大好きなスタッフから構成されるMTVブロガーです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS