MTV BLOG

endless summer MADNESS

2009-07-14

ene+Slowhand Relation Presents
"endless summer MADNESS"


2009.08.13(THU)
OPEN/START 12:00 / CLOSE 20:00
@CABANON '09(由比ケ浜海岸)
http://www.cabanon.co.jp/

ADV:¥2,000 DOOR : ¥2,500 with FLYER:¥2,000
(各ドリンク代別)
※特典付き特別チケット有り(詳細は下記)

■DJ
DJ QUIETSTORM(中目黒薬局)
DJ KENT(FORCE OF NATURE)
CHIDA(ene)
peechboy(SWC)
Fran-key(Crue-L)
P-RUFF

■LIVE
Traks Boys(SWC/DK SOUND)
Pepe California
BE THE VOICE
LUVRAW & BTB+Mr.MELODY(PPP)

http://www.slowhand-r.com
http://www.ene-tokyo.com


■プレイガイド
チケットぴあ:0570‐02‐9999(P CODE:Pコード:331-272)


ローソンチケット:0570‐084‐003(L CODE:Lコード:74217)

イープラス:http://eplus.jp

■特典付き特別チケットについて
下記方法にて購入の方にはendless summer MADNESS特製MIX CDをプレゼント致します。
特典スペシャルMIX CD : Mix by peechboy / CHIDA(どちらか1枚)

<特典付チケット購入方法>
1. info@slowhand-r.com までメールをお送りください。その際、タイトルに「8/13イベントチケット購入」の旨を記入し,名前/希望購入枚数/住所を本文に記載してください。

2. 主催者より支払い、発送等の方法を記載したメールをご返信致します。文章に従ってお支払い、チケットの受け取りを行って下さい。

09:00

スタイリストの卵がVJ浦浜アリサをスタイリング! 第二週目はこんなコーディネート!

2009-07-12

最新の新譜情報や注目のアーティスト特集、更に海外セレブの動向がわかるゴシップ情報クリスピーNEWSなどをお届けする「MTV Catch Up(MTVケチャップ)」。7月からは番組VJ浦浜アリサのスタイリングをスタイリスト志望の在校生が週代わりで手がけます!


二週目となる今回の担当スタイリストは山田悠子さん(バンタンデザイン研究所ファッション学部スタイリスト学科)。
撮影隊の後ろで収録の様子を見守ります。


そしてカットの合間にはスタイリングの手直し!!


撮影スタッフもすっかり溶け込んで楽しい撮影となりました。
全身写真やスタイリングのポイントなどはMTV Catch Upページにてご確認ください!!

>>MTV Catch Up番組情報



http://www.vantan.com/

01:00

成長を遂げたavengers in sci-fiが強烈な2アクトと自主イベントを開催!

2009-07-10

『SCIENCE ACTION』
avengers in sci-fi / group_inou / Riddim Saunter
2009.07.03 @ SHIBUYA CLUB QUATTRO


独占ライブ映像を配信したavengers in sci-fi。が自主イベント「SCIENCE ACTION」を渋谷クラブクアトロにて開催。
ラモーンズスタイルのファスト&ポップなパンク、そしてポリシックスとも共振するニューウェイブの雰囲気を併せ持った彼らはもちろんのこと、共演2アクトのパフォーマンスもとにかく強烈で、計3時間という決して短くない時間をとても濃密なものとしていた。

まずはRiddim Saunterがトップバッター。
トランペットとフルートがいるせいか、バンドでありながらも「楽隊」感漂う彼ら、聴いていると気持ちが軽くなるような陽性のメロディーと、雰囲気以上のものを持った演奏とソングライティングが、トップバッターながらもいきなりグっとさせられます。英国のNoah & The Whaleとも通じる牧歌性もナイス。

続いて登場したのはヒップホップ meets アンダーワールド?な二人ユニット、group_inou。
ナードなルックスの男2人組みがステージ上でラップとダンスミュージックを繰り広げたかと思えば、
MCではユルユルトーク(例:次曲準備中のときの沈黙に「…いや、皆さん自由にお話してていいですよ」)を繰り広げるなど、一筋縄でいかない存在感でした。

そしてトリを飾ったのはもちろんavengers in sci-fi。
ASIAN KUNG-FU GENERATIONの全国ツアーサポートや、アルバム発売後ツアー、初のワンマンライブなどを経たおかげか、以前観たときよりもはるかに堂々としたパフォーマンスを見せてくれました。
同じ楽曲を演奏していても、以前よりもバンドとしてのベクトルが一方向に集約されている印象。

そして「レコ発でもないのに皆さん集まっていただきありがとうございます。本当に音楽を続けていて良かったと思います」と満員のオーディエンスに語りかけるその晴れ晴れとした表情から、彼らが上昇気流の真っ只中にいることを確信。
これからのavengers in sci-fiは以前にも増して要注目の存在です。


17:00

カサビアンと会える!バックステージに2組4名様ご招待。

2009-07-09



★MTVだけの特別企画★
8/5(水)に渋谷AXで行われる、KASABIAN単独公演のバックステージへ合計2組4名様をご招待。
今年のサマソニへの参戦も決定している彼らに、直接会える貴重なチャンス!

★ダブル・チャンスで更に嬉しい★
惜しくも当選を逃しても、抽選でカサビアン・オリジナルタオルが5名様に当たる、嬉しいダブル・チャンス付き!
(下記、タオルの画像はイメージです。実際のものと異なる場合があります。)


カサビアン・フリークの皆さま、どしどしご応募ください!

【応募条件】
KASABIAN(カサビアン)単独公演のバックステージご招待に応募できる条件は、4つ!

①『カサビアン』が大好きな方
② 単独公演(8/5@渋谷AX)のチケットをお持ちの方
③ 最新アルバム『ルナティック・アサイラム(狂気の病院)』にちなんで、医者または看護婦のコスプレを当日して来てくれる方。
※コスプレの定義は人それぞれ。個人の解釈にお任せ=自由にコスプレを楽しんでください。
※今回の公演自体に、アルバムのタイトルにちなんだ「医者」というドレスコードがございます。
④ 当日の模様はカメラで収録しますので、当選された方はカメラに映る可能性がございます。ご了承ください。


上記の条件を満たす方は1組2名で応募♪

 
【応募概要】
応募期間:7/8(水)~7/20(月・祝) 23:59
募集人数:2組4名様
当選発表:7/21(火)以降
実施日:8/5(水)
場所:渋谷AX

【注意事項】
※チケット代および交通費は自己負担となりますのでご了承ください。
※チケット購入者限定のご招待となりますので、予めご了承の上ご応募ください。
※当選発表はMTVからの連絡を持ってかえさせていただきます。
※当選者様にはMTV担当者より直接お電話もしくはメールをさせて頂きますので、
日中もご連絡可能な電話番号(携帯番号)もご入力ください。
※当日はMTVのカメラが収録に入り、収録および撮影された内容はMTVのオンエア、MTVのWebサイト、MTVの携帯サイトなどで使用される可能性があります。ご了承の上、ご応募ください。

沢山のご応募有り難うございました。
応募受付期間は終了いたしました。

(※ご応募の際にはCLUB MTVの会員登録が必要となります。)

KASABIAN 公式HP ドレスコードの発令など、インフォメーションをチェック!!

KASABIANの単独ライブ&ファンとの対面@渋谷AXのレポートをお届け 

12:00

Arctic Monkeysの新作『HUMBUG』をひと足早く聴きました!

2009-07-08

史上最年少でのサマーソニックのヘッドライナー抜擢など、ここ日本での人気も高いUKバンド、Arctic Monkeys(アークティック・モンキーズ)。

数々の記録とともに鮮烈なデビューを飾った1st『Whatever People Say I Am, That's What I'm Not』、メンバーチェンジを経てそれまで誰も聴いたことの無いサウンドを作り上げた『Favourite Worst Nightmare』という2枚のクラシックをリリースしてきた彼らが、この夏、待望の3rdアルバムをリリースします。
プロデュースを務めるのはQueens Of The Stone Ageの中心人物ジョシュ・オム、そして前作に引き続いての起用となるSimian Mobile Discoのジェイムス・フォード。そしてレコーディングはイギリスを離れてモハーベ砂漠、LA、ブルックリンと、アメリカにて敢行されました。



…と、果たしてそれらの試みがどのようなサウンドを作り上げているのか、アルバム先行試聴会にてチェックしてきました!! 当日のメモをもとに各楽曲の印象をざっと並べてみます。

1.「My Propeller」
BPM遅め、夜の砂漠のような暗く冷えた曲調。
深いリバーブがかけられたボーカルと左チャンネルのギターが楽曲をリードしている。

2.「Crying Lightning」
本国ではすでにダウンロード・リリースされている先行シングル。
歪んだベース、ささやくボーカルが印象的。1曲目に引き続き不穏な空気感。
QOTSA風の音色が炸裂するギターソロがかっこいい。
その後のマーチングバンド風スネアロールが不気味。

3.「Dangerous Animals」
ギターとベースがユニゾンで奏でるリフが全体を引っ張る、ハネ気味のハードな曲。
時折挿入されるテンポ感の狂うドラムフィルが斬新。
楽曲終盤でリフとサビが出会うアレンジが盛り上がる。

4.「Secret Door」
泣きの単音ギター、アコースティックギターのバッキング。そしてローファイ加工されたボーカルでイントロ。
その後ドラムとともに本編スタート。どこかしら歌謡曲風の哀愁あるギターフレーズが耳に引っかかる。
アレックスお得意の早口ボーカルも聴ける、メロディックな楽曲。
ダークな楽曲が続く中でのある種の清涼剤。

5.「Potion Approaching」
BLEACH期のニルヴァーナを思わせるリフが不気味にキャッチー。
歪んだアレックスのボーカルとディープなコーラスハーモニーの組み合わせも新しい。

6.「Fire And The Thud」

今作の中では比較的古くから知られている楽曲。
シェーカーと爪弾かれるギターと多重コーラス。アーシーな楽曲。

7.「Cornerstone」
ガールズポップを思わせる甘いメロディー+トレモロギター。

8.「Dance Little Liar」
スプリングリバーブ、タム連打。
気だるいボーカル。Outroかっこいい。エフェクティブなギター。

9.「Pretty Visitors」
全曲中で最もアッパー。オルガンが炸裂。
ブラックサバス風展開が飛び出したかと思えば、途中でスラッシュメタルっぽくなったりと、めまぐるしい展開が面白い。

10.「The Jeweller's Hands」

ヒップホップ風ドラム、ピアノ、鉄琴。

途中、単なるメモ状態になってしまっていますが、
決して「普通」の音楽ではないですし、一度だけのリスニングで得られる情報はこれくらいのものかと…。

大雑把にまとめると、
『Humbug』は1stではなく2ndの延長上の作品で、音色は太く、BPMは遅く、ダンス要素は抑え目に、という感じ。
前作よりも起伏を抑えていて、全体的に淡々と進む印象ですが、1曲に1度は驚きある点はさすがです。

しかしまあ、やっぱり腰を据えて(もしくは掃除でもしながら)何度も繰り返し聴いてみたい!!
メンバー写真のジャケットもなんだか所有欲をそそられますし、早く手元に欲しい一枚です。

(MTV Blogger : KT)



NEW ALBUM
『Humbug』
08.19 OUT!!
Domino / Hostess
HSE-10090

アークティック・モンキーズ公式サイト

18:00

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    取材の裏話や最新の音楽・映画情報のほか、ここでしか読めない独自の企画も展開☆ほぼ毎日更新です
  • ライタープロフィール
    音楽はもちろん、楽しいことや面白いことが大好きなスタッフから構成されるMTVブロガーです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS