MTV BLOG

VMAJ 09 動画続々追加 一部配信期間限定、見逃せない!!

2009-06-18
こんにちは、お米粒です。どよよんとした梅雨真っ只中ですが、あの輝きをもう一度ってわけでVMAJ09の動画を一気に20本追加!梅雨のうっとおしさも吹っ飛ばす豪華出演者の動画を見てテンションあげましょ会場に足を運んだのに、おうちでMTVが見られなーーーい!!なんて方も、当日のチケットをGETできなくてぐれかけたというあなたにも、あの感動をもう一度お届けです


 レッドカーペットショー 

Red Request - 伊藤由奈
※レッドカーペットショーの動画をまとめて見るにはこの動画をクリック!
自動再生されるのでまとめてCHECK!!



Red Request - w-inds.




Red Request - 黒木メイサ




Red Request - 坂詰美紗子




Red Request - SPECIAL OTHERS




レッドカーペットライブ - AAA "MUSIC!!!"




レッドカーペットライブ - METRO STATION "Shake It"




 ライブパフォーマンス 

Live Performance - GREEN DAY "Know Your Enemy"
※ライブパフォーマンスの動画をまとめて見るにはこの動画をクリック!
自動再生されるのでまとめてCHECK!!



Live Performance - BoA & SEAN GARRETT "I Did It For Love"




Live Performance - CIARA "Love Sex Magic"




Live Performance - 9mm Parabellum Bullet "Living Dying Message"



Live Performance - レミオロメン "Sakura"




Live Performance - BLACK EYED PEAS "Boom Boom Pow"




    アワード       

最優秀男性アーティスト賞 KREVA
※アワードの動画をまとめて見るにはこの動画をクリック!
自動再生されるのでまとめてCHECK!!


最優秀ロックビデオ賞 マキシマム ザ ホルモン



最優秀ヒップホップビデオ賞 TERIYAKI BOYZ®



最優秀レゲエビデオ賞 HAN-KUN



最優秀映画ビデオ賞 レミオロメン



最優秀コラボレーションビデオ賞 NELLY and FERGIE



最優秀カラオケソング賞 キマグレン




動画だけではなく、速報レポートも公開中!
http://www.mtvjapan.com/vmaj/

ではでは、次回まで、ごきげんよ~う!
(MTV BLOGGER : お米粒)

15:30

myMTV スポンジ・ボブ特集

2009-06-17
6月も下旬に突入し、東京も梅雨入りをしましたね
この時期を乗り越えれば夏がやってくるわけですが、
海とか楽しみですよね

そんな海の底で暮らすのがスポンジ・ボブ
myMTVではスポンジ・ボブ」の10周年を記念して、
第1回に引き続き2回目特集をしています


今回は動画として、1話を特別無料配信しています

お間抜けで可愛いスポンジ・ボブが堪能できちゃう

1話だけでは物足りないという方は、MTV FLUX

今回の「スポンジ・ボブ」の他、「ウサビッチ」や「ジャッカス」も配信中


今回ゲームも4つ登場しました
全部やってみましたが、意外と頭を使うのもあります
 
 
絵を上手く動かして完成させる「9パズルゲーム
振ってきたクラゲを捕まえてポイントを獲得する「クラゲキャッチ
1匹違うのを探せ!「間違い探し
スポンジ・ボブの周りのお花の色を覚えよう♪「記憶ゲーム


海を連想させるような水色と泡のスキン

もうすぐ夏ですし、いかがでしょうか


myMTVスポンジ・ボブ特集はこちらからアクセス

http://m.mymtv.jp/sp/sponge_bob/part2/special.php

16:00

アロハ・フロム☆ヘルの日本撮影ミュージックビデオついに公開!

2009-06-12

先日MTV NEWSでも取材をしたドイツのティーンエイジバンドALOHA FROM HELL(アロハ・フロム☆ヘル
彼女たちが日本で撮影したという噂のMV「キャン・ユー・ヒア・ミー・ボーイズ」がついに公開されました。

視聴はこちらから


この45秒だけでもライブハウスでの演奏シーンを中心に、
神社でおみくじを引いたり、路上で似顔絵を描いてもらったりしてる様子が見られます。
気になるビデオの全貌は是非MTVでのオンエアをチェックしてください!

MTV NEWSの収録風景もアロ☆ヘルのクルーが撮影していたのですが、その模様は使われているのでしょうか…!?

ALOHA FROM HELL公式サイト

11:00

世界的大評価のUSインディバンドDeerhunterがついに来日!!

2009-06-11

Atlas Sound / Deerhunter
2009.06.08 @O-WEST

まだ国内盤発売のないアーティストなので一般的な知名度は低いかもしれませんが、
USのオルタナティブバンドDeerhunter(ディアハンター)の来日公演へ行って来ました。

2008年世界的に最も評価の高かったアルバム「Microcastle」リリースにより、
国内でも熱心な音楽ファンの注目は高かったようで会場は超満員となっていました。
急遽決まったというボーカルBradford CoxのソロプロジェクトAtlas Soundのライブは20分ほどながら、
ディレイやリバーブのペダルを駆使した幽玄な音世界でオーディエンスをノイズと白昼夢の中に強制トリップ!

Deerhunterセッティング中には物販でツアー限定アイテムだという最新EP「Rainwater Cassette Exchange」のカセットテープ版を入手! 今、USを中心にカセットテープが来ているとか来ていないとか。。

そして肝心のDeerhunterのライブ、タイトなツアースケジュールの疲労がやや見える部分(Bradfordは難病持ちなのです)はありましたが、唯一無二の存在感でオルタナティブなシューゲイズサウンドと溶けてしまいそうな甘いメロディーで会場の空気を一変。
どこかしらアシッドフォークの流れも感じさせるサイケ感と、ライブでは三割増しとなる疾走するロック感で、中毒患者を続出させていました(もう一度観たい…)。

17:30

最終日もやるっきゃナイト! 代々木体育館が小さく感じた夜

2009-06-11
ポルノグラフィティ 10thライブサーキット「ロイヤルストレートフラッシュ」
2009.5.24@国立代々木競技場第一体育館

スタッフのRomyです
今年の9月でデビュー10周年を迎えるポルノグラフィティ
10周年という節目の年に10回目という記念すべき今回の全国ツアー、
3月・4月・そしてこの追加公演最終日と3回観てきました!

デビューしたばかりの彼らが某音楽番組に初登場したときの放送をたまたま見ていて、
「アポロ」が始まった瞬間に一気に引き込まれ、TV画面にクギ付けになったのが高2のとき。
歌詞も、曲も、歌声も、うまく言い表せないけどとにかく当時の私には衝撃的でした
(いまだに、ロケットが打ちあがるあのイントロを聴くだけでトリハダが立つほど)。
あれから10年が経ったんですね~。

追加公演4Daysの会場となったのは国立代々木競技場 第一体育館。
ここでポルノのライブが開催されるのは実に8年ぶりのこと。













私、8年前も観ていました これが当時のチケット
この公演が初のポルノライブだったんです。懐かしいなぁ。


この日は最終日だけあって、
「今日やらなくていつやるかっちゅう話。やるっきゃー?」(晴一) 「ナイトーーー!!」(会場)
「浮かれ気分でー?」(晴一) 「ロックンローーール!!」(会場)
とメンバーもお客さんも異様なまでのハイテンションもちろん、自分もだけど
1曲目の「今宵、月が見えずとも」から昭仁に合わせて一緒に歌っていたら、
開演から30分も経たないうちにすでに汗だく状態に。。。ええい、今日はお祭りだ! 関係ない!!

セットリストは、10周年ということもあり「ギフト」「メリッサ」「サウダージ」「Mugen」などの
シングル曲が中心。次から次へと曲が変わるたび、
“この曲がリリースされた頃はこんなことやってたなぁ”とか、“これは○○のときによく聴いてたなぁ”とか、
それぞれの思い出が蘇ってきました
入学、卒業、上京、成人式に就職、楽しいこととか大変だったこととか、この10年いろいろあったけど
そばには常にポルノの音楽があったんだと再確認。
「フゥフゥ」というファルセットのコールが楽しい「Century Lovers」
1人だと変だけど(失礼)、会場が一体となってヨコヨコタテタテする様子は圧巻の「ミュージック・アワー」
タオルをこれでもかー! とタイヤに化したつもりでブンブン振り回す「ハネウマライダー」など、
特に盛り上がる曲ももちろん網羅していましたよ

新曲と、カップリング曲の中で個人的にベスト5に入る「蝙蝠」も久々に聴けたし、
MCもいつもより多くて嬉しかったな。メドレーに入っていた「アポロ」、今日もやっぱりトリハダものだった!
本編ラストの「シスター」とアンコール1曲目の「ダイアリー 00/08/26」は、10年目を迎えてもなお、
初心を忘れないという彼らの決意表明がこもっているように聞こえてきて、思わず涙

その涙から一転、ラストの「ジレンマ」では、昭仁はステージを右に左に所狭しと走り回り、
バイオリンのNAOTOはブリッジしながら弾き(ライブ名物!)、
ベースの根岸さんと晴一は弾きながら遊び、会場はジャンプジャンプの跳ねまくり。。。
もう、みんないい意味で崩壊
この曲の最後に昭仁がいつも言ってくれる「胸をはってけー! 自信持っていけー!」っていう
一言がすごい励みになるんですこの一言が聞きたいからライブに参戦する、というのもあるかも。
自分にとってポルノのライブは、さんざんアホになって楽しんで、パワーをチャージする場だと思ってますから

「8年前は会場の規模に負けて悔しかったけど、今回は代々木体育館が小さく見えた! ありがとう!!」
と昭仁が話していたけど、11月の東京ドーム公演でも小さく感じられるくらい、またアホになりに行くからね~



……その前に、まずは頑張ってチケット取らなきゃ~


11:00

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    取材の裏話や最新の音楽・映画情報のほか、ここでしか読めない独自の企画も展開☆ほぼ毎日更新です
  • ライタープロフィール
    音楽はもちろん、楽しいことや面白いことが大好きなスタッフから構成されるMTVブロガーです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS