MTV BLOG

のあのわ スペシャルムービー公開!LEVEL 2「地下室のモグラたち~暗黒の引きこもり時代~」

2009-02-06
WEBでつながるのあのわの輪!
本日よりスペシャルムービーSTART!!

2/17(火)デビューイベントのプレゼントも!

2月17日(火)にデビューイベントを開催する2009年大注目!
チェロを奏で歌うYukko率いる、歓喜を呼ぶ5人組音楽団“のあのわ”
なんと!その記念すべきデビューイベントで上映されるスペシャルムービー
一部を本日よりMTVで先行視聴スタート

ムービーは全部で4話!
全てのムービーをご覧頂く方法はオフィシャルHPへアクセス!
まずは、MTVにて2/6(金)から配信スタートのLevel.2をチェック!
(*スペシャルムービーの公開は、2/6(金)~3/31(火)を予定。)

 
 最新版のFlashPlayerをインストールしてください



のあのわ2/17(火)デビューイベント
        10組20名様をご招待
2月18日にデビューアルバム『ゆめの在りか』を発売する、
のあのわデビューイベントに10組20名様をご招待!
記念すべき物語の始まりを体感しよう!
応募
※ご応募の際にはCLUB MTVの会員登録が必要となります。
※応募期間:2月11日(水)24:00まで
『歓喜のデビューイベント!~”ゆめの在りか”を探して~』
2009.02.17 (Tue)  Shibuya duo MUSIC EXCHANGE
OPEN 18:45 / START 19:30
・イベント当日、ドリンク代¥500ご負担頂く形になります。
・混雑状況により、ご入場出来ない可能性もございますので、
 ご了承ください。


のあのわ・プロフィール

高校の同級生だったVo&Cello.YukkoとGt.ゴウが当時の同級生と共に元となるバンドを結成。2003年、ゴウと大学の音楽サークルで一緒だったBa.nakameが加入。2005年、ネットでメンバー募集を介してKey.荒山リクが加入。それと同時に、バンドに新たなエッセンスを入れたい!と思っていたVo.Yukkoがなんとしてでも手に入れたかった楽器”チェロ”を購入し、バンドに導入(とにかく大きな楽器を持ちたかったらしい)。この頃から本格的にライブ活動もスタートさせる。2007年、Gt.ゴウのご近所さんだったDr.本間シュンタが加入し、現在の”のあのわ”となる。
天性のヴォーカル力を持ち、チェロを操るYukkoとドラマチックでエモーショナルなサウンドが独特の世界観を作り上げ、誰もが忘れかけている”圧倒的な歓喜”を提供する唯一無二の音楽団!

DEBUT ALBUM『ゆめの在りか』

2009年2月18日(水) VICL-63203 ¥1,600(税込)
M1.ゆめの在りか M2.たてがみ M3.リズム 
M4.little heart M5.すばらしい世界 M6.ハク

http://www.jvcmusic.co.jp/speedstar/-/Artist/A021451.html
http://www.noanowa.jp

12:00

TEI TOWAがグッドミュージックを詰め込んだ新作『BIG FUN』をリリース

2009-02-05

4年ぶりの新作『BIG FUN』をリリースするTEI TOWAにMTV NEWSに登場!

今作はトレンドにとらわれない「NO WAVE」がキーワード。「前作からの4年という歳月で若者のライフスタイルやトレンドも変わってきていると思うけど、自分はそういうのはいいやと思った」と語る通り迷いの無いグッドミュージック集となっているようだ。

そしてタイトルについては「FUNといっても弱いんでBIG FUN、カメラじゃ弱いんでビックカメラみたいな感じで」と冗談を交えて教えてくれた(笑)

ブランドLess Than Humanとのコラボレーションでサングラス2種、そして初の活字本「BOOK FUN」も発売とリリースラッシュが続くTEI TOWA周りだが、「正直、他のはともかくとして、とにかくBIG FUNを聴いてほしい」と、ミュージシャンとしての本音もチラリ。
TEI TOWAの描く「かなりFUN」なサウンドに要注目だ。




NEW ALBUM
『BIG FUN』
OUT NOW!!
COLUMBIA MUSIC ENTERTAINMENT
COCP-35351

16:10

MISIAの9年ぶりとなる武道館公演に行ってきました!

2009-02-05

 MISIA 「THE TOUR OF MISIA DISCOTHEQUE ASIA」
2009.01.16 @日本武道館


現在、3月まで続くロングツアーを敢行中のMISIA。
日本武道館3Days公演の初日に行ってきました。


会場に入ってまずビックリしたのは、360°オープンになったセンターステージ!
これは彼女自身のツアーでも初の試みなんだとか。開演直前まで行われるアートパフォーマンスが終わり、静まり返った会場に響き渡るオープニング。期待感が高まる中、いよいよステージの中央下からMISIAが登場!!

MISIA&Dancer
登場したとたん、ものすごい歓声が!


オープニングを飾ったのは、今回のツアーのテーマ曲「CATCH THE RAINBOW」。幕開けからパワフルな歌声で観客を一気に引き込んでいきます。虹をモチーフにした衣装を着たMISIAとダンサーが、歌いながら「ダンスウィズミー!」と観客をあおり、ダンサーの振付に合わせてダンス! 会場全体が一体化して踊る様子はとにかく圧巻のひとこと。

MISIA
伸びやかな歌声にうっとり。。。☆
ステージがシンプルなぶん、ダンサーや照明を効果的に使った演出が映えます。
 
2000年以来9年ぶりとなった今回の武道館公演に、「(距離が)近いですよね。すごく楽しみにしていたんです」と嬉しそうに語った彼女。今回のツアーで回ったアジア公演や、昨年彼女自身が設立した「Child AFRICA」の活動でアフリカを訪れた際に、現地の人々が歌ったり踊ったりする様子を見て、“音楽で人はつながることができる。音楽は言葉だ”と感じたのだそう。

そういった様々な活動の中で、あらためて感じた「シンプルな言葉で大切な気持ちを伝えていたい」という想いが歌詞に込められた「少しずつ 大切に」など新曲2曲と、「Royal Chocolate Flush」「忘れない日々」などシングル曲のリミックスメドレーを含む全21曲を披露し、2時間半に渡るライブは終了。最後には「なんだか涙が出てくる……」と思わずうれし涙を流す一幕も。鳴り止まない拍手に応えるように、手を振りながらステージの全方面に向かって何度も「ありがとう」を繰り返す彼女の笑顔がとっても素敵でした。


photo:Kazushige Nagaya

13:00

MTV LIVE@広島、ようけ遊びに来てくれてありがと~!!

2009-02-05




「MTV LIVE JAPAN TOUR '09 WINTER played by Sony Ericsson」
HIROSHIMA CLUB QUATTROはツアー盛り上がり記録を更新!!



MCをつとめるVJ Booはpe'zmokuの帽子とMTV LIVE TOUR限定Tシャツで登場!! TシャツはCRIMIE(クライミー)が手掛ける逸品。詳しくはこちらへ!!

pe'zmoku



トップバッターはツアー二度目の登場となるpe'zmoku。
今回の会場となるクラブクアトロが、よりクラブに近い親密な雰囲気ということも

あり、前回とは別物といっていいぐらい、よりグルーヴィーでダンサブルに

感じられる演奏。ホーンの息遣いや、アコースティックギターの弦の鳴りが生々しく伝わる。



ボーカルを務めるsuzumokuは、元来は一人で弾き語るストリート・

シンガーソング・ライター。「PE'Zのみんなと出会えて、バンドでやることの

素晴らしさを知りました」とMCで語る。そんな「バンドのやることの楽しさ」が、

観ている側にも伝わってくるステージ。



「(キーボードの)ヒイズミさんの曲なので、気合を入れて詞を書きました」
と曲紹介でsuzumokuが説明する。すると、リーダーのOhyama(トランペット)

から「オイオイ、俺の曲は~!!(笑)」とすかさずツッコミが入り会場がなごむ。

そんなリラックスしたやりとりからも、pe'zmokuのバンドとしての一体感が

ひしひしと伝わってきました。



しかし、なんといっても一体感を感じさせてくれるのはMCではなくサウンド。
ラスト曲「ハルカゼ」の圧倒的な開放感に、オーディエンスの温度も急上昇して

いく。たたみかけるアップテンポなナンバーから一転し、スキップするような

軽やかなリズムとホーンにのって、一足早く春風が広島の会場を吹き抜けました。

SPECIAL OTHERS
 


二番手はSPECIAL OTHERS。見た目(格好)も、音色も、

その音色を奏でるハートもあったか。彼らもMTV LIVE TOURでは二回目の

登場となりますが、本当に聴けば聴くほど癖になります。



「Laurenteh」など、インストゥルメンタル(ボーカル抜きの演奏)を基調に

しつつも、ここぞという場面でバンド全員で歌うコーラスがまた格別。

頭にこびりついて離れなくなる。エレクトリック・ピアノ、ドラム、ギター、

どの音も丸く柔らかく、耳に痛い音域がまったく感じられない。

本当に春のぽかぽかとした陽気のように、ポカポカと心をあたためてくれるような演奏です。



最後は、サイケデリック風味なエッジを聞かせた「AIMS」でしめる。

ちょっとハードだったり、サイケだったりしても、彼の場合はあくまでスパイス的に

聞かせる程度にとどめるところがさりげなくてオシャレ!!



どんな曲でも、芯となるのは4人が囲みあうように演奏するそれぞれの
楽器の音色。自分たちがまず音に没頭して、楽しもうという肩を張らないスタンス

には、はじめて観る人も共感せずにはいられない。
次回は、2/6(金) ZEPP FUKUOKAに登場。この機会に是非!!


DOPING PANDA


ラストバッターをつとめるのはDOPING PANDA。

ジャズのDNAを色濃く感じる前2バンドに比べると、(当たり前ですが)

彼らはあくまでロック!!しかしながら、エレクトロやダンス、ラテン、アフロビートなど、

そのビートは多種多様。サウンドの雑食性においてはまさに今日出演した3バンドには

共通するものが!





全身を使って暴れまくるようなHAYATOのドラム、時にMacを操作しデジタルビートに

指弾きの野太いビートを絡ませるHOUJOUのベース。
鉄壁のリズム・セクションの上を自在にかけまわるFURUKAWAのボーカル&ギター。
まさにパーフェクトな3ピース・バンド。三者三様の個性が高次元で発揮されています。

“今日は新曲と、みんなが楽しみにしている「MUGENDAI」を用意しました”と

古川がMCすると客席から大歓声が!! この後、MTV LIVE TOURにここまでで最高の

盛り上がりが訪れる。




FURUKAWAが客席を煽ると、それをうわまわるテンションで客席から歓声がかえってくる。
「Transient Happiness」では両手タッピング(下)も披露し、さらに超絶な早弾きソロなど
もう「なんであり」、そして「なんでもできる」ということをいやというほど見せつける。
ダンサブルなビートに、会場全員が踊りまくり、床が大きく揺れるラスト!



次回、彼らも2/6(金) ZEPP FUKUOKAに登場。ヘトヘトになって、

とめたくてもとめられるなくなるまで踊り疲れたたいなら、もうドーパンを観るしかない!!

終演後は、ハイ、MTV LIVE恒例の出演者全員で記念撮影!!
スタイルは違えど、音楽への高い志とクロスオーバーなスタンスは共通3バンド。



次回は福岡に上陸。2/6(金)ZEPP FUKUOKAです。
VJ Boo + 出演者全員の記念撮影があるので、
みなさんライブが終わってもすぐに帰らないようご注意!!
>>> くわしいスケジュールはこちらへ


All Photo & Text by Kazumi Oda

04:35

MTV LIVE、今晩は広島!!

2009-02-04
 
「MTV LIVE JAPAN TOUR '09 WINTER played by Sony Ericsson」
いよいよ第3回、広島にやって参りました!!



今晩もMCはVJ Boo!!

緊張感漂う開演前に広島市街をCheck!!



戦争の傷跡を残す、広島の平和記念碑、原爆ドームは保存工事中。



既に新球場に移転が決まり、今はその役割を終えている広島市民球場。2004年に奥田民生さんが、ギター1本での弾き語りライブ、「ひとり股旅スペシャル」を行った伝説の場所でもあります。




今夜、広島を熱く盛り上げるMTV LIVEのラインナップは

DOPING PANDA / pe'zmoku / SPECIAL OTHERS!!

オープン18:00、スタート19:00
@HIROSHIMA CLUB QUATTRO
速報レポートもこのブログでお届けする予定なので、お楽しみに!!



15:38

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    取材の裏話や最新の音楽・映画情報のほか、ここでしか読めない独自の企画も展開☆ほぼ毎日更新です
  • ライタープロフィール
    音楽はもちろん、楽しいことや面白いことが大好きなスタッフから構成されるMTVブロガーです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS