MTV BLOG

底知れぬ謎を抱えたMGMT、満を持しての単独公演を観た! Tシャツプレゼントもあり!

2008-12-25

MGMT
2008.12.3 @ Shibuya O-East

12月の前半はずいぶんO-Eastに通ったなあ、と改めて思います。
今回の海外バンド来日ラッシュ、みなさん楽しめましたか?

11月のCSSにはじまったライブの大波、最大のハイライトにMGMTを挙げる人も多いのではないでしょうか? というのも、とにかくMGMTは大人気! 会場は本当に超満員で、チケットもソールドアウトだったという話を後日聞きました。

「女子率と外国人率の高い会場からはMGMTのファン層が透けて見えるようで興味深い」なんてぼんやり思っていると、客電が落ち、これといった演出もなくメンバーがステージに登場。その余裕っぷりがいかにも海外バンドという感じで燃えます。

演奏が始まってすぐに痛感させられたのが「とにかく曲が良い」ということ。
CDそのままのあのアシッドな歌声が生で紡ぎだすメロディー、これを耳で追いかけているだけでも充分なほど。

今回のライブに関して、方々で「あの早弾きギタリストとパワードラマーはいかがなものか」という意見が出ているようですが、個人的にはその”ハードロック的”なスタイルはむしろ予想通り。
ルックスにもそれは当てはまっていて、とにかくアンドリューの構えるレスポールがかっこいいというのが第一印象。2001年のストロークス以降、インディ系の音楽でレスポール(Jrをのぞく)を持つアーティストって本当に少なくて、みんなES-335、ストラト、テレキャス系のギターを持っていたものですが、このアンドリューはど真ん中のサンバーストカラーのレスポールを使用! 普通なら「メロコア、もしくはハードロックっぽいからナシ!」と言われそうなところ、逆にアリ過ぎるほど決まってます。

サポートメンバーを除く二人も、思った以上にしっかりと演奏出来ていて(さすがアメリカのバンド)、サマーソニックでウワサになっていた”「KIDS」の演奏がほとんどカラオケ状態”というのもそこまで気にならず。

色々なナシをアリにした、そんなMGMTを象徴するようなライブだったと思います。


そしてライブ前、MTV MUSIC BLOGではアンドリューとベンの二人にMTV Tシャツに落書きしてもらうことに成功しました! 驚くべきキャラクター「MGMTV」も誕生したこの豪華Tシャツ、年明けの2009年にプレゼントとして放出いたしますのでお見逃しなく!!!

17:29

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    取材の裏話や最新の音楽・映画情報のほか、ここでしか読めない独自の企画も展開☆ほぼ毎日更新です
  • ライタープロフィール
    音楽はもちろん、楽しいことや面白いことが大好きなスタッフから構成されるMTVブロガーです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS