MTV BLOG

MTV LIVE 11.23.08 オリジナルTシャツ&タオル発売(特典アリ)

2008-11-16

MTV Japanがお勧めするヘビーローテーション「Artist of the Month」や「Buzz Clip」、「Hotseat」に選ばれたアーティストが繰り広げる"MTV LIVE"
自信を持ってお送りする第3回目は日本とUKを代表する2バンドの対バン形式!
UKで驚異的セールスを記録し、
数々の音楽賞も受賞したUKの国民的バンド、カイザー・チーフスと、
待望の4thアルバム『風のクロマ』をリリースする
日本の国民的バンド、レミオロメン

そしてここで更にうれしいNEWS!
この豪華ライブ当日に
会場限定、数量限定
オリジナルイベントグッズ販売決定!

出演バンドや一部スタッフ用に数枚配られ、
そして一般販売用には限定200枚で少数生産。

前回の「MTV LIVE 06.26.08」で販売されたTシャツは即完売御礼!
今回も激レア間違いなしのアイテム!“NO MUSIC NO LIFE”などで
有名な“風とロック”と同じ、風グループから派生した
デザイン集団「kazepro」(http://www.kazepro.com/)がデザイン♪

Tシャツ 白 デザインはこちら ↓




Tシャツ 黒 デザインはこちら ↓

タオル デザインはこちら ↓


どのアイテムも今回の出演者ラインナップのイメージにぴったりマッチした
POPでキュート、かつエッジーな謎めいたデザイン。
果たしてモザイク調のグラフィックがあわらすものは何????

Tシャツ:2500円
Lady's100枚、M50枚、L50枚→各、黒白半数ずつ計200枚

タオル:1500円
黒100枚、SIZE 350mm×850mm

さらに今回、特別にTシャツ、タオルどちらかを買うと
先着でMTVオリジナルステッカーをプレゼント!!
何もかもが今回だけのチャンス、見逃すな!
MTV LIVE 11.23.08についての詳細はこちらへ

18:09

ミュージック・ビデオ 「今夜はロウロウロウ」プロデューサー秘話

2008-11-13
 10週連続全米ヒットNo.1! という快挙をとげた、
Flo-Ridaの「今夜はロウロウロウ」。
一度聞いたら忘れられないあのキャッチーなメロディはもちろん、
ミュージック・ビデオもかなり熱い!!
前回、好評だったHi-Prix との対談動画配信に続き、
今回は「今夜はロウロウロウ」のミュージック・ビデオのディレクター
バーナード氏(Bernard Gourley)から撮影秘話を紹介!

 2度のVMAのノミネートを果たしたMV「今夜はロウロウロウ」、MTVJでは今年の2月に「BET 106 & Park Japan」で放映して以来、わずか数ヶ月間で幾度となく放送。5月のVMAJレッドカーペットで来日されたFlo-Ridaのライブ(写真下)ではおおいな盛り上がりを見せた。普段、来日中のアーティストにインタビューする機会はあるが、ミュージック・ビデオのプロデューサーやディレクターにインタビューする機会は滅多ない。そこで今回は「今夜はロウロウロウ」のMVのプロデューサーにインタビュー!


MTV Video Music Awards Japan 2008

コンセプトはどのように浮かんだのか?クラブにぴったりの曲を狙ったのか、それとも他になにかアイディアがあったのか?
BG:
  クラブをターゲットにしたのは、間違いないね。男の子VS女の子みたいな感じでクラブで踊ってるっていうのはアーティストやレーベルがかなり好むからね。ところが撮影日が近づいていくと事務所(FLO RIDA側)がこのシーンを削りたいと言い出したんだ。だからクラブでのダンスシーンを大幅に省いたんだが、これが逆にこのビデオのエネルギーや演出の方に集中できてよかったんだよ。


MTV Video Music Awards Japan 2008

 撮影の日に起きた面白いエピソードやハプニングは?
BG:
  そうだな、これを外部に漏らしていいのかどうかは分からないんだが(笑)
常勤のカメラマンを雇ったんだ。彼は特別な作業服を着てカメラを担ぎ、そしてスムーズな動きや浮かんでいるような動きを撮影することになっていたんだ。
彼はいわゆる肥満体系だったのでたったの15分で息切れして疲れ切って、
しまいには我々に移動式撮影機台に乗せてくれとまで言い出したんだ、
滑らかな動きを狙っているというのに・・・。


MTV Video Music Awards Japan 2008

 HIP HOPのミュージック・ビデオに欠かせないマナー的なものとは?
BG:
  ビデオの見栄えは必ず意識しているよ。どんな風に見えるかということは
そのムードや雰囲気を伝える大事な要素だと思うよ。ビデオを作る時はいつもそうだが、普段から他のミュージック・ビデオを見ないようにしているんだ。常に新しい、新鮮な見方を持ち続けていたいからね。

 ビデオの中で「LOW」という感じでおさえつけるゼスチャーや、手を「L」字にしたりなど、ハンドサイン的なものの意図とは?
BG:
  彼らは大抵ジェスチャーによってストリートの番号や東海岸か西海岸かあるいは都市(街)というのを主張しているんだよ。故郷に対してのプライドを表現する、いわば証明の一つなんだよ。


IMMIGRANT FILM

FLO RIDA オフィシャルサイト(日本語)

FLO RIDA オフィシャルサイト(英語)
↑ 噂の「今夜はロウロウロウ」などのミュージック・ビデオもCHECK!

19:35

THE MUSIC@STUDIO COAST 08.11.09

2008-11-11

THE MUSIC
2008.11.09 @ STUDIO COAST

今年前半のMTV LIVE、夏のFUJI ROCK FESTIVAL出演に続き、3度目の来日となる今回、新作アルバムからの楽曲もなじんできたところでの待望の単独ツアーというまさしくベストなタイミング。海外勢には珍しく、仙台や新潟もツアー先に選ばれていることからもバンドの日本への思いをひしひしと感じます。

東京公演2日目だったこの日、まずは会場のオーディエンスの多さにびっくり。つい先日のシガー・ロス公演はもっと凄かったらしいですが、あんなにギュウギュウなSTUDIO COASTは観たことありません。
そして盛り上がりは言わずもがな。上の写真を見れば様子が伝わるでしょうか?
一切手加減なしの真剣パフォーマンス(1stのころとは演奏力も段違い)と、音楽シーンのトレンドとは無関係にTHE MUSICというバンドを求め続けた日本のオーディエンスのぶつかり合い。新作を基調としながらも3枚のアルバムからバランス良く組まれたセットリストで全ファンを持っていく勢い。
MTV LIVEでも見せたメンバー全員がパーカッションを担当する場面もあり、サポートアクトのTHE WHIPもバンドとは旧知の盟友とのことで、この日は完全に万全体制といった印象のステージでした。
(ロブの「サイコー!」「オゲンキ!?」などのキュートな日本語MCも魅力的!)


そしてツアーはまだ続いています!!
明日の大阪、明々後日の福岡までTHE MUSICは日本縦断中。
名古屋にはTHE KBCもゲスト参加するとのことでこちらも見逃せませんよ。



-OSAKA-
11.12 (wed) NAMBA HATCH 
OPEN 18:00 START 19:00
6,000YEN (adv.drink fee charged@door)
(1F: Standing / 2F: Reserved Seat)
Special Guest: THE KBC

- FUKUOKA -
11.14 (fri) DRUM LOGOS
OPEN 18:00 START 19:00
6,000YEN (adv.drink fee charged@door)

19:10

話題のR&B新星、上松秀実のファーストライブに特別ご招待!!

2008-11-11


佐渡島出身、22歳のシンガーソングライター<上松秀実>。
20歳の頃からギャル服屋でバイトをしながら音楽制作をスタートしたという彼女、ダブルAサイド・シングル「Dear My Friends/トラウマ」でデビューしMTVでもhotseatに抜擢され、大きな話題となりました。

そんな彼女の「Dear My Friends/トラウマ」初回盤購入者特典「First Live」に、
MTV MUSIC BLOGをごらんの皆様から抽選で10組20名様を特別ご招待!

上松秀実 First Live ~Dear My Friends~
日時:12月5日(金) open/18:30 start/19:30
会場:渋谷duo music exchange

*当選の発表はインビテーションの発送を持ってかえさせていただきます
*会場までの交通費等のその他費用は自己負担となります

応募は上記URLにて14日(金)から開始予定。お見逃し無く!!

16:52

commons&sense 80's Night

2008-11-10
  10月24日(金)、青山Le Baron de Parisでハチャメチャに楽しいイベントが開催された。題して「commons&sense 80's Night」。ファッション雑誌「commons&sense」が80年代特集を組んだことに端を発し、立体的なイベントとして企画され、関係者からそうでない方たちまでがLe Baron de Parisに集結。



 まず登場したのは、東京ブラボー→タイニー・パンクスと80年代のストリートミュージックシーンをリードしてきたDJ、高木完。
今なお最新のグルーブを発信し続ける彼も、この日は当然タイムスリップモード。デヴィッド・ボウイやデュラン・デュラン、バグルスなど、80年代のMTVを彷彿とさせるキャッチーな選曲でつかみはOK。後半、カーティス・ブロウ「Breaks」やダブル・ディー&ステインスキー「Lesson 3」などオールドスクールなヒップホップに展開していくあたりはさすが! フロアはいい感じの80'sテイストに仕上がった。

 そこに聴き覚えのあるイントロが……中森明菜!? ステージには衣装から髪型、MCの声まで激似のそっくりさん“中森☆商売い”が! 大興奮のオーディエンスを前におなじみのヒットチューンを連発。「DESIRE」のサビでは“ハードッコイ! ”の相の手を要求し、ここは一体どこなんだ!?感満載のパフォーマンスを繰り広げた。しかし、明菜ソングを聴くと、何だかんだ言って否応なく80'sモードに入ってしまうから怖ろしい。そんな恐怖に打ち震えていると、派手な衣装に身を包んだオジサマが登場。彼は、ファッション情報誌「WWDジャパン」の編集長、山室一幸氏なのであった! 全ファッショニスタがリスペクトを送る彼がなぜステージに?? そんな疑問を抱く暇もなく爆音でかかり始めたのは「2億4千万の瞳」のイントロ。なんと山室氏のスーパーオンステージの始まりなのであった! 明菜より盛り上がるフロア(笑)。続く「お嫁サンバ」ともども、いいものを見せていただきました。

この後、松田聖子のそっくりさん“まねだ聖子”の登場など、宴はエスカレートする一方。毎晩のようにエンドレスパーティが開かれていた80年代そのものの盛り上がりは夜更けまで続いたのであった……。

Photo: commons&sense
Text:Daisuke Kitaguchi(EDIT)
MTV japan

18:06

BLOG SEARCH

PROFILE

  • ブログの説明
    取材の裏話や最新の音楽・映画情報のほか、ここでしか読めない独自の企画も展開☆ほぼ毎日更新です
  • ライタープロフィール
    音楽はもちろん、楽しいことや面白いことが大好きなスタッフから構成されるMTVブロガーです。

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

FEEDS