miray
miray / 公式サイト / ライブレポート
Dancehall ReggaeからLovers Rockまで歌いこなし、作詞・作曲までも手掛けるニュータイプ・レゲェの本格ディーヴァ!!

3歳からクラッシックバレエを習い、18歳の頃には講師として教えるまでになる。バレエを通じて表現することの素晴らしさを実感する。当時の友人の勧めで歌と出会う。バレエに共通する表現者として、本格的に歌の道に向かうことになる。 大阪市内のクラブ、ライブハウスなど、歌う場所には積極的に出向きライブ活動を行う。
中でも大阪でナンバーワンの集客を誇るクラブ「joule」でのレギュラーパーティでのライブが評判になる。 レゲエ、R&B、ヒップホップ、アフロ、ハウスのグルーヴで自由自在に歌うmirayのライブスタイルは定着。そして、表現の向かう先は自ら作詞・作曲にまでおよび、いつしかライブのセットはオリジナルへと展開していく。 ピュアで瑞々しい声質と、躍動するリズム感はmirayの真骨頂。元々ダンサーだった彼女の最大のスキル。そして、2008年2月6日にレゲエダンサーのHOTTIE CATとコラボレーションしたアルバム「Summer for life」でエイベックス「リズムリパブリック」より発表。 人気ダンサーをfeatしダンスアーティストとしてとらえる新感のミニアルバムとして話題になる。 その後、8月「Summer time!」9月「アスタラビスタfeat KM-MARKIT」10月 「Caramel」と3カ月連続配信。2009年からは、もともとmirayのベースにある、レゲエに方向性を絞り活動開始!!
その先駆けとして、2009年5月13日リリース、Dub Master X presents「Dub Summer POP」に全曲、mirayがボーカルで参加する。(ボーナストラックは除く) Dancehall ReggaeからLovers Rockまで歌いこなし、レゲェコンピ「DANCEHALL LOVERS JAPAN II」,「S Reggae Japanese! 3」「愛ジャパレゲ2〜DANCEHALL SELECTION〜」にも参加。作詞・作曲をまでを手掛けるニュータイプ・レゲエの本格ディーヴァである。